2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/29

パソコン、もうダウンです。

十年以上使っているパソコンは、もう動きが遅くダウンです…

新しく買い換えようと思案中ですのでしばらく休みます。

その時は今まで以上にアップできると思いますので宜しく御願いします。

2013/10/28

「いい湯らてぃ」に感謝です

2013/10/22

鹿沢園地と村上山

晩霞亭からクルマで5分ほどの休暇村鹿沢高原を中心に4キロほどの「かえでの小道」「清流の小道」を歩きました。

村上山(1.746m)を登る前の足慣らしです。

Dscf5973

木道も整備されてほとんど平坦な道は、朝食を食べすぎた私にとって丁度いい足慣らしです。

標高1500mほどですが紅葉は5割ほどの進み具合です。

Dscf5982

Dscf6007

Dscf6013

Dscf6014

さて、村上山に登ることにします。山頂まで2.1kmの緩やかな登りですが8合目あたりからすこし急な岩場があります。

Dscf5987_2

標高1.746mからは右手に浅間山、中央には嬬恋村の雄大なキャベツ畑、(収穫後だったのが残念!)左手に明日走る、万座方面と渋峠方面です。

Dscf6001_2

Dscf5998

Dscf6004

いい旅の思いでになりました。

2013/10/16

やっぱり温泉旅館!

有名温泉地もいいけど知名度の低い温泉地にも小さないい温泉旅館はあるんですね。

不要なサービスも過度な設備も芸術的な食材もいらないが、小さな宿だからこそ女将や若旦那さんとの気さくな会話が楽しく感じます。

10月12日の宿泊先は、新鹿沢温泉「鹿鳴館」の離れ「晩霞亭」です。

軽井沢駅からクルマで1時間ほどの小さな温泉街にあります。

Dscf5951               

Dscf5950

                      (10月13日、朝6:30分頃撮影)

陽の傾き始めた3時半過ぎにチエックインをして先ずは缶ビールをプッシュ~ですね~

離れの客室は、約百年前に長野県鬼無里村に建てられた農家を移築した昔懐かしい雰囲気漂う「晩霞亭」です。

ロフト風の2階は寝室になり、掘り炬燵のある窓からは裏山の始りかけた紅葉が楽しめます。

Dscf5920

まだ誰も居ない「雲井の湯」に浸かれば…桧の肌さわりもいい…

ほのかな硫黄のにおいと、鉄分を含んだ湯の花が「いい湯」だと感じさせます。

Dscf5926

Dscf5928

         もう、なんもいえねぇ~

6時から個室でお楽しみの夕食です。

小鉢三品と梅酒の食前酒は想定内ですが、ここから絶品のメニューが並びました。

大きめの岩魚の刺身です。敷地内の養殖ですが渓流の王者の旨味です。

Dscf5934_3

合鴨の醤油仕立ての鍋です。すこし硬かったけど、それだけ噛めば旨味もジュワ~っと出てきます!あっ、ネギが欲しかったな~

Dscf5937

すこし小さめの山女の塩焼きです。熱々をガブリでっす!

(小骨はあんまり気にならないタイプです)

Dscf5939

その他に、松茸土瓶蒸し、揚げたての茗荷の天ぷら、きのこと栗の炊き込みご飯です。「もう、腹がパンパンになるねぇ~」そう言っていると…

「上州牛のステーキです。山葵といっしょに召し上がるとサッパリとおいしいです」

意外とペロッと食べれるから不思議です。

Dscf5946_5

〆のデザートも抜かりはありません。これにもカミサンは大満足でした!

やっぱり「別腹」ってやつですかね~

Dscf5948

翌日、6時に目がさめて宿の周辺を散策したあと温泉に…今日も快晴です!^^

7時半に夕食をいただいた同じ部屋での朝食です。

Dscf5970

地元、嬬恋高原で採れた野菜を中心にした素朴な健康的な朝食です。

白ご飯のほかにお粥がうれしいです。

若旦那さんに近くに手軽な山歩きスポットを聞くと「クルマで5分ほどの鹿沢園地と村上山登山がオススメです」との話を聞いて9時にチエックアウトをしてそこへ向いました。

山歩きの記事は後ほど書きますね。

10月13日の宿泊先は、浅間高原 御宿 地蔵川です。

この宿も、早めの3時過ぎにはチエックインです。

北軽井沢地区ということもあって軽井沢の雰囲気が漂う静かな住宅街のすこし奥に佇みます。

Dscf6031_2

どこか重厚な歴史を感じさせる洋館のような佇まいです。

Dscf6026_5

火の入った薪ストーブ、ロビーに流れるジャズ、色つき始めた木々が北軽井沢の深まりゆく秋を感じさせます。

さっそく宿自慢の貸切露天風呂に浸かります。

大きな岩をくりぬいた浴槽は、ライオンの顔が彫刻されています。

住宅街が近いため眺めが利かないのが残念です。

Dscf6028

夕食まで時間がたっぷりあったので書房で読書をしたり裏の森を散策します。

6時半、お楽しみの夕食です。

土地柄、岩魚の塩焼き、上州豚のほう葉味噌焼き、佐久の鯉のあらい、松茸土瓶、季節の天ぷらなどが並びます。

Dscf6033

Dscf6035

ほう葉と味噌の焦げるにおいと豚肉の焼けるいい香りは今でも思い出せますね。

Dscf6036

14日朝、さんさんと朝陽に包まれるロビーで朝刊に目を通したり朝風呂に浸かりました。

Dscf6043

Dscf6042

たっぷり食べて、元気に出発進行ッ!!

浅間白根火山ルート、万座ハイウェーから志賀高原を抜けて無事に家路に着きました。

天気に恵まれてたっぷり充電できました!

2013/10/15

10月12日、軽井沢~新鹿沢温泉へ

朝6時半、天気予報どおりどんよりした曇空の下を軽井沢へとクルマを走らせます。

長野県へ入ると、しだいに雲が取れて青空が広がります。

最初の目的地、関越道~北陸道・上越JCTから上信越道佐久ICを降りて軽井沢プリンスSCへ向いました。

Dscf5909_2

先ずは、スポーツやアウトドアブランドが揃うイーストエリアへ。全品50%OFFだったのでカミサンはトレッキング用のアンダーウエァー、私は冬用のアウターを購入。

その後、カミサンの要望で高級ブランド品など買えないけれど、ウインドーショッピングを兼ねて「全てのエリア引き回しの刑」に服します…。(´;ω;`)ウウ・・・

軽い昼食を済ませるともう私は、クタクタになり一人で休んでいると石川県の観光キャンペーンイベントに出くわします!

Dscf5916

北陸新幹線開業に伴っての首都圏観光誘致ですね~

んん~。新潟県人も行きたくなるなぁ~heart02

(すみません、寝ます。明日、このページで会いましょう!)

2013/10/14

今日は芳ヶ平へ…

Dscf6069_2

10月14日、白根山レストハウス駐車場からの多くの観光客は、エメラルドグルリーンの御釜に向います。

私達は、その反対方面の芳ヶ平を歩きました。

芳ヶ平ヒュッテまでの往復1時間40分ほどのハイキングコースですが、そこは荒涼としたダイナミックな光景と、まだ見ぬ自然の厳しさと意外な光景を感じる山歩きでした。

Dscf6066

10月12日(土)~14日(月)、軽井沢~新鹿沢温泉~嬬恋~浅間温泉~万座温泉~芳ヶ平を楽しみました。

そんなことを日々更新したいと思います。

2013/10/06

角田山と、てまりラーメン

Dscf5719

5日(土)、10時過ぎの角田山観音堂から新潟市方面を望みます。

稲刈りされた田んぼは、パッチワークのようです。

雲りがちでしたが、秋の空は高くて山の稜線もはきっり見えます。

3.2kmの五ヶ峠コースは、私にとってちょうど1時間の登りやすい山歩きです。

Dscf5712

登山道の両脇には白い小さな花たちがたくさん咲いています。

もちろん紅葉には一ヶ月ほど早いですが、少しずつ秋は深まっていますね。

Dscf5714

下山途中に若いカップルに出会います。

「すみません。頂上へ行くにはこの道でいいのですか…?」

「はい。10分ほどで浦浜コースと合流して、その先に灯台コースと合流します。」

「親切にありがとうございます!」

若いっていいよねぇ~

Dscf5723

山歩きの後のお昼は、久しぶりに「てまりの湯」に浸かり、「てまりラーメン」(600円)にしました。

すこし小ぶりの器ですが、日帰り温泉施設にしては煮干出汁の効いた醤油スープに麺もコシがあります。チャーシューは2枚入っていてそれなりに美味しかったです。

Dscf5724

  

  ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

ブログを一ヶ月以上もさぼって久しぶりの更新です。

忙しい仕事を理由にサボるのがいつものクセですが、身の回りにいくつもの出来事が重なりブログを開けませんでした。

また少しずつ更新したいです。

今週末の三連休は、志賀高原から万座・嬬恋・北軽井沢方面の紅葉と穴場温泉です。spa( ^ω^)mapleおっおっおっ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック