2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

救出されて本当によかった!

伊豆諸島・八丈島(東京都八丈町)近海で転覆したキンメダイ漁船「第1幸福丸」の船内から甲板員3人が転覆から4日ぶりに救出されたと聞いて「本当かッ!?信じられない…」

まだ20代の若い海上保安庁の潜水士は「よく生きていてくれた。この人たちを絶対に助け出そう」と思ったという。

そのニュースを聞いて思い出すのが5年前の中越地震で皆川優太ちゃん(2)は、トンネル内で土砂に埋もれながらも車内から4日ぶりに救出されたテレビ中継は、今でもよく憶えています。

東京消防庁のハイパーレスキュー隊の隊員らは、土砂の僅かな空間からかすかな「うめき声」に気付き「絶対出すぞ」と土砂の除去作業に取り掛かった。

人の命を救う任務とは言え一歩間違えれば自分も命を落とす事になりかねないすごい仕事があるものです。

自分には、そんな能力も技術もないし、根性もありませんが今の天職を精一杯しようと思います。

(No.1,210)

2009/10/30

「カキノモト」

秋も深まる時期になると新潟県では「カキノモト」と言う食用菊が口に入ります。

帰宅すると母は、テレビを見ながら、市日(いちび)から買って来て「へた」を取っていて、それを見た私は、「あの香りと食感…今宵は日本酒bottleにするか…ニヤリnote…」

Cimg9522_2 

サッと茹でるとシャキシャッキとした食感と、どこかほろ苦さと甘みが口の中に広がりました。

この吉乃川酒造の「希望の故郷へ」は、ほんのり甘口でカキノモトのほろ苦さが美味く調和します。

勿論、全部空けました!

Cimg9535

(No.1,209)

2009/10/29

杭州飯店

あの不揃いの太さの極太麺、がっつり効いた煮干出汁、雪のように降った背脂…。と、なれば燕市「杭州飯店」を連想する方も多いでしょう。新潟県内外に「それ」を知らしめた歴史ある一店です。

先ず、2分ほどで「餃子」が来ました。初めての人は、その大きさと脂っぽい衣にギョッとして「こりゃ~油揚げらかぁ~?」と、言いながら「おちょぼ口」で食べ始めますが、すぐに美味くてニヤリとします。

Cimg9509

それから、もう2分くらいに「中華そば」が来ました。

初めての人は、今までの「ラーメンの概念」を根底から崩れるのを体感します。

尻込みして逃げ出す人もいるかも知れません。しかし、恐々食べ始めるとすぐに美味くてニヤリとします。

Cimg9511

それから、もうすぐにに「エビチリ」が来ました。

誰もが、その美味そうな美しい姿にホッとすることでしょう。

Cimg9514

この間、たった6分ほど。

Cimg9515

このお店に関しては細かく書くことはもう無いくらいです。

「この味の虜になってしまった人」は、遠く県外からも再来店しますが「嫌いな人」は、市内の人でも店の前の道を通ることは二度と無いそうです。

(私が、聞いた話です)

Cimg9516_2

ちなみに、私は夢の中でも食べるほどです。

尚、私が食べた入魂の一杯は、こちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

(No.1,208)

男の料理教室(5回目)

今年の5月から始まった燕市主催の「男の料理教室」も10月24日(土)で5回目になりました。参加動機は、基本的な魚を捌く事と中華鍋での料理を覚えたいと思ったからです。

もし、そんな事が出来たら「カッコいい~ッ!」と思いませんか?

当日は、いよいよ「アジを三枚に下ろしての三種焼き」「野菜を使ったナムル」(ナムルとは、ぜんまい、もやし、ホウレン草などをゴマ油・醤油・ゴマ・ニンニク・唐辛子などで和えた料理です)の料理を覚えます。ご飯も炊き味噌汁も作ります。

講師の先生の手さばきを一通り見てから、さぁ~実践ですッ!が、初めてなもので中々、上手く行きません!トホホ…。

Cimg9415 Cimg9419

Cimg9430 Cimg9432

3時間の受講時間を受けながら私が作った料理です。我ながら中々、美味かったですよ。

Cimg9435

年末になり脂の乗った旬の魚をお刺身に出来るように家でも復習しております。

次回の11月は「鍋をふって中華料理」です。楽しみ~^^

(No.1,207)

2009/10/28

家路

                     「 家路 」        

                       作詞・作曲・唄  浜田省吾

青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし

この人生が 何処へ俺を導くのか尋ねてみる

手に入れた形あるもの やがて失うのに

人はそれを夢と名付け 迷いの中さまよう

Cimg5430_2

悲しみ果てしなく風は夜毎冷たく

人は去り人は来る でも気付けば

道標もない道に一人

Cimg7498

どんなに遠くても たどり着いてみせる

時のはざまにいつの日か

魂を解き放って

Cimg7499

どんなに遠くても たどり着いてみせる

石のような孤独を道連れに

空とこの道 出会う場所へ

今まで知らなかった詞と曲は、今、勇気をもらう一曲です。http://www.youtube.com/watch?v=as0IN1ON-nw&feature=related

(画像は、すべて以前に撮った画像です。)

(No.1,206)

2009/10/26

落ち葉のセンターライン

魚沼スカイラインは、南魚沼市六日町~十日町市中里までの標高700メートル、全長約18キロを結ぶドライブコースです。

3ヵ所ほどある展望所からは巻機山や越後三山、上越国境の山々、南魚沼市が眼下に望まれます。

上越国境付近を望みます。

Cimg9381

印象に残った「落ち葉のセンターライン」です。何故、こんな現象が起きるのか…?

Cimg9452

山郷に広がる紅葉と棚田。

Cimg9464

全体的に道幅は狭くヘアピンカーブの多い道ですので運転手は紅葉を見ている余裕は無いと思いますので展望所や安全な場所で眺めて下さい。

(No.1,205)

2009/10/25

今日のお昼は「こめ太郎」

新潟県南魚沼市(旧塩沢町)にある「釜炊きめしや・こめ太郎」に行きました。http://kometarou.com/

Cimg9482 関越道塩沢ICから車で5分。国道17号線沿いにあります。

外見からお分かりのように築300年の古民家を改修した店内は、まるでその時代にタイムスリップをしたような錯覚さえ感じました。

引き戸を引いて中に入ると先ず目に入るのが正面の大きな「かまど」と上手く演出された稲です。

Cimg9481

正直、この「かまど」で実際に魚沼コシヒカリを炊いていたのにはビックリしたと言うか、さすが「釜炊きめしや」だと思いましたね~

Cimg9471

Cimg9466

Cimg9469_2

「こしひかり御膳」と「かき釜飯御膳と釜揚げうどん」です。どちらも店内が少し薄暗いために鮮明な画像ではありませんが、新米をかまどで炊き上げたフワ~っとした香りが立ち昇ります。

Cimg9472

Cimg9473

みんな、顔を見合わせて米の旨みはやっぱり「かまど」炊きに優るものはないよなぁ~。

(No.1,204)

2009/10/23

「希望の故郷へ」を買いました

帰宅中のクルマのラジオで聞き、たまらなく酒屋で買い求めました。

「平成十六酒造年度震災古酒 吉乃川」

平成16年10月23日に発生した、新潟県中越地震により吉乃川の仕込み蔵「昌和蔵」やタンクは大きな被害を受けました。

この震災古酒は、平成16年の中越地震時、まさに仕込み中だったタンクを、停電の中温度が上がりすぎないよう水をかけながら守ったお酒です。

その後、蔵の中で復興の足音を聞きながら、ゆっくりと熟成してまいりました。

風格のある香りと熟成した味わいをお楽しみ下さい。

売上の一部を環境保護の活動に寄付いたします。(以上は、瓶裏のラベルに書かれていました)

ちなみに、720ml詰で1,023円です。

Cimg9407

明日、飲みます。

(No.1,203)

新潟県の紅葉情報

平地の街路樹も色づき初めて山々は、紅葉シーズン突入ですね。

新潟県内の紅葉は順調に進んでいるようです。http://kouyou.yahoo.co.jp/spot/list/15.html ←参考にして下さい。

週末の天気も期待出来そうなので魚沼スカイライン周辺と松之山温泉辺りに行こうと計画しています。

Cimg9382

(No.1,202)

2009/10/21

「お父さん、話があるんだけど…」

夕食時、娘からそんな言葉を言われたら父親として「ドッキッ!」とするでしょう。

案の定、「アレ」の話でした。アレですよ、アレ。付き合っている男性が挨拶に来るというんです。どんな「挨拶」かは今は書けません。

母とカミサンは、ニヤニヤしながら私の顔を見ながら「お父さん、さあ、どう出るの~」ってな顔をしていました。

我が家にも、もう何度か来ていて夕食も同席していて印象は◎でしたが、私達(私だけかも知れません)としては「友達以上恋人未満」との認識で接していましたが、いつの間にか外堀が埋められ、内堀も埋められていたのかも知れません。ううぅ~何てこった… (≧ヘ≦)sweat01

そして、○日、遂に本丸に登って来るようです。さて、最後の砦で、どう迎え撃つか…punch

あえなく落城か…( ̄Д ̄ sweat02いやいや、そう容易く白旗は揚げられない!

そんな事、考えていたら酔えないんです。bottletyphoon

(No.1,201)

2009/10/20

上越市のラーメン「上越屋」

なんとも分かりやすく憶えやすい店名です。この店、結構、美味いと会社の若い連中で話題になっているんです。

と、言う訳で先々週だったかの休みに所用のついでにカミサンと探索に行ってきました。

上越ICから直江津方面に向かって国道8号線の交差点近くにあります。

「家系総本山吉村家直系店」とまあ何処かの○○宗かと思える何とも派手な目立つ看板があります。かなりの自信が伺えますねぇ~Cimg9053

Cimg9040 店内は、ご覧のように長椅子に座って長い列が続いて繁盛の程がうかがえます。この店は、今年7月にオープンしたようですが、いいスタートを切って順調のようです。

喩えは悪いですが、ニワトリが一列に並んで餌を食べているのを連想してしまいました。

Cimg9044 私とカミサンは「並盛ラーメン」と「玉ネギトッピング」を注文しました。

ここの店の特徴として「スープ」の味の濃さが三段階に選べてカウンターには「唐辛子」「辛子味噌」「ニンニク」が備わっていて自分の好みに合わせて味付けが出来ます。

様々な顧客のニーズを取り入れながら「遊び心」も満たす戦略のようです。

「並盛ラーメン」に玉ネギのトッピングです。実に美しい姿です。

Cimg9049

画像からこの麺の食感が伝わるでしょうか?器から湯気が立ち上がり視覚と嗅覚が一気にレッドゾーンまで噴け上がる瞬間です。

Cimg9050

表面がピンク色になった香ばしく焼き上げたチャーシュウーは、初めての出会いです。

Cimg9051

スープの濃さは「普通」にしましたが、「薄め」でもいいと思いました。

ああぁ~食べてよかった本当に、美味しい一杯でした。ご馳走様です。^^

尚、私が食べた入魂の一杯は、こちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

Cimg9052

(No.1,200)

2009/10/18

今日は、「おうちテレビ」

朝から雨が降ったり、やんだり。これと言った予定もない行動半径100メートル以内の日曜日です。

CD聴いたり、蛍光ペンで囲った番組を見て終わる日曜日になりそうです。(拡大します)

Cimg9402

「だから、どうしたってか!?」なのですが…。

(No.1,199)

酒麺亭・潤の中華そば

酒麺亭 潤 燕総本店の「中華そば」です。昨夜は、友人4人と居酒屋で一杯やってから〆として行きました。

Cimg9390

当地、燕市の人は呑んだ後でも背脂の浮いたラーメンを好んで食べます。

それは、習慣というか、習性というか、禁断症状というか、長年続いたDNAというか、とにかく食べたくなるのです。(勿論、中にはそうでない人もいます)

県内の長岡市、柏崎市にも数店、東京蒲田にも積極的に出店していて2008年には地元燕市に本格和食専門店「越後彩菜 楽山楽水」を出店しました。

Cimg9392厳選したゲンコツ、最高級鳥取県境港の煮干、そして北海道産昆布の出汁をたっぷり 使ったスープは味わい深いです。

そしてこの「岩のり」を具として県内で初めて使用したのが酒麺亭・潤なのです。

「岩のり」の風味、食感が一杯の中華そばをイッキに高いレベルに持ち上げています。

そして「岩のり」が極太麺と絡み、次第にスープに溶け出しスープと一体になる時、「本当に、うんめぇ~ッ!」と感じます。

Cimg9395 Cimg9396_2

ご馳走様でした。

尚、私が食べた入魂の一杯は、こちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

Cimg9397

(No.1,198)

2009/10/16

苗名滝にも寄ってみました。

戸隠奥社を参拝後、少し遅めのお昼は、参道脇にある手打ちそば「奥社の茶屋」でした。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-4d99.html

しばらく、周辺の森林植物園を散策していたら秋の陽はいつの間にか傾いていました。上信越自動車道の中郷IC付近は、片側一車線ということもあり1000円効果のおかげで土日は渋滞になると言うので上越市まで国道18号線を使うことにしました。

「ついでに、苗名滝も見て行こうか…」

と、いう事で行きました。

この時期は、水量が豊富で「ごうごう」と飛沫(しぶき)を上げていましたが、日陰になっていて残念でした。

それでも「日本の滝100選」に選ばれた落差55メートルの立派な滝です。http://www.nigpen.com/naenataki.html

ゴウゴウと音を立てて落ちる水の音から、別名「地震滝」とも呼ばれる豪快な滝。妙高山と黒姫山の間を流れる関川の本流にかかる滝です。

Cimg9150

Cimg9158

三十年振りかなぁ~。1995年の水害で遊歩道が流失しましたが復旧工事で駐車場から15分ほどで吊り橋に着きます。紅葉のピークは、今月下旬頃からでしょうかね。

それにしても、日帰りの小旅行を4回の記事で引っ張ってしまいました…

作戦通り?( ̄Д ̄ sweat01sweat01

「動画」撮ってきましたので、どうぞ~!

(No.1,197)

2009/10/15

秋色の戸隠奥社

戸隠・鏡池で時間を忘れて、うっとりと景色に見とれていたら「これから戸隠奥社に参拝に行ってからだとお昼が遅くなるな」「蕎麦、売り切れになるかなぁ」と、参道入り口にあった蕎麦屋を思い出したら急に食べたくなったので奥社に向かいました。

森の木道を引き返して「隋神門」を左に曲がると樹齢数百年の杉参道を歩きます。

Cimg9323

Cimg9324 この参道を歩くのは、これが二回目です。子供たちがまだ小学生の夏休みだった時に歩いたことがあります。

それが十数年経って同じ道を歩けることに感謝と言うか、周りの景色は変わっていないけどそれだけ歳を重ねたと思うと少し感慨深いものを感じます。

カミサンと娘は、その時の思い出話をしているようで時々笑い声がしていました。

私は、少し離れてその後ろを歩いて周りの景色を眺めながら自分の世界に浸っています。

30分ほど歩くと、かなり急な石段がありましたがそれを登ると最奥の戸隠奥社に着きます。鳥居の向こうにも険しい戸隠の山々がそびえて見えました。

Cimg9328

Cimg9330

奥社(おくしゃ):祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神。神話では天手力雄命が投げ飛ばした天岩戸が現在の戸隠山であるとされる。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

私は、いつものように世界平和、景気回復、家内安全、交通安全、身体健全、五穀豊穣等々…を家族と一緒に100円でお願いしてきました!

Cimg9336

紅葉の中にコバルトブルー色の実を発見ッ!これ、何の実でしょうかねぇ~

Cimg9335

(No.1,196)

2009/10/14

落ち葉の気持ち

戸隠・鏡池の森の木道を歩いていると落ち葉で埋めつくされている。歩く度にカサカサと音をたて足の裏に心地いい感触が伝わってきます。

厳しい冬を越えて、春には若葉が芽吹き、太陽の光をいっぱいに浴びて大きく手を伸ばして幹に光と栄養を取り入れる。

しかし、それも約半年ほどの役目を終えると落ち葉となって土となりまた幹に戻って行く。

また、傍らの清流には、落ち葉が流れて秋の日ざしがそれを迎え入れているようでした。

Cimg9309

木道に散ったその落ち葉を間近でよく見ると何処か表情があるようです。

何か、言いたいような…

Cimg9321

落ち葉の気持ちを知るには、自分も落ち葉のように横たわって見るのがいいのかも…

                  すると…

「おとうさんッ!恥ずかしいからそんなとこで寝っ転がるのは、止めてよッ!」

カミサンと娘に、叱られました。

(No.1,195)

戸隠連峰を映す鏡池

戸隠奥社参道前の駐車場から15分ほど歩くと赤い「隋明門」に着きます。直進すると戸隠奥社、左に進むと最初の目的地の「鏡池」です。

Cimg9250

(奥社参道入り口)

鏡池までは、木道がよく整備され歩きやすく所々に野鳥を観察している方々に会いました。野鳥の楽園なのでしょう。

Cimg9319

「隋明門」から30分ほど歩くと視界がパーっと広がり「鏡池」に着きました。思わず「うわぁ~~ッ!すっげぇ~~ッ!!」

そこには屏風のようにそそり立つ「戸隠山」が現れました!

Cimg9269

Cimg9301

Cimg9281

Cimg9297

Cimg9304

紅葉のピークは、20日過ぎのようですが風もほとんどなく、戸隠連峰をまさに鏡のように映してしばらくそこから離れられませんでした。

Cimg9299

(No.1,194)

2009/10/12

今日のお昼は、「戸隠の蕎麦」

今朝9時頃に戸隠神社奥社の参道に着きました。無料駐車場は、ほぼ満車でしたが何とか止めることができました。

朝の、上信越自動車道は、片側一車線ながらとても快適なドライブです。(中郷インター付近)

中央の高い山は、上信越高原国立公園「妙高山」2454mです。

Cimg9058

予報通りのいい天気でしたが、カミサンと娘は車外に出るとヒンヤリした空気に驚いた様子です。ここから片道40分ほどの「鏡池」と、さらにそこから一時間ほどの「戸隠奥社」までのウオーキングです。

紅葉がすすむ「鏡池」と「戸隠奥社」は後ほど書く予定です。

ほぼ平坦な道程ですが、やっぱりお昼時期になれば腹が空きます。

参道脇にある手打ちそば「奥社の茶屋」に入りました。外見からは想像できないモダンで洒落た店内でした。大きな窓からは紅葉がすすむ森が見えて雰囲気もよかったです。

Cimg9146

Cimg9145

Cimg9147 お店によって多少違うと思うのですが、意外と白く蕎麦の黒い粒も見えなかったように思いました。

でも、ツルツルで口の中に蕎麦の香りがふわ~っと広がるのは独特な製法がるのでしょう。

それにしても、風味豊かな美味い蕎麦でした。

私が食べた「入魂の一杯」はこちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

(No.1,193)

2009/10/10

ガッツン!ガッツン!のラーメン 「響」

スーパーのレジ脇で視線を離さない一冊の雑誌。タイトルだけでもう口の中にあの味が蘇りました。

Cimg9039 新潟には、この手の情報誌は氾濫ぎみですが県内140軒の老舗、名店、新規参入の紹介と各特典やクーポン等が大盤振る舞いだったので早速買いました。

詳しくは、立ち読みするか買ってください。

そしてまず行ったのが、国道116号線、北吉田駅近くのラーメン「響」です。

Cimg9037 今年8月にオープンした真っ赤な看板が目印です。

店内は、オープンキッチンを囲むように6人ほどのカウンターと2~4人用のテーブルが幾つかあります。また、円卓(ちゃぶ台)が3卓あったようです。

裸電球が各所に灯っていて昭和30~40年代ころの雰囲気で和みます。

Cimg9028 汗をかいたヤカンとステンレスのコップが新鮮です。

私が注文したのは、雑誌で紹介されていた「響の味噌」にしました。そして無料クーポンで「爆弾餃子」を追加しました。

お客さんのオーダーが入ると店員さんが元気な声で「チャーシュウ~チャーシュウ~チャーシュウ~」

「カイワレ~カイワレ~カイワレ~」などと真面目な顔をして揃って連呼するんですよ!それが可笑しくて笑を堪えていました~

そして、程なくして ・ ・ ・ ・

ヤ、ヤバイ~~ッ!!

Cimg9032

ゴロンとしたやわらか角煮が3個とバラ肉チャーシュウがたっぷりと入って極太麺が見えない!

麺食ってんだか、肉食ってんだか分からなくなる瞬間ですが、ここは気合を注入して濃厚味噌スープをススルと…。

うううぅ~ッ、ホンと、虜になる世界です。

囚われの身になりたいなら行ってみるのも一考ですよ~( ̄ー ̄)ニヤリ

無料クーポンで「爆弾餃子」をゲットしましたが、抜かりの無い肉汁ジュワ~状態のオススメ一品です。

Cimg9035

Cimg9033 濃厚味噌と極太麺との相性のよさは何回も書いてきましたが、再び私のハートにガッツン!ガッツン!響く一杯でした。

この情報誌のおかげで10月~11月は、「ラーメンブログ強化月間」になりそうな様相でゴザイマス。

私が食べた「入魂の一杯」は、こちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

(No.1,192)

鍵の磨耗

抜けなくなった鍵のままホンダのディーラーで何とか抜いてもらいました。

よく見ると、鍵の先端部分やその周辺の角が丸く磨り減っているのが分かりました。そのために鍵内部の「キー・シリンダー」という部品の動きが不完全だったのが原因らしいのです。

ようやく抜いた鍵を持ってホームセンターで合鍵を作ってもらい鍵の不具合は解決しましたが、鍵が入らなくなった時は、さすがに焦りましたね~

以前に「合鍵」は作ったのですが行方不明でした。

Cimg9012

鮮明な画像ではないですが、上が今日、作った「合鍵」。下が12年間使い続けた「鍵」です。

(No.1,191)

2009/10/09

クルマの「キー」が回らないッ!抜けないッ!

帰社時にクルマの「キー」を差したら途中で回らなくエンジンが掛からない!

「え~~ッ!?何これ!」と思いながら何回か繰り返してると掛かりましたが、家に着いて「キー」を抜こうとしたらエンジンは止まりましたが今度は抜けないッ!

今、思えば少し前から動きが少しスームーズでなかったように思われます。内部で、何処か引っかかっているようにも思えるんですが、どうしたものか?…

H9年製の愛車には、今も「キー」が入ったままです。。(≧д≦)sweat02

(No.1,190)

台風、一過

2年ぶりに上陸した台風18号は各地に大きな被害をもたらしながら根室沖の太平洋へ。

近年、台風の暴風雨の巨大化は地球温暖化も一因なんだろうか?

幸にも当地、新潟県燕市近郊は台風の直撃は免れたようです。

Cimg8980

日に日に秋が深まりゆく朝でした。

(No.1,189)

2009/10/07

「トキめき新潟国体」 雑感

45年ぶりの「トキめき新潟国体」が6日、閉幕しました。先ず、大会スローガンがよかった。「トキはなて 君の力を 大空へ」は、大会中にトキの第二回放鳥が行なわれ「トキ=新潟県」というイメージにもピッタリだと思いました。

来年にはヒナの誕生も期待されますね。

初めて観戦するスポーツにも関心がありました。当地、燕市近郊で開催された「アーチェリー」「馬術」「カヌー」は、競技方法や得点方法も知る事ができて有意義でした。

「オイラにもヒョッとすると才能が…」    あるわけ、ねェ~だろぉ~!!punch ( ̄◆ ̄sweat01)

おっと、忘れちゃいけないのが両陛下にも、沿道でお迎えもできましたね~shinecrownshine

4日(日)、五泉市総合会館開催の「バドミントン」は、日頃から親しんでいますが全国レベルのパワーには鳥肌が立ち興奮しました。

さすが、国体バドミントン会場ですね~美しいコートに羨望しました~(試合開始9時半過ぎ頃)

Cimg8940

Cimg8939

成年男子・準々決勝「新潟県ー東京都」は大接戦の末、東京都が勝ちましたが手に汗握る大興奮ッ!!クッソ~ッ!punch

その後、少年男子・準決勝「新潟県ー福岡県」も大大接戦の末、福岡県が勝ちました。

うううぅ~~sweat02

Cimg8958

そして、前回以来45年ぶりの「天皇・皇后杯」も獲得することができ万々歳ッ!!

し、か、し…。

人から聞いた話や、ネットで調べてみると…。

開催地の天皇杯、皇后杯獲得は2003年の静岡から7年連続だという。何故?そんなに開催地が強いの?

勿論、「地の利」や地元の応援はこの上ない応援と力になるでしょうが、強化選手の育成や大会運営費、大型施設建設への多額の資金も使われているという。

これだけならまだ納得できますが、一番何故?と、思うのは、開催地の各代表選手は予選結果に関係なく国体に全種目に出場できる制度があると言います。

だとすれば、「天皇・皇后杯」に一番近いのは当然「開催地」になりますね。

喩えは悪いですが、100m競争で一人だけ10m先からスタートできる??

(No.1,188)

2009/10/05

公園がうるさい!?

NHKの「クローズアップ現代」は、時々見ます。今日の番組は、都会の公園で遊ぶ子供たちの歓声が「うるさく」感じる周辺住民が増えているといいます。

公園で、遊び回る。噴水の水の音がうるさい。サッカーや野球をして遊ぶ。時には、朝のラジオ体操の音楽うるさいと自治体に苦情が届くと言います。

そこまでは、夕食時に我が家では失礼ながら「笑えた」話題でしたが、それが「訴訟」となると「え~ッ!?」っと、お互い顔を見合わせました。

「公園」とは(おおやけ)の(その)となれば深夜にギャーギャー騒がなく度を越さなければ許される事だと思うのですがね~

そこには、周辺近所の「付き合い方」が少なくなりお互いの「信頼関係」がなくなってきたのが一因になったのは間違いないようです。

都会は、住むのには便利だと思いましたが、いつの間にか「住み難く」なってきたのでしょうか?

これは、「田舎町」に住む、オヤジの独り言です。

(No.1,187)

2009/10/03

初めて見るスポーツ「馬術とカヌー」

新潟国体も終盤を迎えてきました。今日は、カミサンとお隣、三条市で行なわれている「馬術」と「カヌー」を観戦しました。どちらも初めて生で観戦して感激しました。

往年の熱心な競馬ファンらしき人も含めて各県の応援者、家族連れでした。

Cimg8910

「馬術」は旧三条競馬場の跡地を整備して行なわれています。(10月2日~10月6日)以前は、三条競馬場として地方競馬のダートレースが行なわれて馬券も買えたことを思い出します。

それから時代の流れで廃止になってからは、確か5年前の7.13水害の時は家財道具等の捨て場所になって山のように積まれたのもよく記憶しています。

さて「馬術」はスポーツの中で唯一、動物と選手が一体となっての競技です。馬と人間の信頼関係が大きく左右するのでしょう。余談ですが、昨夜のテレビで「キングコング」を見ましたが泣けましたね~

以下は、その時のショットです。

Cimg8889

Cimg8882

Cimg8901

その後、「カヌー」を観戦予定でしたが、カミサンがなかなか動こうとしないで「馬っていいよねェ~。ずっと見ていたいくらい~」

Cimg8920

Cimg8924

本来ならば正面から見たかったのですが立ち入り制限がされていて報道陣に占領されていました。

「カヌー」も自然と逆らわず人間が正面から一体になればこそ、のスポーツだと思いました。

「馬術」と何処か通ずる何かを感じました。

(No.1,186)

両陛下 御来燕!

先週の9月27日に新潟国体の燕市のウエートリフティング会場に観戦に行きましたが長蛇の列の為に入場できない可能性があるとの案内でした。
しかたないので、両陛下の御出迎えに沿道で待ちました。
紙製の日の丸を渡され待つ事、一時間余り…。
30分前には信号機が消されて警察官の「手信号」になりました。(目的は、定かではありませんが不審者等の進入を防ぐためでしょうか?)
Cimg8846_2
キッと、両陛下は「青信号」しか見たことがないのでしょうね~
そして、到着3分前には「3」を付けたパトカーが、1分前には「1」を付けたパトカーが先導します。Cimg8851_2
さ~て、いよいよ両陛下のご到着~~ッ!!
動画を撮る事ができましたが「一瞬」ですから「まばたき」ができませんよ。

(No.1,185)

2009/10/02

秋の夜長は「中島みゆき」…しんみり

日付近くになって雨が一段と強くなったようです。秋の夜長は私的な懐かしい名曲でもと…。灯りを少し落として聴きはじめたのが「中島みゆき」です。

やはり、就職して社会の厳しさを実感した20代の曲も忘れられません。

「ホームにて」もその一曲です。(クリックすると再生できます)

Cimg8881 何故かって?

そりゃあ、青春の真っ只中でしたからねぇ~

(No.1,184)

2009/10/01

秋の黄昏

ここにきて仕事が少々忙しくなってきてブログを書く気にはなっていましたが晩酌を進めるうちに気が遠のき気が付けば布団の中で朝を迎えています。

久しぶりに定時に仕事を終えて西の黄昏をクルマの窓からぼんやり眺めました。

Cimg8862

今日から十月かぁ~。もう、すっかり空が高くなって秋の黄昏です。

Cimg8865

「今日は、書けるかな?」そう思いながらの帰宅です。

そういえば、深夜に2016年のオリンピック開催地が決まるんですね~。TOKYOは、どうかな?無理かな?

(No.1,183)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック