2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 夏ツバキとヤマボウシ | トップページ | 大内宿、遠望。 »

2008/05/06

山桜咲く大内宿

GWの4連休も今日で終わり。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は、BCリーグを初めて観戦したり庭木を植えたり畑をイタズラしたりと安・近・短に徹しておりました。そして今日は、思いつき?で福島県会津若松市の「大内宿」にドライブがてら行きました。

まだこの地は山桜が咲き、木々は芽吹きが始まったばかりに見えました。

一般には会津若松ICから国道121号線で芦ノ牧温泉を通るルートですがここは休日になるとかなりの混雑です。以外と知られていないのが会津若松市内から「下野街道」(通称・大内宿こぶしライン)が絶対オススメです。だってスイスイ~なのです。(2003.4.23開通)

Cimg3666 Cimg3627

Cimg3598 Cimg3597

江戸時代には会津地方と日光を結ぶ重要な街道でしたが明治以降徐々に衰退して国道が開通するとその存在は忘れ去られようとしていました。

「全長約450mの往還に沿って、道の両側に妻を向けた寄棟造、茅葺の民家群がほぼ等間隔に建ち並んでおり、伝統的建造物群及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示しているものとして、重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

1981年(昭和56年)4月18日に選定されたもので、宿場町としては長野県の妻籠宿 、奈良井宿に次いで、全国で3番目である。」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

Cimg3623 Cimg3601

Cimg3613 Cimg3622

Cimg3646

お昼は「天ざる」でした。山菜天ぷらの他に「にしん」の天ぷらもあり美味かったです。

おやつには、古代米でついた餅の「御汁粉」と懐かしい「ところ天」でした。

Cimg3636 Cimg3629

Cimg3627_2

とても美味しく、たのしい時間でしたが、「あの風景」はどこから見ればいいんだろう。

よく、写真で観る小高い場所からの風景が見たい!

Cimg3657 見渡すと山の中腹に人が見えました。

息を切らせながら登って、振り返れば…

(No.756)

Cimg3659 うおおおお~!これだ~ッ!

江戸時代からそのままの萱葺き屋根の山間集落の全容がそのまま保存されていました^^

もう、タイムスリップした感じでしたが、さすがにチョンマゲや牛や馬はいませんでした。

(No.756)

« 夏ツバキとヤマボウシ | トップページ | 大内宿、遠望。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えええええ!!
私も実は3日に行ってきたところです。ビックリ。
でも…さすがやまちゃん、記事の濃さが私と全然違う…。
この階段、とても怖い…落ちたらヤバイですね…。
おそば、食べてくればよかった…。

私たちは国道118号線から途中でそれて、大内宿こぶしラインというところを走りました。

あ、同じとこ走ってたんですね。
今気がついた…(^^ゞ
おばあちゃんの笑顔がステキですね!
と書き忘れました。

もうだいぶ長いこと行っていないですが、少し変わったのでしょうか。
周りの整備がかなり進んだかもしれませんねぇ

すっかり有名になりましたね~
まだ行ったことないですが・・・
今度行ってみたいな。

私昨年の紅葉時期に行きました。今年それを聞いたカミサンの両親が他の兄弟を引き連れていったようです。なかなかに良いところですな~。

実は、ngさんの記事を拝見して書き直しました。
しかし、偶然ですね~

この場所は初めて行きました。
以前からの希望でした。
芦ノ牧温泉街を通らずに渋滞を避けられるのはありがたいでした

三川インターから休憩無しで1時間半ほどで着きます。

年配者には、懐かしく、若い人には、どこか新しいんでしょうか?
私は、癒されました~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山桜咲く大内宿:

« 夏ツバキとヤマボウシ | トップページ | 大内宿、遠望。 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック