2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/30

那須平成の森

20日に戦場ヶ原を5時間近く歩いたおかげ?で筋肉痛?

こんな日は、あまり無理しない山歩きにしょうか…?

西那須野の宿から40分の「那須平成の森」(ふれあいの森)を歩くことにしました。

園内は「ふれあいの森」と「学びの森」に分かれて前者は自由に入園できますが後者は予約ガイド付きでの入園になります。

Dscf5044

以下は公式HPより引用しました。

「那須平成の森へようこそ」

那須平成の森は、東京から約180キロメートル、栃木県の北部、雄大な那須連山の山麓に広がる那須高原にあります。
平成20年まで那須御用邸用地として管理されていた約560haの豊かな森が、自然とふれあうための場所として開放されることになりました。それが那須平成の森です。

「那須平成の森 開園の経緯」

那須御用邸は、当時皇太子殿下であった昭和天皇の御成婚後の御静養の場として大正15年に設置されたものであり、天皇皇后両陛下、皇太子御一家が御静養の場としてお使いになってきました。

豊かな自然が残るこの御用邸の森の動植物について、正確な記録を残し、その後の経年変化などを把握することが望ましいとの天皇陛下のお考えを受けて、平成9年度から平成13年度までの5か年にわたって、栃木県立博物館による調査が行われました。その結果、御用邸の森には豊かで多様な自然環境が残されており、ブナの自然林などが広がるほか、希少種をはじめ多くの動植物が生息・生育していることが確認されました。
そして、その豊かな自然を維持しつつ、国民が自然に直接ふれあえる場として活用してはどうかとの天皇陛下のお考えを受けて、天皇陛下御在位20年という節目の機会に、御用邸用地のおよそ半分にあたる約560haが宮内庁から環境省へ移管されました。その後、自然環境のモニタリング調査が行われるとともに、フィールドセンターや歩道などの整備が進められ、平成23年5月22日に日光国立公園「那須平成の森」として開園を迎えることとなりました。

「那須平成の森」というとすこしお堅いイメージがあると思いますが、そんなことはなく気軽に歩ける普段着の森です。

皇族方も歩いたかもしれない森を歩きました。

フィールドセンターから駒止の滝までの往復1時間15分ほどの散策です。

真新しいウッドチップが敷かれた散策路は木の香りと森林の緑で至福の香りです。

ウッドチップが心地いいクッションになり筋肉痛にはリハビリになったようです。

Dscf5045

Dscf5047

駒止の滝です。思ったより遠くてズームで撮りました。

Dscf5059

No.2,032)

角田山 五ヶ峠コース

日曜日の午後から角田山 五ヶ峠コースでした。

じょんのび館側からは通行止めでしたので浦浜側からクルマで入りました。

気温28度と山歩きには適していない気温でしたが、木陰は涼しく本番の暑さになれるのも必要でしょう。

Dscf5105

午後1時28分。快調に登り始めます。

今の時期、花たちは少なくて撮れません…その分、登ることに専念できるようです。

Dscf5110

2時9分。登りはじめて41分で2/3を通過で今までにないペースです。

分岐を過ぎると豪華なユリが咲いていました。特に、山頂付近の木道脇には多いようです。

Dscf5131

Dscf5119

山頂には2時32分。1時間4分でした。

観音堂から、白い夏雲と緑が夏本番を感じさせます。

登山者、10人ほどは木陰で昼寝でしたね~

Dscf5128

追伸。

山頂から観音堂までの木道で野うさぎの子供を発見ッ!

一瞬でしたが、全体が灰色で耳が長かった!後ろ足がピョンピョン跳ねていた…

他にどんな動物が住んでいるんだろう?

(No.2,031)

2013/07/28

燕市 麺屋 はる

Dscf5103

当地、燕市水道町三丁目の以前は三友軒さんだった場所です。

醤油系、塩系とどちらも美味しかったので今日は「えび香るネギ塩ラーメン」(750円)にしてみました。

白いきれいな絵の器です。大きめの豚肩ロース、極太メンマ、青菜、キクラゲ、その上に白髭ネギ、小海老がトッピングされています。

笹川流れの塩ダレは、甘みと爽やかな苦味は新鮮な美味しさでしたが、小海老が口の中でコシのある中太麺と馴染めません。(すこし残念)

開店11時すこし過ぎには3人のお客さんですがその後、次々と入り3割ほどの入りです。

これからも楽しみなお店です!

(No.2,030)

2013/07/24

奥日光・戦場ヶ原と小田代ヶ原は素晴らしかった!

20日(土)、関越自動車道、群馬県沼田ICから国道120号線で金精峠トンネルから栃木県に入りました。すぐに奥日光を象徴する湯の湖と男体山の勇姿が目に前に広がりました。

曇空でしたがはっきりと美しい風景がひろがります。

9時40分頃、湯滝レストハウスの駐車場にクルマを止めてすぐ近くの「湯滝」です。

標高約1400m、気温は15度。半袖ではすこし肌寒いががんばって歩きましょう!

Dscf5034

湯の湖から流れる湯滝は落差70m、最大幅25mと圧倒的です。観滝台から見るその大きさは、右下の釣り人のから想像できますね。

Dscf5031

いよいよ観滝台から奥日光の山歩きのスタートです。

湯川沿いに小滝→泉門池→小田代ヶ原→しゃくなげ橋→戦場ヶ原→青木橋→泉門池に戻って湯滝レストハウスの駐車場に戻るコースです。

全体的に起伏はすくなくてよく整備された初心者でも安心な約10km、4時間30分の行程でした。(休憩含む)

歩きはじめて20分。「小滝」です。湯川はどこまでも透きとおり、周囲の緑と一緒に森を歩きます。

Dscf4988

歩きはじめて1時間10分ほど。分岐点を泉門池に向います。標識や案内坂は充実していて迷うことは無いです。(たぶん…)

Dscf4991

泉門池のベンチで休憩です。

倒木がまるでアートのオブジェのようです。自然は時として人間にはまねのできない芸術家になるんですね~

Dscf4995

湯滝から1.7km。小田代ヶ原分岐を右に向います。

Dscf4997

最初、すこし勾配がありますが、すぐに平坦な遊歩道です。

Dscf4998_2

回転式のゲートです。近年、野生のシカの食害が問題になっていて、柵を設けてシカの侵入を防いでいました。

Dscf4999_2

湯滝から2.5km。小田代が原分岐を右(西ノ湖方面)に向います。

Dscf5001_2

ここから先は、時折り男体山を望みながら開放的な湿原を歩きます。

男体山とピンクのホザキシモツケがきれいでした。

Dscf5005_2

歩きはじめて1時間50分ほどで小田代が原展望台です。展望台といっても高くはない広いデッキです。

Dscf5011

ミズナラの林に囲まれた草原に「貴婦人」とよばれる一本の白樺が立ちます。

私には、どうしても「貴婦人」には見えないんだよなぁ~

Dscf5010

しゃくなげ橋・赤沼まで約50分です。

Dscf5012

開放的な湿原に木道がつづき、男体山を望みながらテラスが設けられています。

ゆっくりのんびりと明るい森を進みました。

歩きはじめて2時間40分ほどで湯川に架かるしゃくなげ橋です。

Dscf5015

真新しい分岐板です。

Dscf5016_2

竜頭ノ滝まで行こうと思いましたが、かなりの距離になるのでここからは戦場ヶ原を歩いて湯滝に戻ることにしました。

Dscf5017

戦場ヶ原の木道は、改修工事のようで新しい木材でリニューアル中です。

その間、景観が損なわれているのは仕方のないことですね…。

Dscf5018

歩きはじめて3時間40分ほど。

視界が大きく開けた戦場ヶ原と男体山の勇姿です。

Dscf5024

天然のオブジェにビックリッ!

Dscf5021

青木橋を渡ると20分で小田代が原分岐、そこから5分ほどで泉門池に戻り休憩です。

ただ、この頃になると徒歩4時間近くになり(休息含みます)距離も9kmとかなり疲れてきました。

Dscf5026

湯滝駐車場まであと30分で、2時15分頃着きました。

    いやぁ~。疲れましたッ!!

でも、なんともいえない達成感と、クルマでしか走って眺めたことのない戦場ヶ原でしたが自分の足でその懐を歩いてみると…次は、湯の湖、光徳牧場、西湖・千手ヶ浜まで歩いて見たいものです。

(No.2,029)

2013/07/21

奥日光と那須平成の森

きのう、きょうと栃木県の奥日光の戦場ヶ原と小田代ヶ原。那須高原の平成の森(ふれあいの森)の山歩きでした。

非日常を離れて自然のなかでの呼吸です。

記事は後ほど、書きたいと思います…。

Dscf5028

Dscf4990_3

Dscf5024_2

Dscf5047_3

Dscf5059_2

さて、画像だけ見て何処だか分かる方は、もしかして仙人かも?

2013/07/17

飯盛山へ…

Dscf4866

西会津町から坂下町まで降り続いた雨は、会津若松市に入ると上がっていました。

         (ラッキーです)

鶴ヶ城に向う若松市内の道路は、かなりの渋滞なので飯盛山に行きます。

市営駐車場でもよかったのですが、付近の土産物屋さんの駐車場に快く止めさせてもらいました。

      (会津の人ってやさしいね~)

白虎隊が西軍に敗れて退却したときにくぐった「戸の口堰同穴」、「さざえ堂」、「白虎隊士

の墓」、白虎隊唯一の生存者である「飯沼貞吉の墓」、そして会津若松城とその市街地を望む悲劇の地、「白虎隊自刃の地」を参拝しました。

Dscf4877_2

Dscf4874

土産物屋のおばさんが言っていた。

一昨年の震災のときの修学旅行の予約はすべてキャンセルされ一件も無かったが

今年は、風評被害も薄らいで例年くらいにまで戻った。と喜んでいた笑顔が忘れられません。大河ドラマの影響も大きいようだ。

先人達の苦労や犠牲があっての今の礎があるのを忘れてはならない。

来年も、再来年も、このさきずっと福島県に出かけたい!

2013/07/14

西会津町 「えちご家」

会津地方へ行こうと思いますが、朝から雨、ときどき曇の日曜日です。場所と時間帯によってはゲリラ豪雨予報です。

それでも、国道49号線で福島県境を過ぎた西会津町では時折り陽が射しています。

すこし早めのお昼は、やっぱり「えちご家」の味噌ラーメンです。

一昨年の一月にはじめて食べた味噌ラーメンが忘れられずに6回ほど立ち寄っています。

西会津町、道の駅「よりっせ」の交差点を野沢地区集落へと左折して300メートルほどの左側です。11時30分少し前でしたが、5人ほどの待ちでしたが10分ほどで店内に入れました。

はじめて食べる味噌バターラーメン(750円)です。

となりの席の女性がチャーハンを食べているのがあまりにも美味そうだったので半チャーハン(350円)も追加です。

Dscf4861

チャーハンは、このパラパラ感とチャーシューの旨味がいのちかなぁ~^^

Dscf4865

Dscf4863

白い器の真ん中にバターと万能ネギ、玉ネギの甘さとモヤシとニラのシャキットした食感、どこか甘ったるい味噌の香りが上がります。

カミサンは、当店一番人気の味噌ラーメン(650円)です。違いは、バターと万能ネギだけのようですが、バターが溶けると異次元の美味さの味噌スープに驚愕しました。

コシのある麺は、そのバター味噌味のスープを絡めながら、私の胃袋へと導かれていきました。

また西会津地方を通ったならば、食べてみたい一杯です!

(No.2,026)

2013/07/11

歩いて3分、三宝亭(更新!)

先月から鰻上りのような忙しさです。特に7月に入ってからは帰宅はとうに9時をまわっています。

燕市の市街地、国道289号線沿いのスーパー原信さん向いの「さんぽう亭」です。

帰宅して、シャワーを浴びて、サンダルを引っ掛けて小走りです。

Dscf4832

10時近くになれば、客足も少なく逆に静かなカウンター席。この夏、いかにして乗り切るか。

しっかり食べて、しっかり寝る。そして、しっかり飲む!?

Dscf4833

三宝新名物のニラレバ炒め(480円)とサッポロ生ビール新潟県限定「風味爽快ニシテ」を2杯。

規制前まで生で食されていたほど新鮮で美味しい国産牛の厳選レバーにこだわる極上の美味さです。

あんの効いた醤油ダレと牛レバー特有のしっとりとした食感とニラ、ネギ、モヤシが夏バテ気味の身体に活ッ!を入れます!

生中ジョッキを2つで、すっかりいい気分です。

仕上げに「こってり和風中華そば」(650円)にしました。燕市特有の背脂の浮く煮干魚介系の醤油ベースです。人気店に負けず劣らずのいいスープです。

Dscf4834_2

ああ、一日の仕上げに…。

ごちそうさまでした。

(すみません。寝ます…)

(No.2,025)

2013/07/09

自分では買わないけれど、贈られてうれしい物

Dscf4808

       shine珠玉のルビーの輝きですshine

先週、仙台の親戚から贈られてきました。冷蔵庫で冷すより常温が甘くて美味しいです。

         ごちそうさまでした。

さて、季節柄、新潟の今どきのうまいものをお返しにと思案中…

(No.2,024)

2013/07/07

ちゃーしゅうや武蔵

新潟市内のスポーツ店へ山用品の品定めです。今週末にちょっとした山歩きに出かけますが天気が気になります…

Dscf4822

アピタ新潟西店内にある「ちゃーしゅうや 武蔵」の辛し味噌ラーメン(740円)です。

遅めのお昼2時ころでしたがお客の入りは7割ほど。カウンター席に案内されます。

トッピングは柔らかいチャーシュー4枚、薄めメンマ、普通の量のモヤシ、鳴門と細かい海苔、豆板醤の練りこんだ辛し味噌。

スープ自体はそれほど濃厚ではないですが、辛し味噌を溶かすと辛さと味噌の深みが増します。ちぢれた中太麺は、もちろんコシがあり自分好みです。

ムシムシする梅雨時は、こってりガッツリな一杯で乗り切りましょう!^^

(No.2,023)

2013/07/06

きょうも雨の一日

Dscf4810

今日も朝から雨。時折り激しく降りました。

そんなこと言っても西日本地方の豪雨に比べればお湿り程度でしょうかね。

そう、気が付くとナツツバキの花はもう終わりに近づいていました。

初夏の花が散る頃、いよいよ新潟県も梅雨末期でしょうか?

こんな日は、山歩きはできませんからリビングに6畳ほどの竹のラグを敷きました。

もう、かれこれ十数年、夏近しになるころに敷いています。天然素材ですから年毎にいい味わいの色と肌さわりになってきました。

エアコンのフィルターなどの掃除は苦手ですが、(本当は、したくない…)洗っておきました。

準備は出来たぞ!さあ、真夏よ!ドンと来いッ!!

本音は…(あんまり、あっちょならんでくれねぇ~)

(No.2,022)

2013/07/01

鋸山

六月最後の日曜日、明日から七月か…早すぎですね…

  ・   ・   ・   ・   ・ 。

午前の所用を済ませてお昼過ぎからの山歩きを予定していましたが、暑いようなので迷いましたが登ることにしました。

今年の春先だったか雑誌に載っていた長岡市民に人気の鋸山(のこぎりさん)です。

長岡東バイパス中沢から国道352号線を山側へ向うこと15分ほどで花立峠登山口駐車場に着きます。

鋸山は標高764mですが、この駐車場は標高229mなので標高差535mを登ります。

Dscf4730_2

駐車場課からすぐに登山道を入ると「天狗清水」です。清水と言うよりは…こんな感じでパイプから勢いよく流れています。さて、右手に渓流を見ながらせせらぎの音を聞きながら進みます。

Dscf4728

登山口から10分ほど、沢に架かる橋を渡ります。深山の雰囲気の始まりが感じられます。

Dscf4732

橋を渡ってすぐに左手に鳥滝の滝見台です。登山道から30mほど離れますが結構大きな滝でオススメです。

Dscf4735

さて、ここからいよいよ本格的な登りで、岩や大きな石がゴロゴロしていてすこしぬかるんでいる登りが10分ほどつづきます。そこを過ぎると平坦な杉林です。

Dscf4782

杉林を過ぎると登りがつづきます。

意外と木陰が少なく(時間帯により変化します)直射日光が背中を射し、大汗です。時折りの木立の木陰に寄り添い給水です。

15分ほどで知る人ぞ知る「大もみじ」です。秋もまたきれいでしょう。

Dscf4742

根元から雪と季節風で捻じ曲げられながらも生きてきた、その姿に尊さを感じるのは、それを見た人、皆でしょう。横たわる幹に腰を掛けて一休みです。

そこから40分、登りはじめて1時間15分ほどで花立峠に立派な道標です。

ここを左に進むとブナの原生林が広がります。

Dscf4748

今までとはまったく違う雰囲気に山の懐の深さを感じます。

Dscf4750

Dscf4751

ブナの原生林が風を誘っています。いままでこんなブナの原生林を見たことはありません。

Dscf4752

Dscf4753

Dscf4754

尾根伝いに小さなアップダウンを繰り返しながら歩くこと30分ほどでようやく頂上です。鋸山の所以ですかねぇ~

そして、本当にいきなり現れるその光景に、思わず…

    うわぁ~す、すげえぇ~

Dscf4767

直径10mほどの平らな場所が標高764m鋸山頂上です。方位盤と小さな祠が佇んでいます。

霞んでいましたが長岡市街地や信濃川流域、遠くに弥彦山まで望むことができました。

いや~ノンアルコールがこんなに美味いとは知らなかったッ!!

Dscf4766

登り1時間45分。下りは1時間10分ほどでした。(休憩を含みます)

(No.2,021)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック