2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 「カキノモト」 | トップページ | 十三回忌でした »

2009/10/31

救出されて本当によかった!

伊豆諸島・八丈島(東京都八丈町)近海で転覆したキンメダイ漁船「第1幸福丸」の船内から甲板員3人が転覆から4日ぶりに救出されたと聞いて「本当かッ!?信じられない…」

まだ20代の若い海上保安庁の潜水士は「よく生きていてくれた。この人たちを絶対に助け出そう」と思ったという。

そのニュースを聞いて思い出すのが5年前の中越地震で皆川優太ちゃん(2)は、トンネル内で土砂に埋もれながらも車内から4日ぶりに救出されたテレビ中継は、今でもよく憶えています。

東京消防庁のハイパーレスキュー隊の隊員らは、土砂の僅かな空間からかすかな「うめき声」に気付き「絶対出すぞ」と土砂の除去作業に取り掛かった。

人の命を救う任務とは言え一歩間違えれば自分も命を落とす事になりかねないすごい仕事があるものです。

自分には、そんな能力も技術もないし、根性もありませんが今の天職を精一杯しようと思います。

(No.1,210)

« 「カキノモト」 | トップページ | 十三回忌でした »

心と体」カテゴリの記事

コメント

私もニュース見て奇跡だと思いました。
本当は7人が閉じ込められて、4人は外へ出たそうです。いわば3人は逃げ遅れたのだそうです。
でも返って結果的にはそれが良かったのですから、すごいですね!
いつも思いますこの生と死を分ける物ってなんなのだろうか??運命と言う言葉で片付けられないものがあるような気がします。

「逃げ遅れた」ことは今朝のニュースで知りました。

>いつも思いますこの生と死を分ける物ってなんなのだろうか??運命と言う言葉で片付けられないものがあるような気がします。

まったく同感です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救出されて本当によかった!:

» 生還した3人の凄さ [つぶやき古道(コミチ)]
転覆したキンメダイ漁船「第1幸福丸」のニュースで無事生還した3人の運の強さには驚きました。 しかし、約4日間真っ暗中で狭い船底で居られたものですわたしは体力より、正常な精神を維持できた凄さに最も驚かされました。 待つ時間というのは実際の時間... [続きを読む]

« 「カキノモト」 | トップページ | 十三回忌でした »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック