2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

「子供の笑顔こそ希望の灯り」

私たち家族には、昨秋に嫁いだ娘と大学生の長男がいます。

         ありがたいことです。

子供たちがまだ幼い頃、共働きで家族の休日も顧みず会社詰めで日中の子育ては、ほとんど私の母に頼っていた。

そんな時、子供たちの待ちわびた笑顔や寝顔に、どれだけの癒しと明日への希望を感じた事か。子供を持つ親ならば感じられずにいられない一日の終わり。子を持つ親ならば、どれだけ勇気付けられたことだろう。

      今、思えば、ありがたいことです。

        そして明日から、新学期。

先の、震災で被災された地域でも不中ななか、卒業式が行なわれた。両親、家族、友達を亡くしながらでも悲しみを押して笑顔の子。思わず、泣きじゃくる子。

          なんとも、切なくなる。

それでも、復興に欠かせないのは「子供たちの笑顔」だ。

未来を繋ぐのは本当の「子供たちの笑顔」を取り戻すに他ならない。これ、絶対ッ!!

(No.1,586)

2011/03/30

もうちょっと。

Dscf5572

当地、燕市にも早咲きで知られる「河津桜」があります。五本ほどの成木の一本だけに数輪だけ、ほころび始めました。

「勝手に開花宣言!」には、もうちょっと、ですかね~

(No.1,585)

2011/03/28

ラーメン RaiRai

Dscf5565_3

燕市吉田東町のラーメン「らいらい」です。国道116号線の若生町交差点を燕市吉田総合体育館に向かってJR弥彦線踏切りを渡ったすぐ左側にあります。

カミサンと1時半ころ行きましたが10人ほどの待ち客で、その間にメニューを見て「何がうんめんだかや~」と思案しました。店員さんの明るい接客や外装や店内の雰囲気もオシャレで洋食屋さんを感じさせます。

店の中央には12人座れる大きなテーブル。左右には5人ほどのボックス席が4個と少人数用のテーブルが幾つかありその奥には小上がりまでありました。

10分ほどの待ち時間にトイレに(小)行くと、変な表現ですが、これまた綺麗な雰囲気のいいトイレでした。

私は、広東麺にし、カミサンは、もやしラーメン。

        広東麺(750円)です。

Dscf5562

なんとも、美しい艶のある姿にウットリしてしまいます。トロミのある鶏がらスープにタケノコ、白菜、ニンジン、ほうれん草、キクラゲ、豚肉がバランスよく入ります。

細かく刻まれたネギもシッカリと存在感があります。

ほど良いコシの麺が脇役か?と思えるほど完成度の高い広東麺でした。

Dscf5563

     もやしラーメン(680円)です。

Dscf5561

スープの基本は同じで鶏がらですね。もやしは柔らかめで「シャッキと派」の私には少し不満でしたが全体的には美味しかったです。Dscf5564

広東麺と、もやしラーメン、どちらもスープがシッカリした輪郭で、最後まで食べ飽きない素晴らしい一杯に出会えました。

店の雰囲気・接客 ★★★★☆ 

ラーメンの美味さ・価格・バランス ★★★★☆

再来店度 ★★★★★

(No.1,584)

2011/03/27

春を感じる一日

晴れていたので久しぶりに自転車に空気を入れて油を注して図書館まで乗りました。ペダルを漕ぎ、サドルに伝わる感覚がとても新鮮に感じます。

風は冷たかったですが、「春が来た」そう実感できます。何か、うれしく思います。

夕食は「ふきのとう」の天ぷらでした。塩をパッパとかけて揚げたてを頬張ると、柔らかい甘さと春の苦味がうれしいです。

Dscf5569

新潟県の週間天気に雪マークがありません。やっと春が来たんだと思う夕暮れです。

Dscf5567

(No.1,583)

2011/03/26

ラーメン 四杯ッ!

震災に関する記事が続きましたが、その間も有り難くラーメンを食する事ができました。(順不同)

燕市南町「まつや」の中華そば(600円)です。

コシの強い自家製麺と醤油煮干出汁、ほどよい背脂が浮くシンプルですが味わい深い一杯でオススメです。

Dscf5507

「さんぽう亭 燕店」のサンマー麺(598円)です。

モヤシ、キクラゲ、挽き肉などを胡麻油で炒めた旨味とトロミのある餡に麺が絡むボリュームのある一杯です。

Dscf5505

新潟市 「だるまや」(800円)の味噌ラーメンです。

思ったより濃い味噌味ではなかったですが、食べ終わったら腹がはち切れそうなてんこ盛りとボリュームでした。価格は高めですが質、量とも満足できますから、お腹を空かせて行くといいと思います。

Dscf5482

燕駅前「喜楽亭」(800円)の味噌ラーメンです。

市内の居酒屋で友人と飲んだ後の〆の一杯です。↑の「だるまや」の味噌ラーメンよりスープは白いですが旨味の濃さはこちらが濃厚です。ただ酔っていたので記憶はアテになりませんがね~

Dscf5550

   noodle明日は、さて、どこにするかねぇ~noodle

(No.1,582)

2011/03/25

「JUPITER」 ジュピター

最近、歌番組で平原綾香の「ジュピター」がながれます。

この曲を聴くと新潟県民は、2004年7月13日、河川決壊による新潟・福島豪雨水害、同年10月31日の中越地震と豪雪、2007年7月16日の中越沖地震とそれによる柏崎原発火災事故を思い出す。

幾度と度重なる自然災害に遭った被災者と同じ思いを抱く人々が生きる術と勇気とその力を求めてリクエストされた曲です。

そして、新潟県民は全国からの支援と応援を糧に復興できました。

(No.1,581)

2011/03/24

燕市長のブログ

当地、新潟県燕市では17日に福島県南相馬市から約200人の避難者の方々を受け入れたと聞きました。

燕市体育センターを中心に受け入れていると聞くが、なかなか避難生活の詳細がつかめず「支援物資・避難環境・情報・医療・メンタルケアなどで充分対応できているのか?」そんな不安な思いもあったが、燕市長のブログを読んでいると、それも少しは和らいだ。

かなり詳しく精力的に更新しているようで今の避難所状況が分かりやすいです。

燕市長のブログは、→http://suzukitsutomu.seesaa.net/archives/201103-4.html

身も心も傷ついた方々がこれから少しでも希望が持てるように、笑顔がもどるように、一日もはやく故郷にもどれるように微力ですが一緒に頑張りましょう!

「南相馬市の皆さんを心から応援します!」

(No.1,580)

2011/03/23

「必死に頑張っている人に頑張れ!と言わないでッ!」

先日、娘から言われました。( ̄◆ ̄;)

(No.1,579)

2011/03/22

万が一のために。

防災などには無関心だったが今回の震災を機にホームセンターの防災コーナーに行きました。やはり、停電時に使えるものを探しました。

Dscf5547

FM・AMラジオ・サイレンと携帯電話充電機能が付いた懐中電灯はよく目にしますが、ハンドルを回す事によって電池無しでも自家発電ができるところが気に入りました。

もう一つは、クルマ(DC12V)のシガライターから家庭用電源(AC100V)に変換できるインバーターです。在庫も少なく最大140Wまでの小さなモノですが携帯電話やデジカメのバッテリー充電に対応できそうです。

いつでも、スタンバイOKですが使わないにこした事はないですがね~

(No.1,578)

2011/03/20

道の駅「いいで」 味噌馬ラーメン

仙台市の帰路にラーメンが食べたくなったので国道113号線沿いの食堂を探すが、震災のための材料不足のために「営業中止」や時間制限での営業を余儀なくされていました。

「道の駅 いいで」は営業していたので寄りましたが、圧倒的な麺類メニューでした!

http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/yamagata/ya06.html

Dscf5523

「味噌馬ラーメン」700円です。(名称は、定かではありません)

Dscf5525

馬肉4枚が入った味噌ラーメンだと思えばいいです。ネギ、メンマのトッピングの他にゆで卵か生卵一個が無料でしたのでゆで卵にしました。

Dscf5526 コシのある縮れ麺も美味かったですが一番の興味は「馬肉」ですかね。

福島県の会津地方に行くと馬肉が普通に食されていますが、このラーメンの馬肉は、かなりの歯応えのある噛めば噛むほど味が出ます。

記憶に残る一杯になることは間違いありませんね!^^

(No.1,577)

とりあえず笑顔でした

きのう、仙台市青葉区の親戚に飲料水、ガソリンその他日用品を届けることができました。

皆、自宅の損壊も無く久しぶりに「笑顔」で会うことがこれほどうれしいとは…早速、ガソリンを近所の方も含めて分け合う事ができて喜んでもらいました。

しかし、電気は復旧したものの水道、ガスの復旧にはまだ時間がかかるとのこと。

テレビで報道されているように、街中のスーパーやガソリンスタンドには想像絶する長い行列がありました。

「海岸部の人たちから比べれば、まだまだ恵まれています」「日本中が支援しているから…これからも出来る事があったらいつでも…」

未曾有の厳しい生活が長く続きますが、できることから支援していきたいと思いながら帰路につきました。

尚、仙台市青葉区までの陸路を報告します。参考にできれば幸です。

日本海東北自動車道・荒川胎内IC→国道113号線→南陽市→山形自動車道・山形上山IC→山形JC→笹谷IC(そこから仙台方面通行止め)→国道○○号線(不明)→仙台市青葉区

道路の損壊、迂回路などは無く、片道5時間ほどでした。

私が通った、新潟県と山形県を結ぶ国道113号線では、物資を求める山形ナンバーのクルマ、東北地方へ物資を運ぶ新潟ナンバーのクルマが多く走っていました。

(No.1,576)

2011/03/18

今、私にできること…

我が家でも、少しは節電していると思いますが、どれだけ貢献しているかは分かりませんが東北電力の「計画停電」実施には歯止めがかかっていて、一度も実施にいたっていません。

コンビニのお釣りも、なるべく義捐金箱に入れています。(100円未満ッ!)

              ( ̄○ ̄;)!sweat01

      明日の未明に仙台市に向かいます。

飲料水60ℓ、ガソリン40ℓ(指定の携行缶詰)、その他、日用消耗品を積めるだけ積みました。

親戚や隣り御近所に少しでも役立てばと思っています。(*゚ー゚*)heart04

支援物資の流通経路確保が整いつつあるようですが、僅かでもそれまでの「つなぎ」にはれば、うれしいです。

(No.1,575)

2011/03/17

千葉県から気仙沼へ

仕事帰りに親しいガソリンスタンドでお茶を飲んでいると千葉ナンバーのワゴン車入ってきました。所長曰く「震災後、関東や東北地方のお客が増えたよなぁ~」

そのクルマのバックドアーを開けると、多種の日用品や灯油タンクやガソリン携行タンクが所狭しと積み込まれていました。

Dscf5512

各所で日用品を買い求めながら三条燕インターで降りて、ようやくガソリンを満タンにできたようです。

目的地の気仙沼市には実家があり震災直後に無事の連絡があったがその後は、音信不通で、いても断ってもいられずに気仙沼に向かうという。

「無事に着いて。実家が元気でいればいいね!」

「千葉に帰るとき、また寄ります」

磨り減ったスタッドレスタイヤが心もとないが、無事を祈るほかないです。気仙沼市に着くのは、明日の明け方だろうか…

(No.1,574)

2011/03/15

「備え」

明日から新潟県を含む山形県・秋田県・青森県の日本海側が東北電力の計画停電が三日間、行なわれます。

詳しくは、こちらでご確認ください。http://www.tohoku-epco.co.jp/information/1182377_821.html

当地、燕市や三条市では午後からの操業になります。

皆さんは、今回の大震災でどんな「備え」をしているでしょうか?我が家では、先週末に2台のクルマをガソリン満タンにして単1、単3乾電池を買いました。

今日は、仕事帰りにホームセンターでティシュボックス、トイレットペーパーを買いましたが、一番の目当ての「石油ストーブ」と「カセットガス」が皆無でした。

親しいガソリンスタンドの所長に無理を言って問屋から東北地方向けの一台を譲ってもらう事に成功ッ!この貴重な一台は、生活必需品といっしょに仙台市内の親戚に週末に運ぶ予定です。

(No.1,573)

2011/03/13

無事を伝える電話

東日本大震災の映像を連日見るたびに我が家は、大きな不安に襲われていました。

それは、去年の秋に嫁いだ旦那の実家が仙台市にあるからだ。もちろん電話もメールも繋がらないのが安否の不安にいっそう拍車をかける。

今夜、夕食時に私の携帯に仙台市に出張中の娘の旦那から電話がありました。

それを要約すると、地震直後、勤務先近くの仙台空港に津波が押寄せてその施設内で一晩夜を明かして翌日にボートで救出されて片道20キロ以上を徒歩で仙台市青葉区にある実家に辿り着いたという。

「もう、これで死ぬかと思いました。滑走路や飛行機が、街が、クルマが、津波に飲み込まれていくのを目の当たりに見てすごいショックを受けた。これが現実なんだ!」

ただ、無事である事の連絡のすべが無く今日に至ったようだ。

しかし、仙台市内の実家に被害は無かったようだが、ライフラインはすべて断たれていて辛く寒い夜を余儀なくされているようです。

その無事である声を聞いているうちに目頭が熱くなり最後は、「よかった。よかった。ご両親に宜しく頑張ってくれと伝えてくれ」というのが精一杯だった。

(No.1,572)

「希望の朝になりますように」

         二日目の朝がきた。

Dscf5494

この度の巨大地震、大津波に遭われた方々には、こころよりお見舞い申し上げます。

また被災地に親戚、知人、友人のいらっしゃる方々にも、こころよりお見舞い申し上げます。

Dscf5496

      映像を見ると、もう言葉もでません。

一日も早いご復興を、こころよりお祈り申し上げます。

  (今朝6時20分ころ新潟県燕市・中之口川堤防より)

(No.1,571)

2011/03/09

だるまや 竹尾店

新潟市竹尾インター近く、パチンコ玉三郎竹尾店の隣りです。

新潟市に行くと、だいたい「吉相」か「だるまや」の背脂の入ったラーメンです。

3月6日、夕方5時半過ぎに入店した時は、お客は数人でしたが6時になるとドカドカと増えて待ちができるほどになります。いろんな競争店ができる激戦区ですが根強いファンも多いのですね。

「だるまラーメン」630円+ミニチャーハン200円のセットにしました。

Dscf5483

スープをすすれば、これほどまで煮干などの旨味を引き出しているお店もそう多くは無いと思います。(私が、知らないほうが正解かも…)

薄くスライスされた大きめチャーシュー2枚、万能ネギ、ほどよく盛られたモヤシです。

Dscf5484 ほど良いコシの麺と、サッと炒めたモヤシの食感は相反するが、表現を変えれば相性がいいということにつながるのです。

私の好みから言えば、もう少し太い麺ならば、背脂との絡みも最高と思うのだが…

オイラだけかな??

(No.1,570)

2011/03/07

村上 町屋の吊るし鮭

おしゃぎり会館から徒歩10分ほどで昔の風情を残す町屋です。

今でも当時のままの軒に村上堆朱、村上茶、銘菓、地酒、漬物屋、染物屋、鮮魚店、カフェ店など村上市自慢の味と技のお店が軒を連ねています。眺めているだけでもその世界に引き込まれてしまいそうです。

軒下に吊るされた鮭も村上特有の風情ですね。

Dscf5478

「味匠 喜っ川」さんの店内を拝見させていただきました。http://murakamisake.com/

JR東日本のポスターでは「吉永小百合」さんが…。いっしょに旅してみたいなぁ~~

Dscf5481

Dscf5476

先祖代々、受け継がれてきた雛壇にため息が漏れ、その奥の土間に吊るされた数百の吊るされた鮭に思わず歓声がでました。

  「うぇ~ッ!すご~~ッッ!!」

Dscf5473

村上の鮭について、ガイドさんの説明がありました。そこには、な~るほど!と思う解説は後ほど投稿します。                        

(No.1,569)

2011/03/06

県北の城下町 村上を散策

新潟県、最北の市である村上市は日本海に面し、村上藩の城下町と栄え、現在でも武家や商人町の面影を色濃く残しています。

しかしながら、県北部の地域は馴染みが薄くて行く機会も無かったですが、日東道(日本海東北自動車道)が無料といことで少ない時間ですが散策してきました。

3月1日~4月3日まで「第12回 城下町村上 町屋の人形さま巡り」が開催されていて多くの観光客が楽しんでいました。詳しくは、http://www.sake3.com/contents1690.html

          「おしゃぎり会館」

Dscf5461

「おしゃぎり」とは、村上大祭の祭りに曳き回される19台の山車のことを呼び、ここでは常時3台展示されています。

2階では「城下町村上に伝わるひな人形展」が開催されていてどちらも見応え充分でした。http://www.sake3.com/information1695.html

Dscf5462

Dscf5468

Dscf5467_2

Dscf5471_3

ガラス越しに見入った、村上藩主 内藤家に伝わる大名雛です。とても保存状態も良好で時代を超えても温厚で豊かな表情に癒されます。

その他にも、伝統の雛人形が多数展示されていて必見ですよ~^^

(No.1,5789)

2011/03/05

お好み焼き「たぬき」

NHKの「てっぱん」を母やカミサンは、よく見ています。そのなかで、よくお好み焼きを食べるシーンが出てくると母は、「うんめそげらの~?今度、食わせに連れて行けや~」

そんなわけで知人に聞くと加茂市で二十数年前からやっている「たぬき」という店を教えてくれました。

Dscf5432国道403号線、加茂市街地の幸町一の交差点すこし手前右側にある小さなお店です。

店内は、10人ほどのカウンター席。

小上がりには4人用のテーブルが4卓ありそれぞれに大きな鉄板が備わっています。

その小上がりには、8人ほどの中年のオバサンたちが井戸端会議の真っ最中でにぎやかでした。

Dscf5421

このメニューを見ると、夜は居酒屋にもなるようです。

「えッ?自分で焼くんですか?」

「そう、楽しみながらご自分で焼いてくださいね~」

気さくな女将さんは、クスッと微笑んでそういいました。Dscf5425

ミックス(630円)と、ほたて(580円)は、カップに入ってきて玉子と具材をよくかき混ぜて熱くなった鉄板で焼きます。

恥ずかしいのですが、「お好み焼屋」というのは初めてで、いろいろ話をしながら焼くのって楽しいですね~

Dscf5428

ソースの焦げるにおいがすると、お腹が「ぐぅぅ~~」

テレビで見るような美味そうな丸い形とは縁遠いが、楽しみながら食べる事ができました。

母は、ことのほか喜んでくれました。

私のは、どう見ても不恰好でトンカツか栃尾のジャンボ油揚げに見えますね~^^

Dscf5431

本場、大阪や広島の「お好み焼き」は、これより美味いんだろうなぁ~

(No.1,567)

2011/03/04

燕駅前 喜楽亭 

燕駅前の喜楽亭は平日と土曜日の夕方5時ころから深夜2時まで営業しているヨッパライご用達のラーメンと地酒のお店です。(日曜日、休日です)

Dscf5169

店内は、鰻の寝床のように15人ほどのカウンターだけが店の奥までつづいています。その日も何処かで呑んだ後の〆の一杯を求めて店内は賑やかです。

とんこつラーメン(700円)です。

Dscf5167

豚のゲンコツといわれる膝関節をじっくDscf5168り煮込んだスープを白根ポークの豚バラで味を調えた白濁したスープです。かなり濃厚な味ですからビールのピッチも上がります…beerbeerbeer

湯気で雲った画像も臨場感があっていいかもッ!?

モヤシ、メンマ、玉ネギ、チャーシューが入り、紅しょうがと白ゴマで豚骨特有の臭みを消していています。

自家製麺は、少し硬めですが半分くらい食べ終わる頃には丁度いい具合になるのも計算尽くめなのでしょうか。

(No.1,566)

2011/03/02

新潟の地酒と金目鯛

伊豆下田で買った金目鯛、少し小さめだが最後の一枚を焼いていただいた。

炙った金目鯛、煮付け、唐揚げ、そして刺身も初めて口にしましたが焼いた金目鯛も美味い。

Dscf5401

「菊水 純米酒」は、燗にすればふくよかな旨味が広がり、冷やでもキレのよい飲み口で和食の食材を引き立てます。

今日は、寒のもどりの寒さで熱燗でいただきました。

骨離れがよく、白身ではありますが、脂の乗りと癖の無い甘い身の美味さは焼くことによってまた深まるようです。

ムラムラ…と、旅の羅針盤が冬の伊豆への想いを呼び戻すんだよねぇ~^^

(No.1,565)

2011/03/01

ら~めん土佐屋 堀の内店

Dscf5186

「永林寺」の帰りに魚沼市(旧堀の内町)のら~めん土佐屋に行きました。川口町の「むつみ」にしようか迷ったのですが腹が空きすぎてガマンできずに近くの土佐屋にしたのです。

お昼の2時近くですが数人の待ちです。店内に自動販売機がありますが、個人的にはあまり好きではありません。やっぱり「いらっしゃいませ~。ご注文は何にしましょうか?」がいいんだよね~

4人用テーブルが4卓。小上がりが2卓。5人ほどのカウンターからは何故か厨房と透明な塩ビで仕切られています。油が飛び散らないための配慮かと思いました。

背脂ラーメン(700円だったかと思います…)

Dscf5183

Dscf5185 煮干しの効いた醤油ベースと背脂は美味いのだが、何故か?何処か?もの足りないんだなぁ~

確か、ブログで何年か前に記事にしたことを思い出して確認してみると…

青野菜が無い。モヤシが無い。メンマが極端に少ない。その代わりか?ゆで卵半割りが入っているがパサパサしていて微妙に合わない。それでいて価格は、変わらない。

↓の2008年10月4日投稿の記事の画像を見比べると、「こりゃ、ね~よなぁ~!」って感じです。

Cimg5108

時代は変わり、競争も激しくなってコスト面でどうヤリクリするかが生き残りの一手段ではありますが…せめて価格を上げても内容は変えないで欲しいと思う一杯でした。

(この記事は、私の主観が大いに入っておりますのでご了承ください)

(No.1,564)

雪の中の「永林寺」

2月の初めの休日は、朝から晴れていて以前から興味があった魚沼市にある「永林寺」に行きました。

そう、新潟県では5年ぶりの大雪になり山沿いの多いところでは4メートル超の積雪があった地域だ。

数日前から気温が上がって国道17号線や道路には雪が無かったのだが、道路わきには、うず高く除雪された雪が積み上げられていました。

Dscf4946

魚野川に掛かる橋からは名峰 八海山が望める晴天でしたが永林寺に向かう集落は、息も詰まるほどの積雪…。生活に大変な障害が起きてるんだろうに。この地域の方は、本当に強いんだ。

Dscf4943

Dscf4942

カーブミラーだけが、雪の山からぽっかりと顔を出している。恐ろしいほどの雪の量がお分かりでしょう。

Dscf5408 「永林寺」には幕末の名匠、石川雲蝶が十三年の歳月わたってこの寺に滞在して掘り上げた彫工や絵画が百余点も残されています。http://www.eirinji.jp/?page_id=68

雲蝶の作品は、総じて彫が深く色彩が鮮やかなのが特徴で本堂や欄間にその作品を見ることができます。

誰もが、その繊細で尚且つ迫力のある彫刻にこころ打たれるに違いありません。

酒好きでものぐさな性格の雲蝶も、ひとたび気が乗れば彫りの鬼。

躍動感あふれる作品は構図の豊富さ、表情の多彩さなど卓越した技量を伺わせます。

(パンフレットを編集、引用。尚、本堂内、撮影禁止です)

Dscf5187

本堂正面からは入れずに隣にある自宅から通路を通って本堂に入ります。この雪が溶けるのは4月頃なんだろうか?

(No.1,563)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック