2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

春陽。

CIMG2379 日曜日は、久しぶりに気温もあがり青空が広がりました。

家の裏から撮りました。

CIMG2384

田んぼの雪もかなり減ってきました。

このまま、春になればいいのだが‥

そんなわけには、いかんだろう。

2006/01/25

鍋敷き。

いつも目立たず、一生懸命働いているが主役の熱い鍋の下で歯をくいしばり頑張っている。

鍋は、洗ってもらえるがオイラは、まず洗ってもらう事はありません。

文句も言わずただ、じっと与えられた天職をまっとうするだけ。

CIMG2309

この牛の鍋敷きは、もう二十年ほど前にまだ幼かった娘を連れて長野の善光寺で買ったものです。

杉材でしょうか、触ると木目がはっきりと感じられまた、黒くこげた跡がよく働いた証明です!鍋などの下になりあまり目に付かないが気に入っているから今でも活躍しています。

CIMG2312 この鳥の形をした鍋敷きは、セガレが幼稚園の時に作ったものです。ベニヤ板を鳥の形にしたものを中央にタイルを張りペンで色を塗っただけではあるがこれもまだよく活躍しています。裏には本人自筆の名前が書いてあります。

たかが鍋敷きではありますが、そこにはちゃんと家族の歴史が生きています。

2006/01/23

小田和正 58歳。

ついさっき、NHKの「人間ドキュメント」で小田和正さんの特集を放映していました。女房はビデオに録画して寝たが私は、麒麟淡麗を呑みながら観ていました。

私と女房は結婚する前から、もう25年ほど前からのファンでした。当時は「オフコース」というグループのボーカルを担当して、あの高い澄んだ歌声でのラブソング、そして少しシャイな雰囲気がとても好きでした。コンサートも新潟に来ると必ず観に行った。CIMG2257 

そんな彼も団塊の世代と言われる58歳になったがまだ歌手として走り続けています。絶頂期を過ぎ幾多の低迷を乗り越えそして今、コンサート会場には同年代のファンが戻って来た印象です。

何故だろう‥     すみません、つづきは、また明日ということで!エッ?誰も見ないか?  寝ます。 (-_-)zzz

CIMG2254 え~と、昨日のつづきです。彼は東北大学の建築学科を専攻したが迷いに迷った結果、音楽の道を選びます。今でも当時の同級生と毎年、忘年会をしています。CIMG2260 同年代を大切に思っているのが番組のなかでよく分かります。

CIMG2258

番組のなかで印象に残ったコメントがあります。

「曲がヒットしている時は、次の曲が出るのを皆が待っていた。その人たちが結婚をして子供に手がかかり、仕事に時間を奪われてきました。アルバムが売れなくなってきたその時、小田さん自身は、これからは自分の為に曲を作ろうと思った。CIMG2266

今、コンサート会場には小田さんと同年代の団塊の世代と言われる人が多く来られる。チケット発売と同時に完売と言うことは、自分自身の為に書いている曲が、定年を間近にひかえた人々の共感を得たのかも知れません。

CIMG2276 もう一度、夢を持て!と‥

CIMG2279 

私は、小田さんより10年以上若いが走りつづける姿は、応援します!CIMG2283 

CIMG2292 CIMG2256 

2006/01/22

俺にも一言!「本当に増税しかないのか」

NHKの「日本のこれから~本当に増税しかないのか」を見ました。国会の討論は興味は無いけれどテーマを決めて、一般の市民参加の討論はすごく興味や関心があります。

谷垣財務大臣を招き一般サラリーマン、公務員、年金生活者、自営業者さんの人たちなど、さまざまな年代や立場の方が参加での討論会です。なかには、目を真っ赤にして声を少し震わせながら訴えていた金型製造業者さんもいました。

同じ「もの創り」に携わる一人として共感しました。

私は、基本的に増税には反対です!

なにかあいまいな言い方ですが、増税する前に無駄な金の使い道をやめろ!

バブル崩壊後の景気浮揚策で急激に膨れあがった借金全体が七百七十兆円と言うがまったくピンと来ません。

少子高齢化、人口減少で年金、介護問題がいままでどこの国も経験したことの無い対応を迫られています。それをすぐさまその穴埋めに消費税問題だ~?私は反対です。

国策がまずかったんだろ!それをはじめから増税ありきでは納得できません。

まず、国や地方自治体が自ら無駄な経費を削減して欲しい。

一つの例がありました。人口三千人足らずの村になんと8億円以上の健康施設を造っていました。当初、観光客目当も計算に入れて国もそれを承諾し8割の補助金を出していました。当然、底なしの大赤字である。そんなことが当たり前のように日常茶飯事で行われていると思うとアタマにきてしまう。確かに国から予算を持ってきた議員や村長、地元の建設業者は潤うだろうがそこで終わってしまう。

生活弱者ばかり泣かせないで自分達も泣いている姿を見せてくれ。血を流してくれ!

そして明確なこの国のビジョンを分かりやすく、それを実行してこそ国民の理解が得られると思います。それが今まで成されていません。

賛否両論だと思いますが、

金が無いから増税だ!は、絶対反対!!です。

2006/01/19

「県央わかでき新聞」

オイラの通っている教室は、新潟県央サティ校です。この1月で開校2周年になり生徒さんも着実に増えているようです。オイラはこの2月で1ヶ月遅れの2周年になります。パソコンの初歩から学び今はどうかと言うのは別にしてここまで続けられたのはスタッフや皆さんのおかげです。時には一ヶ月ほど休むこともありましたが、再開の時は快く対応してくださいます。

そんな「サティ校」が月に一回程度で新聞を生徒さんに配布しています。CIMG2243 

なかなかカッコいいでしょう?読みやすくカラフルで分かりやすいです。その中には、サティ校の新年会の案内もあります。オイラが「わかでき」に通っている理由の半分が新年会と夏の納涼会があるからです。

日頃話が出来ない方や阿武さんやKANちゃん達とも再会できるのがとても楽しみです!

と、いうわけで今までのサティ校の呑み会の様子をチョット紹介します。

CIMG1413 CIMG1416  CIMG1426

CIMG1419 CIMG1442

CIMG1444 と、まあ皆さん楽しくハッスルしています。

今年の新年会はどんな伝説が生まれるんだろう。

2006/01/18

フロッピーが凍死!

今日、今年初めて「わかでき」に行ってきました。先月の24日以来でした。年末年始の仕事や私用でなかなか行けなかった。いつものように仕事が終わって電話で9限(PM8:00~9:00)の予約を入れようとしたが私の名簿が見当たらないらしい。

ひょっとして最近あんまり行かないから奥へ押し込まれたんだろうか?まさかそんな事はないだろう。社長の掛橋さんが快く対応してくれました。

私は、いまエクセルの中級、14講座あたりを受講しているがなかなかオイラの蚤の脳では理解が超ムズカシイですがナントかもうすぐ完了できそうです。

授業が始まりフロッピーを入れても開きません。おまけに「フォーマットされていません」のボックスが開いたのでインストラクターさんに聞くと、「あッ!やまちゃん、このフロッピー壊れていますよ」との事。正月休みには家で復習した時は問題なかったのに‥。

それからずっと車の中にテキストといっしょに保管したのがマズカッタらしいです。

フロッピーは、極端な気温には対応できない事を忘れていました。可哀想に、フロッピーが凍死したのだ!(ー_ー)!!

急きょ、社長の掛橋さんからコピーしてもらい助かりましたが、ちゃんと優しく保管をしなければなりませんね!

2006/01/16

豪雪地、下田村へ。

今日、15日はわりと過ごしやすく穏やかな日でした。

女房と娘、セガレは新潟に買い物に行きオイラは今日一日、フリーでした。

というわけで、車で40分ほどにある下田村に行って来ました。雪の状態はどうなんだろう?この辺では豪雪地として有名です。しかしすこし気温が上がり道路にはほとんど雪はなく普通に走れます。

国道289号線を五十嵐川の上流に向かって行くと向こう岸に人だかりがありました。

気になって車を止めると‥‥

ナント、白鳥の群れがいるではないか!さすがに「アフラック!」とは鳴いていません。

エッ!それってアヒルだったの?まあ、そんなのはどーでもいい。(-_-;)

CIMG2209 橋を渡り、向こう岸に車を止めて近くまで見に行くと、地元の人や子供達が餌を与えていました。

CIMG2210 CIMG2212

CIMG2213 この地域では20年ほど前から餌付けをしていると言う。知らなかった!

CIMG2214 なんともいい光景です。

CIMG2241 街中の除雪は進み屋根の雪下ろしも終わったようですこし安心しました。

しかし、これで帰るわけにもいかないので温泉「いい湯らてぃ」に行く事にしました。まあ、はじめからその気はあったのですがね!

CIMG2217 CIMG2220 

ここのお湯はすごく気持ちがよく温まります。施設も充実している方でしょうか、社員さんの対応がすごく素晴らしいく「堅苦しくなく実に和ませてくれる」という感じです。

豪雪地にもかかわらず客層も広くリピーターの深さが分かります。

風呂に入っておられる老人は、雪下ろしで疲れた体を癒しているようです。

CIMG2236 CIMG2235

デジカメの撮影はここからはムリ~!

CIMG2234 炉端で遅い昼食にしました。CIMG2224

まず「煮菜」(にな)でまず一杯!これは、冬菜を塩付けにして打ち豆、人参、油揚げで作ったビールの大親友みたいな肴です。

CIMG2233 「ねぎの一本焼き」「鮎の塩焼き」「ざる蕎麦」を注文しました。

CIMG2231 CIMG2232 

あ~!たまには、たった一人もいいもんだ!

2006/01/15

オイル交換

車のエンジンオイル交換は、一年に2回は必要です。特に冬季は粘度の低く、夏は粘度のすこし高めのエンジンオイルに交換します。一般にマルチグレードといって10W-30を使っています。またオイルフィルターも1年に1回は必要です。

とは、言っても消耗品ですからなるべく高くない(4リットル二千円前後)オイルをホームセンターで買います。

問題は、その交換をどうするか?です。一般に業者まかせですと排気量にもよりますがオイル代、交換工賃で5,000円ほどでしょうか。

私は、ホームセンターで2,000円前後のオイルをその提携先のガソリンスタンドで420円(税込)で交換してもらってます。廃油の処理や空き缶の処理までしてもらえます。

それで2,420円ですから一般の半額ですみます。

今日は、オイラの愛車、オデッセイと家内のライフの2台のオイル交換をしました。

CIMG2207 オイルキャップをはずしてチューブを差し込んでオイルを吸い取ります。

CIMG2208 新しいオイルを注ぎ込んでゲージでオイル量を確認したら作業完了です。

なんか、エンジンが静かになりスムーズになったようです。定期的な交換が省エネにもつながります。

2006/01/14

今度は雨。

テレビを見ながらつい寝てしまったようです。目がさめると電気は消され、コタツのコンセントは抜かれています。寒さで目がさめました。しょうがない、我が家は節電を目標にしているのだから。

風呂上りにビールといっても第3のビールですが呑みながら「まるちゃんの赤いきつね」を生卵を入れて食べました。CIMG2192

半分食べた後、卵をグルグルかき混ぜるとまた美味い。

あ~また他愛もないことをまた書いてしまいました。

外は、雨が降っています。豪雪地域はこれから、雪崩、増水、家屋の倒壊が大変心配です。100平方メートルの屋根に2メートルの雪が積もるとその重さは、ナント20トンになるそうです。そこに雨水が加われば2倍、3倍になります。

豪雪地帯の方々には本当にお見舞い申しあげます。

2006/01/10

今年の冬は‥

今年の冬は例年になく厳しい寒さです。新潟県の津南町や魚沼地方は観測史上最高の積雪を観測し、それを更新しています。もう積雪4メートルを超えています。まだ、1月になったばかりですからこれからがすごく心配になります。年間の除雪費用を使い切り生活道路の除雪が間に合わず積雪による寸断や雪崩の影響で孤立してしまう地域が出てきています。

国は災害救助法を発令して陸上自衛隊の派遣や除雪費用の援助を決めました。CIMG2189

何とかしてあげたいが、どうにもなりません。

CIMG2190 海水温度の上昇と北からの偏西風が例年より下がって(日本列島がすっぽり入る)いるのが原因らしいです。

私の住んでいる燕市は、積雪は30センチほどですが気温が日中でも氷点下ですから道路は、ツルツル状態です。

今日は、すこし穏やかな一日で青空も時折顔をのぞかせました。

CIMG2183 CIMG2187

家の近所ですが交差点を過ぎると凍った道路がまだあります。

夕陽は、久しぶりに見たようだ。雪国ならではの夕陽でしょうか。

2006/01/05

節約しましょう!

去年の12月からの寒波、異常低温の影響で我が家の電気、ガス、灯油、ガソリン代が毎月の請求書が高騰しています。約2割上がっています。女房と娘は家計が圧迫される!と最近チエックが厳しくなっています。

いらない電気は消しましょう。石油ストーブを利用してお湯を沸かし、風呂はなるべく家族続けて入るようにする。朝、出勤前の暖気運転は、2分以内、コタツは誰も入っていないときはコンセントを抜く。テレビも主電源を切りましょう。などなど‥まあ、当たり前のことですが。CIMG2179

今月の目標を数値に表し明確にします。しかし、オイラの聖域である節酒に及ぶのも時間の問題かな?

2006/01/04

仕事始めだ~!

さ~て、今日から仕事だ!も~寝るぞ!!!

2006/01/03

初湯、てまりの湯

正月三が日を振り返ると、元旦は、紅白歌合戦を家族で見ながら八海山を呑みまくり、日の出にあわせて弥彦神社へ初詣。(チョット頭、ガンガンしてた‥)

午前中にお寺に新年の挨拶、午後から女房と映画「俺たちの大和」を観る。チョット泣いてしまった。

二日は、娘が仕事が休みで家族が五人揃う。この日は貴重です。今年一年は私達家族にとってどんな年になるのだろうか?コタツを囲みいろいろ話し合いました。

あーでもない、こーでもないと。

夕方、女房の実家に新年の挨拶に行き呆れられるほど呑ませてもらいました。酔ぱらってあとは何も覚えていません。

そして三日、娘は仕事に行き、セガレは新潟へ仲間数人で遊びに行きました。

かねてからの私の母の希望で三条市にある「本成寺」にお参りに行きました。CIMG2131

CIMG2132 CIMG2133

参拝者は、数人ほどしかいなくとても静かです。初めて参拝したがとても大きな境内です。

お昼は、燕市内にある「まつや」で背油ラーメンを食べ、「あ~やっぱり、うんめー!」を再認識しました。

その後、立ち寄り湯の「てまりの湯に行き初湯を楽しみました。この温泉は、道の駅の隣にあり地元では人気のある湯です。

料金が500円ということもあり施設面では少し不満もありますが(オイラの大好きな露天風呂がね~!)気楽な感じでそれもいいと思います。CIMG2141

CIMG2143 新緑の頃、また行きたいです。

2006/01/02

男たちのヤマト

弥彦神社に初詣に行ってから家族でお神酒をいただき、雑煮を食べた後、燕市内の横田地区にあるお寺に年始にいきました。

その後、家内と映画「男たちのヤマト」を観てきました。(クリックして下さい)毎月1日は、1000円で観れます。

前日(大晦日)に予約をしたから見やすいいい席が予約できました。

ハンバーガーと缶ビールをこっそり鞄に忍ばせて‥

あ~!ヨパラって今日はこれ以上はムリ~寝ます!

(ここからは、新たに更新しました)

この映画は、沈没した戦艦大和のわずかに助かった乗組員が戦後60年たって、その時の上官の娘と小さな漁船で沈没海域まで到達途中に回想する物語です。

真珠湾攻撃では集団で飛行機で相手を攻めるという今まで無かった戦術で勝利した日本が敗戦濃厚になった頃は逆に飛行機の援護無しの大和が数百機の飛行機に総攻撃され沈没してゆく様は時代に逆行した日本の姿のようです。

「武士道」の武道は、いかに死ぬか。士道は、いかに生きるか。

敗戦濃厚になり多くの若者が戦地へ送られると本当の親子の絆が分かります。

とにかく生きろ!何言われてもいいからとにかく生きろ!

「敗れて目覚める」の言葉がすごく印象に残りました。

この映画は、戦闘シーンの迫力もさることながら、本当の人間の絆、生きるとはを考えさせられました。

観客は、20代から60代以上の幅広い人たちでほぼ満員でした。

オイラ、中村獅童の生き方、好きである。

2006/01/01

あけましておめでとう!

今朝、めずらしく早く目がさめ、弥彦神社に初詣に行く事ができました。

東の空が明るくなり始め初日の出を拝む事ができそうです。

家族五人全員が今年一年健康で過ごせる‥ただそれだけをお願いをします。

が、やっぱり欲深いオイラは、あれも、これもお願いをしてしまいます。

いつか、ラジオでこんな事を言っていました。「ただ神様にお願いするのではなく、自分はこれをどう目標に向かって努力するから願いが叶いますように、とお願いするものだ。」と、言ってました。

CIMG2115 古いお札とスルメを焼きました。

CIMG2120 朝七時というのにもうこの混雑です。

CIMG2119

昨日までの天気が嘘CIMG2123のように穏やかな一年の始まりです。

初日の出が見れるのは何年ぶりでしょうか?

太陽の光は、少しずつ力強くなっていきました。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック