2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014/10/26

瑠璃洸泉と仙人岩風呂

3時のチエックインして通された部屋は旧館らしい「温玉荘」。

どこか懐かしいその造り、雰囲気に子供のころを想う空気にもどされたようです。

      これも、いい…。

持ち込んだ缶ビールをに飲み干して内湯の「瑠璃洸泉」に身を沈める。

Dscf3223

大理石の床、総檜風呂。

まあよくある造りですが、松川渓谷対岸の紅葉を源泉と溶け合うさまはこの上ない至極のひとときです。

湯船の底の檜床は、節々の凹凸があり肌に心地いい。

翌日、八滝と雷滝~山田温泉を散策した後に宿の「仙人岩風呂」に浸かりました。

朝陽が紅葉を照らすなか、宿裏手の150段の坂を下ります。

Dscf3234

Dscf3235

険しい絶壁を縫うように松川源流が勢いよく流れているその上に「仙人岩風呂」がありました。

Dscf3237

二人の先客が浸かっていましたが、私と入れ替わりに運よく独り占め時間です。

Dscf3238

ここも熱めの源泉掛け流し。

日常を離れたこのわずかな時間、この時をまたいつか楽しむためにも明日から日常に戻ります。


2014/10/25

信州高山温泉郷~八滝と雷滝

Dsc00551_4

今宵の宿はspa信州高山温泉郷「風景館」bottleです。

大きな窓から深い松川渓谷のピークまじかの紅葉。対岸の色合いが迫ってくるようです。

お湯よし。味よし。対応◎の宿でした!^^

翌、朝6時ころ、朝陽が昇ったばかりの温泉街からクルマで5分ほどの「八滝」に向かいました。

八滝展望台です。気温は5度。カメラマンが数人ほど白い息をはきながら夢中です。
Dsc00559

紅葉の最盛期の中の「八滝」です。
言葉にならないほどの美しさにただただ見入るだけでした…

Dsc00570

さらに10分ほど標高をあげると、「雷滝」です。階段を下っていくと轟音とともに圧倒的な水量の滝に出くわします。
その滝をくぐるように歩道がありその裏側を歩くことができます。

別名「裏見の滝」の所以ですね。

信州高山温泉に来たら絶対に見逃せないポイントです。

尚、付近には駐車場スペースが数台分と少なく、道幅も狭くてお昼近くになるとかなりの渋滞が発生しますから注意が必要です。

Dsc00575

Dsc00574

Dsc00580

さらに標高を上げた「七味温泉」付近です。

すっかり葉を落とした山肌に硫黄の湯けむりが旅愁を誘いました。

いい…。実にいい。いつか、また来たいな。そう思わせる鄙びた温泉のようです。

Dsc00596

このルートの終着点、「山田牧場」まで足をのばしました。その途中の、北アルプスと長野市方面の市街地です。

Dsc00593

標高1400mほど。ようやく山田牧場に陽が差し始めました。

Dsc00586

朝食前の最高のお散歩でしたッ!!


2014/10/23

色づいてきました

Dsc00491

我が家の「ドウダンツツジ」と「ヤマボウシ」がいいあんばいに色づいています。

Dsc00492

深まる秋には、やっぱり温泉ですね~。ってな訳で紅葉真っ盛りな長野県信州高山温泉郷出かけてきました!

そのレポは、後日アップしますね!^^

2014/10/19

燕市 福来亭白山町店

Dscf3186_2

うららかな秋の日曜日のお昼です。

気が付いたら、福来亭の引き戸を開けてテーブル席に座っていました…

(嘘っぽい~~~)

自販で買うメニューはいつも決まって「中華そば」。

Dscf3176

90年代のグラビアアイドルのポスターは色あせていましたが、ここの中華そばは、いつまでも永遠の輝き…

じゃなくって永遠の「うんめぇ~」でっす!

Dscf3181

Dscf3182

セルフで無料の玉ねぎを増量すれば、もう至福の一杯でした!

ご馳走様でした!あああ~燕に住んでてよかったぁ~





2014/10/13

麺工房 むげん

Dscf3166

新潟市西蒲区曽根2151-2 国道116号線、旗屋交差点を新潟市方面に向かって300メートルほどの左側にあります。

赤い大きな看板が目を引きます。

背油の浮く醤油系、味噌ラーメン、塩ラーメン、独自ルートで仕入れる喜多方ラーメンなど幅広いラーメンが揃います。

Dscf3161

味玉むげんラーメン(750円)にします。

Dscf3163

太い平打ち麺は、弱いちぢれ麺で喉越よくどこか喜多方ラーメンを思い出します。

そういえば、メニューにも喜多方ラーメンがありましたね!

背脂たっぷりのスープは、かなり脂っこく塩っぱさがしつこい味付けです。

割スープがほしかったなぁ~




2014/10/12

ぶらっと、野沢温泉^^

色づき始めた野沢温泉村をぶらっと散策してきました。

お昼前とあって観光客はまばらで静かな温泉通りです。
Dsc00455

野沢温泉のシンボル的存在の外湯、大湯に浸かります。寸志として100円を専用の小箱に入れました。

Dsc00438

数人の入浴客と入れ違いで運よく私一人占めです。質素な脱衣場と二つの湯船が隣り合わせで湯治の雰囲気が漂います。

手前は「ぬる湯」、奥が「あつ湯」ですが、とっても熱すぎて…

        あぢィ~~

「ぬる湯」とは名ばかりで私には熱すぎて入れないので水道で温度調整です。

Dsc00468

泉質は硫黄単純泉。13ある外湯は、村民の方々が自主管理して毎日の清掃している清潔な共有財産です。

テレビなどでも紹介されている「麻釜」です。野菜などを高温の温泉で茹でたり、あけびのつるを柔らかく加工したりする村民専用の施設です。

温泉と生活が密接につながるすばらしい村です。

なお、観光客は危険なため中へ入れません。

Dsc00470

Dsc00460

「麻釜」すぐ隣の御嶽神社を参拝しました。

噴火した御嶽山との関係は知りませんが、偶然にもその日は年内の捜索を断念した日になったようです…

Dsc00461

Dsc00463


自然災害は時として無情な姿を現すものです。

一心うどん 七ヶ巻食堂

Dsc00485

国道117号線沿い、野沢温泉村に入ると左手にあります。

野沢温泉に行く途中で気になったお店です。食堂というより作業小屋か?そんな独特の雰囲気が頭から離れません。

帰りに小腹が空いたので寄りました。

店内は、まあこんな感じの山小屋風です。

「ここのおススメはなんですか?」と、尋ねると白鬚の仙人風の店主は「この爺いい以外はみなおススメだれ~」

「ふふ、おもしれぇ~爺さんだ…」

Dsc00481

まだ火の入らない薪ストーブ、空っぽの冷蔵庫。誰もいない店内の年季の入ったテーブルに座ります。

その日はすこし暑かったので「ざるうどん」(750円)にしました。

Dsc00483

薬味に辛い大根おろしとネギ。かぶと茄子の漬物が付きました。

店主曰く、手打ちのうどんは腰も強くのど越しさっぱりの一品でした。

美味さが、どうのこうのと言うよりなぜか印象に残る雰囲気でしたね~

ラーメン こまどり

Dscf3151
新潟市西蒲区竹野町の味噌ラーメン超人気店です。

人間ドック後、3時頃なら空いていると思って行きましたが、駐車場はほぼ満車。広い店内もカウンター席が数席空いているだけです。

Dscf3145

さ~てと…。

味噌ラーメンと餃子3個にします。数時間前に「すこやか弁当」をいただきましたが、検査結果もまあ良好で食欲もまた湧いてきます。

Dscf3146

いつも変わらぬ赤味噌ベースのしっかりした美味さと極太麺の相性がバッチリ。大量のキャベツともやし、キクラゲや挽肉も多めです。

Dscf3150

やっぱり「味噌」ならここですね!

食べ終わる頃、どこかで天の声が聞こえた気がする…

「ラーメンのスープは、飲み干さないように…」(○`ε´○)sign03

「は、はい!わかりました!」( ̄Д ̄sweat02



2014/10/11

人間ドックでした。

新潟市西区の温泉病院付属の施設で人間ドックでした。ここ3年、つづけて受けています。

一通りの検査が終わっての昼食「すこやか弁当」をいただきました。

Dscf3143

塩分を少なくして美味しく味付けに感心しながらいただきましたが、午後からの検査結果がいつもながら気になるお年頃です…

  ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。

「まあ、体重は今がベスト。血液検査、消化器系、循環器系、呼吸器系、心電図などなど異常ないですね~

ただ、血圧と尿酸値が高めに推移してますから…。「好きなラーメンのスープは飲み干さないこと!ビールは、プリン体ゼロをおススメします!

そんなこと言われたかどうかは忘れたけれど、とりあえず

        「いかったぁ~shine

Dscf3144

3階の温泉入浴で考えたことは…

「今度、どこのラーメン食うかな…note」ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

2014/10/04

燕市 らーめん 侍元

Dscf3091

当地燕市、国道116号線沿いの春日町「食い処 里見」さんの隣に7月にオープンした「らーめん 侍元」でお昼です。

店内の長椅子には十数人の待ち客で、15分ほどの待ちでした。

Dscf3080

店内には、往年のヒーロー達のフィギアが所狭しと並べられて楽しめます。

岩ノリちゃっちゃ麺(780円)です。ちなみに「ちゃっちゃ」とは、当地周辺の地域で背脂の意味です。

Dscf3087

魚介醤油だしと豚骨スープが出会ったような濃厚な旨みがあります。

乱切り玉ねぎと万能ネギ、風味豊かな岩ノリがトッピングされています。画像では分かりにくいですが、多めのメンマとその下には、厚いチャーシューが鎮座しています。

このチャーシューが柔らかくて肉の旨みが十分です。

Dscf3089

自家製麺は、肌理の細かくコシもあり量もそこそこあれば…

繁盛するのも当ったり前ですね~!






2014/10/03

6年ぶりのコンサート

Dscf3078

朱鷺メッセ、そのコンサートが終了したのは、9時半を過ぎていたように思う。

小田和正の新潟で6年ぶりのコンサート。

その小柄な体格からは想像もつかないパワフルなリズムと歌声、透き通るような高音は若きオフコース時代からも何らそん色ない。

         …いかった~…

Dscf3076

信濃川の夜風は、その熱気と興奮を冷ますにちょうどいい感じでした。

2014/10/01

さわやかな朝

Dsc00312

さあ、10月のスタート!朝七時前。気温15度。

やりましょう!がんばろう!乗り越えよう!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック