2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

家族の夢、俺の夢。

ちょうど1ヶ月まえの1月の最後の日曜日に家族で弥彦神社に「家内安全」を祈願をしに行って来ました。まだ一月ということもありまだ初詣の名残でしょうか意外と多くの参拝者がいました。CIMG2337

境内でお参りをしてから神前で御祓いをしてもらいました。CIMG2349

CIMG2358 

今年、一年は我が家にとって、そして私にとっても一生涯忘れることのできない一年になることでしょう。

CIMG2365

私にも小さな夢はもっています。しかし、我が家の「夢」を最優先にまずはしたいと思います。

我が家の夢は、「家を、建てる!」です。

2006/02/21

皆様、すみません。

ここ最近、私的でバタバタして私のページに来ていただいた方にコメントを出来ません。

記事も「国井雅比古 文化講演会」の途中で途切れたりして失礼をしています。

かと言って、削除をしたくはありません。

本当にすみません。

今、家族の夢の実現の最終段階にさしかかっています。

仕事から帰り、僅かの時間をそれに費やさなければなりません。

どうか、もう少し時間を下さい。

2006/02/19

国井雅比古 文化講演会。

国井雅比古さんて、誰??って思うかも知れませんが昨年終了したNHKの「プロジェクトX」の司会者といえば分かると思います。

今日、燕市文化会館の講演会に行って来ました。CIMG2555

私の住んでいる燕市は、3月20日から隣町の吉田町、分水町との合併になります。それを記念しての講演会でした。

燕市といえば中小零細企業が中心のため「物創り」ではここ数年、アジア諸国の追い上げ、海外への企業の進出で大変、苦労をしています。まあ、全国的な課題なのですが。

会場に入ると、中島みゆきのテーマソングが流れて、いやおう無しに

2006/02/18

気にいっています。

玄関に通じる飛び石です。

雪がさっとすこし降った朝の様子です。

こんな感じがとても気に入っている。CIMG2411 

奥のほうに行くと一段高くなっているが

私の母が自分の部屋から直接、外に出るための石です。

新築当時、まだ元気だったおやじと私、そして叔父さん達と石屋から買ってきて自分たちで穴を掘り平らに並べた事が思い出されます。

 いつまでも残しておきたい。

2006/02/14

町内新年会。

「やまちゃん!まず一曲やってくれ~!」「おー、そーらそーら!」

「はい、でわ、吉幾三の雪国をまず一発やらさせていただきます」

「パラパラの拍手ありがとうございます!」

CIMG2521

なんか、ここ数年おなじせりふを言ってるみたいです。

CIMG2519

CIMG2534

近所でありながら、なかなか話す機会もなくただこの新年会が唯一の和気藹々です。

残念ながら私が写っている画像は、1枚もありません。エッ、誰も期待していない?  あッ、そう‥

CIMG2548我が家がこの町内に越してきたのは、私が中学3年の時だからもう30年近くになります。

当時は、近所といっても3,4件ほどしかなく回りは田んぼと畑でした。西小学校が我が家から丸見えでした。と、言っても誰も分からないか。

家の裏はず~~と砂利道だったなあ‥。変わらないものは家から弥彦山がストレートに見えます。それから住宅が立ち並びましたが最近はきれいなアパートや深夜まで開店しているスーパーもできました。でも、とても静かで住みやすい土地です。

これからも、ずっとこの地に根をおろして住んでいきたいです。

2006/02/12

良寛の見た空。

風はすこし強かったが日は差していたので雪の積もるころの五合庵に行ってきました。最近、季節はずれの場所や誰も訪れることのない所に行きたいと思う事があります。

寒さの厳しいこの時期はとくにこんな気にさせられる。

CIMG2464 弥彦山に連なる313メートルの国上山の中腹あたりの駐車場に止めて千眼堂つり橋を渡り10分ほどで五合庵に着きます。CIMG2465 

誰も居ないし、誰もまだきていません。新雪の上には私の足跡しかありません。

時折、ゴ~ッと強い風が吹き飛ばされそうになります。雪を踏む音はサクッサクッという。

CIMG2469 CIMG2470 

CIMG2471 

新緑の時期とはまた違った趣があります。

寒さに耐えじっと春を待っている。小さくてもじっと待っているようです。

良寛のことはあまり詳しくは知らないが素朴のなかにもしっかりとした使命感をもっておられたんだろうか。

CIMG2473 CIMG2475 

CIMG2474 雲の切れ間から日が差しました。

良寛が見た空を俺も見ている。

2006/02/10

三条 中華亭

お昼休みに三条市総合体育館のすぐ前にある「中華亭」に行ってきました。

以前にもこのブログ上で書きましたが、会社にラーメン馬鹿というほどの人がいてほとんど毎晩のようにラーメンを食っているんです。ほとんどが新潟・黒崎方面ですがその人曰く

三条の中華亭の「背油玉ねぎ」は、ぜっていい!と、毎日のように(ちょっとオーバーか?)

言って来るもんだから、アホなオイラは単純に行ってきました。CIMG2459 

CIMG2463 おっと~!まるで鶏が一列に並んでえさを食っているみたいだ!!

CIMG2461 きた~~! フフフッ‥‥。

「背油玉ねぎ」は、スープを背油にかけてやると小さく刻んだ玉ねぎが現れます。

スープは、見た目より少し薄めに感じられるが納得の味である。麺は、すこし平べったく杭州飯店より細い印象です。

でも、あの玉ねぎのシャキシャキとした食感との相性は以外といい!玉ねぎの量も満足いきます。

久々に旨い店に出会えました。

2006/02/09

潤がカップラーメンになったてや!

数週間前に新潟日報の新聞に燕市では有名な「酒麺亭 潤」のラーメンがセブンイレブンの地域限定でカップラーメンになったと知りました。以前にもそこの店の岩のりラーメンはとても美味いと思ったけれどカップになると美味いんだか不味いんだか正直疑問でした。

会社帰りにセブンイレブンで一つ買ってきてとり合えず試食してみました。

ちなみに、我が家全員その店の「岩のりラーメン」は食べているし、皆美味いと思っているんだけど‥CIMG2447

娘は大のラーメン好きで我が家では辛口コメントで有名なんだけど‥

スミマセン、今日はもう寝ます!  また、明日にアップします。

と、言うわけで昨日のつづきです。

ふたを開けるとドンブリの大きさのわりに麺がごった少ないです。三種類ほどの袋に入った調味料をいれてごく普通のカップ麺の作り方と同じです。岩のりの袋まで入っています。

カップ麺といえどもたった一食しかないんだから皆で試食ターイム!

スープは少し魚だしがキツイと思う。あまりにも魚だしを追求しています!って感じです。麺も比較的に太いという感じで、食感はどんべいのうどんの食感に似ています。 

食べ終わっての感想‥。カップ麺の壁、かな?

潤のラーメンを実際食った人は○○で、まだ食ってない人は旨いとおもうかも知れません。

それでは、燕の背油ラーメンの歴史を紹介します。

現在では全国に広まっている背油を浮かべたラーメンですが、日本で最初にこの背油ラーメンが生まれたのが、新潟県燕市であろう、と言われていることはあまり知られていません。その歴史は昭和初期まで遡り、背油ラーメンが軒を連ねる東京よりも、はるかに昔から食されていました。

背油ラーメンの元祖である燕三条背油ラーメンは昭和初頭、先人の手によって誕生しました。当時はまだ利用価値がなく廃棄されていた豚の背油を、ラーメンに使えないかと考えたようです。

そして試作を重ねた末に、あえて完全に溶かさず粒状でたっぷり浮かべるスタイルが考案されました。その背油には、当時数多かった栄養失調の子供達を少しでも力づけたいという、先人の思いが込められていたようです。

やがて高度経済成長を迎えると燕市は洋食器の街として繁栄し、夜遅くまで稼動する工場からは大量の出前注文が入るようになりました。そこで工場の労働者達に、旨いラーメンでお腹一杯になって欲しいとの思いから時間が経ってもスープが冷めないようにと、背油をたっぷりと浮かべ、麺ものびにくいようにと、まるでうどんのように太くし、ボリュームたっぷりに改良されていきました。

まさにこの燕三条ラーメンが当時の労働力を担っていたのです。

と、ふたの裏に書いてありました。

ふ~、疲れた!

2006/02/06

新春麻雀大会。

さだかでは無いが半年ぶりに麻雀仲間が集まりました。セガレが小学校の時のサッカークラブの父兄なのです。会費1000円と自分のビールを持ち寄ってしばし楽しい時間を共有するのです。

CIMG2366 二日間、じっくり煮込んだ卵と豚のバラ肉の角煮です。卵は白身までしっかり味がしみこみ、角煮は箸で持つとプルプル揺れるほど軟らかく口のなかでトロケルようです。CIMG2368

鍋は、鶏の胸肉をミンチ状にした団子入りの鍋です。CIMG2374

美味いもん食ったあとは四角いジャングルでのヘボ麻雀です。

CIMG2372 ここの主人は金型業をやっているわりにはアナログ人間でレコード盤を何百枚も持っておられそれをプレーヤーで聴くのです。もちろんすべて手動です。

新しく買ったレコード盤に針を下ろす瞬間ってなんかドキドキしません?ゼッタイするよね!

デジタルに慣れた人には分からない瞬間です。

時々、針が跳んで同じところを何回も演奏したり「プツッ」「ゴリッ」なんていう音も聴こえます。ほとんどがフォークソングや当時の洋楽です。

大滝詠一、岡林信康、小椋桂、オリビア・ニュートンジョン、サイモン&ガーファンクルなどレコード盤ならではの雰囲気です。

なんとも言えない懐かしい時間でしたしこれからも大切にしたい仲間です。

2006/02/03

パソコンのトラブルどーしてます?

いつもパソコンを普通に使っていても突然にトラブルがあるものです。

パソコンの初期設定、ホームページ作成、ウイルス駆除と再発防止、ソフト、ハードのトラブル対応と修復などパソコンで困っている事ならなんでも対応できる民間業者さんを紹介します。

迅速、丁寧、そして安心価格です。

NPO法人 PCーYOU援隊です。

私は2年ほど前にパソコンがウイルスに感染してしまいNECに電話したりプロバイダーに連絡をとったりしたがまったく解決できずにいました。ちょうどそのころ「県央サティ校」が開校したと知り、そこでこの業者さん(堀川さん)を紹介して頂きウイルスの駆除と再発防止をしてもらった経緯があります。

また、ハードディスクとやらが壊れたが約1週間ほどで部品交換、メールや画像の修復もほぼ完全にできました。料金は26,000円でした。その時の記事は、こちらです。

また、簡単な質問なら電話で無料です。

そんな業者さんが近くにいると、いざという時安心です。

尚、私とここで紹介した業者さんとは一切業務上の関係は御座いません。

一人の利用者として紹介させていただきました。

2006/02/01

「わかでき」新年会 IN ごん蔵

29日(日)にわかるとできる県央サティ校の新年会が教室近くの「ごん蔵」でありました。

KANちゃんこと神田さんの乾杯でいよいよ新年会の始まりです。

CIMG2386

一年に二回、新年会と夏の納涼会をインストラクターさんと生徒さん同士で和気藹々での呑み会です。話題と言えば教室への要望、授業内容、特にブログの話題もありました。

ブログ仲間の紹介は、阿武さんのページでしていますよ。

あッ、そうそう「斉藤教室長の今日の化粧が気合入ってるね!」な~んて話もあったような無いような‥。

CIMG2395 社長の掛橋さんはまだ若いがしっかりと生徒さんの要望などを聞きよく対応されています。その積み重ねがこれからのサティ校を発展させると思います。

CIMG2397 CIMG2401

6時半から始まった新年会も中締めは10時を過ぎていただろうか、とりあえず全員で一本締めで締めくくりました。

気が付くと日付が変わってしまい、近くのラーメン店に行く事になる。CIMG2404

呑んだあとのラーメンってどーしてこんなに美味いの?誰かおしえて!

CIMG2405

いきなり話は変わりますが、こーゆー店ってオイラすごく好きです。

古民家風の造りでどこか懐かしく、若い人には新鮮なんでしょうか?

CIMG2385 CIMG2393

CIMG2392 日本の伝統美っていいな!!

追伸です。

トイレで偶然に生徒さんの小林さん(たぶん)と隣り合わせになった時、「やまちゃん、毎日ブログを見せてもらっているよ。これからも頑張ってくださいよ」な~んて言われました。

とってもうれしかった!続けてよかった!これからも続けようと思いました。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック