2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/30

最後の一箱

Dscf3379

少しずつ軽いタバコにしてきましたが、さてさて…

あまり意志の強さが感じられませんね~

いやいや、内に秘めた意志は史上最高でっす!!

(No.1,459)

2010/09/28

燕市「萬来食堂」

何処にあるかと聞かれててもとても説明ができないのでこちらをクリックして下さい。

「燕ラーメンお遍路マップ」http://www.tsubame-cci.or.jp/ra-men/shop/10banraisyokudou.html

店内は、以前によくあるシンプリで飾り気のない店内ですがオカミサンはピンクのTシャツを着て元気に対応してくれました。店内には私一人だったので5分ほどで出来上がりました。

中華そば(650円)です。

Dscf3372

Dscf3371

仕事帰りで空腹だったので五感が研ぎ澄まされていました。

煮干出汁の香りというよりも豚骨の香りが強い印象です。しかし、その香りは豚骨特有の臭みと感じる人もいるかも知れません。

Dscf3373_2

湯気で鮮明ではありませんが、丸中太麺の食感とその喉越は、独学で学んだとは思えない完成度の高さです。

それにしても「燕三条背脂ラーメン」と掲げる店は多いけど「似て異なる」その深さも大きな魅力でしょう。

食べ終わって「母ちゃん!うんめかったいねッ!」

そう言って暖簾をくぐりました。

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★★☆☆

再来店度 ★★★☆☆

(No.1,458)

2010/09/27

「だいろの湯」の新米は美味かった!

この前の休日に「だいろの湯」に浸かってきました。この日帰り温泉は、泉質がいいのはもとより、館内の雰囲気や和食の美味しいのに定評があります。

Dscf3341

(館内の通路にあったオブジェです)

特に、ご飯が美味しいんです。聞くところによると、自家農園からの新米を提供しているとの事です。

http://www.daironoyu.com/ ←だいろの湯H.Pです。お米販売に関しては、H.Pに載っています。

「そういえば、家のコメが少なくなってきたなぁ~」「こんなに美味いコメなら都会の親戚にも送るか?」「そげだねぇ~」

と、言う訳で館内受付に申し出てコシヒカリ一等米30キロ3袋を買い込みました。(玄米です)

Dscf3349

一袋だけ玄米のままにして二袋は精米しました。

(No.1,457)

2010/09/25

夏のわすれもの。

と、言っても私がこの夏に撮った夕暮れの海の画像です。

ブログに載せるタイミングをなくし、忘れてしまって埋もれてしまいそうなありふれた画像です。

Dscf2322

Dscf2412

Dscf2413

Dscf2416

Dscf2418

そんな猛暑だったことも忘れてしまいそうな秋の夜長です。

(No.1,456)

2010/09/23

「利休庵 」新潟駅前店

18日の披露宴に出席のため、早めのお昼に親戚4人と行きました。駅前の新潟東急インの近くです。

横浜から来た親戚がぜひ「へぎ蕎麦」が食べてみたいと言うのでそこにしました。

Dscf3157

「へぎ」(片木)と呼ばれる木のお盆に似た器に載せて食べることからその名がつきました。新潟県の小千谷市や魚沼地方が発祥とされ「つなぎ」に布海苔(ふのり)という海藻を使った食感は適度なコシがあり素晴らしい喉越しです。

Dscf3153

Dscf3155

Dscf3156

ホンとは披露宴までの「つなぎ」のつもりだったけど…

4人とも、「あ~、食った!食った~~!」

(No.1,455)

2010/09/22

リピートNo.1は、「まつや食堂」

娘の披露宴で帰省していたセガレがきのう帰りました。その前に、家族で「まつや食堂」に必ずと言っていいくらい行きます。

国道289号線の燕橋を三条市方面に向かって二つ目の信号を左折し200メートル右側です。燕市殿島2-7-3 TEL 0256-62-4739

お昼時、店舗の向かいの30台ほどの駐車場は、ほぼ満車状態でしたが、入れ替わりのお客さんがいたので運良く小上がりに座れました。

麺類、丼物、一品料理と豊富に揃ったメニューは、どれも美味しいのですが、ほとんど中華そば類になってしまいます。

上の画像から、カミサンの「中華そば」セガレは「岩のり中華」私は「広東麺」です。家族で複数の麺類を頼んで「回し食い」は、よくやる手です。

Dscf3300

Dscf3299_2

私が、セガレの「岩のり中華」を一口食べ始める頃、来月あたりにアパートを引っ越す予定だという。今の場所より少し広くて大学に近くアルバイトもしやすいという。

「まあ、どこに移ろうといいが、これ以上の仕送りは、逆さになっても無理だから自分で工面しろよ」

Dscf3301

どれも、煮干の効いた醤油ベースの出汁は、背脂&ツルモチの自家製麺の黄金コンビは、美味さの輪郭がはっきりしていて、老若男女のハートを離しません。

広東麺の具沢山の野菜と肉は胡麻油でサッと炒めてありますます旨味とコクが増します。

Dscf3302

私一人なら、ぶらっと初めてのお店も入りますが、家族同伴ならば「まつや食堂」が一番よく行く店ですね!(たぶん…)

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★★★☆

再来店度 ★★★★★

(No.1,454)

2010/09/20

新潟・宮城 酒の陣ッ!^^

披露宴の内容は、若い二人に決めてもらいました。横から話すと「今は、そんな事はしないのッ。」

だったら、両親として若い二人にも思いつかない何かできないのかなぁ~

披露宴を盛り上げ喜んでもらうためにバッチリ冷した新潟県の地酒と宮城県の地酒を3本づつ持ち込んで大いに飲んでもらう企画をしました。

もちろん、両家の呑んべいお父さんのアイディアをこころよく当ホテル式場が受け入れて下さいました。

画像の折鶴は、カミサンが作りました。

Dscf3238

先ずは、仙台市のおとうさんは「澤乃泉」「乾坤一」「伯楽星」の純米吟醸辛口を選ばれました。

むむむ…、さすがに宮城県はハイレベルでゴザイマス。特に「乾坤一」は私も何度も飲ませていただいて和食の素材を絶妙なバランスで引き立ててくれました。

Dscf3240

だったら新潟県のお父さん(あっしです!)は、「麒麟山」「八海山」「越乃誉」の純米吟醸辛口を選びました。どれも自信を持っての出陣です。

ホテル式場の司会者、スタッフさんから一本ごとに丁寧な説明をいただいた後は、一時は黒山の集りになり新郎のお父さんと「いやぁ~、喜んでもらいやっていかったねぇ~」と肩をたたきあって喜び合いました。

Dscf3236

(乾杯は、檜の升酒です。チョッといいお土産にもなったかな?)

あッ、そうそう、勝敗は?

私たち両家が挨拶に回っているうちに6本とも空になってたんで引き分けだぁ~

ギャハハハハッ~~!!!

(No.1,453)

2010/09/19

新婦の父と母 ~娘へ~

披露宴会場には出席者全員を前に、新郎新婦が互いに指輪の交換と両家の父親が署名をして新郎新婦が誓いの言葉を宣言して拍手をもって承認されるという「人前結婚式」で、そのまま披露宴に移りましたした。

Dscf3180

一番最初に私と娘が入場します。その細くやわらかな娘の手の温もりは、一生私の記憶からは消えることはないでしょう。

父曰く 「突入するぞ!。」  「うん」と、首をかるくかしげた気がした。

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 。

「お父さん、今日はあんまり飲みすぎないで。私の結婚が決まってからとっても涙もろくなったんだもん。」

「ああ、そげだな…分かってるさ」

そんな約束も、披露宴が始まって10分ともたなかった。挨拶に注ぎに行けばその分返されるからね~

いくつかの入場シーンで「いきものががり」の「ありがとう」の曲が流れた時は、さすがに胸に迫り込みあげてくるものを抑えることができませんでした。

ハンカチは、涙と鼻水でグチャグチャになっていました。

Dscf3261

Dscf3220

こんなに多くの方々から祝福された二人に贈る言葉。

「これから長い人生で、つまずく事もあるだろう。道に迷うこともあるだろう。そんな時、どうかお互い守ってやってくれ。お互い支え合ってくれ。」

(No.1,452)

2010/09/18

今日は、娘の披露宴

夜中に、目がさめて寝付けなかった。いろんな事がぐるぐると思い出され、いろんな言葉が交差しました。

朝方、ウトウトと…。朝日が射しこんで来た。今日は、晴だ。

Cimg0491

Cimg0522

新潟市内のホテルにて…だんだん緊張してきました。

たぶん、泣くだろうなぁ~

(画像は、当式場のイメージです)

(No.1,451)

「理容タムラ」さんと「私の尾瀬 写真展」

夜中に目がさめて、なかなか寝付けない。缶ビールをグッと一気に飲み干す。

こんな時は、きのう書き忘れた日記を書くのも一考でしょうか。

きのう(17日)の午前に新潟市南区(旧月潟村)の静かな商店街にある「理容タムラ」さんで散髪に行きました。

静かな品のいいBGMが流れるなか、久しぶりに心地いい時が流れます。特に、シャンプー・顔ソリ・耳掃除。そして最新のマッサージ…あああ、タマリマセン…

実は、この店主は「フォトログ☆もうぞ」さんのお店です。http://jp.air-nifty.com/(v^ー゜)ヤッタネ!!

Cimg3808

これで、今日の世紀の大イベントには「いい男」?で出席できますぜぇ~~fuji

その帰りに、新潟県新潟市西蒲区中之口「先人館」で開催されている「私の尾瀬 写真展」を見てきました。

http://www.nhk.or.jp/niigata/event/e-det0037.html

尾瀬」はまだ訪れたことの無い場所でこの秋には是非、行ってみたくなる写真展でした。

(画像は、2008年5月です)

(No.1,450)

2010/09/15

52歳は中年か!?

昨夜は、友人と三人で居酒屋であれやこれやと、話題に事欠かなく賑やかに時間がたったのはいいけれど、めずらしく翌朝「酒が残る」感覚を久しぶりに感じました。

どうも最近、深夜までの飲食は翌日にまでジワ~っと残りやすく感じますね~

若い頃のように、少しずつ無茶呑みはできなくなったのかなぁ~それでも毎日の晩酌は事欠かさず呑んでます。

そして、帰宅するとカミサンから「誕生日だからケーキ買っといたわよ!」

以前は「敬老の日=9月15日」でしたが平日の為、毎年すっかり忘れる事が多くなったようです。悲しいかな、これも中年の仲間入りなのかなぁ~

Dscf2516

ささやかなケーキと財布をプレゼントしてくれました。もちろん財布の中身は入っていませんでした…

(No.1,449)

2010/09/12

麺’S富志(めんずふうし)

燕市富永にある「麺’S富志」です。国道116号線、ホームセンターひらせい前の交差点を東へ燕市街方面に向かうとすぐに板張りとグレーの金属製外壁のスタイリッシュな店があり、真っ赤な看板ですぐにわかります。

確か、19年の秋に開店した比較的あたらしい店ですが、この赤い看板を見るたびにとても気になっていました。

Dscf2473

7人ほどのカウンターからは板張りで厨房は見えなく、6人用のテーブルが5卓ほどあるシンプルな店内です。

背脂が雪のように降り積もったような「背脂ラーメン」(700円)です。

Dscf2481

Dscf2483

さすがに、この背脂の量には私も「年を考えるとスープまでの完食は、ひかえた方がいいかな?」と思ってしまいます。

しかし、そのスープは長年、和食の修行をしてきた店主のこだわりの和風魚介出汁がよく出ていたと思いますが、国内産小麦での自家製麺との相性は「もうチョッと」との印象でした。

麺のもっちり感はあるんだけど、喉越しで滑るような感食がほしいんだよなぁ~

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★★☆☆

再来店度 ★★☆☆☆

(No.1,448)

嵐のあと

Dscf2495

朝のデッキには、咲き始めの花びらが無残にも散っていました。

深夜の激しい雨を伴う突風でしたが、他には大した被害は無かったです。

しかし、北の乾いた高気圧と夏の太平洋のはざ間の前線の影響で、今夜から未明にかけて大雨警報が出されそうです。大きな被害がでなければよいのですが…

(No.1,447)

2010/09/11

中華 クォウライの広東麺

当地、燕市と言えば「背脂系ラーメン」で少々知れていますが、それとはまったく無縁と思える店で抜群な美味さを出しているのが「クォウライ」も、その一店ではないでしょうか?

Dscf2410

店内にはたくさんの麺類のメニュー札が下がって迷うほどですが定番の広東麺にしました。注文するときに、「クォウライ」の店名由来を聞いたところ、「いらっしゃい召せ。ようこそ来て下さいました」という、感謝の念が込められていると聞きました。

Dscf2362

Dscf2404 三十年前にこの地で広東麺を売り出した時は、馴染みが無かったようだが、今ではこの店の看板メニューになっているそうです。

Dscf2405頑なに信じて育てた広東麺なんだろうなぁ~

これこそ、渾身の一杯に値するッ!そう断言できる一杯でしたッ!!^^

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・バランス ★★★★☆

再来店度 ★★★★☆

(No.1,446)

花は、今が盛りのようです。

我が家のグリーンカーテン「ノアサガオ」の花数が増えてきました。もともとこの品種は、秋口から花数を増やして10月頃まで咲きつづけるようです。

Dscf2479

Dscf2480

しかし、根元に近い葉は黄色に変色して落葉が激しくなってきました。

(No.1,445)

2010/09/10

自転車の空気入れ

猛暑つづきで自転車に乗るのをひかえていたら空気が少し抜けていました。そういえば「空気入れ」は壊れて先日処分したのに気が付く。

ホームセンターで「普通の空気入れ」を見定めていると小さなスプレー式があったので手にとって見ると「これ一本で空タイヤ約20本入り、空気が軽く抜けた状態で約100回補充できます」とありました。

Dscf2474

価格は300円程度で使いやすいようだったので買ってみたら結構使えるようですね~

これから涼しくなるとチャリ通勤の出番が多くなりますね!

(No.1,444)

2010/09/05

「酒麺亭 潤」カレーラーメン

土曜日の夜、仲間5人で二十年近く通っている居酒屋へ。不景気になるとやっぱり外で呑む回数が以前より減っているが、締めるところはやっぱり飲み代になるのは仕方のないところでしょう。

Dscf2441

2件まわって最後の〆は「酒麺亭 潤」になりました。今、お隣の三条市で全国発信中のカレーラーメンは、当地燕市でも扱うお店が増えてきたように思えます。

Dscf2434

旨み抜群のカレー+背脂+ラー油」のコラボは、酔いと蒸し暑い夜をぶっ飛ばすほどの強烈なインパクトがありました。Dscf2436_2

今朝、さすがに胃がモタレましたね~

以前は、カラオケバーで少しはカロリー消費したけど、今ではラーメン店でカロリーアップは考えものだな~

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・バランス ★★★☆☆

再来店度 ★★★★☆

(No.1,443)

2010/09/03

ありがたいなぁ~「はね豆」

帰宅すると友人のSさんから新潟県の最高級ブランド「黒崎茶豆」を頂きました。

ご本人からは「出荷前の規格外で、はねられた「はね豆」らろも味と香りは抜群らろ~」と生産者からのお墨付きの言葉。

確かに少々の変色や、形が不揃いではありますが、ビニール袋に一杯こと頂いてありがたい事、この上なしです。

新潟県は、枝豆の生産量、消費量共に国内有数で勿論、夏の我が家の夕食には無くてはならない主役です。

今年の夏は猛暑続きで生育が早く枝豆シーズンも早く終わりそうな感じです。

Sさんッ!ありがとうございますッ!また、来年もよろしくです!^^

(No.1,442)

2010/09/01

プリウスは「小食多働」!!

「小食多働」、こんな熟語は無いんだろうけど、プリウスにピッタリです。

8月29日(日)の仙台市内往復までは、磐越自動車道→東北自動車道の往復約600キロの走行でした。

Dscf2347

ガソリンは23ℓ入って実燃費は、26.0km/ℓeyesign03ですから表示のとの誤差は範囲内だと思われます。

それにしても、東北自動車道は交通量も多かったですが、渋滞は無くて他車との流れに沿った走行(平均時速90~100キロで、飛ばした程ではありません)でこれだけの高燃費は、なんとも「親孝行なクルマ」です。

その、プリウスだけの高燃費になるが故の走行方法とアクセルワークがチョコッと分かりました~、ギャハハハ~~ッ!!^^

(その辺は後日、報告します)

(No.1,441)

仙台、日帰り。

先日の日曜日に、カミサンと所用のために仙台市へ日帰りでした。先方様への挨拶と、もうすぐ迫った当日の最終確認が目的です。

日本の総理が誰に、どうなるのかと、騒がしいようですが今は、我が家の世紀のイベントに大盛り上がりの真っ最中でっすッ!!

先方様の自宅に着いてお茶をいただいた後に、クルマで20分ほどの次なる場所へ案内されたところは、仙台の奥座敷 秋保温泉「佐勘」で部屋を貸切っての仙台牛メインの昼食と、露天風呂での裸の付き合いでした。http://www.sakan-net.co.jp/

最終確認も順調に進み、露天風呂では名取川のせせらぎを聞きながら充実したひと時がながれました。

Dscf2338_2

Dscf2337

Dscf2344

さてさて、当日は万全の体調で臨みますかなッ!^^

(No.1,440)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック