2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/31

弥彦山 「八枚沢ルート」

Dscf1265 7月29日(日)、弥彦村の観音寺温泉近くの弥彦スカイラインから林道に入ると、弥彦山「八枚沢登山口」から登りました。

一般的な、表参道から登ろうと思いましたが、まだ未体験だったのでこのルートにしました。

11時ころの駐車場には、私のクルマだけです。なんか、人気の無い登山ルート?そんな思いでした。

駐車場すぐ下には小さな沢が流れ、雰囲気はいいです。親切にもステンレス製の手すり付きの階段でスタートです。

Dscf1266

Dscf1267

登りはじめて10分ほど、しばらく丸太で作った階段を登ると、豪華なヤマユリが出迎えてくれます。

Dscf1273   しかし、その後は全体的に道は狭く、階段状の登りが多いです。視界も楽しめず藪も多く、山歩きという雰囲気ではないです。

Dscf1275

登りはじめて、40分ほど。弥彦山頂のテレビアンテナが近くに見えますが、藪のために道幅は狭くなり、直射日光がもろに当たります。

200mほど進むと、背の高い藪で道も確認できないほどになり、残念でしたがそこから先は諦めて下山しました。まさに、「けものみち」でいたね~

Dscf1277 下山した駐車場には、私のほかにもう一台のクルマ。同じ思いで下山してくるのだろうか…

(No.1,881)

2012/07/29

角田山 浦浜コース

Dscf1211

28日(土)、朝6時50分ころの駐車場は、私を含めて2台です。去年の11月に登った以来で、晩秋の木々のイメージを思い出します。

山歩きの仕度をしていると、突然に大きなけたたましく「ウ~~~~!!」というサイレンが鳴りました。

何かあったのかッ!?と思いましたが、7時の時報だったようです。

サイレンではなく、チャイムにすればいいのに…。

浦浜コースは、頂上近くで五ヶ峠コース、そして灯台コースに合流することが分かります。

Dscf1210

登りはじめは、段差の高い登り階段が15分ほど続きますが、その先は、斜めから射す朝日がきれいな山歩きです。

汗を吸ったTシャツに風が気持ちいいです。

Dscf1213

登りはじめて40分、東屋が見えます。ここですこし休憩です。

緑の中に佇む東屋を見ると「ホッと」しますね~

Dscf1217

東屋で休憩していると、すぐ下の方から話し声が聞こえます。そういえば、五ヶ峠コースと合流することを思い出します。

山ガールならぬ、山バール?山熟女は大きな声と笑い声でも登れるんですね~

恐ろしい、体力です…どんどん離されます…

Dscf1221   

Dscf1222

登りはじめて約1時間。灯台コースとの合流点です。ここを過ぎると頂上まで平坦な登りと木道。

Dscf1224

その木道に咲いていた一輪のユリです。この次期、咲く花達は少ないので豪華な姿は印象的です。

Dscf1225

登りはじめて1時間15分ほど。新潟市方面は、夏場特有のモワ~として視界がきかないな~(残念!)

Dscf1227

下山途中で、出合った老夫婦とふとした事から会話ができました。

「お盆頃になると、キツネノカミソリが辺り一面に咲いてきれいだよ~。特に浦浜コースは多いんだよ…」

Dscf1228

熟年になっても同じ趣味が持てる事って羨ましいな~

(No.1,880)

2012/07/28

新装開店 「ようこそ!やまちゃん日記へ」

本日、「ようこそ!やまちゃん日記へ」をリニューアルオープンすことになりました。

2004年12月からはじめたブログは2012年7月に至り、それまで、記事数1,878を書くことがでました。

振り返れば、自分の「日記」としてブログをここまで書くことは私にとって、楽しみでもあり、また容易なことではなかったですが、訪問してくださった方々のお陰で続けられました。

皆さんからいただいた元気は、継続こその力になりました。

そして、心境の変化か?、オリンピックで寝不足のせいか?それとも猛暑のせいか?思いを新たに、一歩を踏み出すことに決めました。

これからも「やまちゃん日記」をよろしくお願い申し上げます。

尚、今までのブログも閲覧することができます。http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/

                      管理者 やまちゃん

                                                                                    (No.1,879)

2012/07/25

「本音」

「国民の生活が第一で~すッ!!」

あれから、3年ほど。

朝、テレビでまた辻立ちを目にする。
















あれから同じことを唱えながら…次期選挙では、かなりヤバいんだろうが、「あったりめ~だろッ!」

「私の議席当選が、先ず第一で~す!!」

と、聞こえるのは私だけではないだろうね~

(No.1,878)

2012/07/24

十日町市 「千年の湯」

Dscf1187

小嶋屋でお昼の後、すぐ近く(クルマで5分ほど)のspa「千年の湯」に行きました。雪国の雁木を思わせる細長くゆるやかなカーブをした施設です。

この建物のデザインは、何とかという最優秀賞をいただいたようです。

手前が無料の「足湯」がありその奥が入り口です。全体に床や腰板、天上の梁など木の温もりを五感で感じます。

気になる温泉は、加温や循環をしていない源泉かけ流し温泉です。薄茶褐色の湯は柔らかく効能に優れています。(まあ、そんな内容が書かれていましたね)

    

↑の画像は露天風呂を公式HPより引用しました。

大広間では、高校野球で十日町高校と新潟商の準々決勝です。私は、どちらが勝ってもいいのですが、やっぱりその場の空気で十日町高校を応援しました。

また、露天風呂が昨年末にリニューアル増設されて、ゆったり、まったり、のんびりできそうです。これでワンコイン(500円)ですぞ~~^^

(No.1,877)

とりあえず、一本

Goya

中太タイプで20センチくらいで収穫です。

今朝、とりあえず一本収穫しました。

予備軍もたくさん「♪風もないのに、ぶ~らぶら~」^^

(No.1,876)

2012/07/23

十日町市 小嶋屋総本店

Dscf1177

新潟県内ではすっかり有名になった蕎麦の小嶋屋の総本舗がある十日町店です。

シンボルの大きな水車がゆっくりと時を刻むように回ります。

お昼時で大きな駐車場はほぼ満車で20分待ちとのことです。

Dscf1185

長椅子が並べられた店内には、大きな生け花が飾られられ部屋の造りも重厚で、さすが総本店と感じます。

半分仕切られたテーブル席に通されます。いい感じです。

熱いおしぼりと、冷たい香り豊かな蕎麦茶です。

Dscf1178

私は「へぎ蕎麦と天ぷら3人前」を頼みたいのですが、個々に頼むことに相成りました。

2段のへぎ蕎麦と、天ぷらのセットと、本わさびと漬物が付きます。

Dscf1179

カミサンと母はレディースセットを頼んだようです。「お子様セット」には年齢制限があるけど、「レディースセット」には年齢制限は無いようです…ね。

Dscf1182

このコシと香り、口に含んだ歯ごたえと、喉越し。味わえ、幸せです。

(No.1,875)

2012/07/22

永林寺~あたらしい出会い

Dscf1176

江戸末期、名匠と謳われた「石川雲蝶」の彫刻が数多く残る永林寺にカミサンと母と三人で行きました。

関越自動車道、堀ノ内ICから10分ほどです。

私は3回目になると思いますが、年度訪れても、その度に新しい発見と出会いが待っていました。

本堂の右手の自宅を兼ねた玄関から入ります。本堂内は撮影禁止ですので御了承下さい。

メインイメージ

                   (公式HPより引用しました)

素晴らしい欄間の彫刻、襖、置物、それに伝わる御縁を頂きます。

予約をした訳でもないですが、20分ほど住職のユーモアある法話を本堂ではじめて聞くことができました。時に抱腹絶倒!時に奥深い語りに引き込まれます。

もし、心や身体のどこかに悩みがあるなら、ここに参拝すればきっと楽にられると思います。

この寺、楽しいです。うれしいです。ありがたいです。

(No.1,874)

2012/07/21

ら~めん くまの家

Dscf1161_2

7月10日に開店した「ら~めん くまの家」です。燕市熊ノ森、国道116号線沿いに黄色い「くまの家」の看板が目を引きます。

たくさんの祝の花輪が並んでいます。

11時半ころでしたが、駐車場はほぼ満車です。販売機で食券を買って店内に入ります。

真ん中にテーブル席が4席、その周りに小上り座敷テーブルが6席ほどあったと思います。

店内には白い胡蝶蘭が飾られ、多くの方の祝儀袋が並べられているところを見ると、かなりの人脈の持ち主と感じます。

カウンター席に案内され、壁に向って8席あります。最近のカウンター席は厨房に向わずにこのようなスタイルが流行っているのでしょうか?

私は、どうも落ち着きませんね~








         背脂味噌ラーメン(700円)です

Dscf1157

開店折込チラシ持参で大盛or煮たまごorメンマが無料で追加できるのでメンマの追加をします。

モヤシはほどよい量で盛られ、半ゆでたまご、キクラゲ、挽き肉、メンマ、チャーシュー、胡麻がトッピングされています。

赤味噌らしくかなり濃厚なスープで、ニンニクの香りがします。夏場で食欲が無いときなどに効き目がありそうです。

Dscf1158

すこし太めの麺は、コシがあり香り豊かで喉越がよく、モヤシとの食感のバランスも抜群です。

これからも、お客様に支持されそうな美味しい一杯でした。

(No.1,873)

2012/07/20

八重は、豪華に見えます。

Dscf1148_3

7月に入り、玄関先で休み無く八重の赤と薄黄色の花を咲かせてくれています。

鉢植で花丈は、80センチくらいですが、路地植えだともう少し伸びるようです。

これから8月にかけていっそう見頃をむかえるようで楽しみです。

この花は、矮性のアルセアで、別名タチアオイを動植物が固有の大きさに成長させず、小形のまま成熟する性質に改良したものをいうようです。

朝陽に向って咲く姿を見ると、「おっしゃ~!今日もやったるかぁ~!!」

そんな気持ちになりますぜ~^^

(No.1,872)

2012/07/19

O氏を囲んで~納涼会

Dscf1099

15日(日)、7時より我がバドミントンチームで第一回納涼会を近くのダイニング居酒屋で一杯やりました。

最近、O氏が第二の人生を迎えられて、その門出を祝うとの趣旨もあり、O氏の側近5名が馳せ参じました。

話題といえば、バドミントン談義はもちろん、これからのチームの若返りと発展のための戦略。自らの健康と趣味、これからの将来、年金支給にどう対応するのか。

そんなことを、熱く語りました!

Dscf1100

雰囲気を変え、灯りを落としたカウンターに座ります。






2時間飲み放題ですから9時過ぎには、お開きですがね~

「お客さん、お飲み物ラストオーダーですが…」

「生ビールもう5つ!八海山と越の誉の冷酒を2合で3本づつくんなせやぁ~あとチューハイ2つ!」beerbeerbeerbeerbeerbottlebottlebottlebottlebottlebottlebarbar









「お客さん、閉店なんですが~」

やっぱり、店を出たのは、お昼すこし前(午前12時すこし前)だった…ような記憶です(^-^;

(No.1,871)

2012/07/18

ナステビュウ湯の山

Dscf1142

妙高、笹ヶ峰高原の帰りにぜひ浸かりたかった日帰り温泉施設spa「ナステビュウ湯の山」spaです。

大人でもワンコイン(500円)で楽しめますよ!

国道117号線、十日町市からクルマで20分ほど山間に入ります。旅館街のある松之山温泉郷とは、すこし離れています。

館内は、さほど広くないですがしっかり清掃されていてきれいで、四季の棚田や美人林の写真が飾られています。

食事は、麺類や定食物がメインで地元食材を使った素朴さが私は好きになります。

一番気になる温泉は、内湯もちょうどいい広さですし、露天風呂からの眺めは近くの山の木々と山肌が迫ってくるようで野趣も楽しめます。

日本三大薬湯には、「草津温泉」「有馬温泉」「松之山温泉」があり、松之山温泉をすこし勉強してみようと思います。(ホンとかよ~┐(´-`)┌)

Dscf1140

なめこ汁とおにぎりのセット(550円)です。

白米と玄米のおにぎりは、もち米のようなもっちりとした食感の美味しい棚田で取れた地元米100%です。なめこ汁は味噌風味豊かでしたが、チトしょっぱかったなぁ~

美しい原風景の棚田と美人林のあとは、松之山温泉がオススメですね!

(No.1,870)

2012/07/17

笹ヶ峰 夢見平遊歩道

Dscf1101

月曜日の新潟県の最高気温は、35度前後の猛暑日の予報とのと。

急きょ、カミサンに県内の標高の高い場所で山歩きを提案したら、「まあ、行くわ…」とのことで妙高方面にしました。

妙高ICで降り、杉野沢温泉入り口から細いカーブの連続が続くのでかなりの運転テクニックが必要ですぞ~

笹ヶ峰ダムより乙見湖の向うに妙高山、火打山を望みます。ここは標高1300mで気温は23度でとても涼しいです。

Dscf1103

約100段ほどの階段を登ると、夢見平遊歩道です。

赤いほうのルートを時計回りに約2時間で周回できるコースにしました。

Dscf1133

最初の分岐点を左にしばらく下ります。ほどなくすると、白樺の森です。高原の雰囲気が気持ちよく味わえます。

平坦で、地面はほどよく柔らかく歩きやすくよく整備された遊歩道です。

春には、カタクリや水芭蕉の群生が見れますが、今は見ることができません(残念…(゚ー゚;)

Dscf1104

カラマツの林です。歩くだけで雰囲気が変わって楽しいです。何度も小さな小川を、小さな橋で渡ります。

Dscf1106

歩きはじめて、17分。富治橋です。冷たい清流でタオルを濡らして汗を拭きながら水分補給です。

Dscf1107

歩きはじめて、25分。「ズミトンネル」があり、腰をかがめないと歩けない道が100mほど続きます。これ、けっこう疲れますね。

Dscf1111

歩きはじめて、40分ほど。すこし視界が開ける「夢見平」に着きます。手前の森の緑と、山の薄緑が印象的です。

中央の山は、さて?何山だろうか?

Dscf1116

「夢見平」付近には、皮がむしり取られた木が三本ほどあります。

  これって、まさか熊の仕業…?

  まっさかぁ~~Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01sweat01

Dscf1118

すこし、早歩きになりますね~

歩きはじめて、50分ほどで中間地点の標識です。

Dscf1119

中間地点を過ぎると、ほとんどこんな感じです。真っ直ぐな木道が小川沿いに森の中を進みます。汗は、もう引っ込みます。

Dscf1124

天狗と仙人の悲しい友情の言われのある「涙川」。

Dscf1126

歩きはじめて、1時間10分ほどにある稲荷神社です。

鳥居の両脇には大きな御神木が祀られて両方がしめ縄でつながっています。

どういう言われがあるか知りませんが、こんな深山の中に祀られていると思うと、どこか神秘的です。

Dscf1128

Dscf1130

カミサン曰く、「私には、とっても丁度いい山歩きらったて~」

私曰く、「すこし、物足らね~が、まあ、いいか…」

Dscf1131

1時間40分ほどの山歩きは、完全にクセになってしまったようです。

クルマで下山すると、登りでは気が付かなかったが、野尻湖と志賀高原の山並みがよく見えました。

帰りは、飯山市から国道117号線を経て帰りました。

Dscf1139

(No.1,869)

2012/07/10

田上町 「食堂しみず」

Dscf1052

護摩堂山の紫陽花を満喫して、「湯っ多里館」で汗を流してからすこし遅いお昼は、はじめての「ラーメン・焼肉 しみず」です。

国道403号線沿い、羽生田交差点を加茂市方面へ150mほど進んだ左側にあります。

途中から、激しい雨が降りだします。

2時を過ぎれば、たいがい「準備中」の看板ですが、ここはまだ営業していました。

店内には、暇そうに店主らしいオヤジさんがビールを飲みながらゴルフ番組を見ていたようですが、私が入店するなり、…(´,_ゝ`)プッ    まあ、いいか!( ̄ー ̄)ニヤリ

         海鮮ラーメン(750円)です

Dscf1050

Dscf1051

エビ、イカの出汁スープとキャベツ、玉ネギの野菜の旨味、そこに胡麻がいい感じで交わります。

塩系ラーメンは、素材の味をストレートに感じやすく、よほどの自信が無いと出さないと聞いたことがありますが、このお店はその自信が伺えます。

おいしい一杯。ご馳走さまでした。

(No.1,868)

2012/07/09

紫陽花と手取ヶ淵の滝

田上町、護摩堂山頂上付近の3万株の紫陽花は今が見頃です。

標高274メートルの登山道は、頂上まで40分ほどの、なだらかな登りでです。

10:36、登山道入り口には、名物の「そうめん流し」の列と、協賛しているらしき〇〇信金組合さんの記念撮影です。

「6÷3」は~~~~?

「ニィ~~~(* ̄ー ̄*)」…らってぇ~~

Dscf1016

10:55、東屋周辺にヒメサユリが見頃を迎えていました。周辺は、人工的に整備をして増やしているようです。

Dscf1038

11:08、頂上まで約300m付近に分岐点があり、どちらからでも頂上を周回でき、多くは左に進み、右手から帰るようです。

Dscf1021

11:15、全山が鮮やかな紫陽花の花と緑で埋め尽くされています。周辺は紫陽花の回廊のようになり、その美しさにうっとりします。

Dscf1024

Dscf1026

Dscf1029

Dscf1034

Dscf1027

このまま下山したらおもしろくない無いので途中から、左手に降りて「手取ヶ淵の滝」に行きました。

Dscf1049

ほどなく、標識があり、左手「県道へ」を進みますが、ほとんど誰も通らないようです。

Dscf1048

標識から10分ほど下り、県道から10分ほど歩くと「手取ヶ淵」の標識が右手に見えました。左手の階段を下りて行くと滝の音が大きくなります。

Dscf1046

    葉っぱの上で私を待っている先客がいました。

Dscf1042

私の記憶では、カナヘビだと思うのですが…子供の頃、よく目にしましたね~

シャッターを切ると、その音でスルスル~っと逃げていきました。

Dscf1044

「手取ヶ淵の滝」の上流は勢いよく流れそれが二股に分かれて滝壺に落ちます。滝の正面から撮りたいのですが、足場が悪くて滝壺に落ちそうなので「勇気ある撤退」にしました。

幽玄なるその滝と自然を独り占めできたいい一日でした。

(No.1,867)

2012/07/06

燕市 「食い処 政」

燕市水道町3丁目物流センター入り口交差点を県央大橋に向って100メートルほど進んだ左側にある「食い処 政」でお昼でした。

このお店は「食い処」とあって定食と麺類が充実していて選ぶのに悩みます…

Dscf0969

サンマー麺とマーボー麺が美味くて体験済みなので別の麺類にしたいと思うのですが!?

平日の昼食コースに、カレーラーメンや、もやしラーメンが500円にグラッときましたが、サービスセットメニューをいただきました。

ラーメン(550円)+250円で半チャーハンです。

Dscf0970

Dscf0973

魚介系出汁スープと背脂、メンマ、ほうれん草など当地、燕市ではオーソドックスな麺面ですが、中太のストレート麺の食感とツルッとした食感で私の好みです。

Dscf0972

半チャーハンは、サラッとしたパラパラの炒め具合が◎!ほど良い塩加減、肉の旨味もバッチリです。

そんな中、ほかのお客は500円のもやしラーメンを食べているのが目に入ります。

「なにぃ~~?このボリュームで500円ッ!か~!」

次回は、平日の500円のもやしラーメンが是非、食べた~~~い!

(No.1,866)

2012/07/04

オーシャン・ブルー

Dscf0948

今朝、3輪咲いていました。目のさめる夏の海のようなブルーが好きです。

今年も、ノアサガオの一種の「オーシャンブルー」を植えてみました。二株は路地植えで、三株は大きめのプランターに一株づつ植えました。

どちらも南東方面の日当たり良好の場所に植えて、グリーンカーテンを楽しみたいと思います。

次の経過報告をお楽しみに。  (  ̄^ ̄)ゞラジャ??

(No.1,865)

2012/07/03

夕陽と虹の出会い

Dscf0951

今日の夕陽は、いつになくきれいです。帰宅して、茜色に染まる西の空、表情を変えてゆく雲を見ていました。

きれいがゆえ、いつしか、それも色褪せて群青色の四十万に包まれると思うと、今日は刹那ささえおぼえます。

振りかえると、東の空には夕陽に染まった虹…。

Dscf0958

   そうだよ、陽はまた昇るんだよ~^^

(No.1,864)

2012/07/02

2446段の先に…~出羽三山神社

Dscf0931

鳥居の奥に朱塗りの「隋神門」があり、その先から2446段の石段が始まります。

Dscf0903

最初は下りの石段。緑の中に「祓川神橋」が映えます。

石段を登りはじめて5分ほどで「国宝 五重塔」が忽然と現れます。

杉並木の中に荘厳と佇むその姿は、見る者をくぎづけにします。

Dscf0928

Dscf0906

いよいよ、本格的な登りがはじまります。一の坂、二の坂、三の坂と大きく分けて三箇所の長い急な登り坂がある。

Dscf0909

Dscf0911

どこまでも続く、続く、続く…そんな想いで登ります。

それでも参道を駆け上がる風が気持ちいい。

休みながら登って約一時間で山頂です。

「出羽三山神社三神合祭殿」は、月山・羽黒山・湯殿山の三神を祀る豪壮な建物。

厚さ2.1mもの萱葺き屋根にも圧倒される。

Dscf0917

一年の下半期が始る七月一日、強大なパワーupを頂いて乗り切れそうです!!

(No.1,863)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック