2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 4,000,000杯の実力!「五目うま煮めん」 | トップページ | 今日も元気だッ!酒がうんめぇ~!^^ »

2009/11/13

菊水「ひやおろし」でした。

仕事帰りに、スーパーの酒売り場で物色しているとモミジが描かれていたラベルに目がいきました。

手にとって見ると「秋季限定」とあります。(こういうの、弱いんだよなぁ~)

財布の中身と相談して買い物籠に入れました。

Cimg9973 冷さずそのまま呑んでも少し控えめですが、華やかな香りがフワ~っと喉の端から奥までひろがります。

野菜の煮物ともお互いを引き立てあって実に美味い日本酒です。

いくらでもグビグビ行きそうですが2合ほどでやめました。

ところで「ひやおろし」とは?

厳しい冬の寒さの中で仕込まれた酒に"火入れ"と言われる江戸時代から伝わる醸造法で低音熱殺菌を施し、風味の調和をはかった後、蔵の中で夏の間、熟成させたのが菊水の「ひやおろ」しなのです。

深まりゆく秋を感じながら呑む「ひやおろし」でした。

Cimg9984

(No.1,221)

« 4,000,000杯の実力!「五目うま煮めん」 | トップページ | 今日も元気だッ!酒がうんめぇ~!^^ »

季節」カテゴリの記事

コメント

私も「秋季限定」に弱いです。
最近は寒いので,もっぱらお湯割です!

焼酎のお湯割りもよく飲みますが酔いが早いようです。

落葉したもみじの葉っぱの赤いい色ですね!!

今年の晩秋は何故かモミジの赤が目に染みます…
(な~んてねッ!^^)

やまちゃん、なんかあった?

ご心配、かけました。
何ら変わった事はありませんのでご安心ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/46754313

この記事へのトラックバック一覧です: 菊水「ひやおろし」でした。:

« 4,000,000杯の実力!「五目うま煮めん」 | トップページ | 今日も元気だッ!酒がうんめぇ~!^^ »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック