2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/30

夕焼け

Dscf1813    

       猛残暑お見舞い申し上げます

帰宅途中の一枚です。(6時21分撮影)

夕陽まで熱そうです。

連日の猛暑で身も心もトロケソウデス…( ̄◆ ̄sweat02)

(No.1,906)

2012/08/28

あたらしいメガネ

お盆休みに新たにメガネを作りました。普段気にならないのですが車の運転時、特に雨の高速時には見えにくく気になっていました。

チラシのメガネを狙っていていろいろ試してみましたが、どうもピンときません。

いままでとは違ったフレームを選ぶのってそれなりに勇気がいるものです。

入店時から店員さんが掛けていたものがどうも気に入っています。

     「それと同じメガネ下さい」…

Dscf1442

予算をかなりオーバーしてしまいましたが、未来への視界は良好?のようです。

(No.1,905)

2012/08/27

銀山茶屋

Dscf1781_3

魚沼市(旧小出)国道17号線から352号線を奥只見方面をすすんで約40分です。奥只見シルバーラインの20数キロのほとんどは、トンネルというまさにモグラロードです。

終点5キロほど手前のトンネル内の分岐点を右折すると赤い橋を渡るとすぐ左側にあります。大きな店なので分かりやすいです。

手打ちざる蕎麦(700円)と山菜4点盛(300円)です

Dscf1779

春に採ったフキノトウ、ミズナ、フキ、ゼンマイは、その味覚と食感が今でも楽しめました。

Dscf1780

風味豊かで、丁度いいコシ加減でおいしくいただきました。

食べたついでに店主らしい女将さんに聞きます。

「災害復旧工事で通行止めの尾瀬への国道352号線はいつ頃復旧らね~」

「今年、10月中には復旧しますね~」

maple紅葉の時期、魚沼地方から尾瀬や福島県桧枝岐村までクルマでいけそうですね~^^

(No.1,904)

2012/08/25

朝のヴィネスパ

今朝、角田山浦浜コースを登った帰りにヴィネスパで汗を流しました。キツネノカミソリはもう終りかけています。

カーブドッチと併設している日帰り温泉と宿泊施設で、朝6時~9時(退館時間)まで500円で入浴ができます。8時半すこし前に入館したのであまりゆったりできません。

はじめて行きましたが大人の癒しの空間とでもいうのでしょうか、すこし贅沢な時間が流れます。

Dscf1762

Dscf1751

Dscf1755

Dscf1752

館内は、いい感じの調度品で統一され洋風の造りで非日常ムードです。

お風呂は、内風呂1つ露天風呂2つあり、とくに露天風呂は芝生と季節の花が咲き、角田山が望めます。

特に、女性には人気のようです。

(No.1,903)

2012/08/24

燕市 まつや食堂

       残暑お見舞い申し上げます。

当地新潟県でも猛暑日が連続10日観測されています。こんな時、汗を流し疲れた身体が欲しがるラーメンが「まつや」です。

燕市殿島2-7-3の人気店ですが20~22日まで休日でしたので昨日(23日)に仕事帰りに行きました。6時過ぎで空いていましたが一人だったのでカウンターに座ります。

「と~ちゃん!中華ッ!脂は普通にしてくんなせや~」

          中華そば(600円)です

Dscf1727

Dscf1728

もう、なにも言うことはないです。

いつ行っても抜かりの無い極上の一杯でした。

(No.1,902)

2012/08/23

四十八池と裏志賀山

前山サマーリフト(5分)で前山湿原です。気温21度。

そこから徒歩10分の「渋池」は、横手山を映す静かな池で渋峠から長野県側へ登ってきた道を下ります。大規模なスキー場やホテルが多く建つ「バス停 硯川」近くのす。

Dscf1669

ほとんど平坦な道ですが、深山の雰囲気を味わえます。20分ほどで「志賀山分岐点」です。左が志賀山、裏志賀山への登山道。右が四十八池方面です。

私は、右手の四十八池に向います。とてもよく整備された道です。

Dscf1673

10分ほどで小さな腰掛を見つけて休憩と給水です。いい雰囲気です。

Dscf1674

15分ほど歩くと四十八池湿原です。東屋とキレイなトイレがあります。チョッと我慢していたのですぐに「小」の用を済ませます。

Dscf1678

Dscf1677

何処となく秋の雰囲気が漂う湿原です。木道の先には裏志賀山(2040m)です。

木道の終点には広いスペースが設けられいます。その先から大沼池方面と裏志賀山登山方面に分かれます。私的にはここから先は、まったく調べていなく迷いましたが、、裏志賀山登山にしました。山頂まで0.8kmですから30分ほどでしょう。

Dscf1681

鳥居をくぐるとすぐに登りにくい登山です。

Dscf1682

険しく急な岩場が何箇所もあり、ロープの助けがなければ無理でした。

上からはボーイスカウトが元気に降りてきますが、保護者さんたちはもうヘロヘロ~~

山頂から見た四十八池湿原とエメラルドグリーンに輝く「大沼池」です。

           感激の瞬間ですね~

Dscf1695

Dscf1697

Dscf1694

錦の紅葉のころ、また見たい景色です。

(No.1901)

2012/08/21

冷房効きすぎ!志賀高原

Dscf1652

一番に目指したのは、長野県と群馬県の県境にある「渋峠」です。ここは標高2172mで国道では一番標高の高い地点です。

気温18度。半袖では寒いくらいです。

  冷房、効きすぎだぁ~~(^-^;

10時すこし前に着きましたが、雲に覆われて視界がほとんど利きませんが、群馬県側をのぞくと(標識の向こう側)すこし景観が見えました。

Dscf1655

Dscf1656

晴れて晴れていれば森林限界を超えた向うには、白根山の荒涼とした景観が楽しめるはずですが残念ですが、やっぱり素晴らしい景色ですね。

時間が経つにつれて群馬県側から雲が流れてきて視界がだんだん悪くなります。

仕方なく諦めて渋峠から長野県側に戻ります。

Dscf1648

笠ヶ岳と私が走ってきた志賀草津道路が見えます。

景色を見ながらコンビニのおにぎりと、サンドイッチで遅い朝食にしました。

次の目的の「四十八池湿原」にクルマを走らせました。ここが、今回の一番楽しかった場所でした。(つづく)scissors

(No.1900)

2012/08/20

道の駅 北信州やまのうち

暑さのせいか、パソコンの動きが悪いです。お盆明けの私、そのものですわ~( ̄○ ̄;)sweat02




志賀高原の帰りに寄った「道の駅 北信州やまのうち」でお蕎麦をいただきました。

国道292号線、志賀草津道路の戸狩湯田中IC近く左側にあります。

自販で食券を買いますが、冷しなめこ蕎麦か天ぷら蕎麦か迷います。

普通盛りより1.5倍の量の蕎麦には、ナメコと大根おろしがトッピングされ、野沢菜が添えられていてうまそうです。

山葵をすこし麺に載せていただきます。

     冷しなめこ蕎麦(大盛)650円です

Dscf1718

Dscf1719

冷たい鰹節のきいた出汁の蕎麦は、コシもよく美味しく喉を通ります。

今でも、はっきりと思い出せるほどの一杯でした。

尚、国道最高地点の「渋峠」、志賀高原湿原の四十八池湿原めぐりから裏志賀山登頂の記事は、後ほどアップします。

(No.1,899)

2012/08/16

おおおッ~~怒った、怒った!^^

Dscf1550

角田山頂上付近の木道で出会ったコクワガタの雌(たぶん)。

自然で見るのは何年ぶりか思い出せないほどです。

子供の頃を思い出して、しゃがんで木の枝で突っついてみます。

Dscf1551

おおおッ~~怒った、怒った!^^

(No.1,898)

2012/08/15

浦浜コースにキツネがでたぞ~

Dscf1523

6:15 角田浦浜コース駐車場には10台のクルマ。気温22度、早朝はやっぱり涼しい。

先月の28日に、このコースを下山途中に出会った初老の夫婦から、お盆頃にはキツネノカミソリがキレイだと聞き、今朝登ってきました。

そして、下山ではキツネにつままれたような出来事が待っていました。

Dscf1524

Dscf1525

駐車場からすぐに左手からしばらく階段ののぼりがはじまります。沢の声が、かすかに聞こえます。

6:40 登りはじめて15分頃。

左手にオレンジ色のユリに似た「キツネノカミソリ」が咲きはじめていました。つぼみも多く見頃は、今週末でしょうか。

Dscf1526

Dscf1557

Dscf1562

6:50頃、ゆっくり足元を確かめながらの登りが続きます。

Dscf1531

7:05頃 休憩小屋でいろいろ話が聞けました。

新潟県内の日本百名山登頂を目指している方。

大病してから体力づくりで角田山を登る方。

〇〇岳から〇〇岳への縦走の体験談を話す方。

Dscf1532

7:17頃 五ヶ峠コースとの合流点です。ここまでくれば、歩きやすい山歩きです。

Dscf1534

7:24頃 木々に朝日が映えていい気分です。

Dscf1539

7:27頃 灯台コースと合流します。

Dscf1541

7:35頃 木道が緩やかに続けばもうすぐ頂上。

Dscf1542

7:50頃 展望台から新潟市方面を望みながら木陰でおにぎりです。

Dscf1543

先回(7月28日)より不思議に大汗も出なくて楽に登れました。それでもシャツは着替えましたがね~

下山途中、キツネノカミソリの群生場所に着くとな、なんとッ!!

7月28日に出合った初老の夫婦と偶然バッタリ出会いました!!

お互いビックリでキツネにつままれたようでした。

Dscf1558

(No.1,897)

2012/08/14

燕市 わか家

Dscf1467

JR越後線、燕市北吉田駅の「わか家」さんでお昼です。

会社の若い社員さんから「うんめいね~」と聞いてはじめて行きましたが、三階建ての建物なのですぐ分かりました。

格子の引き戸を開けると左に居酒屋風の5席のカウンター席、すぐ右に小さな小上りがあります。中央に4席のテーブル席、その奥に座敷広間があります。

中央のテーブル席に座りますが、隣り席との間隔が狭くてお勘定やトイレなどで席を立つときは気を使いそうです。

Dscf1466

デカ盛りがウリのようで全体に価格は高めですが、はじめてなので、背脂らーめん(680円)にしました。

Dscf1463

Dscf1464

背脂ラーメンの旨味はそのままに、すこし酸味を感じるスープに仕上がっています。

すこし縮れた太麺は、コシというより硬めの茹で加減です。

辛味のない白髭ネギ、万能ネギ、メンマ、チャシュー三枚のトッピングはオーソドックスなものです。

次回は、一番人気の「ゆず塩ラーメン」を食べてみたいと思います。

(No.1,896)

5000円で2時間?飲み放題

Dscf1417

11日、7時から当地燕市のうまいと人気の仕出屋さんで、バドミントンの納涼会でのコースです。

画像にはありませが、白身の魚と季節の天ぷらが付いて満足できます。

送迎バス、座敷テーブル席、最新カラオケで歌好きにも好評です。

だいたい3500円の料理と1500円の飲み代で5000円になります。

宴がはじまれば生ビール、日本酒、焼酎が飛ぶように?飲まれます…

店主曰く 「おめさんたち、いっぺ~こと飲むね~」

15分前、飲み物ラストオーダーでは焼酎ボトル1本と冷酒数本が追加され、終ったのは11時近くでした。二次会のカラオケスナックまで送ってもらいました。

さて、この仕出屋さん、どれほどの儲けがあるんだろう?余計な心配をしてしまいました。

(No.1,895)

2012/08/13

お盆に飲みたい新潟銘酒

Dscf1313_2

八海山醸造 夏季限定の特別純米原酒と、朝日酒造の大吟醸生酒 久保田 翠寿(すいじゅ)を買い求めました。

どちらも冷してこそ美味しい、この時期ならではの香り豊かであと味スッキリして食材との相性もいいようです。

セガレが帰省、娘夫婦も揃って久しぶりに賑やかな夕食を囲めます。

Dscf1314_2

弥彦神社の鳥居まえの「酒屋 やよい」さんは、弥彦村界隈の小さな酒蔵と新潟県銘酒を多数取り揃えていますので、時々利用させてもらっています。

(No.1,894)

2012/08/12

燕市 味の店クォウライ

暑くてもやっぱりうまいラーメンが食べたくなります。

それもピリッと辛い坦々麺が…

味の店 クォウライでカミサンとお昼です。

燕市吉田東栄町40-12、住宅街の一角にあり説明が難しいのでhttp://r.tabelog.com/niigata/A1501/A150102/15001653/dtlmap/を参考にしてください。

           坦々麺(700円)です

Dscf1433

美しい器には、白胡麻が浮き青梗菜、白髭ネギ、挽き肉、キクラゲ、ザーサイがバランスよくトッピングされています。

Dscf1434

豆板醤の辛味がほどよく効いたスープと白胡麻がコシある細麺に絡みます。

口の中で白胡麻が楽しく弾けます。

            思わず唸ります。

   「うん、うまい…いい味だ…」

       カミサンの広東麺(750円)です

Dscf1431

胡麻油で炒めたたっぷり野菜と、その旨味がトロミのスープと融合した美味しい一杯でした。

坦々麺&広東麺は、暑い夏こそ食べて大正解の一杯でした!

(No.1,893)

2012/08/11

燕市 王風珍

Dscf1407

燕市下粟生津交差点を分水方面に150メートルほど行った右側にある「王風珍」(わんふうちん)です。

大きな店で堂々とした店構えです。2時半ころ行きましたが、店内はほぼ満席状態でカウンター席に案内されます。

久しぶりに行きましたが、いままでのテーブル席が少なくなり、大きく余裕のあるカウンター席になっていました。カウンター党にはうれしいです。

           王風麺(750円)です

Dscf1408

Dscf1406

当地燕市では、定番の煮干魚介スープに背脂が浮く器には、辛味のある白髭ねぎ、メンマ、モヤシ、チャーシュー三枚、香り豊かな海苔がトッピングされています。

おいしい中太麺との白髭ねぎやメンマの食感、口の中でとろけるチャーシューが3枚も楽しめます。この内容でこの価格なら人気があるのも当然ですね~

(No.1,892)

やっぱり「枝豆」

Dscf1259

デッキに茹でられた枝豆は、塩を振られていい香りを漂わせます。

花に水やりをしながら、つまんでいます。

品種などにはこだわらなくても、香り豊かな自家製や、いただいた物が毎日食べられます。

私は、茹でたてアツアツを、はふはふ~と言いながらが好きですけど、カミサンと母は冷ましたほうが好きなようです。

(No.1891)

2012/08/10

西会津 えちご家

Dscf0619

新潟県と福島県を結ぶ国道49号線沿いの、福島県の西会津町野沢地区、道の駅「よりっせ」近くの「えちご家」に行きました。

商店街を通り抜けて、磐越西線野沢駅の近くです。

2010年、福島うまいもんグランプリで初出場で見事グランプリを獲得したのがここ「えちご家」の味噌ラーメンです。

「野沢味噌ラーメン」としてこの界隈では一番の人気店のようです。

今回が2回目で、最初は一番人気の「味噌ラーメン」をいただいたので今回は、豚骨ねぎラーメン(700円)にしました。

Dscf0620

豚骨の白濁したスープに絶妙な量の味噌が溶かれた茶色っぽいスープです。

コシというか弾力さえ感じる麺もおいしく、白ネギ、万能ネギ、生姜、キクラゲがトッピングされていました。

Dscf0621

いろんな味噌系ラーメンがおいしく食べられ、道の駅や西会津インターから至近ですので是非、立ち寄ってみたいお店です。

(No.1,890)

2012/08/09

トトロにそっくりッ!

Dscf1390

大平温泉・滝見屋に行く途中の米沢市季山地区にトトロそっくりな森があると聞いたので立ち寄ってみました。

Dscf1389

Dscf1394

胴体は、楠木の大木、耳は杉のようです。近くによると、かなり大きいのがわかります。

森の中には代々古くからこの土地の守り神が祀られていて「鬼の木」とも言われてきたそうですが、今では癒しのキャラクターになっています。

「となりのトトロ」のワンシーンがよみがえってきましたね。

(No.1,889)

2012/08/07

大平温泉 滝見屋

山形県米沢市、吾妻山麓の秘湯、spa大平温泉「滝見屋」spaの露天風呂に入ってきました。

ここは、米沢八湯のなかでも一番アクセスが悪い歩かなければたどり着けない秘湯です。

喜多方「まこと食堂」で朝ラーの後、国道121号線を経て山形県米沢市に入ります。市街地はずれの滝見屋案内所で山道と日帰り温泉の確認をとりました。

Dscf1397

緩やかな登りを過ぎると人家が無くなり細い舗装と砂利道が交互になります。舗装といっても、ただコンクリートで固めただけですからデコボコしています。

徐々に「すれ違い不可能」も多く緊張してきます。

細い急勾配の連続と、ガードレール無の断崖絶壁にハンドルを握る手が汗ばんできて怖ささえ感じます。運転には十分注意をして下さい。これですこしは涼しくなったようだ。

滝見屋案内所から30分ほどで、標高1300mの駐車場です。気温25度ですから下界より7度ほど低く、木陰はひんやりします。

ここから先は、急勾配を下ること20分。勝手に足が前に出て気持ちのいい山歩きです。

Dscf1369

カミサンがポツリと言います。

「帰りは、ここを登るんだよね…」

「そういうことになるね~」

Dscf1371

沢の心地よい流れの音が聞こえてきます。滝見屋の赤い屋根と吊り橋が 見えてきました。くたびれた吊り板はバタバタして隙間からは、川底まで見えそうだ。

さらに、涼しくなる…

Dscf1372

Dscf1387_2 急勾配の山道をクルマで登り、最上川源流に近く深い谷底にある 源泉までもう少しです。

Dscf1380

宿のフロントで料金(大人1人500円)払い、運良く誰も居ない大自然の中の露天風呂を満喫しました!

人里離れた秘湯は、最上川源流の流れと風の流れしか感じない極上の世界です。

Dscf1376

Dscf1381

簡素ですが、よく清掃された気持ちのいいロビーで休息です。

Dscf1383 帰りの吊り橋です。紅葉の時期は、最高だろう…

(No.1,888)

2012/08/06

喜多方 まこと食堂で朝ラー

Dscf1361 日曜日の朝、8時ころに着くと20人ほどの行列です。私とカミサンは、日陰で待っていました。ほとんどのお客は、観光客風ですが地元の建築社員さんも5人ほど並んでいました。

地元の会津ナンバーや福島ナンバーのほかに栃木、練馬、新潟ナンバー(私です)などの県外ナンバー車も多かったです。

因みに、「朝ラー」とは朝からラーメンを食べることをいいます。

店内入り口は、2つあり、左側が食堂の椅子席。右側は、実際に住居されている居間や座敷を開放した部屋で大きなテーブルで相席が普通です。

20分ほどで店内の椅子席に案内されました。

Dscf1362

私は、チャーシューメン。カミサンは中華そばを注文して10分ほどで来ました。

チャーシューメン(900円)と無料のネギ皿を追加しました。

Dscf1363

Dscf1364 うれしいサービスです。たっぷり山盛りにしていただきました。

Dscf1365

Dscf1367

あっさりした醤油ベースですがほんのり煮干の効いた風味とネギの香味と食感が新鮮です。

喜多方特有の平内ちぢれ麺は、肌理も細かくスルスルとした喉越しでしたし、チャーシューも質も量も文句なしです。

これから山形県米沢市の秘湯中の秘湯に向けて出発前の最高の朝の一杯でした。

(No.1,887)

2012/08/05

 ら~めん三咲屋

Dscf1319

新潟市東区イオン新潟東店近くの大形本町交差点近くにあります。以前は、味噌ラーメンを頂いたので今回は、人気の塩系をいただきました。

         塩メンマラーメン(730円)です

Dscf1315

Dscf1316_2

ストレール細麺と、あっさりした塩スープに柔らかいメンマがたくさんトッピングされています。

チャーシューは一枚ですが、やわらかで肉の旨味がしっかりしていて美味しかったです。

全体にバランスがとれたおいしい一杯でした。

(No.1,886)

2012/08/04

だいろの湯 チャシュー麺

猛暑のせいか、人気の「だいろの湯」も混雑していません。

お昼も、順番待ちはほとんどなく座れました。

ザル蕎麦や冷し中華そばもよかったのですが、大のラーメン好きの私は、チャーシュー麺「750円」にしました。

Dscf1279

Dscf1280

Dscf1281

あっさりした煮干と鰹出汁がバランスよく調和したスープです。

         「うん、これ、いい…」

ストレートできめの細かい中太麺は、私好みのコシです。

チャーシューのバラ肉は5枚載って、脂身とのバランスよくやわらかで、ジューシーでした。

専門店や人気店にも引けを取らない納得の一杯でした。

(No.1,885)

なでしこ、女カナリア軍団食うッ!

Dscf1309 リビングで酔っ払って寝てしまったが、深夜1時半ころ暑くて目がさめます。

「そういえば…なでしこVSブラジル戦だ…」

息のむ攻防だったが、まだ未明のため無言のバンザ~イッ!!

(No.1,884)

2012/08/02

今年のグリーンカーテン

リビング東側の腰窓を覆うグリーンカーテンです。

Dscf1261                              (7月29日撮影)

宿根アサガオを60センチ間隔で二株、露地植えにしました。

生育は一般のアサガオとは比べものにならなほど旺盛です。葉の大きさも、手のひらより大きいくらいです。そして、ようやく蕾も膨らみかけてきました。

今思うと、ネットの幅をもうすこし広くしてもよかったな~

因みに設置したネットの大きさは、幅1.8m×高さ2.7mです。

Dscf1263

午前中の屋内の日除けには十分効果があります。

(No.1,883)

2012/08/01

キナレヤ

燕市吉田弥生町6-8「キナレヤ」さんで夕食です。

県道29号線を弥彦村に向った美山交差点を右折して500mほどの住宅街にあり、すこし分かりづらいです。

引き戸を開けると、正面が厨房でテーブル席が4卓あり、その奥には二十帖ほどの大広間には8卓の座敷テーブルになります。ここでの宴会も可能のようです。

和食、麺類、中華とメニューは豊富で味には定評があるようです。

Dscf1294

このお店の麺類では、海老塩ラーメンと海老味噌ラーメンが美味しいと有名です。

            海老味噌ラーメン(800円)です。

Dscf1290

麺の太さは、太麺、中太麺、細麺と選べますが、中太麺にしました。

味噌ラーメンでトロミを効かせた味噌系はめずらしいです。

胡麻油でサッと炒めたプリップリの芝エビ、白菜、ヤングコーン、キクラゲなどなどの具の量もちょうどいいです。

Dscf1291

ウリの芝海老は、胡麻油で炒めた具材の下にあり、大きくて食べ応え充分です。

赤味噌の旨味と野菜の旨味がトロミと出会い、コシのある麺と絡み合う美味しい一杯でした。

(No.1,882)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック