2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/31

宿のネット予約

「今年はどこへ行くかなぁ~」そんな思いが巡ります。

まだ見ぬ風景や地元の美味いもの、同じ場所でも、以前訪れた時とは違う季節にもう一度出会うのもいいものだろう。

私の場合、同日の宿泊日を複数の宿泊施設を「取りあえず」予約して、宿泊日の10日ほど前になったころ、天候や花などの見頃を考慮して決めます。

さて、皆さんは「宿のネット予約」で他の方法があったら教えてください。

(No.1,981)

2013/01/30

咲いてきました…

Dscf3247

母の管理している「君子欄」の蕾みをつけた茎がニョキニョキと伸びてきました。

一年を通して濃い緑の葉が楽しめて一般的に3月~5月に豪華なオレンジ色の花が楽しめます。

年間を通して管理が細かく大変なようですが、毎年咲いてくれます。

私には、とても無理です。

Dscf3248

私が昨年の初夏(6月頃)に買い求めた白いニューギニア・インパチェンスが5つほど花をつけはじめました。蕾みも幾つか出てきました。株も一回り大きくなりました。

花の無いこの時期にうれしく、和まされ、そして癒されて来る春を待ち遠しく思う一月の終わりです。

(No.1,980)

2013/01/28

クォウライの意味は?

きのう食した広東麺など美味い店「クォウライ」の店名の由来が分かりません。

若い女性店員さんに聞いても「さぁ~…。すみません、わかりません」とのこと。

(今思えば店主に聞けばよかったのか?)

パソコンでも漢字への変換ができないので余計に気に掛かります。

お勘定のときに目にして頂いた一つのマッチ箱にそのヒントがあるようです。

Dscf3240

Dscf3241

私の想像ですが、何となく分かる気がします。

(No.1,979)

2013/01/27

燕市 クォウライ

Dscf3234

燕市吉田東栄町40-12(℡0256-92-2896) の住宅地のなかにあり説明が難しいのでナビでの誘導をオススメします

あっちやぁ~ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Dscf3231

店内に入ると正面に赤い札でたくさんのメニューが飛び込んできます。ガラス越しに奥が厨房でカウンター席です。

私は楕円形のテーブル席で人気の「広東麺」(750円)です。

Dscf3232

美しい器からは胡麻油のいい香りが食欲をそそります。

トロミの中には、食べやすい大きさの白菜、ニンジン、キクラゲ、青菜、蒲鉾、ロースハム、真ん中にはウズラの卵です。

なんと言っても野菜の旨味が溶け込んだ醤油ベースのスープが美味いです。

麺はストレートに近い細麺ですが、コシがあり存在感は負けてはいませんね。

Dscf3233

美味い広東麺なら…「クォウライ」で間違いないです!

        ごちそうさまでした。

(No.1,978)

2013/01/26

雪が積もると安くなる~いい湯らてい~

三条市、下田地区にある日帰り温泉施設spa「いい湯らてい」にカミサン、母と三人で浸かってきました。

吹雪による悪天候と積雪の影響で館内は、かなり空いています。

大きなガラス越しから降雪量を測る器具が見えます。目視で20cmほどの積雪に見えます。

Dscf3225

パンフレットによると、決められた時間内で20cm~60cm以上の積雪量によって100円~300円の割引が適用されるサービスが始まったようです。

詳しくは→こちらhttp://www.iiyuratei.com/

入館数の減りやすい時期を逆手に取ったいいアイディアですが平日限定なのが残念です。

Dscf3214

さて、一風呂浴びてお昼です。雪化粧をしたモノクロの八木鼻が望めるカウンター席に座ります。空いているためか数分ほどで来ます。

赤味噌仕立の海鮮鍋に湯上げしたうどんと、卵を追加すると結構楽しめます。

身体の外と内側から温まった土曜日でした!

Dscf3218

夕方、猛吹雪の中でクルマ数台の関係する事故に遭遇して他人事では無いと感じ、手に汗かいての帰宅でした。

(No.1,977)

2013/01/23

右肩が痛てぇ~

今朝、起きると右肩を上げるのが辛い。

いよいよ原因不明の五十肩のお出ましか…?と、思ったがすぐにその原因が分かる。

年末から休んでいたバドミントンの練習を3週間ぶりに再開したことが原因だろう。

ストレッチと基本打ちを主体に済ませればいいのに、歳も考えずにゲームで動き回ったためだが、意外と動けるから不思議だ。やっぱりバドミントンは面白いってことだろう。

今日は、熱めの風呂に浸かって早めに寝ます。

週末には、温泉でリフレッシュか!?

(No.1,976)

2013/01/21

陽がさせば、温かい

めずらしく、鼻水sweat02の出ない一日だった。

最高気温は6度ほどだが、陽がさすと温かく感じる。

まじめに働くと、すこし汗ばむほどだった。

夕方、すこし、日が長くなったようだ。

トップ画面の画像は、三条市下田地区からの粟ヶ岳を望みます。

                        (2012.1月、撮影)

今年ほど春が待ち遠しく感じる冬は、無い。

(No.1,975)

2013/01/20

燕市 「食堂まつや」と映画「東京家族」

50歳以上二人で2000円で山田洋次監督「東京家族」を観る前に、当地燕市の「まつや」ですこし早めのお昼です。

11時半過ぎに行きましたが、一階はほぼ満席だったので二階に案内されます。

ワンフロアーの広いフローリングに6人ほどのテーブル席が6卓ほどあります。

カミサンは中華そば、私は「岩海苔中華そば」(750円)です。

Dscf3197

白い器に乾燥させた岩海苔と、ご存知背脂中華そばのコラボレーションはすっかり定番になりつつあります。

白髭ネギ、メンマ、技術的な薄切りチャーシューと背脂少々です。

スープを吸った岩海苔は、自家製麺のコシ麺と一緒にススルのをオススメします。

もう言葉を失うほどの美味さです。

Dscf3199

その後、山田洋次監督「東京家族」です。

前半は、広島県の地方から出てきた東京でそれぞれ独立して生活するその子供たちの生き様が自然に描かれ、すこし退屈なシーンが感じ取れますが後半からその退屈さの意味が分かるようなラストに続きます。

親ならば誰にでもいつかは訪れ、感じると思います。

ぜひ観ておきたい1本だと思います。

(No.1,974)

2013/01/16

会津地方への指南役は、コレ!

Dscf2948

福島県会津地方を中心としたご当地ラーメン、蕎麦、スイーツなどのグルメ情報・会津三観音などの寺社仏閣巡り・会津若松城などの歴史と自然の観光スポットを地元目線で紹介した観光ガイドブックです。

当初、2011年4月の発行予定でしたが、3月11日の東日本大震災により延期になりましたが、再度協議により同年、7月に出版を決意したという。

そして今年、大河ドラマ「八重の桜」は、どこか重なる。

6月には福島市で第3回東北六魂祭が開催されるという。

福島県に行くっきゃないでしょう!^^

(No.1,973)

2013/01/15

燕市 王風珍

燕市下粟生津交差点を分水方面に150メートルほど行った右側にある「王風珍」(わんふうちん)です。

12日、めずらしく穏やかに陽のさす昼下がりです。

燕市内では理屈ぬきに「うまい!」と唸らせるお店で、風格さえ漂う店構えです。

Dscf3117

厨房横の奥のカウンター席がいつもの居場所です。

いつもは「王風麺」を頼みますが、はじめて「背脂らーめん」(600円)を食べることにしました。

Dscf3112

Dscf3113

Dscf3114

ステンレス製の丸いお盆と、それに似合う器です。

画像で麺の食感と質感、チャシューの旨味、手間隙かけたスープに裏打ちされた納得の味が伝わるだろうか?

コストパフォーマンスと、非の打ち所のない極上の一杯でした!

(No.1,972)

2013/01/14

新発田市 シンガポール食堂

Dscf3175

新発田雑煮合戦のあとにぜひ行きたかったお店です。市内中心部の中央町交差点、第四銀行斜め向かいです。

なんとも珍しい店名に不思議な名物「オッチャホイ」の組み合わせに興味深々です。

店内は奥に厨房があり、4人用テーブルが6卓ほどあります。

Dscf3170

オッチャホイ初体験の私は「皿オッチャホイ」(650円)にします。

Dscf3171

Dscf3172

Dscf3174

幅広のきし麺とモヤシ、ニラ、キャベツ、玉子が油で炒められ無造作に盛られています。

少し赤いのは唐辛子で少しピリ辛で油っこくなく意外とさっぱりしています。

店内にある新聞のコピーを読むと…ふむふむ…そうだったのか~

        謎が解けてスッキリしましたわ~^^

Dscf3169

人それぞれに物語があるものです。

(No.1,971)

2013/01/13

第九回 城下町新発田全国雑煮合戦

Dscf3168

第九回 城下町新発田全国雑煮合戦に行ってきました。

今年から新発田市カルチャーセンターでの開催で、すっかり地元の風物詩になったようです。

私とカミサンは一昨年につづいて2回目です。

会場に10時すこし前に着きましたが、会場の駐車場は満車です。

新発田駅近くの駐車場に止めました。

10時から雑煮販売開始ですが、人気のお店にはもう長~い長蛇の列です。

新発田市を中心に北海道・青森・山形・長野・石川・滋賀・広島県から参戦したお店は49店でした!

              

さて、最初の一杯は…シンプルに!

見慣れた雑煮ですが冬場の野菜と焼餅と出汁が、かあちゃんの味だなぁ~(300円)

Dscf3150

Dscf3151

二杯目は、白味噌と酒粕の中にずわい蟹と湯葉が出会う極上の一杯です。(500円)

Dscf3153

Dscf3154

さて、三杯目を思案していると肉のおいしそうな匂いが漂ってきました。

日本三大和牛の近江牛すき焼き仕立には滋賀県特産の永源寺こんにゃくと、モッチリとした丁字麩も入って美味しく楽しめました。(500円)

Dscf3156

Dscf3157

4杯目は、北海道・雪景色雑煮です。ミルクベースの真っ白なスープはシチューのようなトロミがあり北海道の魚介がやさしく包まれた異色の一杯です。(500円)

からだの芯まで温まります!

Dscf3159

Dscf3158

5杯目は、胎内黒豚のつみれと炙ったベーコンで焼餅を巻いた一杯です。(400円)

ふわっと油で揚げた餅はスープを染ませるとスナック感覚です。Dscf3160

Dscf3161

そろっとお腹もふくらんできました。カミサンは〆の一杯を当地燕市の栗いちごぜんざい(300円)に指名!

お雑煮のあとの口直しに別腹だとか…Dscf3166

Dscf3167

お昼近くになると人込みは最高潮に達して思うように移動できません。

お気に入りの雑煮に投票します。一杯につき投票用のコイン1枚渡されます。6杯食べたので6枚のコインを自由に投票できます。

Dscf3162

さて、今年の第9代征夷大将軍はどこの雑煮が全国制覇!?

(No.1,970)

2013/01/08

きんしゃい亭 燕店

Dscf3104

田舎の零細企業は、フル操業と残業で新しい年がはじまりました。

9時近くになると自宅までのラーメン屋は、燕駅前「喜楽亭」か「きんしゃい亭」くらしか思い当たりません。

燕市井戸巻地区の大きなパチンコ店敷地内にある「きんしゃい亭 燕店」に行きました。

      胡麻醤ラーメン(730円)です。

Dscf3102_3

意外と小さな器です。豚骨スープと豆板醤でしょうか?万能ネギ、モヤシ、紅しょうが、白胡麻、肉味噌がトッピングされています。

テーブルには、おろしニンニク、高野菜、白胡麻などが自由に追加できるので、おろしニンニクを追加しました。

Dscf3103

麺は、硬め・普通・柔らかめと選べ、普通にしました。

燕で極太麺を見慣れているせいか「糸」に見えますが、しっかりとしたコシがあり喉腰は抜群です。

久しぶりに食べた本格博多ラーメンでした!

(No.1969)

2013/01/07

燕市 らーめん大国

燕市、国道289号線を弥彦村方面に向かい、国道116号線交差点手前100m右側にある「らーめん大国」です。

加茂市の加茂山公園前にある本店の姉妹店です。

Dscf3065

店内は、正面にガラス越しに自家製の製麺所があり、運がよければ見学できますが、お休み中で私は見ることができませんでした。

店内の中央に会い向かいのカウンター席があり、その周りには小上り座敷とテーブル席があり、広い店内です。

店内はきれいで、店員さんの対応も感じいいです。

Dscf3060

いろんなジャンルのメニューですが、元々あっさりラーメンが本流ですので「大国ラーメン」と餃子をいただきました。

麺と餃子は、手作り自家製麺ですので賞味の価値はあるでしょう。

Dscf3061

Dscf3062

Dscf3063

きめの細かい肌の細麺との背脂は意外と合う。

餃子も口に含めば、熱い肉汁がぷっちゅっと弾ける。

ただ、太麺も欲しいなぁ~。と、感じたのは私だけではないだろうね~(たぶん…)

(No.1,968)

2013/01/05

訓辞と訓示

今日が仕事始めです。

社長の年頭の訓辞?訓示?は、例年以上に力のこもったものだった。

それにしても訓辞と訓示はどう違うのだろうか?

あるサイトによれば…

訓示…日常的に使われる「注意」のこと。
訓辞…朝礼や、諸種の式などで上の者(社長、校長など)が話す「教
 え。演説」のこと。

となると「社長の年頭の訓辞」が正しいようですね。

昨年、秋口から忙しくなり今年しばらくは忙しい日々がつづくようです。

Dscf3090

Dscf3089

ここ数年、私もカミサンも宴の新年会はありません。仕事帰りに折り詰めランチを頂いての夕食です。

私は、こちらのほうが気が楽ですがね~

(No.1,967)

2013/01/04

燕市 まつや食堂

Dscf3082

正月休みも今日までです。あっという間の7日間で、仕事がしたくてウズウズしています(うそ…)

そんな訳で(どんな訳?)お昼に当地燕市の「まつや」さんで中華そば(600円)にしました。

甘めな煮干醤油にサッと降られた背脂。大きめメンマとチャーシュー、白髭ねぎ、海苔、鳴門…。

いつもと変わらない美味さです。

Dscf3083_2

少し太い麺は、きめが細かくツルッとした食感と、ほどよいコシがいつもと変わらない美味さです。

今年最初の一杯に指名して大正解でした!shinenoodleshine

(No.1,966)

2013/01/03

朝の弥彦神社

元旦、二日と一日中大荒れで、越後一ノ宮・弥彦神社に向う国道は終日長い渋滞だったようだ。

今朝は、ことのほか穏やかな朝だったので8時過ぎに御札を頂きに参拝して来ました。

Dscf3073

右側に「平成二十七年 御還座百年」とあるが、さて何のことだろうか?

Dscf3074

Dscf3078

Dscf3076

未明に降った新雪と朝陽が、背筋をスッと伸ばせてくれる御社です。

(No.1,965)

2013/01/02

越後の古刹 国上寺

弥彦神社に向う国道は初詣のクルマで長い渋滞。

その一方で、越後の古刹 国上寺は参拝者は少なく静かな年明けだ。

静かな分、かえって厳格なパワーを感じづにはいられませんでした。

Dscf3057

Dscf3059

雪の中のお地蔵様が悲しげに思えてなりません。

(No.1,964)

2013/01/01

幸せって何処にある…?

Dscf3047

       健康でこその幸せです。

      皆様の幸せをお祈りします。

(No.1,963)

大晦日だよ!全員集合ッ!!

娘夫婦とセガレが帰ってきての大晦日でした。

すっかり恒例になった仙台・松島湾の牡蠣の鍋と炭火焼です。

昨年は震災と津波の影響で漁獲無しでしたが、今年は小粒ながら味は濃厚で最高です。

Dscf3015

殻取りも慣れたものですぜ~^^

スーパーで生のズワイガニ三杯を発見eyesign03

足が取れているB級だったので値切って約二杯分の値段でゲットッ!超お買い得~~(v^ー゜)ヤッタネ!!

Dscf3020

Dscf3022

細かく均一に「さし」が入り、レアでいただきました。

Dscf3035

あまりの美味さに気絶寸前の大晦日でした!

(No.1,962)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック