2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

2019/04/20

自家源泉とお花見ランチでした!

Dsc_28351

先週の土曜日、カミさんと高齢の母を連れ車窓からの八分咲きほどの桜を愛でながら近くの温泉宿で日帰りランチでした。

風もなく、雲一つない絶好のお花見日和。

Dsc_28111 

客室からの眺めに「ウワぁ~~。すんばらしい~」

Dsc_28291

先ずはこっそり持ち込んだスーパードライをプッシュ!

自家源泉は、ほのかに硫黄臭ただようすこし白濁した上品な湯に浸かれば、たまには家族サービスもいいもんだな…

食事処でのお昼は、「これって、夕食か?って思うほどの献立メニューが並ぶ」

酒菜には「イカの真砂和え」「ホタルイカの山葵漬」「筍土佐煮・山菜天婦羅」

Dsc_28171 

新潟県ならではのお造り。その他に鍋物・しゃぶしゃぶ・焼物・煮物・蒸し物・ズワイガニ酢などお昼にしちゃぁ豪華すぎたかな!?

Dsc_28191

〆のデザートも抜かりは無しッ!^^

Dsc_28271

 

2019/04/15

源泉温泉とお花見ランチでした。

 

当地、新潟県も桜が見頃を迎え5分から8分咲きといったところでしょうか。

カミさんと高齢の母でお花見と温泉日帰りプランです。

すこしブログをさぼってる間に…

ココログ・新規バージョンになってから、なかなか上手くアップできません。

あらぁ~

 

Dsc_28351_1

2019/03/31

今日は「だいろの湯」でした。

 今日は、晴れたと思ったら雨や霰が降ったりと荒れた一日。

午前中、家の所用をすませカミさんと「だいろの湯」へ。

お互い日帰り温泉、ことのほかここの湯は硫黄臭がして好きな施設だ。

一階の大広間は、満席だったが二階は意外と大の字でくつろげる。

子供の走り音や泣き声もなく静かです。

Dsc_27681

好きな旅行誌のバックナンバーを持ち込み今年の温泉旅にお互い想いを巡らします。

そのうち睡魔が…。今年もいい湯に浸かれる夢みたようです。

 

2019/03/10

もうすぐ見頃?雪割草

時間が取れて天気が良ければ、「角田山」です。

日曜日、五ケ峠駐車場の向かいの山道を行き来する方が結構います。

Dsc_27191_6

Dsc_27161_3

聞けば、その先に雪割草がそろっと見頃を向かえているそうです。

滑りやすい急登を登ること15分ほど。杉林を過ぎるとちらほらと咲き始めています。場所によっては密集して咲いていました。。

Dsc_27101_3

思わずしゃがみ込みますね。

Dsc_27111_4

Dsc_27141_2

いい場所を教えてもらいました。

寒い冬を越し、枯葉の暖かい布団をかき分けて目を覚ます姿にうっとり…。

その後、五ケ峠コースをのんびり歩きました。

春を感じる一日でした。

2019/03/05

勝手に「消雪宣言!」~角田山

3月3日(日)角田山山頂は、すっかり雪解けでぬかるみもありません。

 

勝手に「消雪宣言」させていただきます。

Dsc_26901_2

浦浜駐車場から登り、五ケ峠駐車場に下り舗装道を30分ほど歩くコースです。8Kmほどあり歩きがいがあります。

浦浜からの急登を登れば日本海の潮騒がこの時期ならではです。

Dsc_26831

浦浜コースにようやく見つけた芽生えたばかりの「カタクリ」です。それでも昨年より2週間は早いようです。

確実に、「花の山・角田」へと装いを準備していますね。

Dsc_26841




2019/02/27

こんな味噌ラーメン初めてだ!

Dsc_25531

2月の日曜日。ここ、燕橋近くの細い路地に隠れ家的な「らーめん 流れ星」で遅めのお昼です。去年の10月以来からの再訪です。

あの日は、すごく寒かったので「味噌ラーメン」です。

Dsc_25501

ガツンと来る合わせ味噌。極厚の背脂スープにニンニクの粉末がこれでもかッ!ってくらい降っています!

チャーシューも肉の触感はジューシーというより「ワイルド」が似合う。

極太縮れ麺との相性も抜群だッ!

こんなインパクトある「味噌ラーメン」は、後にも先にも食えね~かもしれねぇ~

Dsc_25521_2

これからも、若い発想でインパクトある一杯を創造してくださいね!

ご馳走様でした。

2019/02/24

雪解け超!すすむ角田山

今年初めての角田山です。五ケ峠駐車場への道路は3月いっぱい通行止めですが「自己責任」で通ります。

なので、

 

五ケ峠駐車場は10時過ぎというのにまだ4台ほど…

Dsc_26571_2

まだ2月下旬ですが、残雪もほとんど無くぬかるみも苦になりません。

 

今冬は、異常なほどの小雪ですが(今のところ)雪割草やカタクリの開花も早まるのでしょうか?

Dsc_26611

Dsc_26621_2

頂上や観音堂は大勢の人で賑わっています。いよいよ角田山のシーズン開幕ですね~

 

帰路は、日本海を眺めながら潮風受けながらのドライブでスカッとしました。さて、今週も頑張るかなッ!

Dsc_26661_2

穏やかな海もどことなく春っぽい…。

2019/02/06

長靴はやはり疲れます。

先日の日曜日。天気も良かったですね。

標高240mの田上町・護摩堂山山頂は、積雪20㎝ほど。越後平野越に、うっすらと弥彦山・角田山が望めます。

Dsc_26111

カミさんと母を、日帰り温泉「湯ったり館」に残して長靴履いて歩いてきました。

気温も10度ほどでぬかるむ山道は、長靴ほか私には手がありません。

歩きなれない坂道を40分。下りは雪で横滑りながら30分。

慣れない長靴での山歩きは疲れました…。

Dsc_26121_3

「湯ったり館」でのお昼は「味噌ラーメン」。赤白合わせ出汁のあっさりしたスープ、チャーシューは美味しかったです。

ルックスはなかなかいいのですが、麺が…市販されているようで…。(゚ー゚;

Dsc_26141

いい汗かいたし、いい湯浸かったし、さて、今週も頑張るかなッ!!

2019/02/05

燕市のランドマークはどこだ!?

Dsc_25912

燕市の象徴たるそのタワーは、地上3階の屋上にそびえ立つ「杭州飯店」の看板だろう。(個人的見解です)

夜にはライトアップされ全国からの飢えるラーメン通を出迎えます。

サイドメニューは、一個200円の特大餃子。パリパリの羽付きにモッちり具沢山だ。

Dsc_25851_2

Dsc_25861_2

燕の頑固な物づくり職人気質を不揃いな極太麺がそれを表すようだ。

背脂浮く煮干しスープも燕の絶対的ランドマーク。

Dsc_25881

Dsc_25901

最高の一杯にご馳走様でした。

2019/02/02

これも同窓会です。

まだセガレたちが小中学生の頃、地元のサッカークラブで遊んで?いました。

また、保護者達も連携良く和気藹藹とした雰囲気の中、子供たちの応援に余念がありませんでした。

私は、今までも付き合いさせてもらっていますが、あれから20年近く…。久しぶりの再会です。懐かしい顔が「同窓会」

Dsc_26041

Dsc_26051_2

うまい肴と上手い話題に事欠くことがありませんでした。

Dsc_26061

Dsc_26071_2

こんな、仲間との付き合いも大切ですね~

2019/01/12

思い立ったら北陸へ!

週間天気によればこの三連休、天気もよさそうだし…。のんびりと北陸へ美味いもんでも食いに行くか!?

カミさんの許しが出たんで即実行!(v^ー゜)ヤッタネ!!

1月12日(土)、北陸道・有磯海SAでは富山県名物、白エビかき揚げと氷見うどんのセットに郷土銘菓のサービス。さすが富山県民は、気が利くね~

Dsc_25021_2

てんこ盛りサクッサクの白エビかき揚げ&喉越し抜群の氷見うどん。仕上げはふわっとした生地に甘さ控えめのクリーム「甘金丹」最高の昼食コースでした。

小矢部市では北陸唯一の「三井アウトレットパーク」で30%offのバッグやウエアーをゲット!

能登半島付け根の自動車専用道路「能登里山海道」を日本海を左手に眺めながら千里浜方面を向かい今宵の宿「休暇村・能登千里浜」です。

近年リニューアルされ、カニや能登牛、新鮮な魚介類が比較的リーズナブル価格で楽しめ、天然温泉も楽しめるので以前から気になっていた旅館です。

Dsc_25161

予約が急だったので石川県のブランド蟹「加能カニ」コースは売り切れで
「ずわい蟹」コースでしたが、実入りバッチリで蟹味噌も結構入っていてお得感があります。

姿茹で・蟹刺し・焼蟹・蟹すき・〆は蟹ぞうすいのコースに+のど黒塩焼きを追加でした。

ライブキッチンでは白エビかき揚げの各種天婦羅、デザートは食べ放題で( ̄ー ̄)ニヤリ

Dsc_25071

Dsc_25101

Dsc_25081


たっぷりと2時間。スタッフとの会話も弾み、美味い蟹と地酒に酔いしれます。

部屋に戻り、テレビを見ているうちに…(-.-)zZ

翌日、金沢市の兼六園と隣接する金沢城公園を散策しました。

Dsc_25171_2

Dsc_25211_2

ボランティアガイドさんの案内で兼六園・金沢城・五十軒長屋、石垣等はなかなか見ごたえがあります。

Dsc_2526

Dsc_25271_2

とても充実した2日間でした。

2019/01/01

穏やかな元旦。

Dsc04159

明けましておめでとうございます。

平成31年のスタートです。

雪も少なく、穏やかな新年です。

今年も、楽しく元気よくッ!!

Dsc00907

2018/12/31

また陽は昇るんだよ。

そう、同じ時空ではあるが、また新しい年が来る。

また新しい陽が昇る。

少しワクワクする2019年。

Dsc_2067

今年一番のショットです。

ご存知、秋の大正池に映る新雪の穂高連峰。

息のむ光景は長く忘れられない一枚。次は、百名山にも挑戦したいと思います。

次の日本を見てみたい。新しい景色を見てみたい。

 

よいお年を迎えてください。

2018/12/30

これぞ〆の一杯「王風珍」

Dsc_24681_2

弥彦神社参拝の帰り、時折陽が差す穏やかな年の瀬。

今年の〆の一杯に指名したのは、当地燕市の背脂ラーメン御三家と肩を並べ日々切磋琢磨に余念がない「王風珍」

店外で20分待って、席に着いて25分。かなり待ち、腹の虫が鳴く。

私は、当店人気を分ける「王風麺・白」

厚いトロットロのチャーシュー3枚、白髭ネギたっぷり盛られ、背脂もたっぷりと浮かぶ。

見てるだけでも幸せになれた気がする。

Dsc_24661_2

やっぱり少し縮れた極太麺にコク深い背脂スープが絡む、絡む。

Dsc_24671

カミさんは、「王風ラーメン」

負けず劣らずの煮干し背脂スープはカミさんも大好きだ。

Dsc_23712_2

ご馳走様でした!

弥彦神社はまだ静か…

12月30日。

越後一の宮「弥彦神社」へ一年の感謝です。杉並木と石畳の凛とした空気に背筋が伸びます。

Dsc_24621_6

カミさんとはもう何年もこの日です。

Dsc_24601_2

 感謝です。

«小さな旅・2018年振り返ります

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック