2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/31

ちゃーしゅーや武蔵 イオン県央店

燕市井土巻地区のイオン県央店内に最近開店した「ちゃーしゅーや 武蔵」です。

真新しい暖簾が開店間もないことを物語っています。

Dscf8704

いつだったかの残業帰りの8時半ころに行きましたが半分ほどの入りです。

Dscf8709
連日の暑さと忙しさで腹が減って死にそうです…(@Д@;

そんな時は、刺激のある辛さがクセになる当店人気NO.1の「からし味噌ラーメン」(税別740円)にしました。

Dscf8710

鶏ガラスープに煮干し出汁をブレンドして十数種の味噌で全体を整えて、あえて背脂は入りません。

ほどよい量のモヤシ、青海苔、鳴門、自慢のバラ肉チャーシュー、秘伝の辛し味噌がトッピングされます。

Dscf8711

自家工場で製麺された弱いちぢれ麺は、コシは弱めですが喉腰はまあ普通かな?

税別740円→税込799円…すこし高いか?と思うのは私だけかな~

でも、まあこの夏を乗り切るには最高の一杯でした!

2014/07/29

白神山地~暗門の滝コースへ

7月20日(日)、西津軽鰺ヶ沢温泉の朝は天気予報が見事に外れた青空でした。

宿の窓からは真っ青な日本海と津軽の秀峰・岩木山が望めます。

Dscf8529

Dscf8523

宿の案内で、鰺ヶ沢市内から県道3号線を経て岩木山麓の細い林道を走ります。すべて舗装はしてあるもののかなりの急カーブがつづきます。

 岩木山総合公園手前の案内に従っていよいよ白神山地の懐に進みます。

 宿を出発して約1時間30分。アクアグリーンビレッジANMONの駐車場(無料)です。

Dscf8599

ビジターセンターでは、売店・レストラン・トイレ・暗門の湯が備わる総合案内所です。

徒歩5分ほどで「暗門の滝歩道」入口。協力金一人300円を払いますがあくまでも強制ではないようです。

Dscf8540

空いたペットボトルに詰めてさあッ!出発でっす!

Dscf8541

暗門の滝~ブナ林散策道を歩く一周5.6㎞、約2時間半のコースです。(混雑していない時の標準時間です)

歩きはじめて15分ほどは、暗門川渓流沿いを平坦な道が続きますが、画像下の治山ダムを過ぎるころから楽しい山歩きが始まります。

Dscf8547

残雪です。ここまで残っている年はめずらしいようです。

Dscf8593

片側交互通行と仮設の歩道が最後までつづきます。

Dscf8559

Dscf8565

ほぼ中間点の「第三の滝」です。その脇の仮設の階段を上って「第二の滝」を目指します。
Dscf8572

「第二の滝」です。かなりの水量と迫力の轟音に歓声が響きました。

さて、ここから急坂の仮設階段を一気に登ります。すこし息が切れそうです。
Dscf8575

手掘りの洞窟がありました。

Dscf8577

九十九折の仮設の吊り橋です。かなり緊張しますね~

Dscf8580

出発してか1時間30分ほどで目的地の「第一の滝」が見えてきました。

Dscf8581

Dscf8584_2

滝というのは、画像とか映像で見るのと、実際に滝壺そばに行き降るようなミストに包まれ怒涛の音を被るとでは全く世界が違うんですね~

Dscf8588

いやぁ~。ここまで来てよかったッ!!





















2014/07/27

角田山 浦浜コースにて

午前中の雨もやみ午後から予定もなかったのでちょっくら浦浜コースです。

今日の連れは、携帯ラジオです。甲子園新潟大会決勝を聞きながらです。

Dscf8690

9回逆転サヨナラ3ランの劇的な勝利で新潟県代表は日本文理高校!

ノーシードから決勝に挑んだ関根学園にも拍手ッ!

Dscf8681

Dscf8692

群生していませんが、あちこちでユリが咲き始めていました。

Dscf8693

観音堂からの眺め。夏になるとやっぱり少なくなるね~

鰺ヶ沢温泉にて…

Dscf8395
青森県津軽西海岸に寄り添うように国道101号線とJR五能線が走ります。

 

各所にイカを天日干ししたイカのカーテンを見ることができます。

 

風光明美な海岸線の彼方には津軽半島が見えました。

 

「不老不死温泉から」約50キロ、一時間のspa鰺ヶ沢温泉が今宵の宿spaです。

 

チエックインのときに海側の部屋に変更していただき、超ラッキー!

Dscf8469
ここは、津軽半島の付け根にあると思うと、我ながら「よく遠くまで来たもんだ…」と感心します。

 

名湯にどっぷり浸かって疲れを癒したあとは、お楽しみの夕食です。

Dscf8475

津軽の郷土味くらべ・雲丹と鮑の潮汁・幻のイトウを盛り込んだ地魚のお造りが並びました。思ったより薄味で素材の旨みが美味しく感じられました。

 

そのほかに、活鮑と県産和牛の陶板焼き・海藻とろろそばと、寄せもずくなど14品がいいタイミングです。

Dscf8483

Dscf8486

いやぁ~~。ご馳走さまでした。

 

ロビーで津軽三味線のライブ演奏があるというので期待して参加しました。

Dscf8492

Dscf8516

Dscf8520
前半は、気兼ねなく宿泊者が参加でき後半には、迫力ある歌声と津軽三味線に引き込まれた1時間でした。

 

津軽の夜…いい思い出になりました。

 

さて、明日はメインイベントの「暗門の滝」を歩きます。

2014/07/24

不老不死温泉万歳!!^^

Dscf8460

テレビ、雑誌等で知られている津軽西海岸の秘湯です。いつか浸かってみたいと思っていたのがついに実現しました。

自称spa「日本秘湯に入ろうねっか会」spa会長としては通りすぎるわけにはいかないね!(只今会員一名)

日帰り入浴は、600円で内湯と露天風呂が利用できます。

 

混浴と女性専用の露天風呂が日本海の波打ち際すぐそばにあり、まさに野趣満点のワイルド~!の雰囲気ですね!

Dscf8456

頼りない目隠しがウシッシィ~( ̄ー ̄)ニヤリ

 

意外と、話し声などしません。

 

私一人でしょうか?…?

ま、まじかよ~~

 

女性二人の先客~!!heart01

心臓が爆発するかと思ったよッ!heart02

Dscf8658

↑の画像はもちろん当日のモノではありません。某BSテレビ番組の画像です。当露天風呂では、撮影禁止になっていますのであくまでイメージとして載せました。

その日は、男性十数人の中に女性二人が入浴していました。女性はどう見ても私より二回りは若く連れの男性と一緒でした。

夏の海辺の露天風呂は人々を大らかに、大胆にしてしまうものなのでしょうか?

     秘湯万歳!混浴万歳!!

2014/07/23

静かな白神山地~青池

7月19日(土)、お昼少し前に十二湖散策の拠点の「森の物産館キョロロ」の駐車場に着きました。

心配した天気は、回復しつつあり陽が差してきました。

新潟県から400㎞以上の距離を7時間以上かけての運転でしたから1日目は、無理のない散策程度にしておきました。

一番のお目当ての「青池」では、ゴロゴロと雷を伴う大粒の雨です。

Dscf8408

しっとりと濡れるブナの森に浮かぶ「青池」は灰色がかった群青色に見えます。

青池から徒歩20分ほどの湧壺の池です。ここは、訪れる人も少なく静かです。

Dscf8418

雨が止み陽が差してきます。ブナの森を迂回してもう一度「青池」に戻ってみました。

Dscf8426

コバルトブルーに輝く「青池」の底には、朽ち果てた大木が幾重にも静に横たわっています。
Dscf8430

Dscf8421

十二湖庵でしばし休憩です。寸志で抹茶をいただいた後は、平成の名水百選・湧壺の名水を大きめのペットボトルでいただきました。

Dscf8447

世界遺産というと、渋滞や押し寄せる観光客のイメージですが…

ここ、白神山地は…別次元?

いや、これが理想のすがただと思いました。

さて、次はクルマで40分ほどの「不老ふ死温泉」で立ち寄り湯でっす!

       (つづく)








2014/07/19

白神山地~津軽西海岸~津軽鰺ヶ沢温泉へ

7月19日(土)~21日(月)、秋田県と青森県にまたがる世界遺産・白神山地の十二湖ルートの青池周辺・トレッキング人気の「暗門滝コース」、などをを目指して走りました。

 

まあ、一日目、19日の厳選画像?をとりあえづアップします。詳しいレポを後ほど書きたいと思います。

Dscf8409

雨の「青池」ですが、その後に陽が差して…神秘的な「青池」eyesign03になりました。

Dscf8466

津軽西海岸の温泉といえば、spa「不老ふ死温泉」は外せません!バッチリsecret混浴レポban書きまっせッ!

誰だいッ!?この記事が一番気になる~!って言ってるのはッ!?

Dscf8469

津軽西海岸の名湯「鰺ヶ沢温泉」の宿からの日暮れです。note

後日、ご報告申し上げます!^^

2014/07/17

三連休、どこ行く?

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃…

あいにくの傘マークの三連休ですが、あえて小雨そぼ降るブナの森奥深く入ります。

     shine世界遺産・白神山地でっすshine

一日目は、日本海側からの十二湖巡り。二日目は、津軽西海岸の名湯、鰺ヶ沢温泉から一番人気の暗門の滝コースの予定です。

初心者でも歩きやすいコースですが余裕をもって楽しみたいです。

その後、秋田県の秘湯に浸かって癒されたいね~

三日目は、気分しだいですかねぇ~

                  (あくまでも予定です)

2014/07/13

燕市 杭州飯店

Dscf8128

燕市では不動の人気です。こりゃもうなにも言うことはありゃしませんね。

きのうのバーベキュー大会の後での〆の一杯でおじゃましました。

同席した0氏曰く、「俺、絶対に日本で一番うんめ~ラーメンらろぉ~」

「うん、うん…」。うなずきながら私も完食してましたね~

2014/07/12

バーベキューは最高ッ!

12日(土)は、心配された台風の影響もなく市内の公園で我がバトミントンチーム若手主催のバーベキューで楽しみました。

20数名が手分けしてタープ設営、炭火コンロの準備、買い出し等です。

Dscf8114

厳しい練習?( ´艸`)プププを放れて和気あいあいの雰囲気もいいですね~

Dscf8125

次回は、秋に山登りの計画ってことで!

2014/07/07

「麺屋 しゃがら」三条店

三条市、第二産業道路沿いの「麺屋 しゃらがら」さんです。福島県の駒止湿原散策の後にこのラーメン目がけて一目散です!

何故?

味の良さ、麺のあんばい、それを高次元まで昇華さてのコストパフォーマンスといったら…「味噌ラーメン」でっす!

味噌ラーメン650円+煮卵50円+大盛り10円=710円にしまいた。

Dscf8091

豚骨ベースのスープに背脂が溶け込み、辛味噌とまろやかさと辛みに箸が止まりません。

これで710円! 

身体とお財布がしっかり覚えていますッ!

2014/07/06

駒止湿原

福島県南会津町の標高1100mほどにある国指定天然記念物・駒止(こまど)湿原を歩いてきました。

10時半過ぎの南会津駐車場は、ほぼ満車状態で左側の路上駐車も目立ちます。しかし、係員さんの誘導で駐車場内に止めることができました。

Dscf8044

手元のパンフレットによれば、標高差28m(ほとんど真っ平!)、歩行距離6.25㎞、歩行時間は3時間10分。気温22℃でした。

緩やかな階段を5分ほど登ると、多くの湿原植物が迎えてくれました。

最初は、見ごろを迎えたニッコウキスゲとワタスゲたち…!

Dscf8068

Dscf8048
黄色と白、そして緑の美しさにため息が出るほどの感動です。ワタスゲは、白いワタが飛び始めて逆に幻想的にも見えました。

整備された木道を進むとブナの森にも出会えます。森に入れば体感気温はぐっと下がり気持ちいい風が包みます。

Dscf8062

湿原全体が、こんな感じですが脇役?と言ったら失礼かな?

足元を見れば、いろんな初夏の花々も可憐に精一杯咲いていました。

Dscf8077
           ヒオウギアヤメ

Dscf8069
            サワラン

Dscf8076

            トキソウ

ほかにも、咲いていたようですが見つけられませんでした。

それにしても…^^

Dscf8085

ウットリするのは、人間だけではないようですね~

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック