2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/31

開けてびっくり!仙台牛!!

仙台牛…聞いた事あるけど食った事無い。それより、あんまり見たこと無い。

そんな我が家に仙台市の親戚から「仙台牛」が届けられました。shineキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!shine

Dscf6358

厚肉で、なんとも美しい霜降りではありませんか。どうやって食う?家族で顔を見合わせるが、やっぱりステーキだろう。とりあえず二枚は冷凍して明日にでもレアでいきますかね~( ^ω^)おっおっおっ 

これを機会に「仙台牛」を調べてみました。

全国で唯一、肉質等級が最高の「5」に格付けされないと呼称が許されない超高級ブランド牛肉だという。

その他にも品種が黒毛和牛、生産技術では、宮城県で飼育管理される、血統などいくつもの厳しい管理で飼育されるなどなど。

それ以上は、私には難しすぎてチンプンカンプンなのである。

(No.1,616)

2011/05/29

雨の「いい湯らてい」にて

五月最後の日曜日は、台風2号と前線の影響で一日中雨、雨、雨。

カミサンの実家の母を誘って日帰り温泉「いい湯らてい」に行きました。http://www.iiyuratei.com/

Dscf6344

露天風呂からは新緑の景勝・八木鼻は雨に煙り五百川のせせらぎが耳に心地よい。

Dscf6337

温泉+生中二杯+地元蕎麦は最強のトリオですね~

            「追伸」

食後、眠くなったが横に寝れる場所がなくテレビの前だけが空いていたのでそこで、いつの間にかウトウト…

どれくらい寝ただろうか、テレビからファンファーレの音。「ああ、今日は競馬のダービーだったな~」起き上がると、周りには大勢の客がテレビの前に集まってレースの行方を見守っている。

その前で、私は先ほどまでイビキをかいていたかと思うと、超恥ずかしかった!~(°°;)))オロオロ(((;°°)~sweat02sweat02

(No.1,615)

2011/05/27

歩いて三分、さんぽう亭

田んぼのカエルがゲコゲコ~っと鳴いてる道をサンダル引っ掛けて歩いて三分、「さんぽう亭」です。

節電のため看板の照明や駐車場の照明は消されています。一見、時間短縮で閉店か…?夜間の照明等の節電は当たり前のようになっていますが、店内には、金曜日の夜とあって20人ほどのお客で賑わっていました。

「野菜たっぷりネギ辛味噌らーめん」です。

キャベツ、白髭ネギ、万能ネギ、もやし、キクラゲ、そして存在感のある半熟玉子が濃厚辛味噌スープの中で、上で、鎮座しております。

Dscf6162

Dscf6164 インパクトのある面構えと、それを裏切らない麺のコシ、シャキッと炒めた野菜は、私を黙々とその一杯の世界に引きずりこんでいきました。

美味いけど、辛~~い。

帰り道の涼しい風が気持ちよかったです。(^-^;sweat01

(No.1,614)

2011/05/23

馬曲温泉と名物そば

戸隠の帰路は北信濃の国道117号線を走ることにしました。dashdashもちろん日帰り温泉施設spaに寄っての昼食は「蕎麦」flairと決めていました。

野沢温泉もいいが、いつだったか雑誌で見た「馬曲(まぐせおんせん)温泉 望郷の湯」の露天風呂からの眺めに憧れていたんだな~。http://www.maguseonsen.jp/

Dscf6321ここの蕎麦は、 木島平村有機の里で育った「地元産のそば粉」を使い、内山地区の「龍興寺清水」、蕎麦のつなぎには「雄山火口」(おやまぼくち)を使った手打ちそばです。

素朴な味わいですが、思ったよりコシがあり美味しくいただきました。

これこそ、蕎麦の王道だぁぁ~!!

内風呂は、ほのかに薫る桧風呂。

お目当ての露天風呂「望郷の湯」からは眼下に木島平の集落と北信濃の山々が新緑に包まれていました。

Dscf6322

自称、spa露天風呂愛好家spaには開放感たっぷりのいい湯でした!^^

(No.1,613)

2011/05/22

静かな湖面~戸隠・鏡池~

一昨年まえの秋に訪れた「戸隠・鏡池」の春は、やわらかい緑に包まれていました。

8時頃の奥社参道前の無料駐車場(100台)は数台の開きがあります。やはり、目的地には朝の時間帯に着くようにしています。

隋神門を直進で戸隠奥社、左に進むと鏡池です。

Dscf6317

何故か、若い人は戸隠奥社に進み、私のような中年組は鏡池方面に行くようです。

何故?知らね~

Dscf6310

Dscf6305

Dscf6313

水芭蕉と愛らしい草花は木道を挟んで今が盛りと咲き誇っています。

コツコツと木道を歩く音が心地いいです。

Dscf6300

Dscf6295

風は止まり、険しい戸隠連山を鏡池は映します。

いくつもの遊歩道がとてもよく整備され歩きやすく約3時間ほどの気持ちのいいウォーキングでした。

2009年10月14日の戸隠連山を映す鏡池です。

Cimg9301

Cimg9299

      秋も、スンバラシイ~ですね~

(No.1,612)

「リピーター」

リピーターとは、よく聞く言葉ですが、同じ事を繰り返す、同じ商品や店舗などや美味いラーメン屋を再度訪れる、旅行などで同じ場所に再度訪れる人などをいう事だ。

いうなれば「お気に入り」とういことだろう。

ここ最近、休日となれば日帰りを含めて「うずうず」して新潟県内や、隣県に出向いています。

「次の休日、〇〇に行くか?」

「え?また?そこって秋に行ったでしょ。そこだったら、まだ行ったことが無い〇〇がいい」

「そこは、秋もいいが新緑の時期もいいんだてば」

同じ場所でも四季折々に趣きや美しさが新鮮に感じられますよね。

       やっぱり、よかったです。

Dscf6308

                  リュウキンカとミズバショウ

(No.1,611)

2011/05/19

大むら支店ってどう行くの?

当地燕市、路地裏の名店「大むら支店」は根強いファンが多いですが、はじめての方にとっては道が分からなく迷店のようです。

いろんなサイトを見てもラーメン画像と地図は載っていても実際の道順が少ないようです。

そこで、猿でも行ける「大むら支店」への道です。(私の場合です)

国道289号線並木通り交差点を右折(分水 八王子方面)します。左に燕郵便局。歩道橋があります。

Dscf6248

300メートルほどで「ふじみや」さんの看板を左折します。ここの笹団子や赤飯は美味しいです。

Dscf6250

道なりに進みますが、狭い入り江のように道幅が極端に狭くなり塀や電柱にはコスッた跡があります。この交差点を直進してすぐ左に店舗がありますがこの地点からは見えません。

Dscf6251

朝6時前でしたのであたりは静かです。駐車場は5台ほどあります。

Dscf6252

Dscf5736

中華そば(600円)です。背脂普通。

Dscf5737_2カウンター10席ほどの小さな店です。

無骨なちょっと強面な店主とは逆に、まろやかな路地裏の名店にふさわしいシンプルな一杯でした。

住宅地の奥深くにあるまさに奥深い味わいでした!!

(No.1,610)

2011/05/16

喜多方ちょっくら蔵めぐり

「あべ食堂」さんで遅めの朝ラー(朝からラーメン食べる事)したあとお昼までの2時間ほど蔵めぐりをしました。

市内中心部を走る国道459号線沿いのスーパー駐車場にクルマを止めます。当時のままの蔵が点在し、ラーメン店・陶器店・お茶屋・園芸店・喫茶店・染物屋が雰囲気よく軒をならべます。

市役所通りと中央通り交差点付近の「若喜商店レンガ蔵」です。

Dscf6220

Dscf6221

市内で最初のこのレンガ蔵は、当時では珍しい2階バルコニーがあり、贅を尽くした「縞柿の間」は必見です。(無料)

田付川にかかる月見橋を渡って南町にある「おたづき蔵通り」もオススメです。

享保二年(1717)創業の小原酒造さんです。

評判の銘柄に「蔵粋」があります。「もろみ」の時にクラシックを聴かせながら発酵させることから「蔵粋」→「くらしっく」と読みます。特にモーツァルトがいいようで…^^

うまいこと考えるなぁ~

Dscf6216

Dscf6217

Dscf6218

そんな訳で、4合ビンを買い求めました。

お向かいの金忠(味噌・醤油醸造元)さんは、喫茶も併設してあり休憩にもオススメです。

んでもって、小さな醤油を買い求めました。

Dscf6215

(No.1,609)

2011/05/14

喜多方「あべ食堂」と「まこと食堂」

朝、9時半頃にnoodle「あべ食堂」noodle。それから市内の蔵めぐりをして、お昼時にnoodle「まこと食堂」noodleをハシゴしてきました。

「あべ食堂」中華そば (600円)です。

引き戸を開けると左側にテーブル席と小上がりがありますが、その脇奥の蔵でいただきました。

Dscf6211 地元らしい若い男性数人、作業服姿の中年男性、若いカップルが一組だけで店内にはすぐに入ることができました。

女将さんらしき方はとても愛想がよく笑顔での対応が好印象でした。

すこし薄暗い蔵の中は、ひんやりしていましたが喜多方らしくて雰囲気よかったです。good

Dscf6208

Dscf6209

それから、市内の蔵めぐりを2時間ほど歩いたので腹も減りました。蔵めぐりは、後日載せますね。ヘ(゚∀゚ヘ)sweat01アヒャ

「まこと食堂」 中華そば(600円)です。

Dscf6230_2 お昼時だったので店外には10人ほどの待ち客です。

以前、行った時は朝から100人?の行列だった記憶があります。

テーブル席が満員だったので大広間の座敷の合席でした。

「あべ食堂」さんのスープよりコッテリ感があり旨味も強く感じです。good

Dscf6226

Dscf6227

喜多方ラーメンは、平打ち熟成多過加水麺と呼ばれる太麺は独特のコシと縮れがるのが特徴で、やわらかいバラ肉、メンマ、ネギと実にシンプルです。

スープは豚骨と魚介類、地元野菜からの三位一体となる美味さは、喉を流れるときにジワ~ッと湧き上がります。

      その時、「う、うまい…」

シンプルがゆえに、ごまかしの効かない一杯なのですね。

喜多方では、どちらのお店も超人気店で(他にもたくさんのお店があります)土日ともなれば朝から長い行列ができ、お昼までに2店を食する事は至難の業です。

では、何故?いとも簡単にできるのか…?

      「風評被害」なのです。

これは、明らかに何の根拠のない人災なのです。

喜多方市内は震災による被害はほとんどなかったといいます。放射能による土壌も空気も水も野菜もきれいなまま。

ラーメン店員さんも、観光案内所のおじさん、味噌屋さん、醤油屋さん、酒屋さん、みんな嘆いています。

4月は、まったくの団体観光客は来なく、GWに個人客は持ち直したようだがそれが過ぎれば、また…安心なんだけど人が来ないと…

考えを変えれば今こそ、「喜多方ラーメン」を行きたいお店で何杯でも食べれますよ~!!さて、次回は、どこのお店に行こうかなぁ~

(No.1,608)

2011/05/12

東北で浸かった温泉

今回の旅行の宿泊は、二泊とも朝食付の一人5000円台の青森・秋田市内のシティーホテルです。朝食はバイキングでしたが思ったより食材豊富でメニューに不満はなかったです。

夕食は、市内の繁華街に出て「ここにすっか?いや~あの店が美味そう…」と言いながら地元の店を探すのもおもしろい。

しかし、地元の温泉となると日帰り入浴ができる施設になってしまうが、それを探すのも旅の楽しみだ。

spa青森県「酸ヶ湯温泉」・秋田県「新矢立温泉」・山形県「銀山温泉」spaに浸かってきました。

Dscf6059

周囲は1メートルほどの積雪があり、春まだ浅しを感じます。バイクツーリングやスキー客も多かったです。

Dscf6051

「酸ヶ湯温泉」は八甲田山の麓に三百年続く乳白色の総ヒバ造りの「千人風呂」(混浴)が有名なspa硫黄ぷんぷんの温泉spaです。http://www.sukayu.jp/

男女別の「玉の湯」もありますが、なんと言っても昔ながらの「千人風呂」(混浴)ですな~

ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

秋田県「新矢立温泉」は、道の駅を併設した東北自動車道・碇ヶ関ICを秋田県に入ってすぐです。http://www.yumeguri.com/tabi/0908/shinyatate.html

鉄分が多いためか内風呂や秋田杉で造った露天風呂も薄茶色の湯。タオルも変色するため注意したほうがいいかも。

山形県「銀山温泉」は国道13号線、尾花沢市から20分ほどの山間に佇む温泉街。http://www.ginzanonsen.jp/

Dscf6160

老舗の大御所「能登屋旅館」は改修工事のため7月までお休みのようでシートで覆われていました。

Dscf6150_2

共同浴場「かじかの湯」には、一瞬、固まったッ!一畳半ほどの脱衣場には鍵はおろか、扉もない小さなロッカーがある。

ちょうど先の入浴客と入れ替わったので私一人での掛け流し天国でした。

Dscf6156

かなり、温泉マニアには受けそうだが、記憶に残る温泉であることは間違いなさそうです。

(No.1,607)

2011/05/11

♪帰ろかな~帰るのよそうかなぁ~♪

遊んでいるときの三日間など、あっという間に過ぎてゆくもの。それだけ楽しかったというものか?ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

憧れの秋田県角館の枝垂れ桜に染まる武家屋敷通りを見てから帰路に着く予定にしました。

Dscf6107

およそ350年前に迎えた姫の嫁入り道具の中にあった三本の桜の苗木が原点とされる。まさに「東北の小京都」にふさわしい景観が多くの人々を魅了します。

Dscf6130

黒板塀と桜は、やっぱり似合いますね~

Dscf6118

Dscf6134

試食を、したが…イマイチ。

Dscf6121

試飲をしたら…ウンメぇ~

Dscf6126

国の名勝 桧木内川堤のソメイヨシノは、五分咲だが人々は集い、和み、癒されていました。やっぱり桜は、日本人のこころですなぁ~

Dscf6144

Dscf6146

比内地鶏や胡麻ソフトクリーム、名物せんべい食ったら腹いっぺぇ~

人出のピークを避けて午後に一路国道13号線をのんびり南下、山形県鶴岡市から日本海側に沿って無事に帰宅しました。

「帰りたくね~な~。もうすこし、遊んでいたいな~。明日からまた仕事が待っている…」

       それでも「帰る家」があること。

当たり前のことだから、今まで気にもしなかったが今、多くの東北の方々が苦しんでいる。

二ヶ月が経ち、改めて自分にできる事、細く長くできることを続けていきたいと思います。

(No.1,606)

2011/05/10

第27回県央社会人バドミントンリーグ戦    第一節日程発表

いよいよ5月22日(日)に燕市民体育館と中アリーナを会場とする「第一節」の日程が発表されました。

手書きで見にくい部分もあるかと思いますがご了承下さい。(クリックで拡大できます)

Dscf6171

Dscf6172

大会初日の燕会場では比較的、怪我をする方が多いようです。ハッスルする気持ちは分かりますが、ウオーミングアップを充分して一日を楽しみたいものです。

勝っても負けてもいい汗かいたあとは、自分へのご褒美が待っていますsign03 beerbeerbeer

(No.1,605)

2011/05/09

「津軽海峡亭」は超○○○だったッ!^^

Dscf6102

何も調べずに飛び込んだ「津軽海峡亭」です。意外と、店構えは別として、こういうお店は得てして「安くて美味い店」が多いのも今までの経験から察し得ます。

さて、吉と出るか、それとも…凶か?

店内は、大きな座卓が五卓あるがお客は、家族連れの5人ほど。メニューは、地元の海鮮素材の丼物がメインのため昼食にしては値が張る感じはしたが、ここは龍飛崎から飛び込む気持ちで「二色丼」と「海峡丼」です。

私の、「二色丼」は龍飛崎のマグロとウニのガッツリ~^^

Dscf6098

Dscf6099

         も、もうたまんねぇ~

Dscf6101_2 

noteウニは~美味いな~でっかいなぁ~note

カミサンは、一番人気らしい「海峡丼」です

Dscf6100

マグロ、ウニの他に甘エビ、帆立、平目、鯛、イクラなどなど…

やっぱり、オイラの目には、狂いは無かった!?「津軽海峡亭」は、◎だったッ!!

(No.1,604)

2011/05/08

津軽半島 龍飛崎へ

5月4日は、少し早起きをして青森港を散策。

桟橋からの眺めを楽しみました。

空気は澄み渡り爽やかな朝です。

Dscf6082_2

ピラミッド形の「観光物産館アスパム」、「青森ベイブリッジ」、茶色の建物が「ねぶたの家 ワ・ラッセ」、青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」が青い海と空の間に浮かんで見えました。

津軽半島 龍飛崎まで1時間半ほど。小さな入り江には肩を寄せ合うように漁村が点在しています。そこを縫うように海岸線を北上します。

Dscf6084

途中、雲行きが怪しくなり横殴りの雷雨。「どうする?引き返すか…」「ここまで来て何言ってんだて!」「あらぁ~~。そう、すっか…(u_u。)sweat02

龍飛崎に着いても雨は止まず辺りはガスって視界は最悪…おまけに、寒い~

お昼まで時間があったので「青函トンネル記念館」を見学することにしました。http://seikan-tunnel-museum.com/

Dscf6085

海面下140メートルの細長い坑道でのガイドさんの説明はよく聞き取れず、1300円は高いよなぁ~

      地上に戻ると…晴れていた!

それでも、北端の風は強く下北半島や北海道は見ることはできなかった。

Dscf6096_2ご存知の方もいると思いますが、この地には全国でもここにしかない「階段国道」 があります。

◆階段国道概要
全 長:388.2m 段 数:362段 標高差:約70m

確かに、そのまんまの階段だけの国道が存在しますが、何故?そんな疑問がわきますが明確な答えになるサイトは見つかりません。

まあ、そんなことはどーでもいいし、腹が減ったので漁場近くでお昼にしました。

Dscf6097

お昼は、画像奥の岩場近くの食堂です。

(No.1,603)

2011/05/07

青森県のパワーは、すごかったッ!

2日の夜から夜通しで東北道を北へ向かう。

物資を運ぶ大型トラックや乗用車が隙間もなく走行のため郡山JCからの合流は、命がけ?だった。延々と北へつづく赤いテールランプは、はじめてみる光景の気がする。

休憩をしながら津軽SAに着いたのは6時ころ。リアシートを倒して枕、布団付で寝ているカミサンは、まだ爆酔状態だった。仮眠と軽い朝食を取っていざッ!弘前さくらまつりへ!! http://www.hirosaki.co.jp/htcb/sightseeing/fes/sakuramatsuri.html

Dscf5967

Dscf6006

Dscf6032

Dscf6019

Dscf6018

Dscf6005

Dscf6046

震災直後は、弘前さくらまつりを開催するか迷ったようですが、あえて非難を承知で開催を決定した英断に拍手です。

Dscf6045

5月3日の人出は、なんとッ!42万人!

cherryblossomさくらの下に人は集い、和み、癒されるのですね~cherryblossom

その後、青森市内の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」では迫力の本物ねぶたと、迫力の映像、音響にパワーをもらいました。http://www.nebuta.or.jp/warasse/

Dscf6065

Dscf6069

Dscf6070

Dscf6075

(No.1,602)

2011/05/05

ちょうど満開でした。

2日の夜に出発して青森弘前公園と秋田角館の桜を見てきました。

さすが東北地方を代表する見事な桜と人出でした。途中、津軽半島の竜飛崎まで足をのばしてきたり東北の名湯&迷湯?に浸かったりしてたっぷり充電できました。

記事と画像は、後ほど載せたいと思います。

Dscf5989_3

     弘前城公園から岩木山を望みます。

Dscf6133

       角館・武家屋敷通りの枝垂れ桜。

(No.1,601)

2011/05/02

残雪と芽吹きの美人林

昨夜は、すこし飲みすぎて炬燵の中で寝てしまった。未明、トイレに起きたら3時半頃。また寝ようと思ったら寝付けなくて…。

そんな時、数日前の新聞で美人林の記事を思い出したらもう寝れなくなって、シャワーを浴びてクルマで高速飛ばして十日町松代地区「美人林」http://bijinbayashi.daizinger.jp/には6時ころ。

Dscf5713

残雪と新緑が楽しめるのは数年ぶりだといい県外からも大勢その美しさに魅せられてアングルを撮っていました。

暗黙の了解らしく林の奥のほうには人影はなく皆さんは同じ方向にカメラを向けていましたね。

ただ、私の目からは、撮っている人の姿も楽しかったです。

Dscf5719

Dscf5726

Dscf5718

積雪は多いところで50センチほどありブナの根元が丸く溶ける「根開け」や、冬芽を覆っていた「芽燐」(がりん)と呼ばれる小片が雪の上を覆っていました。

この時期にしかお目にかかれない風景、雪解けは連休明けの見込みです。

(No.1,600)

2011/05/01

参拝途中で、チューリップ畑

きのう(4月30日)は、カミさんの母と4人で福島県の会津地方に伝わる「会津ころり三観音」巡りに行きました。以前から、「つれてってくれやぁ~」とのリクエストがあり日帰りで実現できました。

その途中の五泉市一本杉のチューリップ畑に寄りました。http://www.city.gosen.lg.jp/7/126/000159.html

Dscf5698

栽培者の花摘みの風景に出会いました。球根に栄養がいくように花が散る直前に花を摘む作業です。

Dscf5697

30分ぐらいの予定だったが、「どれも7本500円コーナー」では、おもいおもいに好みのチューリップを掘っていました。まあ、まだまだお元気なご様子ですなぁ~

Dscf5701

「会津ころり三観音」巡りは、次回に書きます。

(No.1,599)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック