2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2016/08/19

たまには、いっぺのもんねっか!

日付はすこし戻って16日(土)の夕方。

お盆休みも、今日が最終日。たっぷり飲んで語って明日も休み~?まさかッ!!

30年以上の付き合いの野郎5人での飲み会でした。もう、かれこれ一年近く会っていませんが、ようやくです。

もう、久しぶりなので最上コースの飲み放題をチョイス!^^

Dsc_0161

Dsc_0158

盛りだくさんの刺身、和牛もいいが、この岩牡蠣は人生最高のグルメランク・No,1でした。

Dsc_0163

宴も佳境に入り、「赤ワイン、そんがに飲んだらバカになんねっかッ!」

Dsc_0168

最後の〆は「ひつまぶし」。

Dsc_0169

お茶や出汁を入れていただくそうだが、これが〆にぴったりで5人衆は大満足だ。

歳を追うごとになかなか逢えなくなる仲間だがお互いの健康を気にしながら再会を約束しました。

Dsc_0176

ちなみに、私は「ひつまぶし」は初体験。

以下は、ウィキぺディアでの解説です。

蒲焼にしたウナギの身を切り分けた上で、お櫃などに入れたご飯に乗せ(まぶし)たものを、食べる側が茶碗などに取り分けて食べるのが基本的なスタイルであり、これが料理名の由来(由来には異説もあり。後述)となっている。そのまま通常の鰻飯として食べてしまうこともできるが、一般的にワサビや刻み海苔・刻みネギなどの薬味出汁お茶などが添えられて提供されるため、それらを食べる側の好みに合わせて取り分けた鰻飯に掛けたり、お茶漬けにすることにより、味の変化を楽しみながら食べることができるようになっている[3]

なんだってさぁ~( ̄▽ ̄)sweat01

2016/08/18

オリンピックの精神はもはや死語か?

リオの日本人選手のコメントに特に団体戦で先輩たちを「手ぶらで帰す訳にはいかないので…」

そんなインタビューをよく聞く。

やっぱり最低でも銅メダルを取るか、手ぶらで日本に帰るかでメディアや注目度は雲泥の差だろう。

もちろん、メダルを獲得すれば地元や日本中が湧くのは違いない。

四年後の東京オリンピックは、何がなんでもメダルだ!メダルだ!メダルだぁ~~!

しかし、以前「オリンピックは参加することに意義がある」と言われたことを思い出します。

ある意味、相反する言葉ですが、複雑な気持ち。

ネットで調べていたらこんなサイトがありましたので紹介します。

「第4回ロンドンオリンピック(1908)の陸上競技では、アメリカとイギリスとの対立が絶え間なく起こり、両国民の感情のもつれは収拾できないほどに悪化していました。

 その時に行われた教会のミサで、
「このオリンピックで重要なことは、勝利することより、むしろ参加することであろう」というメッセージが語られました。

このメッセージを、当時のIOC会長のクーベルタンがとりあげ、次のように述べました。

「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。」

「近代オリンピック100年の歩み」(ベースボールマガジン社)より

* * * *

 オリンピックには、「より速く、より高く、より強く」という言葉もありますから、「参加することに意義がある」と言う言葉は、弱くてもいい、負けてもいいという意味ではないでしょう。

 しかし、ただ勝てばいいというわけではありません。参加し、そしてひたすらに、純粋に、勝つために正しく努力することに意義があると言えばよいでしょうか。」

もはや、死語か…な。(´;ω;`)ウウ・・・

2016/08/16

さあ、暑さに負けずに!乗り越えよう!

6日間の休みも今日で終わり。今回は、所用が多くてなかなか出掛ける時間が取れませんでしたね。

 

その分、リオ観戦たっぷりできたし、いい骨休みが取れたと思います。

 

(特に、競泳・卓球・バドミントンにはくぎ付けです)

Dsc05787_3

顔を上げ、正面向いて、暑さに負けずに乗り越えましょう!

2016/08/15

最近、この店にぞっこんです!

Dsc_0152

当地燕市吉田地区、市街地の一角にたたずむ「味の店」…

美しい器に胡麻油と野菜の旨みが出会う素直な醤油ベースのスープ。

細麺にしてこのコシと艶やかな喉腰はこの店ならではだろう。

人気の背脂ラーメン店を通り過ぎてこの店に来ることもしばしばだ。


Dsc_0155

「味の店 逑来(クォライ)」の一番人気の広東麺。

本当にご馳走様でした。

2016/08/11

志賀高原、プチ山歩き

Dsc05744_2

下界は35℃の猛暑ですが、志賀高原の長野・群馬県境の渋峠、国道最高地点は標高2,172mで気温20度以下の別天地。

高地限界の風景と白根山の荒涼とした風景が印象的です。

Dsc05750_13

志賀草津高原ルートは、バイクツアラーの聖地とあってか自慢気なマシンが並びますね~

渋峠からペアリフトで横手山(2,307m)山頂の祠に立ちます。

Dsc_0133_5

横手山頂に来たら、やっぱり山頂ヒュッテのパン屋さんでカレーパンとあんパンをいただきました。

Dsc05752_7

クルマで下って、四十八池から奥志賀山山歩き。

湿原内には大小60の池塘が夏空を映します。

Dsc05735_7

30分ほどで奥志賀山(2,037m)の頂からは、湿原の木道や青い大沼池が。

Dsc05728

Dsc05726_2

「自然探勝コース」は蓮池から木戸池までの5㎞、2時間ほどの一般向けの山歩き。

大きな岩に息づいた木々がなんとも異様な姿が印象的だ。

Dsc05775

マンモスの化石を発見ッ!か!?

Dsc05780

Dsc05781_2

駐車した木戸池に着いたのが、4時頃。

爽やかな汗を「木戸池温泉ホテル」で流すかッ!

Dsc05785

自家源泉の少し熱めの湯。

全開窓から高原の風がなんともいい~。

Dsc_0135





2016/08/06

「猛暑は、この一杯でブッ飛ばせッ!」

Dsc_0125

連日の真夏日で少々ばて気味な身体にエネルギー補給です。

当地燕市吉田、粟生津地区国道116号線沿いの超人気店です。

その店構えから風格さえ漂います。

餃子もいいけど、カリカリジューシーな鶏唐揚げは、カリッカリのジューシーさが身上!

      「うん。うんめぇ~^^」

Dsc_0110_13

当店人気御三家といえば、「赤」&「白」、そして究極の「特盛」でしょう。

トッピングバッチリ!背脂どっさり!縮れ太麺でガッツリ!

Dsc_0115_11

Dsc_0122_9

これで、お盆休みまで持ちこたえられそうです…

ご馳走様でした!

2016/07/31

「BBQで暑さをブッ飛ばせッ!」

当バドミントンチーム恒例の夏忘れ会、第2弾ッ!

当地燕市の気温32℃。それでも県央大橋下は、この時期BBQの穴場です。天候に左右されず、川面を吹く風は、意外と涼しいです。

 

以下は、その時のスナップショットです。

 

バドミントンチームのNさんは、当チームきっての仕切り屋で親分的存在でありなが裏方でも猛ハッスル!

Dsc_0026

美味しく焼けたッ?ふふッheart04

Dsc_0035

Dsc_0048

お楽しみの、人間スイカ割大会!だぁ~~!

Dsc_0050

Dsc_0062

Dsc_0074

暑さをブッ飛ばすにはBBQが一番さッ!

皆さん、お疲れ様でした!

2016/07/30

鰻よりもこの一杯!

Dsc_0023

土用丑の日、のお昼です。夏を乗り切るためには、鰻か?

いやいや、私はこの一杯こそ土用丑の日のお昼にふさわしい。

当地、燕市の「大むら」です。開店30分後の11時半にはもう一階は満席のため二階の座敷に案内されます。

Dsc_0015

当店人気抜群の、「中華そば」と「半チャーハン」のゴールデンコンビです!

お約束の背脂OK! 太麺の湯出具合OK! ほのかに生姜香る煮干し醤油スープも完璧OK!

Dsc_0021

Dsc_0017

香ばしくパラッパラのチャーハンは、中華そばのお供に最適なサイドメニューに改めて気づかされる…。

「やっぱ、鰻よりこっちだろうな…」

そんな事、思いながらの至福のお昼でした!ご馳走様でした!



2016/07/29

ゴーヤカーテン完成。

Dsc_0024_14

和室のこの部屋は、朝から強い日差しが差しますがゴーヤカーテンのおかげで完璧です。

引き戸を開ければ、大きくなったゴーヤがいくつもブラブラ~

しばらくは、食前に並びますね~

2016/07/18

ここは、マイ・ガーデンかい!?

数時間の時間が取れれば気軽にできる山歩き。それが角田山だろう。

「ここは、オレ流マイ・ガーデンに…^^」

五ケ峠コースは、山頂まで1時間少しの緑濃いなだらかな道、さまざまな事に思いを巡らせるのにうってつけだ。

夏の花たちもよろっと咲き始める。

Dsc05693

Dsc05695

Dsc05681

Dsc05682

汗も爽快ッ~!^^

また、一週間がんばるか!

Dsc05688

2016/07/17

爽やかな辛さの一杯は…「味の店 逑来」

ムシムシするこの時期に爽やかな辛さを楽しめる一杯なら…

 

当地、燕市吉田地区の味の店「逑来(クォライ)」の担々麺(700円)だろう。

美しい器にたっぷりの煎った白胡麻、それを囲むように青梗菜、玉ねぎ、搾菜、柔らかチャーシューが入ります。

Dsc05696

細縮れ麺がそれを絡めながら喉腰を下りる…。最高に美味いと感じる習慣です。

これで700円!他店では絶対味わえない極上の担々麺でした。

ご馳走様でした!

2016/07/14

弥彦山にもいるんだね~

Dsc05665

あの日の休日。ここは、弥彦山9合目を過ぎて頂上にある奥ノ院への階段の途中。

観光客が何やら見つけたようだ。気になってそばによると…

「これ、マムシられね~。たぶん黒マムシの子らな?」

Dsc05661

自分自身、実物のマムシは見たことが無く、調べたがそうらしい。

「誰かぁ~。一升瓶持ってきてぇ~」って叫んでました!

2016/07/10

人の一生は重き荷を負うて…

「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し」

これは徳川家康の遺訓と言われていますが諸説あるようです。

Dsc05638

Dsc05641

きのうの弥彦山山歩きで重き荷を担ぐ方々に出会い、そんな言葉を思い出しました。

ボランティアで丸木二本を背負う人。砕石二袋と丸木を担ぐ人。

登山道の補修で六合目先の「里見の松」まで運ぶようだ。

Dsc05643

若い夫婦が子供を交代で背負いながらの山歩き。

「ここ、キツイ~」という奥さん。「この先の三合目で代わろう」そんな思いやる言葉が聞こえます。

1時間20分ほどで山頂・奥ノ院からは霧が立ち込め視界はきかなかったが皆さん爽快な気分に浸っているようです。

Dsc05658

尚、山頂付近では紫陽花が見頃を向かえています。

Dsc05649

あれぇ~!?タイトルがかなりオーバーだったかな!?(´,_ゝ`)プッsweat02

2016/07/03

濃厚な旨み味噌ラーメンなら…「炎」

Dsc05632

三条市須頃地区、コメリリフォームさんの向かいのあまり目立たたない場所ですが、ここが意外と濃厚旨み味噌ラーメンが食せる店。

それが。らーめん亭 炎(えん)です。

Dsc05633

    まさに、「」そのもの~

Dsc05634

赤味噌と豚骨、鶏ガラベースのスープにダイナミックに炒めたキャベツ、モヤシ、挽肉が盛られた一杯は、濃厚旨みたっぷりの味噌ラーメン。

Dsc05635

好みに応じて白胡麻やおろしニンニクをプチトッピングすれば極上の味噌ラーメンに仕上がりました。ご馳走様でした。

2016/07/02

この一杯は、レジェンドかレガシーか!?「福来亭・白山町店」

Dsc05386

当地燕市の中華そばの老舗店「福来亭 白山町店」です。その店構えは創業当時のままを感じさせそれがまたいい。

自宅から徒歩数分ということもあり食べたくなれば「ふらっと」気の向くまま…。ってな感じです。
玉ねぎとライスは自由に増量できるのはこの界隈にないうれしいサービスです。

いつもなが、燕もんのハートを鷲づかみにするそのルックスは無言に唸らせます。

Dsc05376

半餃子(3個)は、焼きというより水餃子風に近い食感が好みの分かれるところだが自分としては「これも、またよし」だ。

Dsc05381

勝手ながら、いつまでもこの「福来亭 白山町店」の中華そばを、「伝説」だけではなく長く長~く「遺産」にならないように食べ続けたい。

そう、時に無性に食いたくなる一杯にご馳走様でした!

«その対極たる一杯は?「支那そば笹舟」

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック