2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/25

加茂市 成龍

加茂市柳町2丁目4-20 ℡0256-52-3829

国道403号線柳町一交差点の昭和シェル石油さんを左折して200mほど、下条製作所さんのすぐ手前です。

去年の7月にオープンしたきれいな店内は、7人ほどのLカウンター席と4人用小上りテーブル5卓です。

メニューは、中華そば、チャーシューメン、ネギ中華、餃子といたってシンプルですが、その完成度は高くオープン当初からクチコミで人気急上昇のようです。

それもそのはず、燕市の名店、杭州飯店で十数年修行した店主が新規開店されたお店です。

中華そば大盛(750円)です。背脂の量は普通。大盛は50円増しです。

Dscf5555

大きめの白い器に、すこし酸味のある煮干出汁スープはトロミを感じるほど濃厚、そしてたっぷり盛られた中華そばは、修行先の伝統でもあります。

トッピングは、脂身は少ないが肉の旨味のチャーシュー、しょっぱいメンマ、玉ネギとシンプルです。

極太のストレート平打ち麺は、いかにも頑固な燕職人気質を現しているようです。

Dscf5556

まだまだ、残暑厳しい今年の夏。

成龍の中華そばで乗り切れそうです!!

(No.2,042)

2013/08/19

日帰り温泉プランのススメ

Dscf5477

群馬県みなかみ町spa源泉湯の宿 松乃井」さんでランチと温泉を楽しみました。

おいしく味付けされた六品に群馬名物の「お切り込うどん」「舞茸ごはん」「季節のフルーツ」がつきます。

Dscf5478

11:30~3:30までの4時間を食事処でランチ+3ヵ所ある休み処と大浴場、露天風呂を満喫でき、オマケに宿のフェイスタオルとバスタオルまでいただけるお得なプランです。(一人2,880円)

お昼時ですから宿泊客はほとんど居なくて大浴場と露天風呂は貸切状態でした!

         湯浴処「雲水の湯」

Dscf5479

         露天風呂「天皇の湯」

Dscf5482

庭園を散策もよし、フロントロビーのソファで横になるもよし…広い畳スペースで昼寝もよし…。

日帰りとは思えない充実プランにカミサンも母も大満足でしたッ!!

(No.2,038)

2013/08/17

温泉民宿 やぐら

Dscf5510_2

関越自動車道、水上ICから国道291号線、心細くなるような細い県道61号線から八木沢方面を左折して200mほどの「温泉民宿 やぐら」さんです。

関東ナンバー6台の中にポツンと新潟ナンバーただ一台…別にぃぃ~~

この宿の魅力なのが、貸切露天風呂と山深い熊鍋や鹿肉ステーキとこころ尽くしの手料理です。

Dscf5485_2

お品書きは、生湯葉、ポテトのオーブン焼、刺身こんにゃく、竹の子とワカメの煮物、コゴミのゴマ味噌和え、酢の物、メインの虹鱒の焼魚、熊鍋、エゾ鹿ステーキです。

エゾ鹿ステーキは、ミディアムに焼かれて臭味が無く牛肉のような旨味です。

↓の画像は、うす醤油仕立ての熊鍋。すこし硬いですが、言い方を替えればワイルド~な食感と旨味です。

Dscf5489

  ・    ・    ・    ・    ・    ・ 。

山奥の民宿とは思えない夜の露天風呂もこりゃまたいいッ!

夜の帳の中、わずかな灯りと湯の小屋温泉の源泉かけ流し…聞こえるのは、かすかに聞こえる木々のささやきと、渓流のささやきだけです。

Dscf5494

一日の仕上げにキ~ンと冷した地酒をいただきます。

あとは、死んだように眠りに沈みました。

Dscf5493

朝、5時半。昼夜の温度差があり、朝方は気温21度で涼しいです。

深緑の中、すこし源泉は熱く感じます。

野鳥のさえずりと、渓流の流れに一日の始まりを感じることにこの上ない贅沢を感じます。

Dscf5505

一日のスタートは、やっぱり朝食!!

うんめぇ~~ッ!納豆!紅鮭!温泉玉子!でご飯は3杯いけましたぁ~^^

Dscf5514

さて、エネルギーを蓄えて谷川岳ロープウエーとリフトを乗り継いで天神平峠に向います。

この宿も、長く記憶に残る宿になることでしょう。

(No.2,039)

2013/08/16

じぇじぇじぇ~!〇〇が塩分補給!?

Dscf5530

角田山観音堂に着き、汗まみれのTシャツやタオルを干していると、一羽のアゲハチョウがとまり羽根をバタつかせています。

「ぷっ!まさかオレンジ色のTシャツが花に見えたんだろか?そんな訳ないよね~」

Dscf5534

えっ?よく見ると…

じぇじぇじぇ~!シャツの汗を吸っているようですねぇ~

アゲハチョウも塩分補給は必要なのでしょうか( ^ω^)おっおっおっ?

山頂付近の木道で見かけた蝶ですが、名前がわかりません…

分かる方は、教えてくんなせや~

Dscf5538

(No.2,041)

真夏の灯台コース~山ガールはいなかった!

Dscf5515

お盆休みも、もう半ば過ぎの16日。

休み明けの暑さに負けないためにも…と、思い、真夏の角田山、灯台コース(2.8km)を登りました。

10時40分。気温33度。海抜0メートルから登る私に容赦ない陽射しです。

磯で遊ぶ親子連れを見ると、海へ飛び込みたくなりますが、海パンは無いので無理ですね~

10時54分。白亜の灯台と角田浜に賑わいが望めます。

木立のない尾根をひたすら登れば大汗です。

Dscf5516

11時7分。いよいよここから岩場の尾根です。

右手に、シーサイドラインの絶景ですが、風はほとんどなく、直射日光と岩場の照り返しで今までになく苦しい登りでした。

Dscf5517_2

Dscf5518_2

もう、大汗で何回目の給水でしょうか?

ここで無理かとも思いましたが、もう少し、もう少し、あと少し…そう自分に言い聞かせながら無心に登りました。

11時25分。ようやく平坦なブナの回廊に着きます。

ここで座って10分ほど休息です。「ふ~、気持ちいい~」

途中、今までになく多く休息をとりました。

Dscf5519

大きなブナの老木です。

Dscf5521

12時3分に五ヶ峠コースの分岐点通過をすると頂上まで747mです。

途中、十数名の女性だけのグループと出会います。

Dscf5524

どう見ても私より年上の「山バール」ですかね~(失礼!)

そういえば山ガールとは一度も出会っていないことに気が付きました。

みんな今日は「海ガール」か…トホホ…。

Dscf5527

頂上から観音堂へ着いたのが12時30分ですから1時間50分もかかりました。

展望は霞がかかってイマイチでした。

Tシャツとタオルを乾かしていると、アゲハチョウが寄ってきて…

この続きは、また明日にして、寝ます♪

(No.2,040)

2013/08/15

志賀高原「四十八池~大沼池コース」

国道292号線、志賀草津道路の硯川(ほたる温泉)バス停前の前山サマーリフト(往復450円)に乗り、5分ほどで前山山頂(標高1,810m)に着きます。

気温22度。陽射しは強いですがカラッとした暑さです。

前山山頂からは熊の湯ホテル街、笠ヶ岳、横手山、鉢山などの2000m級の山々が望めます。

11時15分頃、いよいよここから「四十八池~大沼池コース」のスタートです!

四十八池までは歩いたことはありますが、大沼池までははじめてです。

全長10.3km、高低差200m、所要時間約4時間(休憩含む)でした。

Dscf5267

前山山頂から5分ほどで「渋池」です。周辺には氷河期の名残といわれるハイマツが見られます。池の向うに横手山(2305m)です。

Dscf5268_2

渋池から15分ほどで分岐点です。左が志賀山登山道、右が四十八池方面です。

原生林は深くなりますが、平坦なよく整備された初心者向けの山歩きです。

Dscf5269

11時45分頃、歩きはじめて30分ほどで森が開けたベンチのある東屋で休憩です。

池塘がまるで段々畑のように広がる四十八池です。その間を木道が設けられています。池に映る山々が爽やかです。

Dscf5272_2

Dscf5275

木道を渡って右手に進むとはじめて歩く大沼池までの約2.5kmのルートです。 ここから今までの初心者コースと少し一変します。緩やかなアップダウンと、ゴロゴロとした岩や木の根の山歩きです。 特に、半分を過ぎた頃の約1kmは、階段状の一気の下りです。

ってことは、帰りが怖いですねぇ~~

12時50分頃、歩きはじめて1時間35分、コバルトブルーに輝く大沼池です。

湖畔に着くと思わず「うわ~~」っと感嘆の声が出ます…

Dscf5281

湖畔近くの「大沼レストハウス」で「おでん」と「竹の子汁」を食べました。

おにぎりとの相性もばっちりでした!

Dscf5283 20分くらいのお昼と、休憩の後に今まで歩いたルートを戻りましたが、やはり約1kmの登りはきつかったけれど、達成感はやっぱりいいですね~^^

(No.2,037)

2013/08/14

森林限界

Dscf5263_2

国道292号線、志賀草津道路の渋峠付近は国道最高地点(標高2172メートル)として知られていますね。

きょうの午前10時15分頃、気温21度。渋峠から群馬県側の絶景です。奥の茶色の山肌は草津白根山です。

標高が2000メートル以上になると、背の低い笹と針葉樹林が入り混じる植物模様に自然の厳しさが受け取れます。

この景観を「森林限界」というのでしょうか?

ここ数年、毎年のように訪れますがいつも霧で視界がよくないですが、こんなにすっきりと望めたのははじめてです。

しかし…。

私の腕とデジカメではこれが限界ですねぇ~(;´д`)トホホ…

(No.2,036)

2013/08/09

燕市 麺屋 はる

Dscf5197

残業帰りについ寄りました。

最近、よく行きます…何故?

何故、山に登るのか?有名な登山家が言います。

   そこに山があるからさ。

そう、そこに「麺屋はる」があるからさ…

閉店は午後9時でしたが、なんとか「セーフッ!」

お客は、私と同じ残業帰りらしい3人だけです。

暑さを乗り切るためには、すこし高い「背脂ラーメン醤油(特)」(790円)にしました。

Dscf5195

大きな炙りばら肉チャーシューが器に張り付いています!

玉ネギ、極太メンマ、青菜、岩海苔少々、濃厚玉子と少な目の背脂が浮きます。

Dscf5196

つべこべ言う前に、食ってみたら!?

(No.2,035)

2013/08/06

「そば処 松苧」と美人林

Dscf5177_2

十日町市犬伏 3228番地 ℡025-597-3052 

国道253号線沿いのほくほく線まつだい駅から十日町方面へクルマで5分ほどの右側です。駐車場に10数台ありますが県外ナンバー、とくに関東方面が半分です。

お昼時でしたので店内はほぼ満席でしたが小さなちゃぶ台に座れましたが注文してから15分ほど待ちます。

隣りから「ズズ~」っと美味しそうに蕎麦をすする音を聞くたびに私のお腹は「ぐぐ~」と鳴ります…

中年の家族連れは、首都圏からの馴染み客らしく何度も通っているらしいです。

知る人ぞ知る山間の名店ですね。

天ざるそば(1200円)です。

Dscf5173_2

聞くところによると、丹念に石臼で挽いた手打ち。つなぎは、この土地特有の布海苔を使い、つるりとした喉こしとしっかりしたコシと豊かな蕎麦の香りは忘れられなくなるでしょう。

地元のめずらしい季節の山菜天ぷら、茄子漬け、香ばしく油で揚げて味噌を付けた大豆が付く。

お店のすぐ側に大地の芸術祭アート作品が常設されていました。

イナゴハビタンボ(イナゴの滑り台)は、なかなか発想がユニークで完成度も高いなぁ~

Dscf5176

クルマで20分ほどの「美人林」を散策です。この時期、人影は意外なほど少ないです。

蒸し暑さもここでは、ひんやりします。

積もった落ち葉のクッションは、足の裏に心地いいです。

Dscf5179

Dscf5180

残雪の新緑の頃、晩秋の黄葉頃、それぞれに…

        癒されますね…^^

(No.2,034)

2013/08/03

喜多方ラーメン坂内 小法師 燕店

Dscf5159

燕市吉田2756-1  TEL:0256-93-1919 吉田東町交差点そばの「喜多方ラーメン坂内」です。

喜多方市で人気のある坂内が全国展開しているチエーン店で、関東首都圏はもちろん東北、西日本で60店近くを展開しています。

新潟県ではここ一店だけですから正真正銘の「喜多方ラーメン」が身近に食べられます。

喜多方ラーメン(600円)です。

手揉みちぢれ麺・透明な豚骨スープ・トロける焼豚の三位一体に仕上がっている一杯です。

Dscf5157_2

Dscf5158

こりゃ~行くしかないねぇ~^^

(No.2,033)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック