2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2022/05/17

白布温泉 西屋(その魅力1)

山形県米沢市街からクルマで40分ほど、福島県境近くに数件の温泉宿と土産物屋、酒屋、唯一のガソリンスタンドが寄り添うように佇む温泉郷です。

ここで、唯一の茅葺の母屋を持つ温泉宿の「湯滝の宿 西屋」さんが今宵の宿です。

とても、魅力満載で一回では書ききれないので3回に分けたいと思います。

Horizon_0001_burst20220503152409404_cove

道路を挟んで駐車場から眺めると、いい雰囲気です。何か、すごい期待感が湧き出ます。

館内は、歴史を感じる重厚でありながら柱や板戸、廊下はピカピカに清掃されています。

Dsc_22731

私たちの部屋は「滝」という名で2階の家族風呂や洗面所がある奥まった場所にありました。

シングルのベッドが並ぶリニューアルされた和洋室っぽい部屋ですが、3畳ほどの次部屋が設けられ二人ならゆったりできます。

Horizon_0001_burst20220503151725186_cove

この日(5月3日)は、宿の枝垂れ桜が見ごろを迎えていました。ラッキーです。

Horizon_0001_burst20220504073610664_cove

宿の敷地隣には、今冬にできた水車が回ります。

この水車、日本唯一の温泉で回る「温泉車」だそうです。豊富な湯量であるからこそです。

Dsc_22851

まだまだ、西屋さんの魅力いっぱいで、次は驚愕の「温泉編」です。

2022/05/14

即身仏とは…

今回の山形県の旅行でぜひ参拝したかった最高のパワースポットが鶴岡市の大日方瀧水寺です。

1200年前に開かれた古刹で唯一、完全なる即身仏が安置されています。

Dsc_22571

住職の解説も興味深く聞くことができ、即身仏の詳しい説明やその背景にある時代や価値観の違いなど聞くことができます。

実際に即身仏を拝見したときは、「心を無にして瞳を閉じると、尊い仏の教えが聞こえてくる。」ようでした…。

Dsc_23661

 

2022/05/12

今宵の宿は、あつみ温泉 萬国屋

山形県鶴岡市のあつみ温泉「萬国屋」さんです。温海川沿いの足湯から見るとその規模の大きさがわかります。

創業300余年の東北地方屈指の名旅館で、庄内地方の旬の食材が存分に味わえると人気の宿です。接客もさすがです。

5階の和室で川側の部屋を選びました。

Dsc_22331

部屋で缶ビールをグッと行った後、名湯に浸かれば、唸るほど…。心身ともにリラックスしますね~

Dsc_22231

夕食のメインは、山形牛のしゃぶしゃぶコース。

旬のお造りも負けてはいません。

生ビールもセルフで飲み放題のサービスはうれしいですね。

もう、旨すぎて言葉が見つかりません~

Dsc_22281

歳のせいか、若い時のようにガブガブいけません。ならばやっぱり、地酒でしょう~

山形酒田市の地酒「上喜元」(じょうきげん)は、爽やかで控えめな香りで素材のの旨味を引き立てます。まさに「上機嫌」!!

Dsc_22291

朝は、朝でご飯は山形ブランドの「つや姫」がいくらでも行けます。

新潟県人ならお米のうまさは知ってるつもりですが、「つや姫」も負けちゃいませんね。

「庄内鯛茶漬け」がメインの朝食です。

Dsc_22381

特製胡麻だれを絡めてたっぷりのお出しをかけて薬味といっしょに頂きます。

磯の香、旨味たっぷりのアサリのみそ汁もいいわき役してました。

Dsc_22451

チエックアウトまで当館自慢の庭園露天風呂をたっぷり満喫、味わいました。

2022/05/10

酒田市・山居倉庫にて

羽黒山三神合祭殿を参拝後、クルマで50分ほどで酒田市の「山居倉庫」です。

よく山形県の観光ポスターで見る黒い壁の倉庫群とケヤキの緑がきれいでぜひ見てみたかったスポットです。

昼過ぎのためか、駐車場はそれほど混んでなくすんなり止められました。

新井田川に架かる山居橋からの眺めのなかなか趣きがあります。

Dsc_22221

でも、イメージしていた黒い壁とケヤキが見えません。さて、どこだ??

館内を散策すると、無料の案内ガイドさんがいたので興味があり聞き入ってみると、こりゃまた楽しいトークでした。

酒田の歴史や文化、「ブラタモリ」の山居倉庫の収録話まで出てとっても面白く参考になります。

「タモリの等身大のパネルを設置すれば、いい写真スポットになりますよ~」

「そうですね。早速、提案してみます。」

そして、その探していた場所は表通りの裏側にありました。

 

ここ、ここッ!!

いい雰囲気です。

Dsc_22161_20220510212101 Horizon_0001_burst20220502141417592_cove

いやはや、楽しい時間が過ぎ、さて、今宵の宿に向かいますかね~

2022/05/09

GWは2泊3日で山形県へ

GWの休暇にカミさんと2泊3日で隣県の山形県のパワースポット巡りや温泉宿を堪能してきました。

先ずは、山岳信仰のパワースポット出羽三山の一つの羽黒山の山頂へ。

数年前に買い求めた編み笠をかぶり、ステッキでいざ!2466段の石段を登ります。

Dsc_22011

樹齢1000年以上の御神木「爺杉」超しに国宝「五重塔」です。

Dsc_21911

隋神門から山頂までの約2kmの杉並木を登り切れば生まれ変われるほど神聖な気持ちになれるようです。

Dsc_22101

約1時間チョッとで山頂。かなり息が切れますね~

そのころ、羽黒山三神合祭殿では何と結婚式が執り行われていました。

めでたいじゃあ~りませんか!!

ここでもありがたいパワーの御裾分けを頂きました。

Dsc_21941

 

その後、下山して酒田市の「山居倉庫」へ。そして温海温泉で一泊目の宿に向かいました。

(つづく)

2022/05/08

角田山はグリーンシャワー

新緑まぶしい角田山、五ケ峠駐車場は連休の混雑も少なく余裕で止められました。

爽やかと言うか、少し肌寒い午前9時半。

Dsc_23381

歩き始めるとすぐに新緑あふれる登山道。とにかく気持ちいい~です。

Dsc_23391

生まれたての緑のシャワーを浴びながら歩く山歩き。いい季節になりましたね~

Dsc_23441

観音堂からの越後平野。水田が水鏡のように広がるさまはこの時期ならではの美しい景色です。

Dsc_23471

2022/05/02

今年も豊漁!? タイツリソウ

Horizon_0001_burst20220505173348617_cove

昨年、フォームセンターの園芸コーナーで買った2株のタイツリソウの苗が今年も咲きました。

夏過ぎには枯れて消滅したかと思ったが、4月の初めころに芽が出て昨年より大きく立派にたくさん釣れました。

独特の形の花を1列に吊り下げるユーモラスな形から(鯛釣り草)と言われるようです。

しかし、別の形から(血の垂れる心臓)とも言われるようです。

そう言われれば、そう見えます。

2022/05/01

バリアフリーの宿~湯沢温泉 滝の湯

高齢の母を連れての宿選びとなると、「バリアフリー対応の宿」を探します。

先週(4月23、24日)カミさんと母を連れて湯沢町の温泉旅館に出かけてきました。

選んだ宿は、バリアフリー対応の部屋と浴場を備えた「和みの宿 滝の湯」さんです。

Dsc_21051

12畳と3畳の和室とツインのベッドルームを備えた和洋室は車イスも対応する高齢者にやさしい部屋。

Dsc_20911

貸切風呂は無料で使え、大浴場も手すりや専用の椅子が設けられ安心して利用できました。

母曰く、「こんが広い風呂、いかったぁ~!久しぶりらった!」

楽しみの料理は、テーブル個室が用意され豪華ではないが味付け良くこの時期ならではの旬の味が楽しめました。

特に美味かったのが、山菜料理と地元魚沼ブランドのの「美雪ます」。

刺身やサラダにも相性良くカルパッチョ風が、唸る旨さでしたね~

Dsc_21131_20220501110501 Dsc_21331

湯沢町の今年の桜開花は雪が多かったものの、その後の高温傾向で一週間ほど早く丁度見ごろでした。

湯沢中央公園を散策して春の息吹を感じ、母が喜んでくれたのが一番でした。

Dsc_21241

Dsc_21251

2022/04/29

横綱は、やっぱり「まつや」だった!

燕市で安定したうんまいラーメン店なら「まつや食堂」が一番だろう。

和食、丼物はもちろん煮干し背脂ラーメンなら人気、実録とも横綱的な存在だ。

Horizon_0001_burst20220429123333248_cove

私は、もやし中華とサイドメニューの春巻きをシェアします。

Dsc_21691

カミさんたちもやっぱり「もやし中華」をオーダー。

背脂煮干しの醤油ベースにたっぷりのシャキシャキもやしの旨味が相性バッチリ。

Dsc_21721

程よいコシのストレート麺も茹で具合バッチリで我が家は皆、好きですね~

ごちそうさまでした~

Dsc_21731

 

2022/04/03

角田山は大賑わい!!

今年もようやくこの時期がきましたね。

気温13度ほど、快晴となれば待ちかねたように角田山へ。

今年初なので負担が少なく花たちが楽しめる人気の五ケ峠コースです。9時半に駐車場に着きましたが運よく入れ替わりで止めることができました。ここから1時間少し、ゆっくり花々を楽しみながら歩きます。

頂上は、けっこう人出がありますが、観音堂前の展望場所は、足の踏み場もないほどです。

Dsc_18571_20220403204001

いや~こんなに混んでるのは初めてですな~。

Dsc_18591

歩き始めは、雪割草が今を盛りに咲き、その後はカタクリやキクザキイチゲが登山道両脇に咲き、見ごたえがありました。

Dsc_18481

Horizon_0001_burst20220403102158288_cove

Horizon_0001_burst20220403100403941_cove 

Tripart_0002_burst202204031257201151

その後、昨年、西蒲区のリニューアルされた「じょんのび館」で汗をながしました。

2022/04/02

一足お先にほぼ「満開です」

Horizon_0001_burst20220402112145105_cove

新潟県の桜開花はもうすぐでしょうが、当地 燕市郵便局交差点近くの「河津さくら」です。

3本ほど植栽されていますが、もうすっかり地域の風物詩になっています。

青い空と白い雲に似合っています。

2022/03/21

うつむく雪割草~妙法寺にて

日蓮上人ゆかりの本山 妙法寺の裏山が雪割草の自生地があるというので出かけてきました。

春本番前のこの時期、「えちご雪割草街道2022」のキャンペーンに参加しています。

立派な朱塗りの赤門やその奥の黒門や本堂など歴史的建造物は見ごたえあります。

Dsc_17721 Dsc_17741

雪割草は、本堂の脇から1時間ほどの散策コースが整備され今が見ごろとらしい。

 

小雨の中、熟女マダムの群れと遭遇。彼女たちはとにかく元気だ。

有名ブランドのド派手なウエアーに身を包み、ちょっくら散策なのにリュックがパンパンで膨れ上がっている。いったい何が入っているのだろうか?

それに声がでかい。この花、ホントかわいいね~。へ~そうなの?初めてぇ~。ギャハハハ~!!

マスクはしているが、ほとんどが鼻マスクかあごマスクだ。

なかには、ノーマスクも!!

ヤバいッ!!あまり接近しない方が身のためだ。

カミさんとそんな会話をしながら脇をスルスルと通り抜ける。

 

小雨に打たれ、陽も当たらなければ花びらもうつむいているようだ。

Dsc_17821

きれいに撮れたと思ったら「ボケ」ていた。(-_-;)

Dsc_17871

遊歩道のあちこちに雪割草からの「メッセージ」の看板があります。

すこし納得しましたね。

Horizon_0001_burst20220321112509232_cove

この古刹は、枝垂れ桜も有名らしい。そんな時期にも訪れたいです。

2022/03/20

「見立て」の世界を楽しむ

「視点を変えることで発見できる見立てのおもしろさ。

 大人になるにつれて忘れてしまった遊び心。」

そんなメッセージが観終わったあとに残りました。

 

新潟市新津美術館でMINIATURE LIFE展2  ミニチュアライフー田中達也 見立ての世界をカミさんと観てきました。

開館30分後には着きましたが、満車近く当日チケットを求め、かなりの長い列がありました。

私たちは、前売り券でしたので脇からスムーズの入館でした。

Dsc_17361 Dsc_17521

各展示作品を撮影できます。パネルも豊富に展示されてユーモアとユニークな視点でその世界に引き込まれます。

Dsc_17401

お土産に自分用の「買い物マイバッグ」です。

Horizon_0001_burst20220320165928153_cove

 

 

 

2022/03/13

すばらしい落語の時間でした。

当地 燕市文化会館で「立川談春 独演会」でした。

2月初め、カミさんに誘われた時はこのご時世で少し躊躇しましたが、感染対策を徹底して2時間半ほどの時間でした。

Dsc_17111

素晴らしい話術と展開の早さ、このご時世の話題も盛り込んでホント良かったです。

2022/03/12

雪割草はもう少し… 国上山

春の陽気に誘われて今年初の山歩きです。

最初はやはり負担の少ない手ごろな「国上山」です。

ビジターセンター駐車場は待ちかねたように多くのクルマです。

Dsc_16941

展望台から大河津分水方面。霞がかかり展望は良くない。

Dsc_16971

頂上から蛇崩方面まで残雪でかなりぬかるんだ下り坂が続く。

この辺を過ぎると雪割草がけっこう咲いているはずだが…。

今年は気温が低くて遅いのだろうか?

Dsc_17011

ようやくチラホラ道けることができましたが、まだまだ早かったようです。

来週か、月末あたりが本番のようです。

Horizon_0001_burst20220312125518297_cove

«進化する TUBAME RAMEN YUKI

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック