2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2017/02/26

麻婆麵の美味い店見つけたぞ~!

Dsc_0885_6

当地、燕市吉田東栄町の住宅街に、地元客に圧倒的な支持を受ける逑来(クォライ)さんでお昼です。

多くの客は、一番人気の「広東麺」を注文しますが、今日は今まで食べたことのない「麻婆麺」にしました。店員さんは「辛いですけど、いいですか?」

Dsc_0875

きれいな器に大きめに乱切りされた豆腐にたっぷりととろみの餡と豆板醤や挽肉、細かい唐辛子が…。かなり辛そう…。

Dsc_0883

細いちぢれ麺は、喉越しいいが、額から流れる汗が器に滴り落ちるのに気が付く。それほど「辛~いッ!」のだ!

Dsc_0877

帰りの車のヒーターは、OFFのまま…。

極上の美味いクセになりそうな「麻婆麵」にご馳走様でしたッ!


2017/02/18

冬眠から覚めたら、鴨鍋大会だった!?

1月に降った根雪もすっかり溶けた土曜日、ようやくブログの冬眠から覚めました。

 

何てったってバドミントン仲間恒例の「鴨鍋&鴨焼き肉大会」なら目を覚まさないわけにはいかないね!

Dsc_0965_5

当地、集会場の朝10時の厨房には十日町産の鴨鍋や鴨焼肉の仕込みで忙しい。日高の昆布と椎茸、鴨3羽のガラで出汁を取り生姜で臭みを取るシンプル醤油仕立てです。

 どうです?この野生の脂のたっぷり乗った鴨肉!これ、全部焼き肉用ですぜ!

Dsc_0964_2

先ずは、大きめに切った長ネギと鴨肉を炒めます。味付けはシンプルに塩コショウがベスト。ネギが鴨の脂を吸って野性味あふれる食感に皆、大満足です。

Dsc_0712




日本酒にはかなりうるさいF氏は、佐渡の銘酒・北雪「YK35」生原酒を持参!

Dsc_0986_4

もう、たまんなく最高・最強のコラボに参加者全員が時間も忘れて約6時間の宴を楽しみます。

Dsc_0993

「ラーメン食いて~な~」

「大むら支店から出前取っか!?」

Dsc_1006

Dsc_1009

宴の〆の中華そばと野菜炒めで大満足の休日でしたッ!^^

2017/01/04

「KING of 中華そば」

正月休みも今日まで。午前中は、家の所用を済ませて今年初の「一杯」へ…。

天気も回復したので歩いて10分ほどの「あの、超有名店へ…」

Dsc_0688

「やっぱり、行列だ~」5分ほど並ぶと私を含めて、30人ほど。当地燕市では行列も「KING」だ!

もう、この店お分かりですね。

Dsc_0691_3

ご存知、今や全国区にのし上がった「杭州飯店」の餃子&中華そばです。

餃子は、4個と2個が選べますが、中高年にうれしい2個(400円)と中華そば(800円)です。

かなりのセレブ価格ですが、明日からまた頑張れば、まあ良しとしますかね~

Dsc_0694

Dsc_0696_2

どんぶりギリギリに注がれたスープがたまんないッ!お約束の超極太麺に煮干し出汁バッチリ!たっぷりの背脂は、どこにもない、ここしかな類い希なその麺面にこれからの一年間のエネチャージ!

まさに、「KING of 中華そば」にふさわしい~

これで明日から、がんばれそうです!ご馳走様でしたッ!^^

2017/01/03

「産業カレンダー」

当地のほとんどの事業所が採用している「燕三条産業カレンダー」です。拡大は→http://www.tsubame-cci.or.jp/calendar.html

年間休日は、105日ではありますが、個々の事業所が決めたカレンダーもありますし、サービス業ともなればまったく違うと思われます。

やはり、多くの製造業に取り入れられているかと思われます。

明日が、(4日)が仕事始めですが、当社は仕事量の都合?で7日(仕事)と入れ替えて5日が仕事始めです。

 何とも、柔軟なんだか何なんだか…?

2017/01/01

穏やかな年明け

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

当地新潟県燕市は、時折小雨のぱらつく空模様ですが、日も差し雪もなくこの時期にしては、穏やかな元旦です。

今年は、私とカミさんが前厄ということで市内の神社でお祓いをしてきました。

Dsc_0674_2

そういうことは、あまり気にしない方ですが歳を重ねることにどこか「神頼み」が気になるお年頃?なのかもしれません。

さ~て、気分はスッキリしたし、(気分の問題ッ!?)新しい2017年を楽しみましょう!!

2016/12/30

静かな弥彦神社

Dsc_0666_2

ここ例年は、12月30日にカミさんと一年間祀っていたしめ縄やお札を弥彦神社に持っていきます。

二年参りや初詣は、大変な混雑ですから…。

参拝者もそれほど多くなく、静かで厳かな参道を歩けば身が引き締まります。

Dsc_0663

一年間の無事と新年へのお願いことの後は、新しいお札をいただきます。

やっぱり「越後一の宮」のお社は、パワーをいただけそうですね。

Dsc_0668

帰りに参道沿いの「やよい」さんで気に入りの日本酒を2本買い求めました。

2016/12/25

年末恒例 ~鴨会議

燕市某所の集会場ですっかり年末恒例になったバドミントン仲間での「鴨会議」。

 

冬になると猟師に変身するW氏。津南産の野生の鴨は野性味溢れる旨みだ。

 

先ずは、フライパンで火が通ると乱切りの太目のネギ投入ッ!

Dsc_0632

塩コショウで味付け、鴨の脂をネギが吸いネギの甘みと鴨の旨みが最高に「うんめぇ~」

Dsc_0637

さて、会議の本題はというと、新年度から加入者も増えて、新しいチーム編成やら、話題豊富なバドミントン談義に盛り上がります。

 

そんな事話してると、鴨鍋がグツグツと煮えてきて部屋中いいにおい~♪

Dsc_0635

Dsc_0639_2

5時間ほどの鴨会議は無事に終わり、一本〆にて「いい年を迎えろよぉ~」






2016/12/18

孤高の一杯~らあめん福楽

三条市須頃地区の隠れた名店「らあめん福楽」さんが年内で閉店する…

そんな噂を聞いたもんでカミさんとのお昼でした。開店11時半には店内は満席。待ちながら店内に張り出された感謝のメッセージに目をやる。

Dsc_0596_9

なるほど、地元に愛され育てていただいた感謝のメッセージ。

カウンターからは、店主とおかみさん、その後継者らしき人など5人ほどが忙しくまさに戦場だ。待つこと10分ほどで看板メニューの「メンマラーメン」に背脂トッピング。

歯ざわり抜群の味付けされた極太メンマ。赤身と脂身の絶妙バランスのチャーシューは、他にはないここだけだろう。

Dsc_0600

魚介醤油ベースのあっさりスープに細麺縮れ麺がよく絡む。

「燕三条なら極太麺だろう…?」そんな自分勝手な常識が非常識になる瞬間。

Dsc_0605

サイドメニューには、ニラがたっぷりの餃子も相性抜群!

Dsc_0603

来年からは「らあめん福丸」の船出。その時には、また孤高の一杯になるための歴史のはじまり。

ご馳走様でした。

Dsc_0607_2

2016/11/13

須坂市でお昼…なに食う?

小春日和の日曜日、紅葉見ながらリンゴのサンふじを買い求めに長野県の高山村へ。特にここまで行かなくてもいいんですが、須坂市でお昼です。

 信州須坂といえば味噌が有名らしい。その味噌の割り下を使ったご当地グルメ「みそすき丼」がいまチョットしたブームらしい。

 そんなわけで、ご当地老舗の「松葉屋そば店」にしました。

Dsc00528

雰囲気ある蔵造りの外観に期待がふくらみます。

 牛肉と豚肉を使い、須坂の伝統野菜の村山早生ゴボウなどを味噌の割り下で煮込んだもの。

Dsc00533

 甘めの味付けで素材の旨みが引き立つ「みそすき丼」はお昼にぴったり。

 胡麻豆腐もいい。濃いめの味噌汁もいかにも信州らしい。

 たいへんご馳走様でした!

2016/11/06

この道、何度歩いたろうか…角田山

五ケ峠コースと浦浜コースの合流点をすこし過ぎたところです。

角田山の中腹過ぎあたりだろう。色づく木々も晩秋の様相だ。

Dsc06038_12

この道、今年15回ほど歩いたようです。

時に想いを馳せながら、また時にはいいアイディアが浮かぶこともあり気分転換にも、四季折々に自分を受け入れてくれて好きな道です。

Dsc06047

頂上園地のカエデだろうか、いい色合いに染まっていました。

Dsc06054

観音堂の気温は、9℃。熱いコーヒーが何よりホッとします。

今年は、降雪前にもう2回ほど歩く予定です。

2016/11/01

「麺屋 はる」がうまい季節になりましたね!^^

あの日の日曜日。秋本番の今日この頃。久しぶりにカミさんと昼ラーメンです。

 

どこにするか思案の結果、当地燕市で人気急上昇の「麺屋 はる」に決定ッ!

 

お昼の営業時間帯30分前の2時ころは、まだ半分の入りという人気ぶり。

餃子もいいけど、「油淋鶏」ユーリンチーもいい。サクッと揚げた鶏肉を甘酢を潜らせたもう、たまんない一品。

Dsc_0500

Dsc_0494

私は、「塩特背脂ラーメン」。まろやかな塩スープや低温熟成チャーシューの厚み大きさは開店当時と変わらない。

 

カミさんはオーソドックスに「背脂醤油ラーメン」

 

炙ったチャーシューも肉の旨み十分だ。これも開店当時と変わらない。

Dsc_0493

これって、とっても大切な事。秋の休日、ぶれない美味さの追求の末の一杯に…

 

ご馳走様でしたッ!

2016/10/23

奥日光・二日目も晴れッ!^^

10月23日(日)、☁予報に反して晴れてます。9時にチエックアウト。

最初の予定は、「イタリア大使館別荘記念公園」です。

ホテル湖上苑からクルマで5分ほどの歌が浜駐車場に止め湖岸沿いの紅葉の遊歩道を15分ほど歩きます。

Dsc_0435_2

男体山のすばらしい雄姿と清らかな中禅寺湖。

Dsc_0464

外観は、地元の杉の皮が使われて意外と質素だが、屋内の造り、調度品は当時を復元したもので当時をしのばせます。

Dsc_0453_2

Dsc_0441

Dsc_0451_3

歌が浜駐車場に戻り、中禅寺湖スカイラインで半月山展望台からの展望が今回の旅のクライマックスです

半月山駐車場から25分ほどの山歩きです。ほとんどが登りですが少し頑張れば、最高の展望が待っていますよ!

Dsc_0468

よくポスターやカレンダーで見るダイナミックなパノラマが広がりました。

Dsc06013

手前から伸びるのが八丁出島。

左手にはきのう、湯の湖から歩きはじめて戦場ヶ原までの道のり、昨夜の湯宿のある中善寺湖の温泉街が見渡せます。いい、実にいい眺めです。

Dsc06026

帰路の金精峠からの遠望も忘れがたい。

いや~、いかった!いかった!























2016/10/22

湖畔の湯宿「湖上苑」にて

Dsc_0420

             (翌日の朝に撮った画像です)

中禅寺湖畔にせり出すように佇むこの湯宿は、以前旧外国人大使別荘地跡に建てられたわずか10室の宿。

すこし古さは感じますが、それがまた当時の趣を感じさせます。

2階の客室に案内されると窓から息飲む景色でした。

Dsc_0388

色づく木々越に中禅寺湖。陽が傾き始めた対岸の紅葉も見ごろだ。いままでこれ以上のロケーションがあっただろうか?

 

缶ビールを飲み干すと「ふ~ッ。よし、風呂行くか…」 

ご覧のように狭いですが、エメラルドグリーンの湯花舞う源泉掛け流し硫黄泉はもちろん加温、加水なし。

それゆえ湯船の石や湯口にびっしり硫黄成分が付着しています。

もし、ラーメンに例えれば、燕三条系超濃厚こってり背脂ら~めんだろうか?( ´艸`)プププ

Dsc_0397

Dsc_0394

夕方6時から一階「グリル 鱒」にてささやかな宴。益子焼にそそがれた生ビールがたまんねぇ~

栃木名物の生ゆば、造り、焼物、煮ものが並び全体に量は少なめだが味付けよく私たち好みだ。

Dsc_0406

自家製オレンジソース仕立ての「鱒の唐揚げ」は二度揚げされて頭からしっぽまでカリッカリで食せます。これを目当てのリピーターも多いとか。

Dsc_0409

栃木の地酒二合を常温でいただく。これ、なかなか意外と合うね~

Dsc_0411

栃木牛フィレ肉は、脂身の少ないヘルシー仕立て。

Dsc_0415

キャラメルソースのバニラは、カミさん好み。私には、三杯目の生ビールが〆だった。

Dsc_0419

明日は、一日☁予報。晴れれば近くにどうしても行きたいスポットがあるが、天気次第で決めましょうか…

そして、翌朝…

湖畔周辺を散策。少しずつ紅葉の山々に陽が差しはじめる。

Dsc05990_3

朝の露天風呂からも朝食食事処からもすばらしい光景を望みながら楽しめました。

「小さいながらも、いい雰囲気の宿らな」

朝食は、各一人ずつ和食と洋食が選ばれるのがうれしい。

カミさんは、和食。私は洋食をチョイス。どちらもご飯、パン、コーヒーなどおかわり自由。

Dsc_0428

Dsc_0429

Dsc_0430

「いい宿、見つけたな。」

また一つ私たちにとって伝説になりうる温泉宿でした。

すばらしい錦秋の奥日光

10月22日、23日に紅葉見ごろの奥日光へ向かいました。この時期、テレビ等で奥日光の、特に竜頭の滝付近の紅葉中継で渋滞混雑必至ですが…

 

関越道・沼田ICから国道120号線を群馬・栃木県境の金精峠まで渋滞もなく思ったよりスムーズです。天気もバッチリです。

Dsc_0354

9時前に日光湯元・湯の湖駐車場は、もうかなり満車状態でしたが、広めの路側帯に止めることができましたが、さすが関東屈指の紅葉名所です。

 

支度を整え、トイレを済ませて湯の湖~湯滝~戦場ヶ原~竜頭の滝までの約7km、休憩と昼食含めて4時間半ほどのほぼ平坦な山歩きです。

 

湯の湖です。静かな湖面に映る終わりかけの紅葉も、いいもんです。

Dsc05901_4

Dsc05890_3

クルマやバイクで突っ走るのもいいけど、季節の風を感じ、足底で枯葉の感触を味わう。

 

40分ほどで湯滝の観爆台。静かだった湖面とは想像もつかない豪快な滝です。紅葉も超ピーク!

Dsc05917_2_8

小腹が減ったので湯滝レストハウスで名物、鮎の塩焼きと焼だんごでプチ休憩!

Dsc05912

湯滝から変わる湯川沿いの紅葉の木道を戦場ヶ原へ向かいます。

 

小田代橋~泉門池~青木橋~を過ぎると、遮るものがない戦場ヶ原です。

Dsc05925_3

草紅葉は終盤でしたが、カラマツの黄葉がきれいです。広葉樹の紅葉とはまた違いますね。

Dsc05934_2

所々にベンチがあり、そこでお昼です。カミさんがクルマにコーヒーを忘れて、コーンスープ、おにぎり、サンマの缶詰、カレーヌードル等々…

 

自然の中で食べる食事ってなんでこんなにうんめ~んだろう!

 

石楠花橋を渡ると湯川の流れは激しくなる。いよいよ今日のメインイベント竜頭の滝まで30分ほどだ。

Dsc05953_4

竜頭の滝上も見事です!本当に見事です!

Dsc05971_3

Dsc_0370_3

「竜頭の滝」周辺の道路は飽和状態になった駐車場に入るためのクルマで大渋滞です。やはり徒歩での山歩きが大正解だったようです。

滝正面の茶屋でご当地グルメ揚げたて「ゆばキャン」と「ちまき」をゲット。

Dsc_0486

「竜頭の滝」、本日のメインイベントに相応しい。

もう、言葉を失うほどの自然が造る鮮やかな彩と造形美…

Dsc05976_3

「竜頭の滝上」バス停から光徳牧場経由で湯の湖駐車場に戻りました。そこからクルマで今宵の宿がる中禅寺湖畔に向かいました。

つづきは、次回ってことで…

2016/10/17

今週末の天気が気になります…

今週末、奥日光の(湯の湖~中禅寺湖方面)の天気が気になります。

サイトにより若干の違いはありますが、10月22日(土)は、

10月23日(日)は、| 予報。…まあまあかな?

紅葉は、見頃を向かえて関東方面からどっか~んと観光客が押し寄せるのは覚悟の上。そのためにいくつか渋滞回避の秘策?を練ってはるが、天候だけはどうしょうもないね~

     「せめて、降らねぇ~でくれ~」

«「その対極たる一杯~キナレヤ」

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック