2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/29

花吹雪の鶴ヶ城

さくらは、ほころびの時、満開の時、そして惜しまれながらの花吹雪の時とそれぞれに美しいものです。

カミサンと母を連れて鶴ヶ城の桜を楽しみました。

Dscf9796

Dscf9801

Dscf9800

どの角度から見ても、桜と似合う鶴ヶ城でした。

さくらと城、これほど日本の美しいデュエットは、ないんじゃないかなぁ~

Dscf9789

ここ数日で、お堀が桜色に染まるのでしょう。

(No.1,824)

2012/04/27

四寺回廊

岩手県平泉の中尊寺と毛越寺、宮城県松島の瑞巌寺、山形県山寺の立石寺の四寺は平安時代、慈覚大師円仁という高僧が開山した東北の名古刹だという。

松尾芭蕉も奥の細道で訪れた歴史の面影を感じながら巡ってみたい。

           四寺回廊

みちのくの旅で、私は何を想い感じることができるだろうか。

                  あれっ? チョッと大げさだったかも…( ̄◆ ̄sweat02)

(No.1,823)

2012/04/25

満開、いい季節になってきた。

Dscf9688

Dscf9714

Dscf9716

Dscf9764

なんだかんだと言っても、やっぱり満開の桜は最高ですね。

19日~22日に撮影しまいた。

さて、どこの桜だと思いますか?新潟県内の方なら一つは分かると思いますが…

ちなみに、一番上の桜は「河津さくら」、2枚目と3枚目は同じ場所です。

(No.1,822)

2012/04/24

キナレヤ

燕市吉田弥生町6-8「キナレヤ」さんに弥彦山を登ったあとのすこし遅めのお昼です。

県道29号線を弥彦村に向った美山交差点を右折して500mほどの住宅街にあり、すこし分かりづらいですが2度目なので余裕で行けました。

麺類のほかに定食や丼物、中華料理、酒の肴など豊富で宴会もできる広いお座敷のあるお店です。

以前は、「えび味噌ラーメン」でしたので今回は、看板メニューの「えび塩ラーメン」にしました。麺の太さは選べてもちろん、「太麺」にします。

      「えび塩ラーメン」750円です。

Dscf9768

黒い器には、たっぷりの白菜、キクラゲ、ヤングコーン、ネギ、桜色の芝エビが入ります。

Dscf9769

鶏がら出汁の効いたとろみのある塩スープが麺に絡んで素直に美味しいです。

白菜のシャキットした食感と、エビのぷりっぷりとした食感も楽しめる極上の塩ラーメンに出会えました!

(No.1,821)

2012/04/23

弥彦山で幻の滝?

弥彦山の五合目あたりの谷側からせせらぎの音がどこからともなく聞こえます。しかし、木々の葉が生い茂る季節は、はっきり確認できませんでした。

きのう、芽吹き始めた弥彦山を登りました。

五合目あたりを過ぎると左手にその「せせらぎ」は滝だったのが確認できました。

Dscf9749

この時期だからこそ見ることのできる「幻の滝」でしょうかね。

またこの辺りでは、まだカタクリの群生が楽しめました。

Dscf9752

Dscf9745

谷の下まで広がるカタクリの群生。(分かりにくいですがピークは過ぎたようです)

頂上付近(9合目)は、所々に残雪があり風も強いため「味噌こんにゃく」を食べてから早めに下山しました。

(No.1,820)

弥彦登山口の茶屋での会話

Dscf9760

弥彦表参道登山口に昔からある茶屋です。

         「おかえり~」「お疲れ~」

木のベンチに腰掛けて、朽ちた切り株をテーブルにたまご(100円)とコーヒー(無料)をいただいた。

Dscf9761

「去年は、3月半ばに開けたけど、今年はそのころは3合目までまだ雪があって先週あたりに開けたんだて~」

私曰く、「私が小学生のときの登山では、この店には「猿」がいたと記憶してるんだろもね~」

「あ~そうそう、私の親が飼っていたれね~」「もう四十年も前のことらろもね」

もちろん、飼い主も猿も西の国へ旅立った。

「ご馳走さん。これから、賑やかになるね~。また、来るいね~」

(No.1,819)

2012/04/22

らーめん 三咲屋

Dscf9713_2

新潟市東区イオン新潟東店近くの大形本町交差点近くにあります。

21日(土)に行きました。10台ほどの駐車場はかなり狭く、いたるところにブロック塀にコスった跡があるので慎重に止めました。

お昼時で込んでいましたが入れ替わりで運良くテーブル席に座れました。

味噌ラーメン、半チャーハンのセットです(880円)

Dscf9708

Dscf9712

塩らーめんが美味しいと評判で、半チャーハンとのセットメニューが人気のようですが、私は味噌とのセットにしました。

味噌ラーメンもチャーハンも他店とはワンランクアップ!?upと思えるほど美味しくいただきました。これホンとですgood

好みに応じて小壷に入った辛味噌を添えるとツーランクアップupupの美味さです。次回は、塩らーめんにしようと思いました^^

(No.1,818)

2012/04/21

ささやかな慰労会

いや~、ようやく仕事の忙しさもヤマをこえて大型連休前の納期のメドもつきました。

二十日締めのきのう、定時でスパッと終了して「慰労会」でした。

Dscf9690_2

カレー味の半羽から揚げのいい匂いが玄関先やあたり一面に漂います。

昭和の年季の入った味のある店内もいいもんです。

(No.1,817)

2012/04/17

ら~めん亭 大國

加茂山公園駐車場の正面の「ら~めん亭 大國」でお昼です。

店内は、右手にカウンター席、中央には丸いテーブル席、左手には半個室的な小上り席です。

カウンター席に座ると厨房の様子がよくわかります。女性5人ほどが手際よく調理、対応をこなしている姿を見ているととてもいい感じがします。

Dscf9654

大國ラーメン(背脂入り)の餃子セット(750円)です

Dscf9655

どのメニューにも木製のお盆に載せられ、器にもこだわりが感じられて好印象です。

白髭ネギと万能ネギ、メンマ、チャーシュー2枚、それと香り豊かな海苔が添えられています。麺は細いちぢれ麺で太麺が好みな私にはすこし物足りなさがあるものの美味しくいただきました。

餃子は、焦げた部分はカリッと、裏側はもっちりとしたメリハリのある食感が楽しめました。

(No.1,816)

2012/04/16

加茂川上る、500匹!

Dscf9668

加茂市の中央を流れる加茂川の対岸に掛けられた約500匹の鯉のぼりです。

平成二年から始めた時は40匹ほどだったが、各家庭の不要になった鯉のぼりを集めて今では春の風物詩にまでなったようです。

これだけの鯉のぼりがあれば、自宅の庭先で揚げる必要も無いんじゃないのかなぁ~

Dscf9652

川面を渡る風は気まぐれで弱く残念だったが、気持ちのいい陽射しと子供の歓声、川のせせらぎが春本番を感じる日曜日でした。

Dscf9664

              (加茂山公園にて和やかなワンショット)

(No.1,815)

2012/04/08

タイヤを換えた日

今朝もミゾレまじりの冷たい雨で春の日差しが待ち遠しい。

午前中に用水路の掃除をすませる頃には、雨もやんで日が射してきた。ここぞとばかりに、愛車とカミサンのクルマを夏タイヤへ交換しました。

スタッドレスから夏タイヤにすると気分もようやく春本番がきたと感じます。

Dscf9612

                 長岡市与板地区、粟が岳方面

Dscf9614

春の陽気にさそわれて寺泊までカニを買いに行きました。

(No.1,814)

2012/04/05

いかの塩辛 気仙沼

Dscf9600

またもや近所のスーパーで見つけた三陸地方の「酒の友・おつまみ」です。最近、けっこう東北地方の食材やうまいものが出回っているのに気が付きます。

意外と塩っぱさは控えめで、肉厚でプリップリのイカの食感と旨さが堪能できます。

ラベルの裏には、甚大な震災の被害を乗り越えながらも尚、美味しさへのこだわりを追い求めている姿を感じます。

地元にいながらにして僅かでも支援ができることを実感できました。

Dscf9606

さて、今宵の友は、麒麟山の伝辛。食材の美味さを引き立てるのは、やはり辛口の日本酒だろう。素直に、うまいッ!

Dscf9604

さて、明日もがんばるかッ~!と、言う前に、眠くなってきた…。

(No.1,813)

2012/04/03

今宵は岩手の美人と…

外は大荒れだが、部屋はあたたかく、灯りをすこしおとした。

今宵、わたしの傍らには東北出身の美人が静かに座っています。

とても無口ですが、どこか豊潤な香りと艶やかさが醸し出されてくるのを感じずにはいられない。

今日まで、幾多の困難を健気にも乗り越えてきた話をポツリポツリと聞かせてくれた。

出身を聞くと、素直に岩手県の二戸市だと聞かせてくれた。

美しいだけでなく、内に秘めた力強さに…

        ああ、惚れてしまった…

Dscf9589

南部美人公式HPは→http://www.nanbubijin.co.jp/です。

(No.1,812)

2012/04/02

だいろの湯 チャーシュー麺

だいろの湯、チャーシュー麺(750円)です。

Dscf9578

夕方の6時頃になると食事処は込み合いますが、予約名簿に名前を記入して15分ほどで奥の庭園が望める大広間に案内されました。

澄んだスープには、魚介の出汁がしっかりとした旨味を含みますが、後味はそれを引きずらず食べ飽きしません。細いちぢれ麺も喉越しよく美味しくいただきました。

柔らかく口の中でトロケそうなチャーシューも日帰り温泉施設とは思えないほど美味しかったです。

もちろんラーメン専門店ではないけれど、ここにも美味いラーメンがあるんだよね~

(No.1,811)

2012/04/01

青虎眼石のチカラ

「青虎眼石」という聞きなれない天然石のブレスレット。

Dscf9584

別名ブルータイガーアイともいい、青といより深い蒼色に近く光が当たるとラインが透けて見える。

俊敏で伸びやか、自由闊達なエネルギーを放つといわれる。また、鎮静作用があり勝負事、試合に実力以上?のチカラが発揮される。

仕事や日常生活においては、大きな視野から物事の本質を冷静に見極める助けになるという。

いい事ばかりのようだが、一番大切なのは自分自身が日々努力精進してコツコツ積み重ねていくことだろう。

   ・   ・   ・   ・   ・   ・  ・ 。

京都下京区にある我が家の菩提寺の総本山参拝記念に娘からのお土産でした。(*^ω^*)ノ彡

(No.1,810)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック