2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2019/11/17

今日も、タイヤ交換日和です。

今朝は冷えたが青空広がる日曜日。

そんな日は、そうだッ!カミさんの「タイヤ交換」しとかなきゃ!

毎年、グズグズしてるうちに寒さに耐えながら交換してたが今年は違います。

Dsc_02661

広くて使い勝手よくホ〇ダセンシングで長距離高速でも楽です。

金沢・田沢湖・奥日光方面と大活躍でした。

2019/11/16

今日はタイヤ交換日和。

朝から冷たい雨がシトシト降る休日。

そんな日は、そうだッ!今のうちに「タイヤ交換」だろ?

毎年、グズグズしてるうちに寒さに耐えながら交換してたが今年は違います。

Dsc_02651

B社の新しいモデルの第一印象は、すごく静かでした。

 

2019/11/11

令和元年・最高の一杯!かも?

Dsc_01131

10月初めころに開店した「TUBAME RAMENN YUKI」(燕ラーメン ユウキ)です。

燕市灰方地区、以前は「燕宿」だった店内を改装したって感じです。隣がS金型製作所さんです。

あの酒麺亭 潤さんで腕を磨いて独立した若きオーナーの名を店名にしたらしい。いい根性してんねっかッ!^^

Dsc_01091

やっぱりその店のベースとなる「中華そば」です。

丼は白いテーパーを効かせた比較的背が高い器。見た目も盛り付けも今までにない「美」さえ感じます。

Dsc_01101_20191113222301

煮干しと動物系の出汁が出会いがしっかりした輪郭。

星の数ほどある燕背脂系と思いきや…。その違いは食したものしか分かりませんね。

是非ッ!この一杯を!ご馳走様でした。

 

 

2019/11/10

まだ名残りの紅葉…

久しぶりの角田山です。

いつの間にか、落葉進む角田山です。

足元に乾いた枯葉が心地よく足裏に伝わります。

Dsc_02411

見上げれば、青空に名残りの紅葉です。

Dsc_02451

Dsc_02471

Dsc_02481

3時半頃の観音堂から新潟市方面です。もう日没まで1時間ほど。

季節の流れを感じました。

Dsc_02611

 

2019/11/03

今宵は、絶景湖畔の湯宿。

 裏磐梯の桧原湖畔西岸の小さな半島に佇む「磐梯桧原湖畔ホテル」が今宵の湯宿です。    

ここは、国により保護指定されている磐梯朝日国立公園内にあり桧原湖越しに裏磐梯のダイナミックな自然が望めます。

中庭には鮮やかな落ち葉がちりばめられロマンチックな雰囲気にも浸れます。

Dsc_01841

一階のツインの客室からはホームページそのままの絶景景色が広がる。この景色こそがこの宿に決めた第一の理由です。

そこに、かけ流しの温泉に会津地方の郷土料理と美味い酒があればもう言うことなしでしょう。

Dsc_01851

夕食は、福島牛のすき焼き、ローストビーフなど「肉肉しい」メニューと「こずゆ」や「いか人参」など会津郷土料理とのバランスがいい。

翌朝、霧に包まれた湖畔と桟橋です。朝のうちは曇っていましたが次第に晴れてきました。

Dsc_02011

Dsc_02021

新緑の頃は、また素晴らしい表情を見せてくれるのだろうね!

 

 

錦秋の裏磐梯高原を歩いてきました。

先ずは、王道の「五色沼自然探勝路」片道4kmをゆっくり歩いて90分です。

スタートの毘沙門沼湖畔ではモミジの紅葉がピークをむかえていて大勢の観光客です。

Dsc_01751

磐梯山を望みながらの湖畔遊びも楽しそう。

Dsc_01771

散策路は、ゆく秋を惜しむかのような紅葉。

カサカサと落ち葉の感触が足裏に心地よく伝わります。

Dsc_01471

Dsc_01501

Dsc_01482

Dsc_01511

あらためて紅葉と五色沼の美しさに感激しました。

終着点の「柳沼」です。

Dsc_01521

桧原湖を望むレストハウスで昼食・休憩を取り「桧原湖畔探勝路」に向かいました。

裏磐梯で一番大きな湖、桧原湖畔を吊り橋の架かるところまで片道40分ほどですが

けっこうアップダウンがあり歩きごたえがあります。

Dsc_01531

五色沼探勝路とは違い桧原湖畔は人も少なくとても静かな山歩きを楽しめました。

湖越しに裏磐梯を望みながらモミジやカエデの鮮やかな赤が湖面に映えます。

Dsc_01711

小さな大小の浮島も噴火して堰き止められた湖ならではの光景です。

素晴らしい…。

Dsc_01571

Dsc_01611

Dsc_01641 Dsc_01641

この吊り橋は、裏磐梯では唯一の吊り橋。今月半ばには撤去され翌春に吊り替えられるという。今年最後の渡り納になったのかな?

さて、かなり歩き疲れましたが、がんばって徒歩30分ほどかけて五色沼ビジターセンター駐車場まで戻ることにして今宵の宿に向かいました。

歩いた距離は、10kmほど22000歩でした。温泉浸かって生ビールらぁ~

「今宵の宿」は、次回ってことで^^

2019/09/22

久しぶりに胃袋ぶったまげた一杯。

新潟市江南区下早通、イオン新潟南ショッピングモール近くの「麺屋 一本気」さんでお昼です。

昨年に西区の青山から移転したらしいですが相変わらず「味噌ラーメン」が好評のようです。

Dsc_00241

並んでます…。店内にも十人近くの待ちらしいですが私は一人客だったので優先的にカウンター席へ。

Dsc_00261

味噌チャーシュー麺です。かなりガッツリした麺構えに期待も膨らみますね~

どちらかというと甘み感を感じる味噌ですが後から煮干し系の旨みが追ってきます。

Dsc_00271

インパクトある厚みのチャーシューが3枚は私にはちょっと多いかな?普通の味噌ラーメンなら一枚だからそっちがいいかも。

それにしてもインパクトある一杯にご馳走様でした。

2019/09/16

本日の「落とし物」です。

Dsc_00131

木の幹に置かれたトレッキング用などの帽子です。コロンビアの刺繍がされていました。

Dsc_00141

細い小枝に掛けられたピンクのタオルです。

Dsc_00171

手すり用のロープに掛けられたハンカチです。

どれも角田山の灯台コース分岐点より上での落とし物です。見つけた「そのまま」の状態の画像です。

心当たりの方は、ご自分で取りに行って下さいね。

観音堂で談笑する4人の高齢者(たぶん)。まだまだ元気ですね~

Dsc_00101

 

 

 

 

 

2019/09/15

「大むら支店」はまさに奥深い一杯です。

Dsc_37011

当地、燕市秋葉町の住宅密集地の一角の奥深~~い昭和の匂いプンプンさせる「大むら支店」があります。

最近外壁を新しくしたようですが、店内は今までのままのカウンター席十数席だけの店内です。

Dsc_36971

「とおちゃん。中華!」これが一番コスパ最高!うまさ超うんめぇ~!

Dsc_36991

豚骨と煮干し系の併せ醤油スープがもっちんもっちんの極太麺にほどよく染み込む…。

甘いとろ~り背脂が絡む絡む…。

Dsc_37001

店も奥深けりゃ、それにもまして極みの奥深い一杯でした!ご馳走様でした。

2019/09/14

新しい家族は「絶滅危惧種」!?

本日、9月14日(大安)新しい家族が加わりました。

日本では、もうすっかり少なくなった5ナンバーサイズのハイブリッドワゴンタイプです。

絶滅危惧種といっても過言ではありませんが、パッケージングアイディア、十分な車中泊可能な広大なトランクスペース、静粛性、走りの良さなど使い慣れた道具感みたいなのにすっかり気に入りました。

Dsc_00041

Dsc_00051

これから末永く人生を家族共々、走りたいと思います。

 

2019/09/02

試合後のお昼は「成龍」で決まりだッ!

先週の日曜日は、県央バドミントンリーグ戦が加茂市内の会場で2試合。

一試合目は、善戦むなしく0-3でボロボロにやられた!

Dsc_36581

背脂中華そばで人気の加茂市「成龍」です。気を取り直してここはひとつオイル補給しながらの作戦会議。

Dsc_36481

私は、初めて「ネギ中華(長ネギ)」オーダーです。

Dsc_36501

極太平打ち麺の茹で具合はバッチリで長ネギとの食感がこりゃまた新鮮での新発見ッ!^^

Dsc_36551

他のメンバーは、「中華大盛り・大脂」。

Dsc_36521

「メンマ中華・大脂」などなど…。

Dsc_36511

特大餃子二皿をシェア。しかし、若い連中のように大脂は食えなくなったなぁ~

Dsc_36571

二試合目は、そのかいあって3-0で勝利できましたとさ!^^

2019/09/01

同じ30度でも爽やか~

今日の最高気温は30度予想。

しかし、8月の盛夏の頃の気温30度とは空気というか湿度が低くカラッとした暑さでした。

10時すぎの五ケ峠駐車場は、やっぱり混んでます。

Dsc_36741

運よく入れ替わりで止めることができました。

どれほど大汗かくことはなく爽やかな風の中を山歩きができました。

観音堂の気温は25度。田んぼの色も黄色くなり初秋の雰囲気が感じられました。

Dsc_36781

さて、いよいよ食欲の秋!日本酒の秋!温泉が恋しい秋!

楽しみですね~

2019/08/12

初めて来店!「いちのじ食堂」

 

Dsc_35951

新潟市西蒲区和納地区。国道116号線からほどなく離れた田園地帯?聞き場はいいが角田山が近くに望める田んぼ地帯だ。

地元客に支持される背脂系あり、激辛系ある意外性のある人気店というのでさっそく特攻ッ!

Dsc_35881

人気メニューの一角「もやしらーめん」です。

サッと炒めたモヤシは驚愕の盛。背脂の浮いたスープのいい香りが食欲をそそります。

Dsc_35901

極太麺はコシ強く究極の湯で加減で脳ミソにガツンと来る触感でモヤシの相性も抜群だね~

初めての「いちのじ食堂」太鼓判ッ!!!

Dsc_35921

2019/07/28

これも暑熱順化?

7月も終わる28日。午前中の雨も止みこれといった予定もないので汗を掻きに行きました。

身体への負荷も少なく、自然の中の森で汗をたっぷりかける場所…。

時折、海からの疲れをホッとさせてくれる風が吹く。

おなじみ、角田山です。

Dsc_35811

低山と言いながらでも五ヵ峠駐車場の日陰ではでは3℃ほど低い28度。

歩きはじめるとすぐに大汗が出る。ムッとした湿気の中をどこからか芳醇な香りが漂う。

おおッ!夏の女王、山百合が誇らしげに咲いていました。

Kakuda1

猛暑に迫る暑さの中、冷たいスポーツドリンクを持参しながら汗をたっぷりかき、暑さに順応することも大切ですね。

 

 

2019/07/14

あっさりしてるのにコクのある一杯~「坂内食堂」

Dsc_35381

「坂内食堂」と言っても喜多方市の本家ではなく燕市吉田地区の姉妹店「坂内食堂 小法師」さんです。そこまで行かなくても手軽に本家の味を堪能できると人気です。

あっさりしてるけど醤油ベースと絶妙な塩味がコラボする透き通ったスープが「さすが!」と唸らせます。

炙ったチャーシュー丼もご飯にタレが染み込み食欲をそそります。

Dsc_35391

もっちり、シコシコした手揉みの平打ち熟成多加水のちぢれ麺がそのスープをよく絡み取ります。

じっくり煮込んだトロットロのチャーシューも私を虜にします。

Dsc_35411

久しぶりに味わった極上のあっさり一杯でした!ご馳走様でした!!

 

 

 

«梅雨の晴れ間に…

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック