2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2017/05/26

中華そばと炒飯の相性抜群のラーメン店なら…

休日の夕方5時から当地、燕市の「大むら」の夕方の営業がはじまります。

 

待ちかねた客はどっと押し寄せほぼ満席です。

 

小上りに上がり、ほどなくして、ラーメンスープと共に炒飯です。パラパラの少し焦げた香りが食欲そそるなぁ~

Dsc_1393_2

お待ちかねの「大むら」中華そば。炒飯との相性は、「食った者しかわからない」とでも言っておこうか。

Dsc_1395_2

Dsc_1402

  私の、最高のディナーです。

2017/05/25

宿泊先からの礼状

先日、能登半島、珠洲市での宿泊先からの礼状が届きました。

たぶん女将からの直筆文でしょう。

Dsc_1437_2

読んでいると、その時の何気ない心遣いや、食事の美味さ、奥能登の風景がやけに思い出されます。

規模が大きな旅館からのメールでの礼文は一般的ですが、温泉民宿の小さな宿からの温かみのある便り、こっちの方が「またいつか機会があれば…」と思わせる便りでした。

2017/05/22

試合の後の楽しみは?

第33回県央社会人バドミントンリーグ戦が開幕しましたね。

くそ暑いのに汗ダラダラでお疲れ様でした!その後の楽しみと言えば…

Dsc_0158

もう、こっれきゃないよね~

Dsc_1436

Dsc02028

Dsc02026

我がチームのホームグラウンドで5時半から十数名が馳せ参じ、お互いの健闘やら酒のつまみに事欠かない。

Dsc_1435

時のたつのも忘れて気が付けば、夜中のお昼過ぎてまっしたッ!^^

2017/05/07

GW最終日は灯台コース

5連休の休みも今日まで。昨夜の雨も上がり朝から青空です。

 

こんな日は、なまった身体を目覚めさせるには角田灯台コースがいいようです。

 

8時過ぎ、海抜0mの海岸から一気に登りがつづきます。

Dsc06096_3

15分ほど登れば、紺碧の日本海に浮かぶ白亜の角田灯台。藤の花とのコラボはこの時期ならではでしょう。

「いい。絶景だ。」

Dsc06097

岩場を過ぎ、長い登りの後には、ブナの回廊…。ここがまた別世界でいい…。

 

昨夜の雨で、朝陽に照らされた新緑がしっとりまぶしい。

Dsc06098_10

1時間20分ほどで頂上。そこから観音堂へ。黄砂の影響か?どんよりしてすっきりしない。

 

いい汗かいたし、さあ、今週も気合入れて頑張るかなッ!

2017/05/04

ここは、奥能登「灯の宿」…

当地、新潟県燕市からは、かなり遠かったのが率直な印象です。一泊で往復800km超えは強行軍と言えるでしょう。

 

やはり目指したのは、「禄剛崎灯台」。奥能登の最先端です。青い日本海が、地球が、丸く見えます。

 

今宵の宿は、珠洲市の料理民宿「灯の宿 まつだ荘」。 (公式HPは一見の
価値あり)

Dsc_1360

気さくな女将、ご主人がもてなす希少な能登牛の炙り網焼きと海鮮料理自慢のわずか9部屋の宿。天然温泉ではないがヒバの麦飯石の人口温泉は、それに負けず劣らずの癒しの湯で疲れを癒した後、期待の夕食だ。

Dsc_1356

郷土食豊かで季節感のある滋味豊かな料理が並ぶ。同席した同年代夫婦との会話が楽しい。

Dsc_1357_2

ほどなく新鮮な刺身が運ばれる。ブリ、アジ、ヒラメなどたっぷりあり、メインの能登牛の炙り網焼きの美味さにはノックアウト寸前だ!

Dsc_1355_2

翌日、宿からすぐ、1分ほどの浜辺。忘れかけた潮騒の匂いに元気をもらうなぁ~

Dsc_1363_2

二日間で「見附島」「禄剛崎灯台」「輪島朝市」「総持寺祖院」などを見学した奥能登の小さな旅でした。



2017/04/30

瀬波温泉で「村上牛とあわびの共演」!!

ゴールデンウィーク前半の4月29・30日と村上市の名湯、瀬波温泉へ。選んだのは泉質と料理に定評のある「はぎのや」さんへ。

公式HPは→http://senamionsen.com/

Dsc_1302

日頃のささやかな自分と家族へのご褒美でカミさん、母を連れて行きました。

 道中、「道の駅」を巡りながらののんびり旅です。

 客室へ入るなり、温泉街を眺めながら「鮭の酒ひたし」で先ずプシュ!

Dsc_1252

先ずは貸し切り露天風呂「三の湯」でくつろぎます。かすかな油臭と塩っぱさが源泉掛け流しを感じさせ、それを一人占めできる贅沢を味わいました。

「あぁ~いい湯だなぁ~、じょんのび、じょんのび~」

Dsc_1257

6時からの早めの夕食は、本館3階の個室へ案内されました。

Dsc_1266_3

何といってもメインは村上牛と国産アワビの踊り焼きです。

 

これ食ったら浮世のちっぽけな悩みなど吹っ飛びます~!

Dsc_1270

Dsc_1286_2

朝は、早起きして極上の源泉に浸かり、イクラ丼のおかわりでしたッ!

Dsc_1296

たまには、非日常の充電も必要ですね!






2017/02/26

麻婆麵の美味い店見つけたぞ~!

Dsc_0885_6

当地、燕市吉田東栄町の住宅街に、地元客に圧倒的な支持を受ける逑来(クォライ)さんでお昼です。

多くの客は、一番人気の「広東麺」を注文しますが、今日は今まで食べたことのない「麻婆麺」にしました。店員さんは「辛いですけど、いいですか?」

Dsc_0875

きれいな器に大きめに乱切りされた豆腐にたっぷりととろみの餡と豆板醤や挽肉、細かい唐辛子が…。かなり辛そう…。

Dsc_0883

細いちぢれ麺は、喉越しいいが、額から流れる汗が器に滴り落ちるのに気が付く。それほど「辛~いッ!」のだ!

Dsc_0877

帰りの車のヒーターは、OFFのまま…。

極上の美味いクセになりそうな「麻婆麵」にご馳走様でしたッ!


2017/02/18

冬眠から覚めたら、鴨鍋大会だった!?

1月に降った根雪もすっかり溶けた土曜日、ようやくブログの冬眠から覚めました。

 

何てったってバドミントン仲間恒例の「鴨鍋&鴨焼き肉大会」なら目を覚まさないわけにはいかないね!

Dsc_0965_5

当地、集会場の朝10時の厨房には十日町産の鴨鍋や鴨焼肉の仕込みで忙しい。日高の昆布と椎茸、鴨3羽のガラで出汁を取り生姜で臭みを取るシンプル醤油仕立てです。

 どうです?この野生の脂のたっぷり乗った鴨肉!これ、全部焼き肉用ですぜ!

Dsc_0964_2

先ずは、大きめに切った長ネギと鴨肉を炒めます。味付けはシンプルに塩コショウがベスト。ネギが鴨の脂を吸って野性味あふれる食感に皆、大満足です。

Dsc_0712




日本酒にはかなりうるさいF氏は、佐渡の銘酒・北雪「YK35」生原酒を持参!

Dsc_0986_4

もう、たまんなく最高・最強のコラボに参加者全員が時間も忘れて約6時間の宴を楽しみます。

Dsc_0993

「ラーメン食いて~な~」

「大むら支店から出前取っか!?」

Dsc_1006

Dsc_1009

宴の〆の中華そばと野菜炒めで大満足の休日でしたッ!^^

2017/01/04

「KING of 中華そば」

正月休みも今日まで。午前中は、家の所用を済ませて今年初の「一杯」へ…。

天気も回復したので歩いて10分ほどの「あの、超有名店へ…」

Dsc_0688

「やっぱり、行列だ~」5分ほど並ぶと私を含めて、30人ほど。当地燕市では行列も「KING」だ!

もう、この店お分かりですね。

Dsc_0691_3

ご存知、今や全国区にのし上がった「杭州飯店」の餃子&中華そばです。

餃子は、4個と2個が選べますが、中高年にうれしい2個(400円)と中華そば(800円)です。

かなりのセレブ価格ですが、明日からまた頑張れば、まあ良しとしますかね~

Dsc_0694

Dsc_0696_2

どんぶりギリギリに注がれたスープがたまんないッ!お約束の超極太麺に煮干し出汁バッチリ!たっぷりの背脂は、どこにもない、ここしかな類い希なその麺面にこれからの一年間のエネチャージ!

まさに、「KING of 中華そば」にふさわしい~

これで明日から、がんばれそうです!ご馳走様でしたッ!^^

2017/01/03

「産業カレンダー」

当地のほとんどの事業所が採用している「燕三条産業カレンダー」です。拡大は→http://www.tsubame-cci.or.jp/calendar.html

年間休日は、105日ではありますが、個々の事業所が決めたカレンダーもありますし、サービス業ともなればまったく違うと思われます。

やはり、多くの製造業に取り入れられているかと思われます。

明日が、(4日)が仕事始めですが、当社は仕事量の都合?で7日(仕事)と入れ替えて5日が仕事始めです。

 何とも、柔軟なんだか何なんだか…?

2017/01/01

穏やかな年明け

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

当地新潟県燕市は、時折小雨のぱらつく空模様ですが、日も差し雪もなくこの時期にしては、穏やかな元旦です。

今年は、私とカミさんが前厄ということで市内の神社でお祓いをしてきました。

Dsc_0674_2

そういうことは、あまり気にしない方ですが歳を重ねることにどこか「神頼み」が気になるお年頃?なのかもしれません。

さ~て、気分はスッキリしたし、(気分の問題ッ!?)新しい2017年を楽しみましょう!!

2016/12/30

静かな弥彦神社

Dsc_0666_2

ここ例年は、12月30日にカミさんと一年間祀っていたしめ縄やお札を弥彦神社に持っていきます。

二年参りや初詣は、大変な混雑ですから…。

参拝者もそれほど多くなく、静かで厳かな参道を歩けば身が引き締まります。

Dsc_0663

一年間の無事と新年へのお願いことの後は、新しいお札をいただきます。

やっぱり「越後一の宮」のお社は、パワーをいただけそうですね。

Dsc_0668

帰りに参道沿いの「やよい」さんで気に入りの日本酒を2本買い求めました。

2016/12/25

年末恒例 ~鴨会議

燕市某所の集会場ですっかり年末恒例になったバドミントン仲間での「鴨会議」。

 

冬になると猟師に変身するW氏。津南産の野生の鴨は野性味溢れる旨みだ。

 

先ずは、フライパンで火が通ると乱切りの太目のネギ投入ッ!

Dsc_0632

塩コショウで味付け、鴨の脂をネギが吸いネギの甘みと鴨の旨みが最高に「うんめぇ~」

Dsc_0637

さて、会議の本題はというと、新年度から加入者も増えて、新しいチーム編成やら、話題豊富なバドミントン談義に盛り上がります。

 

そんな事話してると、鴨鍋がグツグツと煮えてきて部屋中いいにおい~♪

Dsc_0635

Dsc_0639_2

5時間ほどの鴨会議は無事に終わり、一本〆にて「いい年を迎えろよぉ~」






2016/12/18

孤高の一杯~らあめん福楽

三条市須頃地区の隠れた名店「らあめん福楽」さんが年内で閉店する…

そんな噂を聞いたもんでカミさんとのお昼でした。開店11時半には店内は満席。待ちながら店内に張り出された感謝のメッセージに目をやる。

Dsc_0596_9

なるほど、地元に愛され育てていただいた感謝のメッセージ。

カウンターからは、店主とおかみさん、その後継者らしき人など5人ほどが忙しくまさに戦場だ。待つこと10分ほどで看板メニューの「メンマラーメン」に背脂トッピング。

歯ざわり抜群の味付けされた極太メンマ。赤身と脂身の絶妙バランスのチャーシューは、他にはないここだけだろう。

Dsc_0600

魚介醤油ベースのあっさりスープに細麺縮れ麺がよく絡む。

「燕三条なら極太麺だろう…?」そんな自分勝手な常識が非常識になる瞬間。

Dsc_0605

サイドメニューには、ニラがたっぷりの餃子も相性抜群!

Dsc_0603

来年からは「らあめん福丸」の船出。その時には、また孤高の一杯になるための歴史のはじまり。

ご馳走様でした。

Dsc_0607_2

2016/11/13

須坂市でお昼…なに食う?

小春日和の日曜日、紅葉見ながらリンゴのサンふじを買い求めに長野県の高山村へ。特にここまで行かなくてもいいんですが、須坂市でお昼です。

 信州須坂といえば味噌が有名らしい。その味噌の割り下を使ったご当地グルメ「みそすき丼」がいまチョットしたブームらしい。

 そんなわけで、ご当地老舗の「松葉屋そば店」にしました。

Dsc00528

雰囲気ある蔵造りの外観に期待がふくらみます。

 牛肉と豚肉を使い、須坂の伝統野菜の村山早生ゴボウなどを味噌の割り下で煮込んだもの。

Dsc00533

 甘めの味付けで素材の旨みが引き立つ「みそすき丼」はお昼にぴったり。

 胡麻豆腐もいい。濃いめの味噌汁もいかにも信州らしい。

 たいへんご馳走様でした!

«この道、何度歩いたろうか…角田山

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック