2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/28

終わりよければ…県央リーグ閉幕

第27回県央社会人バドミントンリーグ戦が閉幕しました。

5月22日の燕市民体育館を皮切りに6会場、最終節は11月27日三条市総合体育館ですべての日程を終了しました。

各部への昇格、残留、そして残念ながら降格のチームもありますが、最終戦で一勝できれば、それもまた「終りよければ、すべてよし!」でしょうか。

大会運営の方々、参加者の皆さん本当にお疲れさまでした。打ち上げパーティーや各団体で美味しいお酒を飲み過ぎて、今朝は二日酔い…な~んて方も多いのでしょうかね。

画像は3時30分頃の本部発表の試合結果で、すべての試合結果ではありません。

(クリックで拡大表示します)

Dscf8377_2

Dscf8378_2

Dscf8379_6

Dscf8380_5

Dscf8381_3

Dscf8382_3

Dscf8383_2

我がチームは、今週土曜日、bottle盛大に忘年会beerkaraokeで盛り上がろうと思います。( ^ω^)おっおっおっup

(No.1,739)

2011/11/27

福来亭 白山町店

Dscf8376

昭和、その古き良き時代からの軒が寄り添うような燕市白山町。

「福来亭 白山町店」は、そんな時代から忘れ去れような場所にしっかり根をはって息づいていました。

天気が良かったので2台を冬用タイヤに交換後、すこし早めのお昼をここにしました。自宅から歩いて5分ほどの近さです。

すこし動きの悪い引き戸を開けると、雑然としている店内には座り心地の硬い椅子と黒いテーブルが4卓、奥に小上りがあります。

自動販売機で「中華そば」(700円)のボタンを押します。

Dscf8373

玉ネギとご飯は、無料で食べることができますが、「玉ネギ」を追加しました。5分ほど待って、ひさしぶりに食べる「本格背脂」です。

生唾が、口の中に充満してきて、それをゴクリと呑む。魚介出汁の効いた背脂浮くスープをすすると…「ああぁ~、やっぱり、ううめェ~~」

Dscf8375

麺はほど良いふくらみを持ち、魚介系醤油出汁ですが「しょっぺェ~!」というほどではなく、あくまでもやさしいコクだ。

それに、背脂のまろやかさが加わる究極の「さじ加減」に地元燕モンが唸るのも当然だろう。

質と量、いつだったか食べた時よりも更に美味しく頂いた印象です。

さらに進化しているnoodle「本格背脂中華そば」noodleでした。

こういう店こそshine「燕背脂ラーメン遺産」shineに登録したいのですがね~( ̄▽ ̄)

                   (そんなの、あったけッ!?)( ̄○ ̄;)!

(No.1,738)

2011/11/25

浦浜駐車場での「不思議」

角田山・浦浜コースを下る途中、4時近い頃に3人組の登山者に出会う。「こんにちは~」と、お互い挨拶を交わしてすれ違う。

「へぇ~、まだこんな時間に登る人がいるのか…。日没までに浦浜駐車場に戻れるんだろうか?」

「ということは、私のほかにもう一台、駐車しているはず…。」

そんなことを思った。

4時20分頃、浦浜駐車場に着くと、私のクルマだけ一台ポツンとある。( ̄○ ̄;)!

Dscf8351

     ええ~?何で~?( ̄◆ ̄;)sweat02

あの3人は、何処へ行ったのか?何処へ下山したのだろう?そんなことを考えたら、背筋がブルッときてトイレに行きたくなった。(小の方)sweat01sweat01sweat01

用を済ませ、トイレの外壁に貼ってあった案内坂を見ると登山道が頂上で分かれているのが分かるが、それにしてもあの「三人組」は、何処へ行ったんだろう?

まさか、野宿じゃないだろう。

Dscf8354

(No.1,737)

2011/11/24

ダルマストーブ

この名前のストーブを知っている人は、歳がバレマスネ~

私が小学生の頃、教室の暖房といえば石炭を燃やすダルマストーブだった。

その周りに木の棚を置いてお昼の弁当を暖めると「炊きたて」のようになった。

火力が強いので、最前列に座っていると熱くて、眠くて授業どころでなかった。

そのストーブに角田山の山頂小屋で出会うとは思いませんでした。

左の三角屋根の小屋(名前は忘れました)に入るとありました。もちろん誰も居ないので火は入っていません。

Dscf8347

室内は、窓からの光だけで薄暗かったが、よく清掃されていたようです。どこか炭の匂いがするが、いやな感じではなくて、それが懐かしくさえ感じる。

Dscf8340

座って、窓越しに景色を眺める。

雪の降る時期でも登山者のために用意してあるのだろうか。ここに集まり、暖をとりながらどんな会話をするのだろう…

ここでスルメを炙りながら熱燗を、キュ~とやる。さぞ美味ぇ~だろうな~( ̄ー ̄)ニヤリbottle

        もう、雪の季節だ。

Dscf8348

(No.1,736)

角田山、はじめての浦浜コース

標高481.7mの角田山には一般的に7つ登山コースがありますが、今日は海岸沿いの浦浜地区集落から登る「浦浜コース」を登りました。

他にも隠れコース、ケモノ道コースもあるのかな~?

駐車場に2時半前に着くと、下山した方がシャツを着替えています。「頂上まで何分くらいですか?」「そーね~。一時間…んん~…一時間チョッとくらいかね~」

その方は、私の登山者らしからぬ普通の格好を見て言い直したのが分かりました。

この時期、日没は4時半ころだから往復2時間で下山しなければマズイ。

しかし下山で時間を稼げばいいだろう…と考えて登ることにしました。

登山道に入るとすぐに段差の高い階段が続く。

       「なんじゃ、こりゃ~ッ!」

足の長い私でも(うそ)苦労する段差に悲鳴を上げそうになる。

2時34分・視界が開けて日本海からの波の音が聞こえます。

Dscf8331

2時37分・なだらかな登りには、枯葉が心地よく足に伝わります。

Dscf8333

2時51分・きれいな紫色の実を発見したが、何の実???

Dscf8334

ほぼ3時ピッタシ・登りはじめて30分。ここですこし休憩。後で分かったのですが、ここが五合目らしいです。

Dscf8335

Dscf8336

3時10分・足元はグチャッとぬかるみ、とても滑りやすく足元を気にしながら登る。しかし、こんな標識、案内板があると元気が出るのは何故?

Dscf8339

3時30分・登りはじめて一時間。新潟市方面を望む。手前の影は、私の立つ角田山だッ~!

そして、目を凝らしてよ~く見ると、左手の日本海に浮かぶ山らしきが見えるのだが、まさか山形・秋田県境の鳥海山じゃないだろうか?ご存知の方は、教えてくんなまし~。

Dscf8343

4時16分・日本海に沈む美しい夕陽に出会うことができました。駐車場まで5分足らずだろう。

Dscf8350

この時間になると足元が見えづらく慎重な足取りで無事、駐車場にたどりつきました。

いやぁ~。角田山の懐の深さと魅力を少し知った気がします。

(No.1,735)

2011/11/23

故人を偲んで

四年前の今日の朝、彼は突然逝ってしまった。

報せを聞いたときは信じられなかったがその顔を見た時は受け入れるしかなかった。付き合い始めて30年以上の親友の死…

あれから仲間同士で飲むたびに彼の思い出話が酒の肴になる。

「思い出すことが一番の供養になっこてやぁ~」それが私たちの合言葉になっている。

Dscf8328

今朝、彼の墓前で手を合わせる。何年経っても、声や、その仕草が鮮明に思い出せるんだよね~

(No.1,734)

2011/11/20

ラーメン むつみ

長岡市川口牛ケ島貝ノ沢(旧川口町)の国道17号線沿いにある「ラーメン むつみ」に行きました。

Dscf8277

      味噌ラーメン(680円)です。

Dscf8274

味噌ラーメンと言うとキャベツなどの野菜がたっぷり盛られた印象ですが、見た目はスッキリとしています。玉ネギの千切り、細めのメンマ、少なめコーン、一枚チャーシューそして半ゆで卵でした。

だったらスープと麺で勝負するのなか!?

Dscf8275 「白味噌」「赤味噌」「合わせ味噌」「濃厚味噌」とある中で、どの味になるのか…?

どこにも当てはまらないnoodle「美味い味噌汁ラーメン」noodleだった!

(あくまでの私の感想です)

店のオススメは「野菜みそらーめん」と「あさりバター塩らーめん」なので次回は、「あさりバター塩らーめん」にしてみるかな?

Dscf8276

(No.1,733)

雨の日は、映画もいい。

午前中に来客があり所用を済ませたらお昼近くになっていた。外は相変らず雨が降っている。

こんな日、以前から観たかった映画でも観るか…

Dscf8299

50歳以上の夫婦だと一人1000円!

10月29日公開、三谷幸喜監督「ステキな金縛り」です。公式サイト→http://www.sutekina-eiga.com/

「証人はただ一人、落ち武者の幽霊」のキャッチフレーズで前評判もよく、期待したとおりの奇想天外の作品になっていました。

日常の迷いや悩みは、常につきものですが時にはそれを忘れてこんなステキな時間もいいと思いました。( ^ω^ )

(No.1,732)

2011/11/18

今年の「もみじ谷」

Photo

朝陽は、紅葉した弥彦山をさらに赤く照らしました。今朝、出勤前に弥彦公園「もみじ谷」に行こうと思ったのは、週末が雨模様の予報のためだった。

新聞では、数日前から見頃を向かえたと書かれていたが、どこかもの足りないと感じたのは私だけではないだろう。

色つきはピークを迎えたが、落葉もかなりすすんでいるように見える。例年より気温が高く、色つきが遅れて同時に落葉になったのだろうか?

Photo_3

Photo_2

「もみじ谷」と言っても弥彦公園の一角で観月橋に下は、整備された遊歩道になっている。

今、思えば雨に濡れた「もみじ谷」も趣があり、それもよかったのかな?

(No.1,731)

2011/11/15

「北風 辛口 カキノモト」

今日は、さ~べかった。

冷たい雨が降りつづき気温は10度前後か…西高東低の冬型の気圧配置になり、いよいよ晩秋から初冬に移り変わる時期になりました。そんな時、食の楽しみの一つに食用菊の「カキノモト」と辛口の燗酒でキュ~っと一杯、があります。

Dscf8283

菊のほのかな甘い香りとシャキッとした食感、その後に心地いい苦味が広がります。それを菊水の冴えた辛口が包む時…。

「ああ~、今日も仕事をしたなぁ~~」って思えますね~

(No.1,730)

2011/11/14

リニューアル「いい湯らてぃ」の背脂ラーメン

Dscf8222

先週の11日に仕事帰りに再開した「いい湯らてぃ」で食べた「燕系 背脂ラーメン」800円です。

メニューの他に「三条系 カレーラーメン」(750円)がありましたが、これにしました。

私的には普通の背脂ラーメン(店によっては、背脂中華ともいいます)なら600円~700円ほどですが、800円とはかなり高め価格かと思いました。

煮玉子と少なめの岩海苔入りです。普通ならトッピングで一品100円程度で追加ですが、はじめから乗っかっていたので価格的には妙に納得です。

他に、ほど良い量の背脂が浮きますが、少なめの玉ネギ、細いメンマ、チャーシュー2枚でスープも少なめに見えます。

Dscf8223 岩海苔を絡めた太めの縮れ麺は、重くさえ感じるほどで、食感はもっちり抜群です。

でもここまで太いと好みの分かれるところでしょう。

背脂スープ、チャーシューも美味しくいただきましたが、麺の量とスープの量が少なめです。煮玉子も表面は茶色に色付いて出汁が染みこんだようですが中身は、ただの「ゆで卵」です。残念…。

調理のスタッフは、まだ慣れていないのかも知れませんが、これからも期待していますよ。

(No.1,729)

はじめての「御朱印」

Dscf8267

「曹洞宗 金城山 雲洞庵」に参拝したとき、このようなことが書かれていました。

そういえば、今まで参拝した寺社仏閣の中には「御朱印所」があったことを思い出すが、その時は何の関心も持たなかったが、これを読んでビッビッsign03ときましたね~

Dscf8270

その達筆なる筆運びに、息も止まって見入っていました。

         記念すべき1ページ。

右から参拝日、有名な言われになった「雲洞庵の土踏んだか」。真ん中には、本尊「釈迦牟尼佛」が記されています。

「御朱印」…。私は、まだあまり難しく考えないで、参拝記念程度に思っています。

Dscf8281

Dscf8280

表紙には「清風満地 山崎」と記されました。仏教用語で、「私のこころの大地に清い風が吹くように」との想いが込められるように、と聞きました。

それを聞くと…( ^ω^)おっおっおっ

また一週間、ムラムラupと元気に仕事ができそうです!!

(No.1,728)

2011/11/13

晩秋の雲洞庵  

休日の時間があるとき、寺社仏閣めぐりで時を過ごすのが好きになりました。

Dscf8262

いつだったか、一昨年(2009年4月中旬)にはじめて訪れた「雲洞庵」http://www.untouan.com/は、大河ドラマ「天地人」の舞台とのことで大勢の観光客で賑わっていた。

あれから一年半、あの時の赤門から本堂への石畳。境内の本堂、開山堂、そして宝物殿など大いに見応えがあったことを思い出し参拝してきました。

駐車場には新潟・関東ナンバー、大型観光バス 3台など意外と賑わっていましたね~

晩秋の冷たい小雨が降り息も、かすかに白い。

濡れた参道の石畳を歩くとあの時の記憶がよみがえります。

赤門から本堂へと続く一枚一枚の敷石の裏には法華経が書き写されている、との言い伝えから「雲洞庵の土踏んだか」 という言葉が生まれ、一度は訪れるべき越後の名刹として、広く知られることとなりました。 (HPより引用)

Dscf8263

Dscf8265

Dscf8266

自然や大いなる歴史ある寺社仏閣を前にして、小さな自分を見つめ直す時間も必要だと改めて思う。

そう、いい時でした。

(No.1,727)

2011/11/12

チャーシュー屋 武蔵

新潟西区小新にあるアピタ新潟西店内の「チャーシューや武蔵」でカミサンとお昼でした。

      私は、からし味噌らーめん(740円)です。

Dscf8235

スープは動物系と魚介系の出汁が甘みのある味噌に溶けていた印象ですが、赤い特製辛子を微妙に混ぜ合わせることで、味噌の旨味と辛子の辛さをオレ流に調整できます。

Dscf8237 もっちり太麺を持ち上げると、大きな2枚のチャーシューの下に大量のもやしが埋蔵されていたのにはじめて気が付きます。

その隠れ業には脱帽の一杯でした!

辛子味噌をすべてかき混ぜたのでかなりの発汗作用で汗だくで完食しました。

これから寒くなる時期、これで740円なら、オススメできます。

       

      カミサンのらーめん(630円)

Dscf8234

魚介系出汁であっさりしていながら煮干の輪郭がしっかりとしている一杯でした。

だいたい二人で行ったラーメン店では、お互い食べ比べて「うんちく」を交わしていて、味に関しては似た価値観のようです。

(No.1,726)

2011/11/11

生まれ変わった「いい湯らてぃ」

Dscf8219

暗闇の中、ライトアップに浮かぶ「いい湯らてぃ」は、貫禄さえ感じます。

そして、華やかさも添えて期待感も最高潮ッ!!

Dscf8220

7月29日、30日の新潟・福島豪雨の被害によって施設内が水深2メートルほどまで水没し、その後105日間の休館中のリニューアルを経て11月11日11時11分11秒に営業を再開しました。spahttp://www.iiyuratei.com/spa

今日の予定は目覚めたときから決まっていた。残業1時間したら真っ先に「いい湯らてぃ」に浸かることッ!新装された館内を見てみた~~い!

外観との調和で、白と茶を基調とした内装色と開放感に「おおぉ~~。雰囲気変わったねぇ~」そんな事を思いながら靴を脱ぐと靴下にデカイ穴を発見!すぐに靴下を脱いでポケットに押し込んで何食わぬ顔で受付をした。( ̄○ ̄;)!

受付嬢のユニフォームも白と黒を貴重にしたピッシとした、いかにもホテルのチェックインの雰囲気。個人的には、以前のほんわかした茶系のチェック柄のスカートだった頃がえがったのぉ~( ´艸`)プププsweat01

これが日帰り温泉施設か?と思わせるくらいにモダンになったロビーです。右側が受付で中央に都会的な黒い椅子。奥に地域物産販売と食事処「はくちょう」。

以前、飾ってあったカモシカの絵数点が外されていました。これ、残念…゚゚(´O`)°゚

Dscf8221

食事処「はくちょう」は、手前に55席のテーブル席。奥の小上り畳敷きには103席が用意されています。

右側のオヤジなんか「いいちこ」をボトルで飲みながら真っ赤な顔で周りの迷惑も考えずに何やら大きな声で吼えていた。

そういう客には今後「入店拒否シール」を額に貼るべきだろうにね~

Dscf8224

そして、一番にリニューアルされたとの噂が、欧風レストラン「Gozzo Latte」(ゴッツオ・ラーテ)だろう。

以前は、炉端もあった「ふるさと」の名前で下田地区の農産物や郷土料理が食された素朴な落ち着ける空間だったが、それが地元特産食材を使った欧風プレミアムレストランに変貌したというからこりゃまた興味があったのでノゾキに行ったが、8時半に終了であえなくダウン…

格子から垣間見ると、薄明かりの中に赤い長椅子に座って談笑する数人の姿が見えた。

   「こりゃ館内着では入れそうにない空間だ…」

かなり、思い切ったリニューアルに少し戸惑いがちな、生まれ変わった「いい湯らてぃ」でした。

(No.1,725)

2011/11/08

牛乳屋食堂の二階にて

「大内宿」散策後のお昼は、ぜひ母達に食べさせたいと思っていた「牛乳屋食堂」に決めていたが、散策途中の「ねぎ蕎麦」の看板についつい目が行く。

何やらネギ一本で蕎麦を食べるらしい。興味がわくなぁ~

究極の葛藤、とまではならないが「ねぎ蕎麦」はいつかの宿題にすることにしました。

芦ノ牧温泉駅近くの「牛乳屋食堂」に着く頃には雨も降り始めてきた。

母曰く「大内宿で降らんでいかったのぉ~。やっぱりオラたちは晴れ女らいや~」

私、心の中で「晴れ女じゃね~で、曇り女らろが…」

待つ事15分で、はじめて二階の通され、大きな座卓が三卓あり家族連れで賑わっていました。

目に点いたのが↓の一枚の絵で有名な「山下清」の絵だと思ったら「山下清正」だった。「山下清正」で検索したが、それらしき人物は見受けられないのでころれも次の宿題になってしまった!

Dscf8204

私は「牛乳屋Bセット」。母やカミサンは、普通のラーメン(550円)を選びます。

Dscf8203

スープはあっさりしたコクと美味さ。もっちり縮れ麺はツルッとした喉越しで食べ飽きしません。しかし「半タレカツ丼」の肉が少し硬かった!

母たちも「これ、うんめ~ねっか!燕の「ま〇や」もうんめろも…うん、うん、ズルズル~~」

ラーメンの味にうるさい母たちも満足の一杯だったようです。

これから寒くなると「味噌ラーメン」も食べてみたいものです。

(No.1,724)

2011/11/07

二度目の「会津ころり三観音」巡り

人間、だれでも長患いせずに与えられた人生の幕を閉じる事ができれば…そんな事を歳を重ねるたびに思うようになるようだ。

今年のGW、そんな想いで私の母とカミサンの母を連れて「会津ころり三観音」巡りに出かけた。

三年続けて参拝するとご利益があるようだが、一年に二度参拝してもその効果は絶大?さて、どうなんだろう?まあ、いいかッ!

         最初は、中田観音。

今年のGWには閑散としていたが昨日は、小さな駐車場はほぼ満車で「いわき」や「栃木」ナンバーの大型観光バスからドッと観光客が降りてくる。やはり母と同じ思いの後期高齢者が多い。しかし、賑わいが戻ってきたのも事実のようだ。

Dscf8186

        二番目は、立木観音。

雨に濡れる参道には、落ち葉が乱れ、萱葺きの屋根から滴る雫が深まる秋を感じさせます。

我が国最大級の8.5mの立木観音の前では、小さな自分をあらためて感じる…

Dscf8207

        三番目は、鳥追観音。

Dscf8209

夕方四時過ぎ、雨は降り続きあたりは暗くなる。私は「鳥追観音は、次回の参拝にするか?もう閉まっているんじゃ…」そう言うと母やカミサンは「ここまで来たから手を合わせるだけでもいいから行ったほうがいい!」そんな強行派に屈して向いました。

私たちが本堂に向うと、今まで暗かった明かりがパッと点く。住職?らしき方に聞くと本堂を閉める直前に私たちが参拝に来たので明かりを点けたようだ。

母曰く「ほ~ら、やっぱり来ていかった~。これも何かの御縁らこてやぁ~」

私、思う「やはり年寄りには、かなわんねぇ~」

(No.1,723)

2011/11/06

賑わいの大内宿

Dscf8196

朝の磐越自動車道を福島県会津地方に向いました。

霧と小雨模様でしたが、お昼近くになると雨は上り、ここ「大内宿」に着く頃には曇模様でしたが寒くも無くまずまずです。駐車場には県外ナンバーや大型観光バスでほぼ満車状態。公式HP→http://ouchi-juku.com/

そして、この人出の賑わいですから震災後、観光客が増えているようです。

Dscf8194

2008年春、5月6日にはじめて訪れてから2回目ですが、いつかは親の元気なうちに連れて着たい場所のひとつでした。

あの時の、新緑と萱葺き屋根を泳ぐ鯉のぼりと、人々の笑顔が印象に残った画像集は→http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/photos/travel/index.html

そして、今を盛りに彩る紅葉と、萱葺き集落は年配者はもちろんですが若いカップル達にも魅力的な日本の風景なのでしょう。

小高い丘からは、集落を眺められるベストスポットがあり、数枚パチリでした。

Dscf8199

Dscf8200

母曰く「な~んか、いつか来た事があるれやぁ~。…あ~、そらそら、老人会の旅行でここ来たな~。あん時は、紅葉の時期じゃねかっと~」

最近、足は弱ってきたようだが、頭はまだシッカリしているようだ。

(No.1,722)

2011/11/05

たまには、親孝行?

明日の日曜日は、私とカミサンの婆さん二人を連れて福島県会津方面に行きます。天気がイマイチのようですがまあ無理のない行程で楽しませてあげれば「よしッ!」と、したいものです。

(No.1,721)

2011/11/04

鍋を囲んで反省会!^^

きのうは、バドミントンの大会でしが運にも見放されてガックリでした。緊迫したゲームでもうちょっとのところで負けました。

結果は、0勝2敗…

そんなわけで、我が家でメンバー6人で「鍋を囲んで反省会」!

海鮮鍋とビールがすすむと、当日のバドミントン談義に花が咲き盛り上がる事ができました。

やっぱり、勝っても負けても反省会は、やらんばだめらのぉ~

(No.1,720)

2011/11/02

色づく街

Dscf8156

11月に入って当地、燕市の街路樹も紅葉してきて出勤途中の沿道の木々も朝陽を浴びて光っていました。

休日前であり、夕方からこの辺界隈の居酒屋も顔を赤く染めたサラリーマンで賑わうんだろう。

そろっと、忘年会のシーズンですね~早い、早い…( ̄○ ̄;)sweat02

(No.1,719)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック