2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/23

県央社会人バドミントンリーグ戦~雑感

県央社会人バドミントンリーグ戦もあと2会場を残す時期になりました。我がチームは、これまで五勝一敗の暫定二位です。

六勝0敗のチームは、ほぼ一位確定です。

上位2チームが昇格できますが、もう一つのチームも五勝一敗でポイント数でも並んでいますが、そことは対戦済みで我がチームが勝っています。

やはり、総力戦必至で最強メンバーで万全を期したい!

そして、最終戦の11月25日(日)には昇格のbeerbottle美酒fujicrownを浴びたいものです。

(No.1,933)

2012/10/22

戸隠高原は、今が見頃です。

きのうの朝、カミサンと母(当年80歳)を連れて7時に自宅を出発して北陸道・米山ICで軽い朝食です。上信越道・信濃町ICから戸隠高原に向います。

戸隠奥社参道入り口近くの無料駐車場は空きは少ないですが、なんとか駐車できました。

ここから隋神門へ真っ直ぐな参道を歩きます。

15分ほどで赤い立派な隋神門。杉木立に赤い門が一際ドッシリと構えています。その手前を左に進んで最初の目的地の「鏡池」に向います。

Dscf2347

Dscf2350

歩きやすい木道が整備されていたり、標識が分かりやすいので迷うことは無いでしょう。

母は、私の登山用のステッキを支えに意外と軽快に進みます。

「おお~、まだまだ元気だねぇ~」

しかし、母曰く「今年は、あっちえかったけ紅葉する前に落葉しているお~」

なるほど…。そういわれれば、思ったより木々の色づきも葉の数も少ないようにも見える。

Dscf2374

歩きはじめて45分ほど、視界が広げて雲ひとつ無い「鏡池」です。

この時期は一番の賑わいのようでカメラを構える大勢の人に交じって油絵に筆を走らせる方もいます。

紅葉も今が見頃になり、今週がピークになるようです。maple

Dscf2370

風の止まった早朝なら、スッキリと湖面に映す鏡池ですが、この日は風が強くてなかなか映してくれません。Dscf2388

それでも、暫しその美しさに見入ります…。

同じ遊歩道を歩いて隋神門まで戻ってに「戸隠奥社」に向います。

緩やかな登りの後に石段が続きます。

隋神門から20分ほどで「戸隠奥社」です。多くの参拝者で賑わっています。

色づいた木々のすぐ上には険しく屏風のような戸隠山が見ています。

戸隠神社、まさに奥信濃のパワースポット「行列のできる神社」です!^^

あッ!それと鏡池の帰りに野猿の親子に出会いました!

画像中央で遊歩道を横切る野猿です。画像クリックで拡大します。

Dscf2371

Dscf2373

(No.1,932)

2012/10/15

OPEN FACTORY

13日(土)、三条市(旧栄町)にある工場を見学できる機会に恵まれました。その企業の商品は、金属材料を仕入れてから出荷まで一貫生産されていました。

会社外観と工場内は、黒で統一されていて照明も明るくとてもきれいです。

金属材料を1000℃に熱し、400tで加圧(鍛造)して全体の形を作ります。

Dscf2275

多くの研磨機が並びます。数十の行程を経て究極の輝きと切れ味が生まれます。

Dscf2283

端材で作られたドアハンドルと照明のオブジェです。

Dscf2279_2

Dscf2272

さ~て何を作っている会社でしょうか?

だれでも数日に一回は使っている「〇〇切り」に特化している「ものつくり」の現場です。

答えは、後ほどこのページで…^^

(No,1.931)

2012/10/13

三条市 王風亭

Dscf2248

三条市興野、第二産業道路沿いスーパーウオロクさんの斜め向いの「王風亭」でお昼です。

以前から、本格的な中華料理屋ということですこし敷居が高く感じたのですが、ネットで調べるとリーズナブルな価格で美味しく本格中華、麺類がいただけるというのでおじゃましました。

店内は、レトロチックな洋風と中華風が入り混じった店内です。意味不明な表現しかできないので御自分で確かめて下さい。たぶん…「へぇ~~、いい雰囲気」ってな感じです。

土曜のお昼ということでテーブル席は込んでいましたが、運良く4人用のテーブルに着けました。

     美味しいと評判の、坦々麺(680円)です。

Dscf2246

Dscf2247

すこし縮れた細麺に濃厚醤油ベースのスープと肉味噌が絡みます。緑の青菜の甘さと苦さが他店には無く新鮮です。

この価格で、しかも本格中華店で坦々麺を食す。忘れられない一杯でした!

(また、行こっと~!)

(No.1,930)

2012/10/10

はじめての角田山、五ヶ峠コース

山歩きに魅せられてまだ日の浅い私ですが、角田山(481m)は、いま一番好きな山です。

今まで何回か稲島コース、浦浜コース、灯台コースを登りましたが、今回はじめて五ヶ峠コースから登りました。

きのうの朝(8日)は、きのうのまでの雨があがって気持ちのいい朝です。駐車場には私のほかにこんな感じでガラガラ状態です。

8時3分。気温14度。サンドイッチを食べてさて、行きますかね~

Dscf2172

頂上まで距離3.1kmです。7コースのなかでは長いほうですが、それだけなだらかなコースのようです。

Dscf2174

駐車場から階段の登りですが、5分ほどですぐに緩やかな山歩きです。

Dscf2175

8時19分。この辺りから、下りになります。「おいおい、こんな道で頂上へ?大丈夫かよ~」そんな感じです。下った後は、緩やかな登りが続いて歩きやすいです。

Dscf2177

8時30分。今までの雑木林から一変、若い杉があたらしい印象。すこし汗が出ます。

Dscf2178

8時35分。東屋で給水です。夏場の山歩きでいつも助けられている真空のボトルと、スライド式のステッキです。

Dscf2180

秋も深まると、花たちも少なくなりますが所々に朝日の中でゆれていました。

ユウガギクでしょうか?

Dscf2176

Dscf2181

木々の合間から左手に青い日本海と、その彼方に佐渡島が見えます。その青さから、まだ夏の名残を感じずにはいられませんね。

Dscf2192

8時47分。浦浜コースの合流点です。

もう見慣れた標識です。

私は五ヶ峠口から2060m登ってきましたが、8割は平坦か緩やかな登りで意外と楽でしたが、この標識手前は滑りやすい登りですので、注意が必要です。

Dscf2184_2

8時54分。灯台コースの合流点です。この辺りから、登山者が増えて私の前後には常に10人ほどいます。

Dscf2185

Dscf2186

左側が五ヶ峠(私が登ってきた道)、右側が灯台コース。手前側が山頂です。

9時7分。頂上。

そこから3分ほどの観音堂から新潟市方面を望みます。見慣れていても、やっぱり素晴らしい眺めと、達成感が湧きます。

ここで食べるおにぎりは最高です。

Dscf2188

Dscf2191

下りの道程では、多くの家族連れや数人のグループや山ガールに出会いました。

「こんにちは~」happy01

「お先にどうぞ~」confident

「お疲れさま~」coldsweats01

同じ頂を目指す人々の会話です。

Dscf2195

下山した10時30分ころにはもう満車です!!

(No.1,929)

2012/10/08

「寺泊」のカニ…?

Dscf2170_2

カニが食べたくなってもスーパーではなかなか売っていません。

当地、燕市から30分ほどで寺泊港があり「魚のアメヤ横丁」に行きました。

茹でたズワイガニ3匹で〇〇〇〇円です。

画像では、大きさが分からないと思いましたので、350ccの缶ビール(第三の)を置きましたが、その大きさがわかるでしょう。

Dscf2171

「実入りはバッチリ」の看板どうり家族で大満足で美味しくいただけましたが、看板には小さく「ロシア産です。地元で茹でました」と正直に書かれていました。

それに、爪や足が折れていたりしていて商品価値がぐっと下がっているのです。

別に気にすることはないです。これで1500円noteですからね。

(No.1,928)

2012/10/04

思わぬ出費、あっちや~(泣!)

時として、自分に思わぬ出費が生じるものです。

一週間前ほどに愛車のヘッドライト(国産社外後付、HID)の右側が切れて交換。

メイドイン・ジャパンがわずか二年でパァ~?

保障期間は一年ということで13000円(高ッ!)+交換工賃の出費だが、ネットで買う中国製並の製品のようで釈然としないんだよね~…

(No.1,927)

2012/10/03

只見線 一部開通だが…

昨夏の新潟・福島豪雨の影響で一部不通になっているJR東日本・只見線(福島県会津若松駅~新潟県魚沼市小出)が一部開通になったという。

Dscf3999

Dscf4003

同線は運休中の大白川(魚沼市)-会津川口(福島県金山町)間のうち、10月1日から大白川-只見(同県只見町)間が運転再開するが、豪雨で鉄橋が流された只見-会津川口間は再開のめどがたっていない。また再開区間の田子倉駅(同)は廃止する方針。(一部HP引用)

廃止予定の田子倉駅ホームは、無人駅。熱心な鉄道ファン以外に訪れる人は皆無です。

時刻表も上下線合わせて7本です。時代の流れというほかないのだろうな~残念。

Dscf3949

Dscf3951

画像は、大白川駅から小出駅方面に向う列車と、私以外、無人の田子倉駅ホームです。(2010.11.7 撮影)

尚、只見線に平行している国道252号線は昨年の10月下旬に復旧して開通しています。

記事の日付を訂正します。

画像の撮影日を2011.11.7と表記しましたが、2010.11.7の誤りでした。本日(10月4日)、訂正してお詫びします。

(No.1,926)

2012/10/02

県央バドミントンリーグ戦まで、あと2週間だが…

県央バドミントンリーグ戦後期日程がが14日からはじまります。

今年の夏は、猛暑続きで平日の練習も間々ならなかったが、涼しくなりようやく練習を再開しています。今年は、今現在、昇格ラインに踏みとどまっています。

がッ!

仕事が忙しい。持病が悪化してきた。肘が痛くて辛い…などなど、各メンバーの状態は完璧ではないようだ。

本業の仕事同様に困っただらけですわ~

(No.1,925)

2012/10/01

燕市 王風珍

国上山を登って、足湯に浸かった後に「ラーメン王風珍」に行きました。

山頂でおにぎりを食べましたが、またお腹が空きます…食欲の秋ですな~

燕市下粟生津交差点を分水方面に150メートルほど行った右側にある「王風珍」(わんふうちん)です。

午後3時頃になると「準備中」の看板が心配でしたが、しっかり営業していました。

さすが、人気店となるとお客の継ぎ目がなく、こんな時間でも10人ほど入っていました。

私は、いつも「王風麺」を食べていたので、今回はまだ食べていない「塩ラーメン」(600円)にしました。

塩のミネラルの甘さと背脂のまろやかさって意外と合うんですね~^^

Dscf2136

カミサンは、普通の「醤油ラーメン」(600円)です。

Dscf2135

どちらも背脂が浮き、ほうれん草、メンマ、チャーシュー2枚がトッピングされていました。

太麺は、きめの細かくツルットした食感で好感が持て、白胡麻と岩海苔を絡めて美味しくいただけます。

麺の量も少な過ぎず丁度いい量だったと思いました。

Dscf2138

「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」、嗜好の違うラーメンですが、どちらもとても美味く繁盛しているのが分かる一杯でした!

(No.1,924)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック