2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 「希望の朝になりますように」 | トップページ | 「備え」 »

2011/03/13

無事を伝える電話

東日本大震災の映像を連日見るたびに我が家は、大きな不安に襲われていました。

それは、去年の秋に嫁いだ旦那の実家が仙台市にあるからだ。もちろん電話もメールも繋がらないのが安否の不安にいっそう拍車をかける。

今夜、夕食時に私の携帯に仙台市に出張中の娘の旦那から電話がありました。

それを要約すると、地震直後、勤務先近くの仙台空港に津波が押寄せてその施設内で一晩夜を明かして翌日にボートで救出されて片道20キロ以上を徒歩で仙台市青葉区にある実家に辿り着いたという。

「もう、これで死ぬかと思いました。滑走路や飛行機が、街が、クルマが、津波に飲み込まれていくのを目の当たりに見てすごいショックを受けた。これが現実なんだ!」

ただ、無事である事の連絡のすべが無く今日に至ったようだ。

しかし、仙台市内の実家に被害は無かったようだが、ライフラインはすべて断たれていて辛く寒い夜を余儀なくされているようです。

その無事である声を聞いているうちに目頭が熱くなり最後は、「よかった。よかった。ご両親に宜しく頑張ってくれと伝えてくれ」というのが精一杯だった。

(No.1,572)

« 「希望の朝になりますように」 | トップページ | 「備え」 »

家族」カテゴリの記事

コメント

本当にご無事でよかったです。

お久しぶりです。
ご無事で何よりでしたね。

もう一つ朗報ですhappy02
drama様ぁは生きていましたよshine
先ほどmobilephoneで声を聞きました。
天国ではないですsmile

なによりの朗報でしたね。

よかった。よかった。ほんとうによかった。

ありがとうございます。
ただ、他の方の安否を思うと…複雑な気持ちです。

ありがとうございます。
そして、drama様ぁの貴重な生存情報ありがとうございます!^^

よ、よかったですね。

ありがとうございます。
少しでも、支援ができればと…計画中です。

ありがとうございます。
また、処計画の自粛にはご迷惑をお掛けしました。
今後とも、宜しくお願いします。

瓜亀仙人様のところからやってきました。男爵様生きてます・・・・嬉しいお言葉、ももりさんからも宜しくとお伝えくださいませ。本当に大変な災害・くれぐれもお力落としのないように・・

わが村はまだ携帯は使用不能ですが、電気・水道は復旧しました。
ただ、放射能汚染が心配され「外出自粛令」が村内に出され、幼稚園、小学校、中学校はすべて今週いっぱい臨時休みになっています。

ありがとうございます。
本当によかったです。

ありがとうございます。
ブログを通じて安否確認ができてよかったです!

放射能汚染が恐怖の長引く大きな問題になりましたね。
一日も早い終息を願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/51111905

この記事へのトラックバック一覧です: 無事を伝える電話:

« 「希望の朝になりますように」 | トップページ | 「備え」 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック