2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2018/04/15

雨で花見が流れりゃ…。

らったら、どうする?
暇らしspa「だいろの湯」spaでもいぐか~

てなワケで、飲んだ勢いか?今年は道東方面への計画が持ち上がる。

マジかよ~!釧路市観光・阿寒湖・自然遺産の知床半島方面の計画ですと…。( ̄○ ̄;)sweat02

Dsc_0374

 

まあ、予定ですけどね。

2018/04/14

やっぱりここからの展望です。

Dsc_0735

ご存知、角田山頂上から少し下った観音堂から新潟市と蒲原平野を望みます。

私は、午前中は天気が何とか持ったので五ケ峠から歩きました。四季折々に低山とは思えない展望が楽しめるここまで来ますね~。

Dsc_0715

因みに、五ケ峠駐車場へは春の時期に交通規制(一方通行)が布かれているので注意が必要です。

2018/04/08

クリーミーな辛さがクセになります!

当地、燕市吉田地区東栄町の住宅街の一角にある「逑来(クォライ)」さんは、広東麺が人気のようですが「担々麺」もどうしてどうしてお気に入りの一杯です。

Dsc_0334_4

サッと煎った白胡麻とクリーミーな辛さのスープが意外と相性抜群だ。青梗菜の緑も映えますね。

コシのある細麺がそれを絡めて喉越しもいい。

Dsc_0335

Dsc_0333

カミさんの「中華そば」。鶏がらスープのあっさり醤油で何杯でも行けそうだ。

自店特製「担々麺」は、クセになる一杯。ご馳走様でした!!

新年度からはじめました。

正確には、3月頃から仕事帰りにとか、雨の休日に通っています。

Dsc_0665

一年中使用できる温水プールはもちろん暖房や、シャワー完備で100円なら使わない手はありません。

もちろん、タイムを競うことはなくマイペースで泳いでリラックスしています。

続けたい習慣ですね~

2018/04/07

野菜不足はこの一杯で解消しませんか?

当地、燕市大保町。県立吉田病院近くのこのお店は、白味噌の甘いやさしさい旨みと柔らかい野菜が美味しい。
Dsc_0326_2

しんなりと柔らかめに煮られたたっぷりの野菜が白味噌スープとこれが会うんだなぁ~

Dsc_0329

背脂だけじゃない…。時には、こんな一杯に出会うと「ホッと」するのは何故だろう。

Dsc_0332_2

2018/04/02

まさに、「花の山」です。

きのうは、カミさんと角田山の雪割草桜尾根コースから登り、灯台コースを下山です。

どちらのコースも雪割草・カタクリ・キクザキイチゲ・ショウジョウバカマ等の山野草が今が盛りと咲き誇るすばらしい山歩きでした。

Dsc_0585

Dsc_0588

Dsc_0587_2

Dsc_0594

頂上は、足の踏み場もない?ほどのにぎやかさ。私たちも、この日を待ちわびたように「花の山」を謳歌できた一日でした。

Dsc_0601

Dsc_0604_2

尾根脇は、カタクリで埋め尽くされた「カタクリロード」
あらためて角田山が「花の山」と言われる所以を実感しましたね。

Dsc_0612

Dsc_0619_2

頑張ったけ、「だいろの湯」で生飲むかぁ~beersweat01

2018/04/01

白いカタクリ、出会えましたッ!

角田山・桜尾根コース。

今までうわさに聞いた「白いカタクリ」…。それも二輪並んで拝見できるとは。

Dsc_0592

何らかの変異だとは思われますが、数万本に一の確率らしいので角田山はそれだけ大群落だということがうかがえますね。

新年度、スタートの今日。なんてラッキーなんだろうねッ!!

2018/03/21

今は、この一杯にぞっこんです。

今日のお昼は、どこにしょうか…。

そんな事考えながら、カミさんと自分のクルマのタイヤ交換です。

やっぱり夏タイヤはいいよなぁ~。身も心も軽くなる感じがしますね。

燕もんに愛された本当にうんめぇ~名店だッ!

Dsc_0378_4

「大むら食堂」中華そば670円也~

しょっぱさの中にしっかりとした煮干し出汁の輪郭、まろやかな背脂が絹肌のようなコシの太麺によく絡むなぁ~

わたくし、はっきり言って燕市で一番気に入ってます。

2018/03/18

蕾がいっぱい、角田山

Dsc_0503

朝10時の角田山、浦浜コース駐車場です。五ケ峠から登ろうと思いましたが倒木等で通行止めでした。

少し気の早いキクザイチリンソウがちらほらと咲き始めていました。

Dsc_0513

Dsc_0512

カタクリの蕾が意外にも多いことに気づきます。

あっちにも、こっちにもたくさんの蕾がこれから4月の初旬にかけて咲くんでしょうね~

暖かい日差しをいっぱい受けて気持ちのいい山歩きです。

Dsc_0514_2

Dsc_0517

本格的な春は、もうそこまで来ていますッ!

2018/03/10

今宵は若狭・活蟹の民宿

Dsc_0417

福井県、若狭湾に突き出た常神半島の神子(みこ)漁港の黄昏です。久しぶりの潮の香りが新鮮です。

生きのいい活蟹フルコースをリーズナブル価格で食せるというのでカミさんとはるばると約6時間、片道450キロの道のりです。

夕方6時から活蟹2杯を茹でカニと蟹刺し、焼カニ、カニ天婦羅、カニ鍋などに調理してのフルコースです。

最後の〆は、蟹鍋の出汁の雑炊でフィナーレです。

Dsc_0428_3

先ずは、蟹刺しを炙った蟹味噌で頂きます。特有の甘みと濃厚な蟹味噌で…。

上を向き、手が震え、言葉にならず、涙が出そうです。

Dsc_0432_2

香ばしい焼蟹。ふっくらした身は活蟹ならではだろう。

Dsc_0436_3

Dsc_0433

越前ガニという高級ブランドカニではないですが、鳥取 松葉カニと兵庫県柴山港のタグが付いていました。

Dsc_0435_2

宿泊したのは、↓の「活魚旅館 竹中」さん。飾らないごく普通の民宿と気取らない女将さんが好印象。

Dsc_0421_2

もう少し、近ければな…。と、思いながら東尋坊と永平寺を観光してきました。

2018/01/03

今年、最初の一杯はここ…^^

Dsc_0258

正月3日。

カミさんと映画「鎌倉物語」を観たあとは、燕市では「何を食っても間違いない」と自分に言わしめた「まつや食堂」。

たまたま座ったカウンター席で、大先輩のOさん夫婦と隣席になり話が弾む。なんとも正月早々うれしいです。

定番の「中華そば」は、煮干しの輪郭はっきりした甘口の醤油スープが日常の自分にもどしてくれる。

「やっぱり、うんめぇ~」

Dsc_0257

2018/01/02

2018年・還暦

私たち夫婦は今年、還暦を迎えます。それと同時に本厄の年にあたり弥彦神社で厄払いのお祓いをしました。

Dsc_0249_4

この時期にしては、穏やかな新年で参拝客で境内はご覧のとおりです。

約、1時間15分ほどの厄払いが滞りなく行われ、お互いどことなくスッキリした気分になります。

Dsc_0246_3

スッキリした気分で、新潟市内までドライブ…。

お昼は、焼き肉ランチでした。極ウマッ!^^

Dsc_0251_2

これからは、働き方。そして生き方まで少しづつ変わっていくのでしょう。

少しでも長く、なるべく?無理のない働き方で、これからまだ長い人生を楽しみながら生活できたら…。

(そうそう、今年はあの百名山を制覇しようかとカミさんと計画しております。)

そう思います。

2017/12/31

厚岸町から美味い物届く!^^

Dsc_2247

厚岸町(あっけし)。北海道東部、釧路市の近くと言ったらいいのだろうか、上手く言えませんが、豊かな海が育んだ新鮮魚介類や加工品が届けられて来ました。

殻付牡蠣は手馴れてきました。

Dsc_2262_2

極めつけは、毛ガニ3杯ッ!!!

さばき方は、全く無知なのでサイトを見ながら四苦八苦でしたが何とかさばけました。

Dsc_2253_3

うん、なかなか初めてにしてはきれいに出来ましたね。

パンパンに入った身入りと、濃厚なミソは、さすが北海道の毛ガニだなぁ~

Dsc_2269_6

皆さん、よいお年をお迎えください。

2017/12/03

今日が今年最後か?

角田五ケ峠コースの入り口には例年この時期になると、倒木などによる通行止看板が設置されます。(平成29年12月1日~平成30年3月31日)

しかし多くの方々は、それを無視して五ケ峠駐車場に向うようです。

私も、今日はそうでした…。

      がッ!!

Dsc_2182_5

やはり倒木が道をふさぎ渋々Uターンして海側から問題なく入れました。しかしそこまでする人は少なく3台だけの駐車でした。

Dsc_2184

Dsc_2185

所々にまだ紅葉の名残り。澄んだ空気と貴重な青空を吸いながら…。気持ちいい。

角田山頂上。積雪は、20㎝ほど。意外なほど多くの方がいるのにびっくりだ。

Dsc_2190_2

観音堂から新潟市方面。いつ来ても爽快な眺めです。

Dsc_2194

桃色の山茶花が満開でした。たぶん、この日が今年最後の角田山になるでしょう。

Dsc_2198


2017/11/25

金目鯛の煮つけ

Dsc_0219

Dsc_0220

先日の残業帰りのスーパーで「金目鯛」の切り身パックを見つけ、美味そうなので購入しました。

金目鯛と言えば、太平洋側の千葉県や静岡県沖の深海魚らしく、数年前の茨城県や伊豆半島での美味さを思い出します。

なかなか、新潟県ではお目に掛かれませんね。

脂ののったほくほくの白身は、もう少し味が染みていれば…。再度、挑戦です。(また、売っていればの話ですが…(゚ー゚sweat02

«「秋の尾瀬ヶ原・デビュー」

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック