2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2018/12/02

初冬の角田山もいい…

Dsc_23831

五ケ峠コースからの途中、日本海と佐渡がスッキリと見えます。うっすらと汗が気持ちいい。

まだ2時過ぎというのに陽は傾きかけ、葉をすっかり落とした木々を造形美に引き立てるようです。

これもまたこの時期ならで美しいです。

Dsc_23861

観音堂から新潟市方面。県境の山々は新雪を、広大な越後平野は斜陽に映えこれもまたこの時期ならではの美しさだと思う。

海沿いを走り帰ることにした…。海に沈む夕日を見るのは久しぶりで明日からの元気をもらえたようです。

Dsc_23901_2

2018/11/24

うんめぇ~蕎麦を探して北信濃 「西乃茶屋」


Dsc_23221_2

長野県飯山市 国道117号線沿いに大きな看板が目に飛び込みます。老舗の「西乃茶屋」さんでお昼です。

Dsc_23141

「石臼挽き 純手打蕎麦 新そば」なら吸い込まれるように…しかし、満席の30分ほどの待ち。

 客層を見ると「蕎麦を知ってる」が似合うナイスな中高年が賑やかに談笑。

Dsc_23181_2

私は、飯山名物の「上杉謙信 笹寿司」がセットになった○○御膳?聞いたけど忘れてしまった!因みに上杉勢が川中島合戦に食べた保存食だったとか。

殺菌作用のある笹にゼンマイ、椎茸、クルミが入ったひじき煮と金糸卵とご飯がよく合う。

Dsc_23201_3
カミさんは、やっぱり天婦羅ざる蕎麦だ。

Dsc_23161_2

ご馳走様でしたッ!^^

2018/11/23

煮干しの旨みがガッツリッ! 「八」

燕市吉田地区、国道116号線沿い。たまたまお昼時に通りかかった「手仕事らぁめん 八」

 

なんか、個性バッチリハマったって感じの店構えは好みです。

Dsc_23091_4

看板メニューの「煮干し中華」は運ばれてて来た時から煮干しの香りが漂います。

煮卵のとろっと感が美味さを引き立てています。

Dsc_23071_4

ガッツリくる煮干し醤油スープは「しょっぺ~」と感じるくらい濃厚です。

ストレートな中太麺はコシは抜群、喉越し最高ッ!

ご馳走様でした。

Dsc_23081

2018/11/18

八海生そば「宮野屋」

南魚沼市大崎地区、八海山神社の裏手に美味い蕎麦屋さんがあります。

この店を知ったのは十数年前、たまたま偶然に立ち寄って食し「うん、うまい…」と感じこの時期にふらっと立ち寄りたくなります。

Dsc_01321

Dsc_01361

Dsc_01351_2

天ざる蕎麦です。心地よい歯ごたえのある蕎麦とその香り。揚げたての山の幸。

ご馳走様でした。また、今年中にもう一度…。^^

2018/11/14

画面タッチよりこっちが好きらな…

Dsc_1839_1_3

ある日の休日。

カミさんと久しぶりに新潟市内の回転すしでお昼です。

巷では「回転しない寿司」が広がっているようですが県都に来ればまだまだ「回転寿司」は頑張っているようです。

新潟市中央区紫竹山の函館「函太郎」です。

Dsc_1849_1

私たちの年代ならば、回っている方が「何となくしっくり」きますし、新幹線もなければ画面タッチもなく、口頭でネタを注文することがかえって新鮮です。

Dsc_1840_1

Dsc_1842_1_3

Dsc_1844_1

Dsc_1845_1

Dsc_1846_1

Dsc_1847_1_3

Dsc_1848_1

生まれも育ちも新潟県人なら回転寿司でも美味い寿司にゃうるさいぜッ!

 

価格は他店とはチョイと高めだがシャリとネタの美味さは別世界でしたね!

ご馳走様でした。

2018/11/12

中華そば&チャーハンなら…燕市 「大むら」らろ?

Dsc_22241

平日の夕食、たまには外食にすっか!?

(我が家では、多くの場合外食とは「ラーメン屋」を指します。)

 

「杭州飯店」「まつや」「大むら」。言わずと知れた大御所御三家です。

激論の末?、やっぱり「大むら」です。

Dsc_22261

「中華そば」大盛りと「炒飯」をカミさんと分け合いながらが丁度いい量です。

煮干しのガッツリ効いた醤油スープにパラっとした旨みをたっぷり含んだチャーハンを注文。

本来なら、主役を張る両者は、この時ばかりはお互いを引き立たせる最高のパートナーだ。

Dsc_22281

「ご馳走様でした」    コレやっぱりやめらんねぇ~

2018/11/11

落ち葉とともに…角田山

日曜日、一番気楽で散歩的山歩きな五ケ峠からカミさんと歩きました。

昨日の雨で頂上付近は、所々ぬかるんでいましたがそれ以外はカサカサと落ち葉の声を聴きながらのんびり歩けました。

Dsc_22481_5

すっかり落ち葉が敷き詰められた角田山。

わずかに紅葉の名残りがこれまた趣がありいい雰囲気でよかったです。

Dsc_22571_8


Dsc_2251_5

Dsc_22561_2

さて、今年はあと何回かは歩きたいです。

2018/10/30

新型Nボックス 到着~♪

9月初めに試乗してその運転のしやすさ、乗り心地と静かさ、安全装備の充実にすっかりほれ込んで、契約までそれほど時間はかかりませんでした。

しかし、値引きや下取り買取価格に対しては納得の価格を得たと思います。

今日、知人のガソリンスタンド作業場に保管して明日にでも納車の予定です。

Dsc_21491

Dsc_21481

Dsc_21561

いつもの日常の生活がグンと便利に、週末の休日がグンと楽しくなるかもしれない。

今年はもう無理かもしれないけど、春になり隣県なら車中泊もおもしろいだろう。

次から次へと楽しみ方が浮かんでくる。そんな可能性をたっぷり秘めたNボックス…。にしたいです。

2018/10/21

快晴でした…上高地

Dsc_2067

大正池から初冠雪の穂高連峰です。スッキリと湖面にもその雄姿を映す姿は、いつ訪れても感動します。

田代湿原です。草紅葉はすっかり終わり、初冬の様相です。

Dsc_2069

中の瀬園地から梓川左岸からは展望もよくたくさんのベンチもありお気に入りのスポットです。

画像右手のカラマツの黄葉の下を河童橋まで歩きます。

Dsc_2077

河童橋、落ちるんじゃないの?って思うくらいの観光客。

Dsc_2078_2

河童橋からの穂高連峰は、やはり素晴らしい。

Dsc_2079_2

振り返り、焼岳方面。

Dsc_2082

その雄姿を眺めながらベンチで昼食です。

宿からのおにぎり弁当とお湯を沸かしコーヒー、即席味噌汁は最高の贅沢ですね~。

今回もいい思い出になる小さな旅でした。

Dsc_2095

2018/10/20

今宵の宿は白骨温泉「家庭的な源泉湯宿」

乗鞍高原からクルマで約7km15分ほど細い山道を山奥に入るまさに秘湯に相応しくその秘湯感にワクワクしてきます。

Dsc_2006_3

白骨温泉というと秘湯の白濁の極上硫黄泉、しかし宿は少々値段が高い…。そんなイメージを持っていましたが、いい宿見つけました。

Dsc_2020

白骨温泉「かつらの湯 丸永旅館」  公式HPはこち→spahttp://www.maruei.in/ryouri.html bottle

鄙びた見た目は少し古い建物ですが館内はきれいに清掃され、スタッフの笑顔の対応も気持ちがいい。

館内の廊下、階段は素足で気持ちいい畳敷。トイレは近年リニューアルされた「すんげぇ~キレイッ!」

本物の地元の食材を食し、源泉掛け流しに浸かる…。

こういう宿こそ、私たちには「心地いい宿」なのです。

温泉成分が長い年月を経て白く結晶した湯船に一人浸かれば、もう極上の極みだ。

Dsc_2023

露天は、紅葉を仰ぎながらのぬる湯で長湯ができるが、この時期は好みが分かれれる?

Dsc_2028

6時から食事処で夕食。

猪の陶板焼き(硬くて野性味抜群!)、鯉のあらい(臭みがなく歯ごたえいい)、岩魚の塩焼き(ほっくほくで骨までいけます)、馬刺し(思ったより少ないな~)、信州そば(〆にふさわしい)、そして宿名物の「鯉の甘露煮」など手作りのうまい物が並ぶ。

Dsc_2034

鯉の甘露煮。甘しょっぱく味付けされ、日本酒にもご飯にも合う。これ目当てにリピーター客もいるという。

 

分かる気がするなぁ~

Dsc_2035

〆は、ご飯に鯉の甘露煮のタレをかけて、味噌汁の鯉こく。これで完璧だ~

Dsc_2043

翌日は、きのうの雨が嘘のような青空。

朝食は7時から。ニジマスの甘露煮、温泉玉子、地元漬物などよくあるメニューだが、白骨温泉ゆえの「温泉粥」に梅干しを使ったふりかけが印象に残りました。

Dsc_2060

8時にチエックアウト。目指すは快晴の錦秋の上高地散策です。

沢渡駐車場に行く前に、「冠水渓」という湯川渓谷い立ち寄りました。

前日の雨で苔生したごつごつした道を下りますが、まあ一見の価値はあると思います。

Dsc_2046_2


「とうじ蕎麦」って何んだッ!?

とうじ蕎麦。

投汁蕎麦とも書くらしいです。「湯じ」とも書き、温める意味もあるようです。この地域の郷土料理のようです(諸説あります)

ぼ~っと生きてる私は、最初は「冬至蕎麦」に食べると風邪ひかないとか、かと思いましたがそうではないようです。

先週末に長野県松本市、乗鞍高原方面からあの紅葉真っ盛りの白濁の秘湯へ…。

Dsc_20101

ここは、雨降に湯煙る錦の白骨温泉、源泉掛け流しの日帰り温泉も併設した「煤香庵」でお昼でした。

小分けした蕎麦をザルで鍋で温めてお椀に移して汁をかけて食べます。

きのこや山の幸が甘しょっぱく味付けされた汁は、身体の芯から温めてくれる。

Dsc_20121

Dsc_20141

「煤香庵」を出るころには、小雨が降ってきた。

標高1400mある白骨温泉に降る雨は、ことのほか冷たい。

今宵の宿は、こじんまりした小さな源泉湯宿でしたが、人情味溢れるあまり知られたくない宿らったなぁ~

( ^ω^)おっおっおっ

2018/10/08

路地裏の名店の予感

Dsc_19311_3

10月の初めに新装開店した「ら~めん 流れ星」さんで新聞折込の割引チラシを握りしめて遅めのお昼です。

長年、燕市で生まれ育っても「こんな狭い路地あったけぇ~」

割引チラシ持参で中華そばは、500円。煮たまごサービスです。

Dsc_19391_2

Dsc_19431_2

燕市独特の背脂煮干しスープは、かなり「しょっぺ」度は高いですね。

極太麺も、茹で具合が固めですがそれが売りなのでしょうか?

まだ若い店主は、燕市吉田の国道沿いの超繁盛店から独立されたらしいが、ご自分の夢を叶えるには紆余曲折・試行錯誤、これからが本当の挑戦なのでしょうね。

 ガンバレね。

Dsc_19361_2




2018/08/12

並ばなくても、しっかり本物背脂ラーメンなら!?

お盆休みに入り、猛暑も落ち着て平年並みの暑さに戻った燕市に帰省した皆さんに朗報!?です。

 

お昼に「背脂ラーメン」なら…有名店が何店も浮かぶが、どこの店も炎天下の下、長い行列に耐えなけばなりません。

 

だったら、意外と知られてないけれど本物の一杯に出会える店なら。

Dsc_16761

当地、燕もんもうなずく路地裏の名店「大むら支店」が絶対おススメです!

チャーシュー麺です。麺を覆いつくす豚バラは脂身とのバランスが肉の旨みが最高な一杯!

Dsc_16721

極太麺の茹で具合はバッチリ。背脂を絡めて一気にススルのが燕流~♪

Dsc_16741

ただし、重要な注意点があります。

先ず、駐車場は5台ほど、説明が不可能なほどの狭い路地を通るためコスル危険がありますので細心の注意が必要です。

次に、カウンター席が10席ほどしかないのですぐに満席になります。

では、最高の一杯をどうぞ!

 

 

2018/08/11

祝い!還暦同窓会

きのう、11日夕方6時から当地燕市内の某結婚式場で燕市立〇中学卒業の「なかよし会で還暦を祝う会」に出席してきました。

 

一学年がが450人近くいた新潟県内でも有数のマンモス校で今回は144名の出席だからまあ、こんなものだろうか?

 

先回は確か西暦2000年の年だったと思いますが、あれから18年。

 

そして中学卒業して、あれから40年以上ッ!

Dsc_16451

前菜は鴨と穴子のサラダ冷菜仕立て。だが、次から次へと並べられるが懐かしい顔が次から次へと…

もう、料理には目が行かず懐かしく手を取り肩をたたきあい挨拶に忙しい

Dsc_16481

幹事は、赤いちゃんちゃんこを着て場を盛り上げる。こういう方がいるからこそありがたい。

Dsc_16551

あの頃はまだ景気が良く田舎の地方でもバブルの恩恵を得ていたようだ。ジュリアナとは程遠いがこちらも場を盛り上げていた。(´,_ゝ`)プッsweat02

まあ、いいんじゃないぃ~

Dsc_16611

40数年もたてば、増えたのは「体重」。

減ったのは「髪の毛」はもう当たり前。

でもこれからは、健康でささやかな日々のなにげない幸せを増やしたい。

2018/08/10

猛暑撃退するならこの一杯だッ!

久しぶりに我が家から歩いて3分 さんぽう亭です。

7時を過ぎてもまだ気温は32℃。

Dsc_16101

カウンターで先ずは、新潟県限定のグラスビールで一息…

Dsc_16051

メニューのパンフを見ていると衝撃的な一杯を発見だ。

2016年11月に満を持して東京中目黒に進出して今や一番人気にのし上がった「全とろ麻婆麵」が燕市に登場したからには絶対食うべき一杯だろう。

Dsc_16071_5

完璧に仕上がった餡が、極太麺に絡む。

Dsc_16091

ラーメンの上から麻婆豆腐をかけるのではなく、スープ全体がトロットロの麻婆なっている。

ミンチされた豚肉や煮だしされた鶏ガラスープは餡と融合され辛さの後に旨みやコクが奥行きのある味が楽しめます。

今まで、こんな爽やか溶岩噴出ラーメン食ったことねぇ~

«「八方尾根」でプチアルペン気分!

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック