2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 燕市 さとう食堂 | トップページ | 名勝・玄宮園からの彦根城 »

2011/10/05

彦根城とひこにゃん

9月24日、彦根城付近はマラソン大会が行なわれ交通規制だった。

交通規制の係員の方に「彦根城に行きたいんですけど」と訪ねるとこころよく教えてくださったが、関西弁がかなり強くて何回か聞き直しました。

彦根城公式HPは→http://www.hikoneshi.com/jp/castle/

彦根城内では「ゆるキャラ」ブームに火付け役といわれる「ひこにゃん」が本丸前の広場で若い家族連れを中心にパフォーマンスを披露していました。

Dscf7804

Dscf7809

確かに可愛いらしいが、小さな子供がいるわけでもないので天守閣に登ることにしました。

天守からは当時と変わらぬ琵琶湖、近江の山並みと関が原方面。しばし戦国時代と天下分け目の合戦に想いをめぐらせました。

でも、何故、彦根城と猫(ひこにゃん)が関係するんだろう?

江戸郊外武蔵国荏原郡世田谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木にが落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる招き猫発祥伝説のひとつを元に想起された。

へ~、招き猫発祥伝説の地だったとは知らなかった!

Dscf7815

隣接する名勝・玄宮園への石畳には、彼岸花。

玄宮園からの天守閣はすばらしかった!(つづく)

(No.1,703)

« 燕市 さとう食堂 | トップページ | 名勝・玄宮園からの彦根城 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

招き猫?そうだったんですか。東京の神社だとばかり思っていました

何処が本当かは、あまり気にしませんが全国には、そんな「いわれ」って多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦根城とひこにゃん:

« 燕市 さとう食堂 | トップページ | 名勝・玄宮園からの彦根城 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック