2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/29

「天地人」と「もみじ」

NHK大河ドラマ「天地人」が先週で最終回でした。今日の1時からの再放送も見ることができました。

私が新潟県人という事もあり、47回の放送すべてを見た大河ドラマは、初めてのように思いますし「ゆかりの地」と言われる場所にも度々、訪れることもできました。

そして、ドラマ放送の中でよく「もみじ」のシーンや言葉がドラマの節目となることに気付かされます。

「紅葉のごとき家臣になりなさい」

「紅葉のようになれたかのぉ~」

Cimg9982

落葉樹は葉に太陽の光や水分を吸収して幹に送り晩秋には最後の輝きを一瞬の赤色や黄色に託しながら幹の足元に散ってゆく。

Cimg0011

「もみじ」の美しさを改めて知ることができた今年の晩秋でした。

(11月中旬頃の国上寺周辺にて)

(No.1,224)

2009/11/27

研修会で感じたこと。

当地、研修会場で「ものづくり」に関する「顧客から見た品質」というテーマで若い社員と5人で研修を受けてきました。全員で100人ほどでしょうか。

私も30数年間モノつくりの現場に従事してきた一人として時代の流れに沿ったモノ作りと品質に対する考え方の変革を改めて考えさせられた貴重な時間でした。

しかし、それを得た事を会社、現場にフィールド・バックさせてこそ意味のある研修時間で、それこそが参加した5人に新たに与えられた仕事です。

昼食を済ませて午後の研修時間になると他社の参加者のなかには居眠りが目立ちはじめます。

暖かい一日で眠くなる気持ちは分かりますが、昨今の経済状況、苦しい経営を考えると「会社から給料をもらいながらの居眠り」を横目で見ながら、国民の血税をもらいながら国会で居眠りをする国会議員を思い出しました。

今までの「モノつくり」の仕事が国内から少しずつ無くなることは恐らく避けられない事実かも知れませんが、それでも変化は最大のチャンスと捉えて社会に少しでも貢献して「美味い酒を飲みたい~」ですね~

な~んだッ、結局はそこかよ~ッ!?でゴザイマス…( ̄Д ̄ sweat01

(No.1,223)

2009/11/25

今日も元気だッ!酒がうんめぇ~!^^

皆様、こんばんは。

今月13日の更新以来25日までブログをお休みさせていただきました。

だれにも言わずに休んでいたので「無断欠勤」という事ですね~(会社なら一発退場ですね!ギャハハハ~ッ)

その理由(1)  その頃からパソコンの動きが思わしくなく記事の更新に時間が掛かっていて少し詳しい知人から見てもらい何とか直ったように思われます。(原因は何やら難しくてよく分かりませんが…)

その理由(2)  数日間、パソコンの不調で休んでいたら今度は、「サボリの虫」がムクムクと首を持ち上げてきていつの間にか日数だけが過ぎていきました。

そして、二、三日前から読者数人の方々から私に「やまちゃん。ど~したんだいやぁ~?」というメールや電話が掛かるようになってきました。何ともありがたく思います。

その内に、「やまちゃん入院説」まで出て世間に飛び交っている事を知りました。さすがに、それにはビックリしました!!

ブログを書けなかった間、心配してくださった方、私も家族も何ら変わりなく元気に過ごしておりますので安心してください。

勿論、毎日安い酒を美味しく呑んでいます。

Cimg0027_2

今後は、事前に休暇届けを出して無断欠勤は「なるべく」しないように心掛けたいと思います。(できるかなぁ~?)

それにしても、いいサボリ休暇になりました!

今後とも「やまちゃん日記」をよろしくお願いします。

               管理者  「やまちゃん」

(No.1,222)

2009/11/13

菊水「ひやおろし」でした。

仕事帰りに、スーパーの酒売り場で物色しているとモミジが描かれていたラベルに目がいきました。

手にとって見ると「秋季限定」とあります。(こういうの、弱いんだよなぁ~)

財布の中身と相談して買い物籠に入れました。

Cimg9973 冷さずそのまま呑んでも少し控えめですが、華やかな香りがフワ~っと喉の端から奥までひろがります。

野菜の煮物ともお互いを引き立てあって実に美味い日本酒です。

いくらでもグビグビ行きそうですが2合ほどでやめました。

ところで「ひやおろし」とは?

厳しい冬の寒さの中で仕込まれた酒に"火入れ"と言われる江戸時代から伝わる醸造法で低音熱殺菌を施し、風味の調和をはかった後、蔵の中で夏の間、熟成させたのが菊水の「ひやおろ」しなのです。

深まりゆく秋を感じながら呑む「ひやおろし」でした。

Cimg9984

(No.1,221)

2009/11/12

4,000,000杯の実力!「五目うま煮めん」

今朝の新聞折込チラシで三宝亭グループが、1967年の創業以来、4百万杯を売り上げた「五目うま煮麺」が載っていたので「さんぽう亭 燕店」に早速行きました。

http://www.sanpou-g.co.jp/sanpoutei/topic.html

魚介出汁ベースに少し甘しょっぱくトロミのあるスープです。

Cimg9942

プリップリのイカとエビ、シャキシャキとした白菜とチンゲン菜、コリコリした筍、そして新潟県産の豚肉、無くてはならないウズラの卵…。

もうこれだけ具沢山ならばラーメン党でなくてもワガママな大満足の一杯でしょう!

すこし硬めのストレート細麺にとろみスープがよく絡みます。

Cimg9943

野菜たっぷりで、これで714円(税込)ならばお財布にも身体にも優しい大満足な一杯でした。4,000,000杯も愛されている訳が分かる気がしました。

尚、私が食べた入魂の一杯は、こちらです。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/ramenn/index.html

(No.1,220)

2009/11/09

カエデとモミジの違いって何だろう?

今まで、そんな疑問はもったことはありませんが、昨日行った「中野邸美術館」のパンフレットの中に書かれていました。

カエデもモミジもカエデ科に属し、植物分類学上の区別はありません。カエデの仲間の中で、葉が5列以上に分岐して深く切れ込んで掌状のもの(イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなど)を盆栽界や園芸上の分類でモミジと通称し、トオカエデ(切れ込みが3つのもの)をカエデと呼んでいます。(パンフレットより)

なぁ~るほど。

Cimg9821

Cimg9927

中野邸美術館の園内のモミジです。

(No,1,219)

2009/11/08

中野邸「もみじ園」は、すごかったッ!

新潟市秋葉区金津にある中野邸「もみじ園」に母とカミサンと3人で行きました。

http://www.nakanotei-muse.com/index2.htm

知人から「ここのモミジは、すごいろぉ~」と、聞いていました。(今までは、知りませんでした)

Cimg9799_2

母と私、カミサンは、その圧倒的な美しさに心奪われたように見入っていました。

Cimg9806

自然の織り成す「目の前の姿」と、赤や黄、黄緑とその色あいとその移り変わりには、ただただ言葉さえ失いそうです。

「極楽みてぇ~に、キレイらのぉ~」

Cimg9853

Cimg9813

庭園敷地内の山を自然のままに整備された遊歩道中に約130種類、2000本ものモミジの紅葉が、こころ奪います。

今週いっぱいがピークでしょう。是非、参考にしてくだされば幸です。

(後で、アルバムを載せます)

(No.1,218)

2009/11/07

年上の美人に逢いました~美人林~

初めてその人に逢ったのは一昨年の5月頃でした。

今でもその美しさは忘れられずに心の中にそっと…しまってあります。

時々、四季の移ろいの中で、「あの人は、今頃どうしているだろう」と想うのです。

  ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

そして、今日、逢いたい気持ちを抑えられず2年半ぶりに逢いに行きました。

そんな経験、一度や二度、あるでしょう。

勿論、私一人で。

その人は、やわらかな晩秋の光の中でキラキラと輝いていました。

「あの人」…もう、お分かりでしょうか?

Cimg9611

「美人林」は、樹齢80年ほどのスラリとしたブナの林です。ブナの葉は、黄色からしだいにオレンジ色に変わって落葉します。

人間なら、もうそろそろお迎えが…。ギャ~ッ!!(*≧m≦*)sweat01

というところでしょうが、スラーッと背筋が伸びて年齢(樹齢)を感じさせませんね~

Cimg9622

見上げれば万華鏡を思わせ、足元には、心地のいいカーペットが敷き詰められているようです。

晩秋の風がやさしく流れると木の葉がカサカサと乾いた音をたてて地面に、肩に舞い落ちます。

Cimg9638

Cimg9636

これを一度味わったらもう、忘れられない人になる。冬の白く化粧をした姿を見てみたい。

Cimg9640

http://www.matsunoyama.com/

(No.1,217)

2009/11/06

「こども店長」の誘惑

クルマのT社のコマーシャルで「こども店長」の加藤清史郎クンが「減税と補助金!!」を赤いブレザーで盛んに出ています。

カミサンは、その度に「可愛いわねぇ~」

最近では、プロゴルファーの石川遼クンもそれに拍車。

ばあちゃんは、その度に「若けぇ~のにガンバって感心らのぉ~」

しかし、「こども店長」や「遼クン」がどんなにガンバって誘惑しても「お父さんッ!買っちゃうかぁ~!」とは、誰も言いません。( ̄Д ̄ sweat02sweat02

(No.1,216)

リンゴをかじると…

リンゴをかじると、歯ぐきから血がでませんか?

Cimg9555

私は、出ません。( ̄ー+ ̄)

(No.1,215)

2009/11/04

お気に入りの場所

当地で人気の日帰り温泉「だいろの湯」に10時の開館時間に行くと日中の混雑も無くて入館も実にスムーズでした。Cimg9536 http://www.daironoyu.com/

3つの源泉が自慢の内風呂や大きな露天風呂もゆったり入れます。

Cimg9537

大広間での休憩もいいのですが、私のお気に入りの場所は、2階の囲炉裏付き(雰囲気だけのようです)のラウンジです。

Cimg9539

(10月31日・知人と2人で浸かってきました)

(No.1,214)

2009/11/03

ブログに載らなかったラーメンたち10杯ッ!!

今年になって、時間が過ぎて載せるタイミングを失った「ラーメン」たちです。

パソコンの中に眠っているだけでは不憫でしたので画像だけでも載せました。

日帰り温泉「だいろの湯」のラーメン。

Cimg9541

さんぽう亭燕店の「岩のり塩ラーメン」

Cimg8399

ホームセンター武蔵新潟店内の「あおきや」の醤油ラーメン

Cimg8432

どこで食べたか記憶の無いマーボー麺

Cimg4981

三条市中華亭「味噌ラーメン」

Cimg2856

日帰り温泉だいろの湯の味噌チャーシュー

Cimg5446_2

どこで食べたか記憶の無い味噌ラーメン

Cimg6233

日帰り温泉「いい湯らてぃ」の背脂ラーメン

Cimg7284

さんぽう亭燕店「坦々麺」

Cimg8013

さんぽう亭燕店「こだわり醤油ラーメン」

Cimg7932

こういう作業も疲れるものです…

(No.1,213)

県央社会人バドミントンリーグ戦(結果)

今日、11月3日(祝)に第5節・吉田総合体育館で行なわれた結果です。

私は、朝から大会運営と記録係で夕方まで本部での手伝いでした。競技関係者には、好評のようなので1部~13部の今までの結果も含めて画像を載せます。クリックで拡大します。

(記入漏れ等がありましたらご了承下さい)

Cimg9550 Cimg9549

Cimg9548

Cimg9547 Cimg9546

Cimg9545

Cimg9544

残すところ11月22日の三条市での試合だけになりました。

各部での優勝争いに残れるチーム、残留できそうなチーム、降格しそうなチーム、それぞれありますが楽しみながら怪我の無い一年の締めくくりの試合にしたいものです。

(No.1,212)

2009/11/01

十三回忌でした

12年前のちょうど今日でした。

今日は私とカミサン、娘とセガレで出席してきました。

お寺でカミサンの実家の親族が数年ぶりに集まります。私たちよりずっと年上の方はすっかり白髪も増えて腰もすこし曲がってきたようです。

以前は、夫婦で出席してきた家も片方になったり…。私たちの子供たちは当時、小中学生だったのがすっかり大人になったり。

年月の流れを感じずにはいられませんでした。

お経が終わり、お昼の席では故人を偲んだり、すっかり成長した子供たちの話題で盛り上がりました。

その後、カミサンの実家で飲み直しでしたが、その頃になるとセガレはさすがに酔いつぶれていましたが娘は「ベテラン呑ん平」相手に日本酒なんかを…

(誰に似たんだろうか?)

私なんかもう、ベロベロです…。

Cimg9543

ビールを注がれた器が綺麗だったので思わずパチリ。

(No.1,211)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック