2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/29

西会津町 えちご家

先週、鳥追観音を参拝した後のお昼に行きました。時期的に新蕎麦の美味しい店も調べましたが気温も低く寒かったので温まるラーメンにしました。

新潟県と福島県を結ぶ国道49号線沿いの、福島県の西会津町野沢地区、道の駅「よりっせ」近くの「えちご家」です。

商店街を通り抜けて、磐越西線野沢駅の近くです。

お昼すこし前、運良く小上り座敷に座れましたがほぼ満席です。

駐車場が以前より広くなり駐車に困りませんが、店内は今までどうりですから行列の長さは変わりません。店から出るころには十人ほど並んでいました。

私とカミサンは、ねぎ味噌ラーメン(750円)です。

Dscf2845

甘味噌ベースのスープにスライスした白ネギと万能ネギ、チャーシュー、ニンジン、もやしが盛り付けられています。

よく見ると、白胡麻と小さく刻んだ唐辛子も入る絶妙なさじ加減の演出です。

味噌ラーメンというと辛いイメージがありますが、えちご家さんは、野菜の旨味が溶け込んだ「優しい味噌」を感じます。

麺もツルットした食感で美味しいです。

Dscf2846

母は、五目ラーメン(700円)です。

Dscf2844

透き通った塩ラーメン風味です。

白菜、ニンジン、キクラゲ、キノコ、エリンギ、ネギ、豚肉、鳴門、ウズラ卵など彩りも鮮やかです。良心的な価格も魅力で土日となると、ここを目当てに県外客も少なくないです。

(あれ~、私達もそうだねぇ~)

(No.1,947)

2012/11/28

第28回県央社会人バドミントンリーグ戦・最終結果

11月25日の最終結果です。(画像は拡大します)

Dscf2875

Dscf2876

Dscf2877

Dscf2878

Dscf2879

Dscf2880

Dscf2881

昇級があれば降格もあるだろう。皮一枚で残ったチームもあります。

でも、楽しみながら続けられることの喜びはどのチームも同じだろう。

     皆さん、お疲れさまでした。

(No.1,946)

2012/11/27

会津 ころり三観音巡り

先週の23日に母とカミサンと西会津地方の「ころり三観音」を参拝して来ました。

もう、去年から母の希望でかれこれ三回ほど巡っています。

如法寺 鳥追観音~ 恵隆寺 立木観音~ 弘安寺 中田観音の順に参拝です。有名な「抱きつき柱」はどの寺にもありましたので、気のすむまで抱いて下さいね。

11時15分頃、如法寺 鳥追観音は、あいにくの冷たい雨で心底冷え、息も白いです。

Dscf2842

東の入り口から入り、観音様に手を合わせ西の出口に向う珍しいお堂です。なにやら東西向拝口というらしい。

  東に生まれて、西の浄土に眠る。

すべての人が西方浄土へ向うことができるように…との思いが込められているという。

左甚五郎作と伝わる社を飾る彫刻が見事で、三匹の猿を見つけるにはガイドさんの説明が必要のようです。

Dscf2839

お昼は、お気に入りの西会津IC近くの「えちご家」でした(のちほど書きますね)

1時15分頃、恵隆寺 立木観音に着く頃には時折り陽が射してきます。

萱葺き屋根に、終りそうな銀杏の黄色が印象的です。

十一面千手観音が本尊。本尊は像高二丈八尺(8.5m)で、わが国最大級の高さを誇る一木彫の木像で国の重要文化財は必見です。
 本尊の左右には、二十八部衆と風神、雷神が安置されている。

Dscf2847

1時50分頃、弘安寺 中田観音に着きます。

野口英世と母、シカもこの金銅造十一面観音立像を信仰しており、堂内には手を合わせる二人の写真も拝見できます。

Dscf2849

   ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

母も、先日には傘寿を向えることができました。

畑仕事や、手芸を好み明日は町内倶楽部で温泉忘年会だと楽しみにしています。

すっかり小さくなった背中を見ながら、「まだまだ、元気でいてくれ…」

(No.1,945)

2012/11/26

逆転で昇格ッ!^^

きのう、県央バドミントンリーグ戦の最終戦でした。

暫定3位の我がチームは2位以内を目標に試合に望みます。

結果、2-1で勝ち、暫定2位のチームが0-3で負けたため我がチームが2位に浮上して逆転昇格が決まりました!

3時から6時まで市内某所にて慰労会と忘年会を兼ねてぐっつら飲み、その後2次会へ流れましたね~

ひさしぶりに「ご隠居」の元気な姿も拝見できました。

おっとと、飲みすぎでヘロヘロの顔も…?

Dscf2859

     一本〆で締めくくりました!

(No.1,944)

2012/11/21

バドミントンと忘年会

いよいよ県央バドミントンリーグ戦も25日の最終戦を迎えようとしています。

わがチームは、暫定3位。昇格するには2位以内が条件だから可能性は五分五分だろうか…。できることを、最大限にやる。それだけだ。

その後、3時から反省会と忘年会を兼ねた飲み会が楽しみで段取りは万全。

最高の結果と、和気藹々とした報告をしたいなぁ~

(No.1,943)

2012/11/20

燕市 和食堂 てっ平

先日の日曜日は、てまりの湯の貸切り部屋にて、M高校ラグビー部保護者(燕支部)会の忘年会でした。とは言っても当のセガレ達が卒業して5年がたちますが、保護者同士のつながりは今も続いています。

11時から夕方の6時まで和気藹々と飲んで語って、湯に浸かった有意義な時間でした。

その帰りにS氏夫婦と和食堂 てっ平におじゃましました。飲んだ〆はやっぱりラーメンです。

さて、何ラーメンだかよく憶えていません。それでもシャッターを無意識に押していたようですね~

炙ったチャーシューの美味さと、濃厚背脂ラーメンだったことは覚えています。

Dscf2808

Dscf2810

Sさん夫婦、Aさん夫婦、Oさん夫婦、そしてTさん、Nさん楽しい時間をありがとうございました。またこれからもよろしくでっす!heart04heart02

(No.1,942)

2012/11/12

燕市 ラーメンなおじ

Dscf2752

燕市吉田鴻巣27-44、国道116号線沿いホンダ越後中央店隣りです。以前は「ラーメン響」でその後、「ラーメン なおじ」、そしてもう一度新装開店して店内は一新されていました。

引き戸を開けると食券販売機があります。店内は、正面に広めのオープンの厨房があり、それに直角にカウンター席が三列ほどありその奥にちゃぶ台が置かれた座敷があります。

なかなか考えられたレイアウトです。

土曜のお昼時で駐車場はほぼ満車。私はカウンター席に案内されました。

Dscf2748_2

「B6さん中華そば大盛~~!」元気な店員さんの注文から5分ほどで来ました。

大盛は無料。特盛は+100円です。

醤油と煮干の香りが食欲をそそります。

Dscf2750

Dscf2751

スープをススルと他店とは明らかに違う濃厚な美味さ…。カタクチ煮干とウルメ煮干が使われていることを知り、納得の旨味です。

極太の平打麺は、固めに茹でられすこしゴツゴツした食感だから好みの分かれるところだろう。

私は、すこし柔らかめが好きですから、茹で方を選ばれるほうがいいと思います。

チャーシューは、画像を見ると分かると思いますが、中ほどがピンクっぽくシットリした食感で肉の旨味かストレートに感じられました。

こんなチャーシュー、はじめてだぁ~~!!

(No.1,941)

2012/11/11

紅葉の弥彦山で思うこと。

今朝、きのうの雨もあがって紅葉した弥彦山が朝日に照らされていました。

8時5分、自宅を出て8時20分頃、弥彦神社脇の駐車場に着くが満車のため別の第一駐車場に止めます。

菊祭りが開催されているためだろう県外ナンバー車も多い。

8時36分。登山道始まりの鳥居に着く。ここからすこし丸太で作られた階段の登りが続く。右手の清水茶屋を過ぎるとつづら折りの山道が4合目あたりまで続きます。

Dscf2765

つづら折リの登山道では、杉の木立の中に黄色に色づいた広葉樹がきれいです。

8時58分。三合目です。このあたりから、紅葉が本格的に色づいてとてもきれいです。

Dscf2766

9時5分。四合目を過ぎて視界が開けてきます。汗がかなり出ます。

Dscf2767

新潟市方面です。緑、黄、赤のバランスがとてもいいです。

Dscf2771

9時17分。五合目の鳥居で水分補給です。ここから七合目辺りまでが色づきのピークだと感じます。

Dscf2772

頂上のテレビ塔が近くに見えるようになります。

Dscf2774

Dscf2777

Dscf2780

そういえば、4月の頃、この辺りは残雪とカタクリが咲いていたな~

5月は、若葉萌え、いのちが一斉に芽吹いた。

7月は、大汗かきながら登った…。

そして今日は、同じ道を紅葉が彩っている。

季節の移ろいを肌で感じられるのは、やっぱり山歩きだよな~

  ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

9時29分。7合目の「里見の松」展望台に着きます。この辺りは比較的緩やかなな登りもありピッチが上がります。

Dscf2784

9時48分。9合目の展望レストハウスから蒲原平野を望みます。登りはじめて1時間12分でした。

手前に弥彦温泉街、そこから私の住む燕市、その奥に三条市です。粟ヶ岳などの稜線がはっきり確認できます。

こうして見ると、小さな街でもっと小さな自分達が「あ~でもね~、こ~でもね~」と、生かされていると実感できる。

Dscf2786

それにしても風が強くて寒く感じます。意外と海側からではなく、平野側からです。

10合目の奥の院は断念して下山しました。

Dscf2792

険しく細い登山道では大渋滞…。下りも58分とゆっくりでした。

紅葉がきれいだったのでそれもOKでしたね~

(No.1,940)

2012/11/09

西会津町 えちご家

Dscf2682

新潟県と福島県を結ぶ国道49号線沿いの、福島県の西会津町野沢地区、道の駅「よりっせ」近くの「えちご家」に行きました。

商店街を通り抜けて、磐越西線野沢駅の近くです。

と、言っても日光からの帰りでしたので磐越道・西会津ICで降りて5分ほどで着きます。

わざわざ高速を降りてまで食べたいラーメンかい?そんな声が聞こえてきそうですが、わざわざ食べたいラーメンです。

店内には、6人の男性がバイクツーリングの反省会をbeerジョッキ片手に盛り上がっています。

「うううぅ~~…。俺も飲みてぇ~~。(≧д≦)sweat02

    「豚骨ねぎラーメン」700円です。

Dscf2680

Dscf2681

豚骨の白濁したスープに絶妙な量の味噌が溶かれた茶色っぽいスープに白ネギ、万能ネギ、生姜、キクラゲ、焼豚がトッピングされています。

麺は、細いストレートですが抜群のコシとツルットした喉コシで美味しくいただきました。

2010年、福島うまいもんグランプリで初出場で見事グランプリを獲得したのがここ「えちご家」の味噌ラーメンです。

(No.1,939)

2012/11/08

龍王峡と日塩紅葉ライン

午前10時を過ぎると日光市内の道路は前後左右とも渋滞の列が続きます。やはり世界遺産周辺の渋滞が激しいようだ。

匠町にある宿を出て大谷川に架かる神橋を見ながら国道120号線をノロノロと稲荷川橋まで30分ほど。普通なら2~3分だ。

それでも稲荷川橋を右折するとスイスイ走れ、霧降大橋を左折して広域農道~鬼怒川温泉を経て11時頃にmaple龍王峡maple駐車場に着くが満車状態。

仕方なく、道路脇の狭い空き地に止めた。(駐車禁止などの表示無し)

Dscf2665

↑の画像は中間地点の「むささび橋」での案内図です。(拡大します)

龍王峡神社~虹見滝~むささび橋(茶屋あり)~竪琴の滝を時計回りで歩く1時間30分ほどの一般的なコースです。

Dscf2661

立派な虹見滝と、向うの虹見橋を渡って対岸の木道散策路を歩きます。

Dscf2664

↑中間点の「むささび橋」からの眺めに思わず「おおッ~!」と歓声が上がりますが、「紅葉には、もうチョッとかなぁ~」

Dscf2669

Dscf2670

Dscf2668

↓竪琴の滝です。そのほかにもいくつもの滝を見ながらの歩きやすい散策路です。

Dscf2671

すこし遅めのお昼は「食事処 龍王」で食べてからすぐ近くのmaple「日塩紅葉ラインmapleを塩原方面へ山岳ドライブです。

しかし、モミジの色あいがイマイチよくないなぁ~。猛暑の影響かまだすこし遅れているようだ。

↓鬼怒川側の富士見展望台の駐車場近く。

Dscf2672

↓「白滝」駐車場近く。

Dscf2675

↓標高が下がった塩原温泉近くの「大曲のもみじ」の方がきれいに色づいていました。

Dscf2676

Dscf2677

                  (画像は11月4日撮影です。)

一泊二日の日光周辺の旅でしたが、天候に恵まれ心配した渋滞にもほとんど巻き込まれずに無事に帰ってきました。

Dscf2679

栃木、福島県境の「道の駅 たじま」から見た紅葉です。新緑の頃、また訪れたいな~

いい充電か?それとも放電か?ギャハハハ~~!!

(No.1,938)

2012/11/06

ほとんど東照宮へ…?

朝、9時半まえの東照宮に向う表参道は多くの観光客で埋めつくされそうだ。

ほとんどの観光客は先ずは?東照宮へ向っています。

東照宮入り口の石鳥居の手前を左手の下新道を進むと「二荒山神社」と「輪王寺 大猷院」があるがどちらも人影はまばらだ。

今回は、徳川三代将軍の廟所である「輪王寺 大猷院」を参拝しました。

仁王門・二天門をくぐると夜叉門があり4体の夜叉が悪鬼が侵入しないように護り固めています。 その奥には、唐門が見えます。

Dscf2648

Dscf2649

唐門の奥の、拝殿・相の間・本殿に入り参拝できるが撮影禁止ですが外側からその豪華絢爛さを知ることができます。

杉木立の緑にshine金箔shineが、ま・ぶ・し・い~~

Dscf2650

「東照宮を凌いではならぬ…」という家光の遺言により控えめな造りだというが、これで控えめなのだから時の最高権力者はやっぱり凄過ぎますなぁ~

Dscf2658

二社一寺周辺の紅葉見頃は、今週末ごろでしょう!

さて、旅の締めくくりは龍王峡散策と日塩もみじラインを走って帰宅しました。

(つづく)

(No.1,937)

2012/11/05

朝、含満ヶ淵と化け地蔵

昨夜は11時半まで宿の旦那さん、奥さん、カミサンと4人で呑み語らいすこし二日酔い気味だ。bottlebeer

それでも宿の後ろには大谷川(だいやがわ)が流れて川のせせらぎが心地いい。

雲ひとつ無い青空だ!

川のBGMを聞きながらの朝食は和食です。

8時15分ころ、早めの行動開始!歩いて10分ほどで含満ヶ淵にたたずむ「化け地蔵」へ。

Dscf2640

Dscf2642

Dscf2641

朝日に映える紅葉と奇岩の間を流れる大谷川、それを無言で見つめる地蔵様。

Dscf2645

行きと帰りで数える数が異なることから「化け地蔵」と言われるどこか幽玄の世界を感じる隠れスポットです。(8時40分ころ撮影)

現在、道際にきれいに並んでいる地蔵群は、明治30年代にこの大谷川(だいやがわ)が大雨による氾濫があって、かなりの数の地蔵仏が流失してしまいました。 大分下流まで流されてしまったようですが その後、時を経てから ようやく各関係有志のご協力を得てここに復元安置されたものです。
又、慈雲寺本堂も もともと、慈眼大師の弟子達が志を一つにしてこの地に寄進されたものですが、 本堂もその時の大洪水によって、共に流されてしまいましたが、昭和48年になってからようやく現在のお堂に復元されたものです。(HP引用)

その後、徒歩15分の徳川三代将軍 家光廟「日光山 輪王寺 大猷院」へ…

(つづく)

(No.1,936)

2012/11/04

「日光~小さな旅」~11月3日

…。

そんなことを書くと立派そうですが「いきあたりばったり」紅葉の日光周辺一泊二日の小さな旅です。

ルートは当初、群馬県の沼田ICから金精峠を経て中禅寺湖に向う予定でしたが前日(11月1日)の降雪で通行止めの情報を得て福島県側から121号線経由で栃木県に入りました。

11月3日、平家の落人伝説の湯西川温泉・平家の里~大笹牧場~霧降高原道路~日光市内の宿~世界遺産・二社一寺のライトアップ

11月4日、含満淵と化け地蔵~日光山輪王寺大廟院参拝~龍王峡散策~日塩もみじライン~湯の香ライン~帰路です。夜8時半ころ無事に帰宅しました。走行距離579km。

とりあえず、画像をアップしました。

Dscf2598

平家の里にて。陽はさしますが、小雨が舞います。濡れた萱葺きと紅葉、そして障子は合うんだよね~趣はバッチリ!!(11月3日10時07分撮影)

Dscf2610

県道23号線、鬼怒川上流方面。高所恐怖症の私は、足がすくみます…(1時28分撮影)

Dscf2617

大笹牧場より標高を上げて霧降高原道路からの遠望です。左手に大笹牧場、中央には川俣湖が望めます。紅葉はすっかり終わっていますが、それはそれでいい感じです。(2時27分撮影)

Dscf2632

日光東照宮 五重塔です。

宿で夕食をいただいた後、日光二社一寺のライトアップ美しさには酔いも醒めましたね~(8時20分撮影)

(No.1,935)

2012/11/01

週末は日光方面へ

世界遺産、日光2社1寺に近い宿を取ったものの、周辺ルートに悩んでいます。

首都圏からほど近い日本有数の紅葉の名所という事で大渋滞でも有名だ。

そこを、避けるのは至難の業だ。キーワードとして「時間差」と「逆流」「ピンポイント」の作戦で楽しんできます!^^

新潟県からは一般的に、関越道・沼田ICから国道120号線で奥日光へ。

その他は、磐越道・会津若松ICから国道121号線で鬼怒川方面へ。

東北道・西那須塩原ICから塩原方面へ。

さて、さて…??

(No.1,934)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック