2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

師走前のシャコバサボテン

淡いピンク色と頬紅色のシャコバサボテンが咲きはじめました。

この時期、屋内に咲く花が少なくなりますが、嬉しいですね~

Dscf4443

美しい花が下を向いて咲くと更に美しく見える。

早いもので明日から師走…私が下を向いて歩いてもカッコ悪いだけだからシッカリ胸を張って顔をあげ、前向きに歩いていくとしますかね!up(゚▽゚*)

(No.1,502)

2010/11/29

やっぱし「まつや」にしょ~てッ!^^

きのうのお昼は、バドミントンの試合後にメンバー6人で「まつや食堂」でした。

「杭州飯店」か「まつや」のどちらにするか迷いましたが全員一致で「まつや食堂」に、しよ~てッ!

日曜日の2時過ぎでも駐車場は、ほぼ満車で店内も8割ほど入っているほどの人気店です。もう私のブログでは、すっかりお馴染みの店です。

私は「ネギラーメン」(800円)です。

Dscf4427

シャキッと細く切ったネギがふわっと載っています。背脂は追加しないと表面に浮いている程度ですから背脂目当てならば、大脂(脂の追加は無料です)がオススメです。

↓ 自分で言うのもなんですが、美味そうに撮れています!   ( ̄ー ̄)ニヤリ

Dscf4432

中太ストレート麺は、程よいコシでスープは、あっさりした煮干醤油ベースですから誰にでも好かれる燕三条系ラーメンだと思います。

薄く切った柔らかいチャーシュー、メンマ、モヤシが入っていました。

他のメンバーの方は、「中華そば大盛」「広東麺」「タンメン」などを注文。どれも美味そうな一杯でした。

店の雰囲気・接客 ★★★☆☆

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★★★☆

再来店度 ★★★★★

(No.1,501)

2010/11/28

第26回県央社会人バドミントンリーグ戦・最終結果

燕市・三条市・加茂市・弥彦村など新潟県の中央部を中心とする最大規模のリーグ戦の最終日でした。

crown各部の優勝・準優勝チームはおめでとうございます!^^fuji

主催者本部発表の最終結果です。体育館壁に貼られた手書きですので見づらい部分があるかと思いますがご了承ください。(゚ー゚)(画像は拡大します)

Dscf4433 Dscf4434

Dscf4435 Dscf4436

Dscf4437 Dscf4438

Dscf4439

我がチームは、今日の試合で3-0で勝利でき皮一枚(サランラップ一枚か!?)で残留ができました。来年は2人のメンバーが増える予定です。大切なのは怪我をせず楽しみながらのゲームを目指したいです。( ̄ー ̄)ニヤリ

また、今年以上に作戦会議&反省会を多く設けたいと思っております~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャbeerspaup

(No.1,500)

バドミントンチームの忘年会

いよいよ忘年会シーズンですね。我がバドミントンチームの忘年会が「よね蔵県央店」にて22日(月)にありました。http://www.yonekura-group.jp/keno/index.html

Dscf4410

我がチームは、結成して20数年になる地域としては老舗の部類です。

結成当時の社会人県央リーグ戦では毎年のように優勝を重ねてきましたがここ数年は低迷していますがお酒が入ってバドミントン談義になると和気藹々に盛り上がるものです。

まあ、「昔のいい時」の話に盛り上がるのも良しとしましょう。

「飲み放題4000円コース」は寄せ鍋・和牛鋼板焼き・お刺身盛り合わせ・天ぷら・和食創作料理・デザートなど7品ほど付いたので妥当か、それ以上です。

しかし、一番美味しかったのは、残った鍋にうどんやご飯を入れた「雑炊」でしたね~

Dscf4376

さて、明日は県央リーグ最終戦が三条市体育館で行われます。負ければ降格・勝っても残留できるか?ギリギリの瀬戸際です。

(No.1,499)

2010/11/25

贈られた宿泊クーポン

2010年9月18日~2011年3月18日の半年間有効のペア宿泊クーポン券を娘の結婚式の両親へのプレゼントとしていただいた。

日本全国、数十件のホテルや旅館の一泊二食付でどこも目移りします。もちろん自分で予約しないと利用できませんからよろっと本腰を入れてネット検索しながら検討しています。

Dscf4396

北陸地方の雪見風呂と日本海の大いなる幸もいいが…

しかし、これからの季節は暖かい地域に行きたいんだよなぁ~sun( ̄▽ ̄)sun

房総半島・伊豆半島・紀伊半島は少し遠いけど雪国新潟県には魅力です。

(No.1,498)

2010/11/24

我が家のリビング

リビング、それは明るい日差しのなかで家族が集い和む場所。

休日ともなれば気のおけない友人と和気藹々と語り合う場所。

時として薄明かりの下、一人で想いを馳せ好みの酒をかたむける場所。

我が家のリビングは、二階にあり東側と南側に大きな窓があり心地いい大きめのソファーと囲炉裏風の重厚な無垢のテーブルと長椅子。

Dscf4390

ローカウンターには好みのグリーンがこころを和ませてくれます。Dscf4387

休日は、まずゆったりと熱めの風呂に入りリビングでビールを傾ける…この上ない至福を感じる時間。

一週間の疲れがスーッと抜けていき報われる時間です。( ^ω^)おっおっおっ

な~んてねッ!(´,_ゝ`)プッ

申し訳ございません。タイトルに一部誤りがあり訂正とお詫びいたします。( ̄◆ ̄;)sweat02

正しくは「我が家の理想のリビング」でした。(A;´・ω・)sweat01sweat01畳の大広間もいいけれど、一番のお気に入りの場所です。

先日の23日、母の78回目の誕生日で日帰り温泉「だいろの湯」に行きました。spahttp://www.daironoyu.com/spa

母は、ことのほか喜んでくれて僅かな親孝行ができたかなぁ~

 ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

日が暮れてくる頃には、完全な「俺んち状態」でゴザイマシタ~~

Dscf4394

尚、私は写ってはおりません…

(No.1,497)

続きを読む "我が家のリビング" »

2010/11/23

国上寺のもみじ

きのうの朝、当地燕市にある「国上寺」を参拝しました。http://www.kokujouji.com/

何故か分かりませんが、こころ落ち着くのです。一つのこころのよりどころとでもいうのでしょうか。

境内の紅葉は、すでに終わりかけていましたが一本だけ大きな黄色のもみじは、とても存在感があり今が盛りのようです。

Dscf4333

陽のあたるもみじを裏側から見ると、光が葉を通して重なった美しさは言葉に出来ないくらいに綺麗です。

Dscf4319

Dscf4326

波が、うねるが如く幾重にも重なる光と影でした。

Dscf4322

(No.1,496)

2010/11/21

拉麺厨房 「福麺」

国道116号線を燕市から新潟市西蒲区の右側にあり大きな看板が目印です。

新潟市内への所用でお昼に行きました。店内は、10人ほどのカウンター、4~6人用の小上がりも多く比較的大きなお店です。

白系の壁と黒い柱の内装は、ボリュームを絞ったジャズが心地よく流れていて意外なベストマッチです。

メニューは、麺類を中心に平打ち太麺の背脂系・太麺の濃厚味噌・細麺の醤油ラーメンがメインです。餃子や他の一品物も充実しています。

カミサンは、背脂ラーメン(600円)です。改めて、筋金入りの燕モンの母ちゃんですわッ!

Dscf4335

Dscf4336

私は、味噌ラーメン(700円)と餃子(350円)です。(背脂、入れればよかったかな~)

たっぷりのモヤシ、やわらかな玉ネギ、シャキッと炒めたキャベツとキクラゲ、お約束の甘みたっぷりのコーン、大きな一枚ものチャーシューたちは、個性豊かに濃厚味噌と自家製太麺とのコンビネーションを奏でます。

Dscf4334

煮干などの魚介出汁と辛系の味噌は、かなり濃厚です。私は、麺を茹でた「割りスープ」をいただいて好みの濃さに薄めました。

Dscf4337

好みの濃さの味噌スープと絶妙なもっちり感の太麺とシャキッと炒めた野菜は最強のタッグマッチ・トリオでした。

(No.1,495)

2010/11/20

「もみじ谷」は、終わりかけていました。

例年だと11月初旬には訪れている弥彦公園「もみじ谷」ですが今年は、残念ながら終わりかけの頃に行きました。

弥彦村では、2015年までの計画で弥彦公園の改修工事
を進めております。本年度は、観月橋の補強と欄干取替
え、駅側入口トイレの改築、東屋の新設を行いました。(弥彦村HPより引用)

「どんな公園に変わるんだろう?期待大だね!)

弥彦グランドホテル前のテニスコート脇の遊歩道にある50メートルほどのトンネルをくぐると「もみじ谷」です。

薄暗いトンネルと鮮やかな紅葉の対比が私のこころをワクワクさせます。

Dscf4238

Dscf4239

Dscf4241

ご覧のように、色褪せてきて枝が目立つようになってきました。ただ、一箇所だけ印象深い画像が撮れました。(私なりですがね)

大きな真っ赤なもみじに黄色の葉が落ちて重なっている様です。

Dscf4249

Dscf4250

公園を一通り散策し終えた頃、陽がさしてきて超高齢者の団体さんが観月橋に集まってきました。

Dscf4264

ガイドさんの旗には「箱根登山」とあり、集合時間が9:00とあります。夜行バスでの観光か?ご苦労なことです。

が、…終わりかけの紅葉と枯葉、そして超高齢者の団体客。

どこかリンクする一瞬が私の頭を過ぎりました。それ以上は叱られそうなので書けません。

(No.1,494)

今でも咲いてる「マンデビラ」

今日は、16度くらいまで上がり暖かく陽射しが心地いい一日でした。こんな日は、すこし残っていた冬囲いを済ませたり、灯油をタンクに詰めたり、窓拭をしました。

久しぶりに真面目な休日で、たまには家の事をしないと遊べませんからね~

この画像は、夏の頃ではなく今日の(11月20日)画像です。10月に入れば枯れはじめると思っていたんですが…

Dscf4270

玄関脇に春に鉢に植えた「マンデビラ」http://garden-vision.net/flower/magyo/mandevilla.htmlは、今でも赤やピンクの花を咲かせてくれます。蕾も、けっこう付いていますから屋内で冬越させてみようと思っています。

(No.1,493)

2010/11/18

規格外品「流出」は許されない。

仕事上でポカをやってしまった。

新規の顧客からの仕事で5機種の製品の一つが規格外寸法であることが分かった。

私が組み立て冶具を作成した最初の製品は、当社検査及び納入先顧客の検査では見つけられなかった箇所でした。

もちろん、図面と照らし合わせてのチエックシートも作成したのにもかかわらずだが、実際に規格外品を初期の段階から流していたのも事実ですから、やっぱり私が悪いのです。

それでも不幸中の幸で工場内から「流出」していなかったから幾つか対処の方法も取れるというものです。民間工場内からの不良品「流出」は絶対に許されませんからね~

明日の朝、顧客の担当者と打ち合わせて、その箇所をバラして修正すると思われます。

あ~あぁ~。オイラも会社からバラされなければいいんですがねぇ~~トホホ…

(仕事のポカは、忘れた頃にやって来る!  てがぁ~~(≧ヘ≦)sweat01punchpunch

(No.1,492)

2010/11/17

「塔のへつり」の思いで

今回の旅行で是非、もう一度行きたかった場所です。

4年ほど前、友人5人と山形県の米沢市で米沢牛ステーキの昼食をとって帰りに「塔のへつり」にきました。10月の中旬頃で紅葉にはまだ早かったが始めて見るその景観は強烈に残っています。

Dscf4145

今回の紅葉は色褪せ初めていましたが、久しぶりに見るその景観は当時の友人同士の会話さえ思い出させてくれます。

その5人の中のKさんは、吊り橋の中頃でわざと揺らせてみせたり、遊歩道を歩きながら大声で寒いオヤジギャグを連発していたり…

その年の11月23日の朝、突然、彼は亡くなってしまった。もうすぐ命日だ。

Dscf4158

サクサクの落ち葉は、くるぶしまで埋まるほど積もっていました。その中を映画のワンシーンのように連れ添う二人を微笑ましく、すこし羨ましく思う私です。

(No.1,491)

2010/11/16

真っ昼間から寝てる駅長さんッ!?

すこし早めのお昼を「牛乳屋食堂」でとったあと、歩いて数分の芦ノ牧温泉駅へ。Sさん曰く、その駅の駅長は何と「ネコ」だという。

え~ッ!冗談だろうッ!?と思いましたが、そんなローカルニュースを見た記憶があるなぁ~

会津鉄道の列車が到着すると続々と熱心な鉄道ファンや温泉好きな観光客が降りてきます。一見、地方のひなびた小さな駅がこんなに賑やかとは…自治体の観光課さんたちの苦労の賜物だろうね~(関心!!)

Dscf4128

Dscf4126

駅内を見渡すと、小さな駅長室ならぬ「ばす駅長室」?があり、そこには名誉駅長がスヤスヤと勤務中にもかかわらず爆睡状態でした。!http://www.aizutetsudo.jp/info/?p=3

↓こんな勇姿を見たかったニヤ~Dscf4125ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

会津鉄道沿線の駅には、温泉地に沿ったユニークな駅がありました。

湯野上温泉駅は、萱葺きで火の入った囲炉裏があり、お茶のサービスがありました。

こういうの、私好みなんだなぁ~

Dscf4138

Dscf4140

こんな風情のあるユニークな駅同士が温泉地を繋いでいると知って南会津地方のファンになりそうです。

(No.1,490)

2010/11/15

牛乳屋食堂

Sさん夫婦と私たち夫婦4人で栃木県川治温泉の一泊旅行に行きました。

磐越自動車道新鶴ICから国道121号線を南下した芦ノ牧温泉駅の通りにあります。

この一風変わった名前の食堂の名前は、牛乳屋が食堂になったのか?それとも食堂が牛乳屋になったのか?答えは前者です。公式HPです。http://www.gyunyuya.jp/

Sさんは毎週のようにバイクツーリングをする筋金入りのバイク野郎は抜け道、早道、けものみちを知っていて美味いラーメン店を知ってる生き字引のような存在です。(かなり褒めすぎたようです)

そのSさんの一押しが「牛乳屋食堂」ってわけです。

11時開店15分前に着いて3番目の客でした。その頃になると、麺を茹でるいい香りが外で待っている私たちに漂ってきます。

11時丁度に暖簾が掛けられます。

Dscf4109

待ち客は、地元のオヤジさん、ガイドブックを小脇に抱えた県外客など人気店によく見られる光景です。

Dscf4112

カミサンは、カフェオレ牛乳と煮込みカツ丼と半ラーメンの「牛乳屋ミニセット」です。甘辛のタレが染み込んだカツほとってもジューシーでアツアツのご飯もかるく平らげていました。恐るべき食欲です。

Dscf4115

私は、会津中太麺大盛にしました。

Dscf4116

Dscf4118

鰹節の出汁がよく出た澄んだスープと喉越のいい麺は早めのお昼にもかかわらずスルスル入っていきました。

喜多方ラーメンの流れをくむ、あっさり醤油味でしょうか。

もちろん、完璧でっす!^^

Dscf4120

(No.1,489)

2010/11/12

はじめて出会う只見線

只見湖からの帰りのクルマの中で只見線を走る列車を見てみたくなってきました。一日に3~4本しか運行されないと知ると鉄道マニアならずとも見てみたい興味が湧いてきます。

そういえば、田子倉駅で撮った画像の中に時刻表があったのを思い出し見てみるとDscf3951

「只見駅14時28分発、会津若松行き」が、ある。それならば只見駅の一つ手前の大白川駅からは14時頃の発車か…?

→の画像は、只見駅での時刻表です。

見れるならば、その一本しかない。まだ充分間に合いそうだ。どこか胸躍らせて子供のようにワクワクする気持ちになってくるのは何故だろう?

大白川駅に着くと列車はまだホームで乗客を待っていて多くの観光客や鉄道マニアがカメラを肩にかけ三脚を小脇に抱えていました。

中年の女性のグループは「こんな列車の旅も、のんびりしていていいわねぇ~」そんな声が聞こえてきます。

Dscf4001

只見川に掛かる鉄橋を走るローカル線は、どこか「けな気」に見えてきました。

Dscf3998

Dscf3999

Dscf4002

Dscf4003

この上ない晴天に恵まれ、惜しみ行く紅葉に染まって走るローカル線は、これから冬の豪雪地帯を縫うように走り続けます。そんな姿を想像すると過疎の足として頑張って欲しい。そんな思いで家路に着きました。

(No.1,488)

田子倉湖へ(4)

湖畔の謎のプレハブがまさか田子倉駅だったと知った私は、最終目的地の田子倉ダムへと向かいました。

人造湖の発電量ではわが国屈指の規模を誇るらしいのですがそんなことより周囲の景観に目を奪われてしまいます。

Dscf3961 

Dscf3964

Dscf3962

ダム堤防の湖側と会津側の発電所方面です。いつかは、只見川沿いを通って国道49号線から新潟県に向かって走ってみたい…。そんな思いを引きずりながら今日走った道を帰ることにしました。

Dscf3972

六十里越えからの眺めをもう一度見てみると、午前中よりも陽が当たって鮮やかに見えました。

帰りの紅葉も鮮やかすぎて何度もクルマを止めてしまいます。

Dscf3978

Dscf3975

Dscf3981

Dscf3996

クルマを止めて少し周囲を散策して戻り、大白川駅付近で嬉しい出会いがありました。

それは、次回(ようやく最終回)ってことにします。

Dscf3991

(No.1,487)

2010/11/11

尖閣衝突映像・まったくの雑感

一連の尖閣諸島衝突事件で「私が、流しました」と神戸海上保安官が上司に告白したと聞いて、その時に正直、「本人が流したなんて嘘だろう。調べているうちに本当は狂言だった…なんてことになりゃしね~のかな!?」

そんな微々たる可能性を秘めたまま日本中が国会では、以前の与党だった野党がアホな議論で民社党に責任を追及している。

「お前らが何十年も危機管理を変えずにやってきた組織だろうが!」

メディアも「犯人探し」でいろんな憶測で国民の関心を高揚させるようなニュース番組で始まる。

私は、当初この事件(そもそも、そう言えることなのか?)が起きたときには政府の危機管理のずさんさが問題だと思っていましたが、今では日本国家・政府として正式に公開すべきだろう。一番大切なのは、国として凛とした態度で公開するべきだ。まだ遅くは無い。

「何故、このようなことが起きるのか!?利益を度外視して腹を割って会話をしなければ本当の国益は起きない!」

そのタイミングを逃がして国内で犯人探しをしているとロシアから、北朝鮮から、韓国からいろんな手段であの手この手のいやらしく悩ましい手が伸びてくるぞッ!!

(No.1,486)

2010/11/09

田子倉湖へ(3)

六十里越峠を過ぎると田子倉ダムまで10キロ少しで、湖畔の紅葉がカーブを曲がるたびに目に飛び込んできてその度にため息が出てしまいます。

Dscf3947

そして頂上付近が初冠雪が眩しい浅草岳(1585m)です。

Dscf3944

その湖畔に気になる建物が現れます。手前のプレハブは道路工事関係者の現場事務所だと分かるのですが、トイレに行きたくなった私は、その奥の斜めの屋根の建物がトイレだと思って入りました。

Dscf3955

しかし、その内部は小石の砂利が敷かれてあり、下に行くためのコンクリートの階段がつづいています。鉄筋の手すりは錆びていて少し薄暗く私一人しかいません。

「こんな所にト、トイレかい?」出るのも出なくなりそうな寂しい雰囲気…

しかし、そこはトイレではなくて…「へぇ~~、そうだったのかい!」

(No.1,485)

続きを読む "田子倉湖へ(3)" »

2010/11/08

田子倉湖へ(2)

いよいよ、福島県境のトンネルをぬけると「六十里越え」を迎えます。

国道252号線の福島県境付近過ぎると「六十里越え」といわれる、急勾配のカーブとスノーシエッドや照明の無いトンネルがいくつもある難所が待ち構えている。

(尚、付近一帯には気のきいた駐車場は、ほとんど御座いませんし売店やトイレなどはもってのほかです。急用のトイレの方は、携帯用を用意するか安全な広めの路肩などに止めて木陰で○○○しかありません。必死にガマンすることは安全運転上オススメできませんから事前に済ませておきましょう。そう、まさに現代人を拒むかのような秘境なのでしょうか?私の場合は、…男でよかったッ!sweat01sweat01`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!)

Dscf3922

県境を過ぎて10キロほど走り峠の頂上に着くと田子倉湖を展望でき、私は思わず「うう…、す、すげえ~ぇ~~!」;:゙;`(゚∀゚)`;:゙sign03

Dscf3927

Dscf3925

紅葉の盛りは過ぎて色褪せはじめてはいましたが、入り組んだ湖岸の色あいと蒼い湖面のコントラストにそれ以上の言葉もなくしばし見入ってしまいます。

Dscf3932

Dscf3933

脈打つような山肌と季節の移ろいの中で色褪せていく木々たちは、そこまで迫った白い世界におびえているのか?それとも早春に向けて静かな眠りに入るのだろうか?

そんな事に思い巡らせると私の時間など止まってしまう。

Dscf3928

展望台にある石碑には「会越の窓開く 六十里越峠開通記念碑  昭和四十八年九月 内閣総理大臣 田中角栄 」と記されていました。

その昔、先人達はどれほどの苦労の末にこの峠を越えて越後と会津を行き来したのだろうか。そんな事に思いを馳せながら田子倉ダムに向かいました。

その続きは、後ほど…ってことに!

そこには、「( ̄ロ ̄lll)sweat01!?」そんな驚愕な事が私を待ち構えているとは、その時は想像もできませんでした! ←オーバーなんだよッ!( ̄Д ̄;;sweat02sweat02

(No.1,484)

田子倉湖へ(1)

きのう(11月7日・日)、国道289・290・252号線を経て福島県只見町の田子倉湖へ行ってきました。

一人で、ぶらっと片道80キロほどの「惜しまれつつある紅葉」に染まりました。

Dscf3887

新潟県「道の駅・入広瀬」の鏡池です。越後もち豚の串焼きと、きのこ汁でスタミナを補給です。http://www.irihirose.jp/

ここを過ぎると、JR只見線沿いに福島県境の「六十里峠」にある田子倉湖まで標高を上げて行きます。

Dscf3888

大白川駅付近の只見川に架かる鉄橋には一日3~4本しか列車は通過しません。私のような世間モノは「通過する時を見たい!」と思いますが、地元の方にとっては不便なんだろう。

Dscf3901

たくさんのバイクのツーリング集団にも出会いましたが、たった一人のライダーはどこか一匹オオカミのようで男のロマンを感じるなぁ~

Dscf3904

日曜日ではありましたが、交通量は思ったほど多くは無くて広めの路肩に止めて勝手気ままに撮ることができました。

それにしても、いやぁ~綺麗だな~~

Dscf3908

Dscf3916

Dscf3917

いよいよ県境です。続きは、後ほどってことで…寝ます。

Dscf3921

(No.1,483)

2010/11/06

麺工房 翔

三条市西大崎の国道289号線沿い、三条自動車学校向かいの「麺工房 翔」に行きました。

以前は、「一品香」が入っていましたが閉店して数年経って新たに先月に開店しました。近年、飲食店などを開店しようとする時、初期投資を少なくしょうとする経営者も多く、閉店舗をそのまま利用したようです。

Dscf3679_2

自動販売機で食券を買って一人、小上がりに座りました。数人のカウンター席と小上がりの6人用卓が3卓あったと思います。

2~3分もたたないうちに 「味噌ラーメン」の出来上がりです。少し盛りの量が少なく感じましたが「麺工房」の看板を掲げているからには特化した自家製麺での勝負なのか…?

Dscf3677_2

しかし、それも私の期待が大きすぎたようです。スープの味噌の旨味も普通で、期待した麺も残念ながら細麺でコシ、喉越しもまだ研究の余地があるようです。

ただ、一つ特筆できるのは「ゴマ」がまぶしてあって香ばしさが残る一杯でした。

Dscf3678_2

半年後位にまた行きます。新規開店のお店は、これから顧客の意見や自らのますますの研究でこれからも美味くなるはずですから!

店の雰囲気・接客 ★★☆☆☆

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★☆☆☆

再来店度 ★★★☆☆

(No.1,482)

2010/11/04

県央社会人バドミントンリーグ戦 速報!

第26回県央社会人バドミントンリーグ戦の第5節が吉田総合体育館で行なわれました。

この終盤戦の時期になると、各部への昇格と降格、それとも残留かがとても気になる時期になりますね。11月28日の三条市総合体育館での最終戦では悔いの無い最高のパフォーマンスで臨みたいものです。

我がチームは2チームで構成されていて、一つは創設4年目で準優勝で昇格が決まり、私の所属するチームは、残念ながら成績が振るわず降格の危機に瀕していますが、最後の一戦に託したい気持ちです。

されは、さておき11月3日午後3時頃の本部発表の各部対戦成績です。画像上でクリックすると大きな画像になりなすので参考になれば幸です。

Dscf3711Dscf3712

Dscf3713 Dscf3714

Dscf3715 Dscf3716

Dscf3717

さて、我がチームの来年は楽しみながらどう戦えばいいのか…年々、歳は取るし、体力も右肩下がり…新戦力の補強は進んでいるのか???。議題は山のように積もっております。

そんな訳で、我が家で反省会をしました。美味い肉と美味い酒を飲めば妙案が浮かぶというものでしょう!     か??

Dscf3718_2

(No.1,481)

2010/11/02

燕市 喜楽亭

燕駅前の喜楽亭です。日中は営業しておらず、夜7時頃から営業しています。

Dscf3700

夜ともなれば、駅前とは名ばかりでタクシーが数台待機しているだけでひっそりとしています。それでもこの喜楽亭だけは、美味いラーメンを目当てにたどりつくラーメン好きや酔っ払いは後を絶ちません。

店内は、厨房に向かって奥につづく15人ほどのカウンターだけです。

さて、どれにするかな…?

Dscf3696

あの有名な「アラビキ ウインナーラーメン」にしようか…とも思いましたが連れのSさんのススメで「味噌カレーラーメン」にしました。

Dscf3695

かなり、ドカンッ!と来るその姿に最初はたじろぎましたが、カレーのいい香りの誘われて食欲がそそられました。

もやし、玉ネギ、ニンジン、ニラ、ニンニクなどがカレースープと背脂の中でガッツリ溶け込んでいます。

Dscf3697

これを、完食した翌日は、家族からの「アンタッ!昨夜、何食ったのッ!?」と、言われるほどニオイますからね~

(No.1,480)

2010/11/01

一泊旅行の計画

友人のSさん夫婦と4人でこの中旬に栃木県鬼怒川方面に一泊の計画をしました。例年よりも遅れている紅葉は見頃を迎えていての温泉は最高です。

そんな訳で、今日は近くの居酒屋でSさんと地図を広げてあれやこれやと、案を練りながらの一献でした。

Dscf3694

Dscf3693

磐越自動車道の新鶴スマートICで降りて、「大内宿」~「塔のへつり」などを見てから芦ノ牧温泉駅まえの、あの人気店のお店での昼食です。

そこから国道121号線を南下して栃木県鬼怒川温泉に行こうと計画しています。

翌日は、宇都宮で寄り道して日光から中禅寺湖を経て金精峠から関越自動車道・下り沼田ICから新潟に帰る予定ですが、わずかな一泊ですが「計画」そのものも楽しいものです。

(No.1,479)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック