2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/30

ここは、まだ早春…貝掛温泉

きのうの続きです。

関越自動車道 湯沢ICから国道17号線を群馬県境へと標高を高めながらのつづら折りです。「かぐら・みつまたスキー場」のゴンドラ駅を過ぎると貝掛温泉バス停、そこを右折すると貝掛温泉の狭い専用道路です。

急勾配の「貝掛坂」と車一台分の「貝掛橋」が否が応でも秘湯へと誘います。

Dscf3562

Dscf3563

清津川に掛かる貝掛橋にクルマを止めます。萌え始めた木々と清流にも早春の風が流れます。いや~気持ちいい~

Dscf3564

温泉に浸かってお昼まで周辺を散策します。

濃い桃色のヤマベニサクラは咲き始め、まだ、あちらこちらに残雪。

宿の方がなにやら耕す。話を聞くと、ヒマワリとコスモス畑の準備をするという。

「きのうは、雪で今日の朝方まで雨だったんです」そうにこやかに笑う額にはうっすらと汗が流れていました。

Dscf3552

都会に住む人と同様に田舎に住む私も、なつかしい風景がそこにありました。

Dscf3560

(No.1991)

2013/04/29

貝掛温泉 日帰りプラン

Dscf3543_2

きのう、カミサンと母と三人で早春の奥湯沢spa「貝掛温泉」spaを楽しみました。

関越自動車道 湯沢ICから国道17号線を群馬県方面へ、20分ほどの一軒宿です。

堂々とした木組み、歴史を感じる調度品などとても趣のある庄屋つくりの宿です。

Dscf3554

私の利用した「お座敷日帰りプラン」は、お昼の和食ランチ、6畳ほどの個室、浴衣、バスタオルがセットになっています。

さっそく浴衣に着替えると、「泊り客気分」になり、リラックスできますね~

Dscf3538

内湯は天上が高く太い梁を巡らせた湯治場の雰囲気がいい!

露天風呂は内湯とつながり、野趣あふれる岩造りで芽吹き始めた木々と清津川の雪解けの豪快な流れが聞こえてこりゃまたいい!

まさに大自然に抱かれながらの長湯ができました。

源泉は37℃と温く長湯ができ、加温した湯と交互に浸かると心身ともにリラックスできて湯ざめもしないようです。

まさに、目玉おやじ状態でっすッ!!

湯上りに宿周辺を散策していると、程なく個室にてランチです。

Dscf3553

地元の採れたての山菜天ぷら、地の川魚お造り、焼魚、かまどで炊いた魚沼コシヒカリなど素朴だが、しっかり素材の旨味を引き出した味付けです。

宿敷地周辺のレポは後ほど…ってことに。

(No.1,990)

2013/04/28

西会津町 大山ドライブイン

Dscf3504_2

国道49号線を新潟県から福島県に入り「道の駅 にしあいづ」手前800mほど手前の左側の大山ドライブインでお昼です。

ほぼ12時に入りましたが店内はほぼ満席ですが、厨房にはご主人ともう一人の女性が切り盛りしています。この分だと、かなり待たせれそうです…

待つこと、25分。会津三大ラーメンの一角「西会津 味噌ラーメン」(650円)です。

Dscf3498

画像では分かりづらいですが、大きめの器には、豚挽肉、もやし、にんじん、キャベツ、ニラ、玉ネギなど地元野菜にこだわり、具材はたっぷりです。

Dscf3501

甘めの白味噌ベースに、酒粕と細かく刻んだ唐辛子とラー油が絶妙なさじ加減で辛さを引き立てています。

これで650円ですからね~^^

肌理の細かい太めの麺と、茹でた野菜の食感も楽しめる大満足の一杯でした!

(No.1,989)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック