2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2024/02/18

里山歩き~国上山

我が家からクルマで20分ほど。

ぬけるような青空にたおやかな山容の国上山の山歩きです。

こんな低山でも息があがる、汗も額に浮かぶ。

Dsc_53701

道の駅「国上」からは一時間ほどで頂上付近からは信濃川大河津分水。

越後三山の景色が望めます。ここで小さな達成感を味わえました

Dsc_53731

頂上からは、佐渡島がはっきり見え、遠く妙高連山まで見えました。

また見上げれば、マンサクの黄色い花が青空に映えます。

Horizon_0001_burst20240218114718681_cove

 

 

 

2024/02/12

帰って来たRaiRai

ふとしたことで通りかかって気が付きました。

十数年ぶりでしょうか、燕市吉田の広東麺といったらあの「RaiRai」が十年ぶりに帰ってきました。

Center_0001_burst20240212113652354_cover

店内はカウンター席が6席ほど、奥に2名用のテーブル席があるこじんまりとした店ですが店内には店員さんの明るい対応が光っています。

やっぱり広東麺です。ごま油の香りとバラエティー豊かな野菜の旨味。

ク~ッ!!これだよ。うんめぇ~

Dsc_53521

2024/02/11

1500円は高いよな。~にいがた食の陣

Dsc_53441

新潟ふるさと村の「新潟食の陣」に行ってきました。

大変な賑わいでした。

新潟県内のいくつかの酒蔵の出店では香りだけ楽しみ、マグロの解体ショーをチョコっと見学。

お目当ては、カミさんは「越後牛海鮮丼」と「サーモンいくら丼」でした。

ただ、味は美味かったんだけど、ボリュームがもっとほしかったなぁ~

Dsc_53401

Dsc_53421

 

2024/02/10

ぐい飲みのあの◎蛇の目模様ってなに?

Dsc_53341

今さらながら気が付いたのですが、ぐい飲みのあの◎の蛇の目模様は何なんでしょう?

蛇の目とかいうのは知っていましたが、チョッと調べると…。

利き酒でその酒の色合い、香りなど総合的に品質を判断するときに使う時の青い◎で判断するそうな…。

しかし、そこまで感じていなく、いつもボーっと吞んでいる私には何を呑んでも「うまい」と感じる私はそれでいいのかなぁ~。

2024/02/04

新潟県央基幹病院の一般内覧会~雑感

カミさんと新潟県中央基幹病院の一般内覧会に行ってきました。

多くの見学者が長い行列で関心をもっていました。

あまり多くの施設は見れませんでしたが外来入り口からエスカレーターで受付、救急外来、救急搬送デッキ、診察室等を見学できましたが少し物足りないと感じました。

ただ、ほとんどが私より高齢者が多いことにこれからの高齢者医療の抱える問題が多いことが感じられます。

Horizon_0001_burst20240204124922817_cove

そういえば、思い出したことがありました。

昨年10月に「八十里越えバスツアー」に参加して担当者からの説明です。新潟県三条市と福島県只見町を結ぶ未開通の289号線が開通すると

いままで只見町の救急医療を必要する方は、会津若松市が最短距離でしたが開通後は新潟県三条市の県央基幹病院の方が近いと聞きました。

地域医療だけではなく県をまたいでの医療にも貢献するのですね。

Horizon_0001_burst20240204131310362_cove

2024/01/30

長岡生姜醤油ラーメン みずさわ

Dsc_52141

店に入る前に弥彦山をバックにきれいだったので思わず撮りました。

燕市にいながら新潟5大ラーメンの一角「長岡生姜醤油らーめん」も美味いですね。

特に寒い時期だと生姜のスープが身体に沁みます。

Dsc_52121

味噌とはまったく違う、あっさり系とも違う、背脂系とは真逆の生姜醤油。

それが楽しめる新潟県燕市とはいい所です。^^

 

2024/01/29

冬の海にしては穏やかでした

ある休日の日本海沿いの国道402号線。見通しがよく緩いカーブが気持ちいい道を走ってきました。

たまには何の目的もなく冬の海を眺めながらもいいもんです。

曲はやっぱり「浜省」がすきだな。

Dsc_52021

ここは、「日本海夕日ライン」とも言われます。

柏崎市椎谷の「夕日が丘公園」からです。

この時期にしては、穏やかでした。

Dsc_52031

 

 

 

 

2024/01/28

「TUBAME RAMEN YUKI」もなかなかです。

Dsc_27471_20240128165501

晴れ間がのぞくあの日のお昼。若い店主が仕切る燕ラーメンYUKIへ。

独自のラーメン魂で新しい境地を開く店だと思います。

メンマ中華に煮卵トッピングしました。

何年か前に酒麺亭 潤から独立して独自の境地を開く人気店になりました。

こういう若い力が燕市のラーメン界を引っ張てもらいたいですね。

Dsc_27511_20240128165801

なかなか唸らせる一杯でした。

2024/01/27

税込1200円なら…

近所の大きなスーパー敷地内のヘアーカット専門店。顔そり、洗髪はありませんがはじめて行きました。

5人の客がいてまあ流行っているようです。

私はカットだけだと10分チョッとで終わりましたが先に始めた隣の客は、まだ終わらない様子。

変な思いがあたまをよぎる…。

やっぱり髪の毛の量で時間はちがうのだろうか?

だったら、1000円くらいにしてくれよ~

Dsc_51981

でもお客の髪の毛の量で価格を変えられないよな~

 

 

2024/01/20

背脂と腹脂

今日のお昼は当地燕市では全国に名の知れた有名店。

この店は、全国区の人気店で背脂中華そばでは知名度横綱級だろう。

Horizon_0001_burst20240120143744409_cove

                 (この画像はイメージです)

背脂が麺が見えないほどかけられ極太麺、煮干しの出汁しで強烈な個性を味わえます。

ただ、背脂の部位は豚の背ロース部位についている脂身だという。

だとしたら、近年、私のお腹回りに付いてきたブヨブヨの脂はそれに由来してるのだろうか?

豚の背中の脂が人間の腹にたまるとしたら不思議な現象だな!?

でも、美味いんだからしょうがないよな~…。

「スープは全部飲み干すなね。」と主治医にきつく言われています。

(これには諸説あり個人的感想です)

 

 

2024/01/14

征夷大将軍はどこだッ!?

第二十回城下町しばた全国雑煮合戦をカミさんと楽しみました。

34店舗が参加して創作雑煮を味わえるイベントです。

天候にも恵まれお昼時にはどこのブースも激込みでした。

Dsc_51291

胎内市の「まるごと蟹味噌鍋雑煮」地元野菜たっぷりと蟹味噌ベースの濃厚な贅沢な一杯。

Dsc_51131

Dsc_51181

Dsc_51221

Dsc_51231

Dsc_51281

新発田牛あり蟹あり白エビ、鮭、イクラと新潟の旨いものがオールスターで味わえます。

スマホからお気に入りの一杯を投票できそのトップが征夷大将軍になるという。

ただ、数年前より素材が豪華になり雑煮本来の婆ちゃん、母ちゃんの我が家の味と言うものが無くなっているのがどうだろう…。

また、当地燕市にもこのようなイベントはできないものだろうか?

燕市には全国区なりつつある?「背脂ラーメン」があるがそれを基礎に何かできればいいなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024/01/11

被災地に想う

毎日の報道に胸が締め付けられる思いがします。

あんな風光明媚な土地がずたずたに破壊された。

数年前、カミさんと能登半島の珠洲市や輪島市を観光しました。

珠洲市の海沿いの民宿では地魚の刺身盛りや能登牛の網焼き、地酒を飲みながら他の宿泊客ととても楽しい時間を思い出します。

輪島市までは海沿いの細い県道をくねくね走り朝市通りで元気な生業にふれた。

復興には長い時間がかかるでしょう。でも一日も早い復興を願い祈ります。

 

2024/01/08

消雪パイプの当番

Dsc_51041

昨夜から降りつづいて今朝の積雪は30㎝ほどでした。

今シーズン私は「消雪パイプ」の当番。

「今夜は積もりそうだな」と思ったらポンプのスイッチを入れて地下水をポンプで汲み上げて道路の雪を溶かします。

夜中に積もりそうな時は一晩中かけ流して雪を溶かします。

Dsc_51031

 

2024/01/03

のっぺ

新潟県の正月の料理といえば「のっぺ」は無くてはならない。

各家庭により様々な味があるらしいです。

汁の少ない煮物。里芋で粘りを出して帆立貝柱、しいたけ、たけのこ、人参などたくさんの具材が入っています。

冷めても旨味がとても感じられる郷土食濃い料理です。

Dsc_50701

2024/01/02

会津には会津です。

スーパーのチラシに会津の「馬刺し」が載っていました。なかなか当地では馬刺しは手に入りませんので買い求めました。

西会津の馬刺しと11月に福島県で買い求めた「末広」。常温でかどが取れた丸みのある旨味がありました。

西会津の臭みの無い馬肉と会津若松の地酒。

旨かったなぁ~

Dsc_50831

«暖かい新年があけました

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック