2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2017/10/09

「秋の尾瀬ヶ原・デビュー」

初めての尾瀬ヶ原です。

翌朝8時。「ふきあげ旅館」前までの乗り合いタクシーに乗り込み25分ほどで尾瀬ヶ原の玄関口、標高1590mの鳩待峠です。

Dsc_2160_5

そこから1400mの山の鼻まで下り、牛首分岐→竜宮十字路までの片道7.7km、往復15.4kmの日帰り王道ルートです。

万歩計では26,000歩ッ!!

天気快晴。周囲の木々は紅葉真っ盛りの様相。尾瀬ヶ原デビューには最高のお膳立てだに期待も膨らむ。

支度を整え、軽いストレッチも忘れずに。

Dsc_2118_2

Dsc_2156_2

鳩待峠から下ること1時間で山の鼻休憩所。そこから尾瀬ヶ原の草紅葉と本州最大の広大な湿原が始まります。

Dsc_2123_2

目の前にパッと広がる湿原と燧岳。そこへと真っ直ぐにつづく木道。

その初めて出会う光景に私たちは、「おおぉ~、すげえ~」と、しばし釘付けだ。

Dsc_2125_4

振り返れば、紅葉の至仏山。抜群のロケーションにやっぱり「おおぉ~、すげえ~」しか出ない。

Dsc06139

立ち止まって景色を眺めたり、写真撮ったりしながら牛首分岐で少し早目のお昼です。

Dsc_2133

バーナーでコーヒー沸かし、宿のおにぎりパクつきながら缶詰突っついたり。最高のご馳走だ。

Dsc_2139_2

竜宮十字路へ向かうと人影もまばらになる。ここでトイレ休憩をして今来た道を戻りました。

ポスターなどで見慣れた景色ですが、私たちにとって特別な景色「尾瀬デビュー」な景色でした。

Dsc_2134_4


今宵の宿は、片品温泉郷の「ふきあげ旅館」

丸沼高原で紅葉と山歩きを満喫した後の湯宿「ふきあげ旅館」さんです。

 「わずか14室ほどですが料理と温泉、そして女将さんの心遣いに定評のある湯宿です。

Dsc_21021

早速、缶ビールを喉に潤わせて温泉へ!尾瀬戸倉温泉掛流しの湯は、ぬるっとして肌になじむ湯花浮く柔らかい湯だ。

夕食は、上州もち豚の豆乳鍋をメインとした豪華ではないが好みの味付けの品々が並ぶ。もちろん、生ビールも進む、地酒もおかわり君だ。

Dsc_2103_3

他にも茄子の田楽風やニジマスのホイル焼き、チーズグラタン、リンゴの天婦羅は忘れられない。

Dsc_2104

明日の予定の確認や、女将からの情報入手に話題は尽きない。

さ~て今夜はさっさと寝て明日に備えますかね!

朝食もなかなかいい。まさに日本の朝ご飯だぁ~

ご飯3杯食って8時宿前出発のバスに乗り込みました。

Dsc_2108_6

いよいよ、今日は草紅葉と木々の紅葉が奏でる高層湿原にデビューです!

2017/10/08

「天空の足湯」~丸沼高原

Dsc_2095_2

群馬県片品村、標高1400mから一気に標高2000mまで上るロープウエイからは、紅葉真っ盛りの山々の中に丸沼や菅沼がきれいです。

Dsc_2098_3

山頂駅近くの二荒山神社(分社)に旅の無事を祈願して6km、2時間30分ほどの遊歩道の山歩き。シラビソ林の中を平坦あり急登あり変化のありの道のりは私たちにはぴったりだ。

Dsc_2077_5

さて、お次の目当ては、疲れを癒しに「天空の足湯」だ!

 

名だたる日本百名山(浅間山・四阿山・草津白根山・苗場山・谷川岳・至仏山等)を遥かに望み、間近に日光白根山を仰ぎながらの足湯は、贅沢だ!

Dsc_2068_2

Dsc_2087

ビール飲めないから…これでカンパ~い!!

Dsc_2094

2017/06/25

「流した汗は、この一杯で補給しろ!」

県央社会人バドミントンリーグ戦も今日が前半戦最終日。

我がチームも、若手を中心に戦力を一致団結して初優勝目指して今日に臨みました。

時期的に蒸し暑く暑さとの戦いでもありますが、流した汗と腰やひざの潤滑油を補給しなければなりません。

Dsc_1680

加茂市の会場近くの「ラーメン しん」での中華そばで流した塩分と膝、腰の潤滑油を補給ッ!

Dsc_1674


Dsc_1679

この一杯は、速攻で効きました。

ここまで全勝のまま秋へのいい足固めができました。

今年は、悲願の初優勝できるかな!?

2017/06/13

今宵の宿は、乗鞍高原「白樺の庄」

Dsc_1555

Dsc_1563

メインは、リンゴをたっぷり食べた信州牛のしゃぶしゃぶ。熱々の岩魚、馬刺し、山菜天ぷら、地元野菜の煮物など味付けがいい。

Dsc_1564

宿を決める要素として、まずお湯がいい事。食事がその地の素朴さを感じる事。

そして、やっぱり料金が安い事。また、小さな宿ゆえに、女将さんとの何気ない会話が楽しめればいうことない。

乗鞍高原温泉「白樺の庄」。硫黄泉かけ流しの小さな温泉宿。

Dsc_1574_2

翌朝、部屋の窓からスッキリ晴れた乗鞍の頂。

      「いい宿、らったな」

2017/06/12

「上高地で出会った花たち」

Dsc_1613

上高地散策の折り返し地点の明神橋を渡り梓川左岸の河原でお昼にしました。

「そういえば、花って何が咲いてたっけ?」今まで森の緑や穂高連峰ばかりを見上げていて足元の花々にはすっかり気が付かなかった。

ここから帰路は展望が少ない森の中を歩くので足元の季節の花たちを探してみようか。

ニリンソウ。群生の盛りは過ぎたが、上高地と言えばこの花だろうか。

Dsc_1622_2

バニバナイチヤクソウ。高原の林の中に生える常緑の多年草。

Dsc_1547

ラショウモンカズラ。この花、先月角田山でいっぱい咲いてたな。

Dsc01713

小梨平キャンプ場手前では、イワカガミの小さな群生。新緑の中でうつむきかげんに揺れていました。

Dsc06122_4

さて、この紫の花、たった一輪だけ。クリンソウだと思うのですが…。

Dsc06127

どの花たちも陽のあたらない木陰にひっそりと、しかし力強く。

自分も、そうありたいと思います。






2017/06/11

「爽やかな上高地でした。」

きのう(10日)の雨も止んで朝から真っ青の空が私たちを誘っていました。

「アルピニスト」が名だたる名峰に憧れ、その頂を目指すように、私たち「アルキニスト」は上高地、それに懐かれるような地に憧れるものなのでしょう。

乗鞍高原温泉の小さな宿から20分ほどで沢渡バス駐車場からバスに揺られること30分で大正池の畔です。

気温10度ほど、快晴。

ここから、大正池湖畔から梓川沿いに森をぬけ、木橋を渡り、川べりを歩きながら河童橋から明神橋へ。

約12km、普通なら3時間半の行程を休憩、昼食を含めて5時間近くをのんびり歩きました。

そこにはいつ訪れても訪れる人々を魅了する風景が広がっていました。

Dsc_1577_3

Dsc_1578

大正池から焼岳、右手に屏風のようにそびえる残雪の穂高連峰です。

Dsc_1583

歩き始めて20分ほどで田代湿原からの穂高連峰。

Dsc_1594_2

田代橋を過ぎ梓川左岸を歩くと、広い梓川河原越の木陰のベンチで小休止。

この眺めは、たぶん初めてだろう。

Dsc_1598_5

河童橋が見えてきました。やはりここは人気スポットだ。ここから明神橋まで戻ってくるまで8kmほどある。

Dsc_1602

また、いつか…。次は、秋頃にもうちょっと足を延ばして。

2017/06/09

ライブカメラ

観光地に出かけるとき、その場所の実際の天候が分かれば便利ですよね。

先週末に「上高地」へ出かける予定で両日とも松本市は☀時々☁予報でしたが、上高地のライブカメラでは、午前中はなかなか雲が取れない様子。午後からは、雨が降り出したようで山歩きには「ちょっとねぇ~」って感じでした。

結果的に、一日目(土)は乗鞍方面を散策して二日目(日)に上高地の山歩きに変更しました。

バッチリハマって、6月11日の上高地はこれ以上ない天候に恵まれ大正池~河童橋~明神橋の人気ルートを楽しむことができました。

そんなこと、ボチボチアップしたいと思います。

Dsc_1629_2




2017/06/08

週末は「裏」ベストシーズン

関東甲信地方は、梅雨に入ったようですね。さて、この週末、信州「上高地」方面の予定です。

この時期は、梅雨ということもあって観光客も少なくて静かな上高地を満喫できます。

まあ、心配した天気も土日とも時々の予報で雨の心配は無さそうですが山の天候変化を思えば、それなりの準備は必要です。

小さな温泉宿に泊り、のんびり高原の新緑や風に触れ、あの憧れの秘湯も楽しみたいと思います。(v^ー゜)

2017/06/06

「そうだ、八珍亭があるじゃないかッ!」

角田山から下山すると2時少し前。かなり腹ペコ状態で「こまどり」の味噌ラーメン目当てに直行しました。

      「がッ!!」

2時近くにもかかわらず20、いや30人ほどの待ち客で行列ができています。

「こりゃぁ、死にそうで無理だ…。そうだッ!八珍亭にすっかッ!?」

Dsc_1499

満席に近かったが、奥の小上りに上がり5分ほどで「特製味噌ラーメン」です。

Dsc_1494_3

Dsc_1496

フワ~っと味噌のいい香りと炒めたキャベツとモヤシの甘い香りが、鼻を衝く。

もっちり極太麺は味噌スープとの相性抜群です。

超腹減ってたんで、お互いほとんど会話もなく、無心で平らげましたね~。

「ご馳走様でした!」


2017/05/26

「中華そばと炒飯が相性抜群のラーメン店なら…」

休日の夕方5時から当地、燕市の「大むら」の夕方の営業がはじまります。

 

待ちかねた客はどっと押し寄せほぼ満席です。

 

小上りに上がり、ほどなくして、ラーメンスープと共に炒飯です。パラパラの少し焦げた香りが食欲そそるなぁ~

Dsc_1393_2

お待ちかねの「大むら」中華そば。炒飯との相性は、「食った者しかわからない」とでも言っておこうか。

Dsc_1395_2

Dsc_1402

  私の、最高のディナーです。

2017/05/25

宿泊先からの礼状

先日、能登半島、珠洲市での宿泊先からの礼状が届きました。

たぶん女将からの直筆文でしょう。

Dsc_1437_2

読んでいると、その時の何気ない心遣いや、食事の美味さ、奥能登の風景がやけに思い出されます。

規模が大きな旅館からのメールでの礼文は一般的ですが、温泉民宿の小さな宿からの温かみのある便り、こっちの方が「またいつか機会があれば…」と思わせる便りでした。

2017/05/22

試合の後の楽しみは?

第33回県央社会人バドミントンリーグ戦が開幕しましたね。

くそ暑いのに汗ダラダラでお疲れ様でした!その後の楽しみと言えば…

Dsc_0158

もう、こっれきゃないよね~

Dsc_1436

Dsc02028

Dsc02026

我がチームのホームグラウンドで5時半から十数名が馳せ参じ、お互いの健闘やら酒のつまみに事欠かない。

Dsc_1435

時のたつのも忘れて気が付けば、夜中のお昼過ぎてまっしたッ!^^

2017/05/07

GW最終日は灯台コース

5連休の休みも今日まで。昨夜の雨も上がり朝から青空です。

 

こんな日は、なまった身体を目覚めさせるには角田灯台コースがいいようです。

 

8時過ぎ、海抜0mの海岸から一気に登りがつづきます。

Dsc06096_3

15分ほど登れば、紺碧の日本海に浮かぶ白亜の角田灯台。藤の花とのコラボはこの時期ならではでしょう。

「いい。絶景だ。」

Dsc06097

岩場を過ぎ、長い登りの後には、ブナの回廊…。ここがまた別世界でいい…。

 

昨夜の雨で、朝陽に照らされた新緑がしっとりまぶしい。

Dsc06098_10

1時間20分ほどで頂上。そこから観音堂へ。黄砂の影響か?どんよりしてすっきりしない。

 

いい汗かいたし、さあ、今週も気合入れて頑張るかなッ!

2017/05/04

ここは、奥能登「灯の宿」…

当地、新潟県燕市からは、かなり遠かったのが率直な印象です。一泊で往復800km超えは強行軍と言えるでしょう。

 

やはり目指したのは、「禄剛崎灯台」。奥能登の最先端です。青い日本海が、地球が、丸く見えます。

 

今宵の宿は、珠洲市の料理民宿「灯の宿 まつだ荘」。 (公式HPは一見の
価値あり)

Dsc_1360

気さくな女将、ご主人がもてなす希少な能登牛の炙り網焼きと海鮮料理自慢のわずか9部屋の宿。天然温泉ではないがヒバの麦飯石の人口温泉は、それに負けず劣らずの癒しの湯で疲れを癒した後、期待の夕食だ。

Dsc_1356

郷土食豊かで季節感のある滋味豊かな料理が並ぶ。同席した同年代夫婦との会話が楽しい。

Dsc_1357_2

ほどなく新鮮な刺身が運ばれる。ブリ、アジ、ヒラメなどたっぷりあり、メインの能登牛の炙り網焼きの美味さにはノックアウト寸前だ!

Dsc_1355_2

翌日、宿からすぐ、1分ほどの浜辺。忘れかけた潮騒の匂いに元気をもらうなぁ~

Dsc_1363_2

二日間で「見附島」「禄剛崎灯台」「輪島朝市」「総持寺祖院」などを見学した奥能登の小さな旅でした。



«瀬波温泉で「村上牛とあわびの共演」!!

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック