2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 朝、含満ヶ淵と化け地蔵 | トップページ | 龍王峡と日塩紅葉ライン »

2012/11/06

ほとんど東照宮へ…?

朝、9時半まえの東照宮に向う表参道は多くの観光客で埋めつくされそうだ。

ほとんどの観光客は先ずは?東照宮へ向っています。

東照宮入り口の石鳥居の手前を左手の下新道を進むと「二荒山神社」と「輪王寺 大猷院」があるがどちらも人影はまばらだ。

今回は、徳川三代将軍の廟所である「輪王寺 大猷院」を参拝しました。

仁王門・二天門をくぐると夜叉門があり4体の夜叉が悪鬼が侵入しないように護り固めています。 その奥には、唐門が見えます。

Dscf2648

Dscf2649

唐門の奥の、拝殿・相の間・本殿に入り参拝できるが撮影禁止ですが外側からその豪華絢爛さを知ることができます。

杉木立の緑にshine金箔shineが、ま・ぶ・し・い~~

Dscf2650

「東照宮を凌いではならぬ…」という家光の遺言により控えめな造りだというが、これで控えめなのだから時の最高権力者はやっぱり凄過ぎますなぁ~

Dscf2658

二社一寺周辺の紅葉見頃は、今週末ごろでしょう!

さて、旅の締めくくりは龍王峡散策と日塩もみじラインを走って帰宅しました。

(つづく)

(No.1,937)

« 朝、含満ヶ淵と化け地蔵 | トップページ | 龍王峡と日塩紅葉ライン »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
豪華絢爛って言うより時の権力見せつけられますね。
楽しい旅行だったようですね。
大内宿の写真も良いですね。

長い歴史と自然の日光は奥が深いと感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/56057721

この記事へのトラックバック一覧です: ほとんど東照宮へ…?:

« 朝、含満ヶ淵と化け地蔵 | トップページ | 龍王峡と日塩紅葉ライン »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック