2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 出雲、境港、そして皆生温泉 | トップページ | 皆生の宴、…「ゆるり」としますかね~^^ »

2013/05/12

角田山 灯台コース~5つのビューポイント

きのうの雨も止みましたがスッキリと晴れない日曜日の朝です。

自宅から角田山の雲が切れはじめたのは10時過ぎ。今年はじめての角田山灯台コースです。

11時前、駐車場は多くの登山者で埋まりつつあります。

11:06分頃、 海抜0メートルから角田灯台まで登ります。

Dscf4178

急な階段と登山道を登ること10数分、振り返ると真っ青な日本海に白い灯台が浮かびます。

11:18分頃、海から吹き上げる靄がなんともいえないはじめて見る景色です。

一つ目のビューポイントです。

Dscf4179

Dscf4184

11:36分頃、いよいよ細く険しい岩場の尾根が現れます。

足元に注意をしながら登りますが、海風が強くて四つん這いに這うように登りました。

メガネの内側に汗が落ちます…

Dscf4185

海側(右手)と山側(左手)の木々の茂り方の違いが分かると思います。

風の強い海側の環境の厳しさの違いでしょうかね~

Dscf4188

Dscf4192

右手に目をやると、シーサイドラインと、くぐり岩の二つ目のビューポイントです。

Dscf4189

岩場の足元には、コケや小さな花たちが這いつくばうように生きています。

あらためて、また一つ教えられます。

Dscf4193

12:06分頃、登りはじめて約1時間。平坦な森の回廊というべき3つ目のビューポイントです。

木陰の美しい尾根に風が汗を引っ込めてくれます。ああ…気持ちいい。

三つ目のビューポイントですね。新緑の木々を友に比較的平坦な山歩きが楽しめます。

Dscf4195

12:30分頃、分岐点に合流。山頂まで747メートルの標識に元気がでます。

Dscf4197

Dscf4198

12:50分頃、登りはじめて一時間45分ほどで山頂園地です。観光地化されずに最小限度の整備された山頂は好感がもてます。

これも角田山のいいところなのでしょうか?

Dscf4199

山頂から木道を5分ほど歩くと新潟市周辺を見渡せる4つ目のビューポイントです。

ここが一番のお目当てという方も多いと思います。

Dscf4206

さて、5つ目のビューポイントはどこでしょうか…?

ちょうど観音堂の八重桜が満開で見頃を迎えていました!

Dscf4201

Dscf4210

これが、期間限定の5つ目のビューポイントってことです!^^

↓は、番外編で迎えてくれた花たちです。

Dscf4213

Dscf4216

Dscf4217

Dscf4222

(No.1,997)

« 出雲、境港、そして皆生温泉 | トップページ | 皆生の宴、…「ゆるり」としますかね~^^ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/57370592

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山 灯台コース~5つのビューポイント:

« 出雲、境港、そして皆生温泉 | トップページ | 皆生の宴、…「ゆるり」としますかね~^^ »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック