2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/25

うちわは、必需品。

Dscf8985

↑の画像は、8時15分頃、弥彦山6合目付近です。

夏場の弥彦山や角田山などの低い山の山歩きには、午前中の早い時間でないと大汗覚悟sadsweat01です。

それでもやっぱり山歩きはやめられない。

「うちわ」って意外と使いみちありますね~^^

2014/08/24

弥彦山頂の始業点検

朝8時半、弥彦山頂の展望レストランでコンビニ朝食です。

晴れた日本海を眺めながら朝食を取っているとパノラマタワーが運転をはじめます。

Dscf8984

観光客らしい人はだれも乗っていないようですが、乗務員と作業員らしき方だけ乗っています。どうも始業点検のようです。

Dscf8981

タワー頂上では、5分ほど(一般営業時間より長く感じます)回転しながらの始業点検をされています。

いや~高所恐怖症の私には絶対無理ですね~!間違いなくチビルかも…?

いやぁ~ご苦労様でっす!

もう一つ!二合目手前付近で土のうを持って登っている方がいました。

土のうを左右に持ち替えたりと、難儀されているのがわかります。

Dscf8971
さて、どこまで運ぶんだろう…と思ったら、三合目を過ぎたあたりのくぼみに埋めて均しておられました。

私たちが、安全に楽しめる山歩きに人知れずボランティアに汗を流す人がいるんですね。

こりゃまたご苦労様でっす!

2014/08/22

日本文理高校は「持っている」

ベスト4に臨んだ新潟県代表の「日本文理高校」が福島県代表に勝利で、明後日に三重県代表三重高校との準決勝です。

思い起こせば5年前の決勝で9回裏で5得点を挙げながらあと一歩の1点差での準優勝を思い起こします。

ここまで来ると、各校とも実力と「運」?も引き寄せる形のないモノを感じづにはいられません。

地方大会の一回戦で負けたチームも、甲子園の一回戦で負けたチームも、決勝に進出した双方のチームも。

直向きで、愚直に白球向かう姿は、鳥肌のたつ高校野球の醍醐味ですね~

新潟県代表の日本文理高校には、「持っているもの」「引き寄せるもの」を発揮してほしいものです。

2014/08/17

日常へ…

Dscf8946

日本の各地で大雨や天候不順に悩まされたお盆休みでした。

私は、半径10km以内の移動範囲でした。

被害に遇われた方々にはお見舞い申し上げます。

当地では、被害もなく明日から変わりない日常をはじめられることができます。

さて、明日からがんばっかなッ!

2014/08/16

燕市 杭州飯店

お盆休み後半は雨、雨、雨の一日です。

お昼時に近くの杭州飯店にしようと思いましたが、今まで見たことのないような行列だったので早めの夕食にと4時過ぎにしましたが、それでも10人ほどのお客さんです。

お盆最盛期の限定メニューのようですが餃子2個と中華そば(大油)にしました。

Dscf8930

Dscf8932

3分に満たないくらいにほぼ同時に運ばれてきます。

Dscf8933

シンプルな白い器に表面張力のように盛られ、受けの皿にもスープがこぼれています。これぞ杭州飯店流です。

一見、塩っぱそうに見えるスープですが、意外とあっさりした旨みのある煮干し出汁醤油スープです。

ストレート極太麺は茹具合によってはゴツゴツした食感の時と、ふわっとした弱いコシの場合があります。今日は、後者でした。

これには賛否両論あるようですが、地元の燕もんにしてみれば「これもアリ~」という大きなこころでいただいています。

Dscf8935

燕もん、全国に誇れる一杯でした!





2014/08/14

キツネが出たぞ~!^^

Dscf8880

朝7時ちょうど、気温23度。角田山浦浜コース駐車場は7台ほどです。

雑草もきれいに刈られて気持ちよく止められました。

登りはじめて15分。オレンジ色のあの花が咲いていました。

Dscf8884

キツネノカミソリです。

それも、尾根の谷底近くまで見事な群生です。

Dscf8903

Dscf8885

Dscf8900

ここ数日は楽しめそうです。

キツネノカミソリ→詳しくはこちら!

Dscf8904

9時半頃にはほぼ満車の人気のコースです。




2014/08/13

燕市 まつや

今日は、お盆の墓参りですね。

人間界の都合が先行していつのころからか、午前中に済ませています…

ルート的に母の実家の菩提寺→我が家の菩提寺→カミさんの実家の菩提寺での墓参りが例年です。それが終わるとお昼前後になります。

当地、燕市殿島「まつや」でお昼にしましたが満席で10分ほど待って二階席へ。

ねぎ中華そば(850円)です。

Dscf8854

当店の中華そばの大盛り版に細切りねぎをトッピングしたものでしょう。

あっさり醤油ベースですが、深みのある万人受けするだろう美味いスープです。

モッチモチのストレート中太麺に細切りネギを絡めてすすれば…

「むふふ~^^。うんめぇ~( ̄ー ̄)ニヤリheart02

近くの席から、「やっぱしここのラーメンは関東には無え~」「これ、食うためだけに帰省したようなもんだね~」

燕もんには、どこで住んでも染み付いているんですね!

    誇りとも思える一杯でした!shine

2014/08/11

夢見平遊歩道

Dscf8805

先週の8月3日(日)、妙高笹ヶ峰癒しの森を歩いていきました。去年は、赤いルート(一周約5㎞・約2時間)を歩いてきましたので今回は、緑のルートを含めて歩いてきました。

下界は、30℃超えですが、ここ標高1300mほどの笹ヶ峰高原は22℃!

一周約9㎞・約3時間半ほどの癒しの山歩きです。

Dscf8828

Dscf8816
白樺の森、ドイツトウヒの森、そしてブナの巨木に懐かれながら深い森へと入っていきます。
今回、ぜひ行ってみたかった場所は、2時間ほどの旧妙高製材所跡です。

Dscf8817

Dscf8819

まさに、遺跡です!当時の住人同志の絆や、苦労が想像できます…

さて、このころから雲行きが怪しくなってきました。

もう少し奥を歩くかどうか思案しましたが遠くで雷の音もしてきましたので足早に引き返すことにしました。

夢見平から三田原山を望みます。6月には、一面の水芭蕉の群生で埋め尽くされるという。来年は、絶対見てみたいッ!

Dscf8823

駐車場に着くころには大粒の雨が…

ザアーーーーーーーーッ!

引き返してよかった!!

2014/08/10

石挽蕎麦 越水

Photo

新潟県加茂市加茂新田10020-1の「石挽蕎麦 越水」さんです。

台風11号の影響か、すこし蒸し暑いのでさっぱりとした蕎麦が食べたくなりました。夕方の5時半ころは、まだまばらな入りでした。

 

店内は、天然木を多用した落ち着いた中、中高年が落ち着ける雰囲気です。

 

静かなピアノのBGMも好感がもてます。

 

大きな窓からは、緑豊かな田んぼと粟ヶ岳が望めました。

 

「天ぼっち蕎麦」です。

Photo_2

「ぼっち盛り」とは、店主が修業した信州戸隠で伝わる独特の盛り付けという。

 

みずみずしい歯ごたえとのど腰のなかに力強い蕎麦の旨みが溢れます。

 

そういえば、戸隠奥社参道脇で食べた記憶がかすかによみがえります。

Photo_3

お盆休みまであと二日…忙しいけれど何とか乗り切れそうです!^^

2014/08/07

燕市 「麺屋 はる」

 Dscf8838

燕市水道町三丁目の以前は三友軒さんだった場所ですが、すっかり軌道に乗って固定客、新規の客数も伸びているようです。

日曜日の夕方6時ころ、カミさんと行きました。半分ほどの入りでしたが出るころには、ほぼ満席になりました。

醤油系もおいしいのですが、今回は「麺や はる」の看板メニューの塩ラーメンをバージョンアップした(特)790円にしました。

その日は、妙高笹ヶ峰を4時間近く歩いた後だったので塩分補給にもなったのかな?(その記事は、後ほどってことにします)

Dscf8835

白い器、受けはステンレス製でいかにも燕市らしいですね。

低温熟成の大きなチャーシュー、半熟卵、岩海苔、太目メンマ、青菜、千切り玉ねぎが岩船産の塩スープと融合します。

Dscf8836

油淋鶏(ユーリンチー)600円です。

ただの鶏のから揚げ?かと思いきや、酸味の効いた甘しょっぱいタレとネギの薬味の美味さに「ラーメンの友は餃子だけじゃないんだ…」

Dscf8833

あたらしい「友」を知った極上の塩ラーメンでした!

2014/08/05

米沢牛

Photo

   もちろん、頂きものです。

我が家では買いません。いや…絶対に買えませんからね。

いやいや…当地ではまず売っていません。

「日本○○和牛」とか言っていますが、どこで生産されても和牛なら美味しいと思いますが?

「証明書」が付けられていたのは、産地偽装対策なのでしょうが、そう言われれば「やっぱり米沢牛は、違うねぇ~」

和牛牛肉をあんまり食していない我が家の会話です…ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2014/08/04

隠れた名水~どっぱら清水

7月のいつだったか、地元紙に五泉市の菅名岳中腹に湧き出る「どっぱら清水」の記事を読みました。

その記事によれば、寒九の水汲みで地酒を仕込むという名水という。

有名な奥入瀬渓流を凝縮したような趣があるという。(まだ、行ったことありません)

 興味、湧きますね(* ̄ー ̄*)

8月2日(土)、早速行ってみました!

子砂利の駐車場から徒歩1時間少し、素晴らしい渓流の川床に着きました。

丸太で組んだ橋から、冷たい渓流で顔を洗い喉を潤します。

Dscf8751

Dscf8746

       うんめぇ~~

暫し、周囲を散策して上流の滝の流れを見下ろしましたがスリルありましたよ!(あッ!私の左足がチラッと!^^)

Dscf8755

深い森を流れる渓流に苔むした川石や朽ちた流木に詫びと寂びを感じて癒されます。

小砂利の駐車場にクルマを止めて平坦な杉並木を15分ほど歩くと大雨による災害で迂回路を登ります。

Dscf8768
急の登山道らしく路肩がかなり弱いので注意です。15分ほどでいよいよ渓流沿いの山歩きです。

ちょっと頼りない木道の橋を何本も渡る、その先にある「どっぱら清水」は、あんまり教えたくないなぁ~^^

Dscf8760

Dscf8759

Dscf8758

Dscf8745

紅葉の時期も絶対にいいでしょう!!






2014/08/02

クラネタリウムで少しは涼しく…?

Dscf8610

なんじゃ、それ?そうですよね、私もその日までは、初めて聞く言葉でした。

ここは、クラゲの展示でギネス認定にもなった山形県鶴岡市の「加茂水族館」です。

7月21日、白神山地からの帰りの3日目に立ち寄りました。

Dscf8648

展示順路では一番最後の展示になる「クラネタリウム」です。

クラゲを星座に見立てて右回りにゆっくり回転させていました。
独特のゆっくりとした繊毛を生かした動きが、せこせこ生きる私たちが癒されるのうなずけます…

Dscf8631

Dscf8632

生まれ変われるものなら…クラゲもまんじゃらじゃね~な。

ちなみに、夏場は渋滞と混雑は必至です。奥の白い建物は新たにできた加茂水族館で、手前は帰りのシャトルバスの長い行列です。

Dscf8602

Dscf8603

新館館内も同じような混雑ぶりでしたね~

2014/08/01

龍華亭でオイル補給!

Dscf8705_2

所用のため出先でお昼にしました。

久しぶりに三条市須頃地区、燕三条三条振興センター近くの「龍華亭」です。

じっとしていても汗が噴き出る夏本番のお昼には、背脂たっぷりの中華そば大油に玉ねぎをトッピングしていただきましょう!(750円)

Dscf8706

「真夏に降る雪のようだ…」とかなんとか誰かが言っていたがそのものズバリッですね。

Dscf8707

もう、かれこれ半年ぶりの龍華亭の中華そば大油+玉ねぎは、いつか忘れかけていた燕三条系本流の美味しさを思い出させてくれます。

茹でている時間、店主は腕を組みじっとそのタイミングを見計らっていました。

「んッ」と小さくうなずくと手際よい早さで盛り付ける。

いい意味で歯ごたえのあるチャーシュー、これでもかといっぺこと入ったメンマだけのシンプルなその一杯には満足のお昼でした!

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック