2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014/09/28

にぎわう角田山

Dsc00390

お昼頃の頂上広場は大勢の登山者でにぎわっています。

観音堂からの眺めも稲刈りの終わったパッチワークのような田園風景です。

の~んびり、まったりと…。あくびも出ますね~

Dsc00400

今日のコースは、日帰り温泉施設「じょんのび館」裏手のホタルの里コースから登りました。

頂上手前の約400mは、きつい登りです。

Dsc00404

汗をかきかきながらも、もうすぐ秋本番を感じさせる山歩きでした。

Dsc00385

Dsc00386

Dsc00401

汗をかいた仕上げに岩室温泉「よりなれ」でひとッ風呂浴びます。

Dsc00408

これで一週間、乗り越えられそうです!

2014/09/21

燕市 泉屋食堂

当地、燕市穀町の泉屋食堂です。以前、新聞で記事になって気になっていました。

Dscf3023

昭和時代にまだどっぷりと浸かったような佇まいにワクワクしながら店内に入ります。

まず目を引くのがすこし薄暗く、テーブル席と小上りが奥のほうまでつづいています。まさに「ウナギの寝床」のようです。

その奥に厨房があり、両壁には紅白の幕ようにメニューが下がっています。

Dscf3008

女将さんと馴染みらしい客がビール片手に談笑。私も呑みたくなりましたが、我慢です…

中華そば(650円)とおススメのレバニラ炒め(650円)です。

Dscf3018

煮干しのあっさり醤油スープに細いちぢれ麺は、昔ながらの…

うんうん、これだ、これだ…

豚レバーは、鮮度がよくパサパサ感もなくしっとりしていて…

       ビ、ビールがぁ~~ちらり~

       我慢・我慢~~

     家かえって呑もっと!

2014/09/15

八海山生蕎麦 宮野屋

Dsc00296

南魚沼市にある「宮野屋」さんでお昼にしました。八海山尊神社のすぐ裏、八海山登山口近くです。

八海山の麓に昔から伝わるつなぎに山ごぼうとフノリを使う独特な風味を楽しめます。

靴を脱いで広い板の間に上がれば、山小屋風の店内です。

手打ちそばと山菜天ぷらのセットにしました。

「お通しです^^」と出された漬物は、茄子、きゅうり、かぶとポテトサラダでした。これがサービスと知ってうれしくなりました!

薬味は、ネギ、茗荷、ワサビと画像にはないですがクルミが添えられる本格派です。

Dsc00286

素朴ながら揚げたてがやっぱりうれしいですね。赤い生姜と、アンニンゴの天ぷらが印象に残っています。

Dsc00290

Dsc00293_2

山ごぼうと布海苔が繋ぎのようです。肌のきめとそのコシと喉腰。

鼻に抜けるその余韻…。

「うう、うんめぇ~」

2014/09/07

嵐渓荘で日帰りプラン

sweat01Dsc00050

三条市下田地区、spa越後長野温泉・嵐渓荘での日帰りプランbeerを楽しみました。

昭和三十年代まで当地燕市駅前に現存していた小川屋旅館をここ下田地区に移築してその後国有形文化財にも登録された嵐渓荘・緑風館二階「千草の間」に通されます。

Dsc00010

窓を開ければ、山懐に守門川のせせらぎと初秋のの風が心地いい。

先ずはともあれ風呂ですね!この湯は日本屈指の濃厚な“強食塩冷鉱泉”の源泉かけ流しでチョッピリ舐めてみると…

やっぱり、しょっぱい!

部屋に戻りまったりしているとお楽しみの日帰り昼食コースが運ばれてきました。

蕨の煮付け、かぼちゃの冷水スープも美味かったが、茗荷の握りは絶品です。

Dsc00016

鯉のあらいと鮎の塩焼きは、(たぶん養殖?)川魚特有のくさみも無く冷たいもと熱いもののメリハリを美味しく楽しめました。

天ぷらは珍しい食材(名前は忘れました)が揚げたてです。

Dsc00017

Dsc00018

Dsc00019

新潟和牛の石焼です。霜降りというより、旨みのある赤身の柔らかい歯ごたえを楽しめます。

Dsc00021

Dsc00024

デザートの後には、栗ごはんと「鯉こく」といわれる味噌汁です。

画像では分かりにくいですが、鯉の身がたっぷり入り味噌汁の相性もいいです。

Dsc00025

九月初めての日曜日。

秋本番に向けて頑張るかなッ!runsweat01

Dsc00003













2014/09/06

はじめてのミラーレス一眼入門

Dscf3031

コンパクトデジカメ3台からこの度、ミラーレス一眼カメラの門をたたくことができました。

当初、デジタル一眼レフを検討していましたが、軽くて比較的安価ですがデジタル一眼レフ並みの画像が撮れる?かもしれないというので購入しました。

最新式でなくてもよいと思っていましたが、ちょうど一年前に発売されたソニー社エントリーモデルのNEX-5Tモデルを選びました。

先日の土曜日に市内の家電量販店でダブルズームレンズのセットで価格6万円チョットのお買い得だとの自己満足です。( ̄ー ̄)ニヤリ

これから少しづつ感性の思う向くまま楽しめればいいと思います。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック