2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015/04/29

らーめん 王風珍

燕市国道116号線沿い。下粟生津交差点を分水方面に150メートルほど行った右側にある「王風珍」(わんふうちん)です。

大きな三角屋根が目立ちます。相変わらず人気のお店で昼時は待ち客で10数人ですが、今日はまだ少ない方でしょう。

Dsc01745

10人ほどのカウンター席に案内されます。

看板メニューの「王風麺 白」(780円)です。

煮干し出汁の輪郭がしっかりした醤油ベースのスープにお約束の背脂もバッチリッ!^^

みずみずしい食感の香味白髭ネギ、その下にはモヤシがトッピングされています。一口サイズのチャーシュー4枚、味の浸みたメンマ、ほうれん草もバランスよくいい感じです。

Dsc01746

麺は、以前に食べた太麺よりすこし平べったく縮れているような感じがしましたがね~。(気のせいかな…?)それでも、これはこれで美味しくいただきました。

Dsc01754

うまいラーメンを食することができること。幸せだなぁ~^^





2015/04/26

弥彦山 田ノ浦コース

弥彦山には、一般的な表参道コース、裏参道コース、八枚沢コースそして一番マイナーらしい田ノ浦コースがあり今日は初めての田ノ浦コースから登りました。

やっぱり天気のいい日は、体を動かさなきゃ!^^

越後七浦シーサイドライン沿いの田ノ浦海水浴場駐車場の和風レストラン喜左エ門(7月~8月のみ営業のようです)脇から登りますが、徒歩10分ほどでその奥にも10台ほどの駐車場があります。

下の地図は、田ノ浦海水浴場駐車場に掲げてあります。

Dsc01698

未舗装で10台ほど止められますが、この日は6台止まっていました。画像中央に弥彦山展望タワーが見えます。

そこを目指して約4kmの山歩きです。

Dsc01699

10分ほどは沢沿いに細く平坦な道のりで、沢を何度か渡り小さな滝とも出会えますが長靴が必要なほどの水量ではありません。

今までの弥彦山登山とは違ってなんとなく野趣の雰囲気に期待します。

Dsc01708

二輪草が盛りで可憐な白い花びらを風に揺らしています。中腹までホンとたくさん咲いていましたよ~^^

Dsc01709

Dsc01717

鮮やかな青に紫色の模様が印象的な花ですが名前がわかりません…

Dsc01713

先週、角田山の浦浜コースでも会えたフデリンドウです。

Dsc01720

タンポポの一種でしょうか?黄色が鮮やかです。

Dsc01736

登りはじめて40分ほど。登りが険しくなり鎖場が現れました。

岩場の足元は狭く、深い沢沿いにすこし緊張しながら張り付くように登ります。

Dsc01719

いくつかの弥彦山登山コースの中でも一番の難所でしょうか。鎖やロープ、木の幹を頼りに足元に神経を集中しての登りでした。

下山は、もっと気をつけなければなりません。

Dsc01731

かつて銅の採掘がなされた明神沢立坑跡がありますが、見たい興味を抑えて頂上を目指しました。

Dsc01727

20分ほどの急な登りが続くとようやく弥彦スカイラインと合流でした。左カーブを過ぎれば9合目駐車場です。

Dsc01723

9合目駐車場から今登って来た田ノ浦方面(中央)と日本海に浮かぶ佐渡島を望みます。

弥彦山の奥深さを一つ知った一日でした。

Dsc01725

尚、田ノ浦駐車場は広く2ヶ所の水洗トイレ有。

登り1時間20分。下り1時間でした。


































2015/04/19

「角田山 浦浜コース」春の花たちとともに…^^

今日もスカッと晴れた日曜日。カミさんと海側から角田山浦浜コースを春の花々を楽しみながらの山歩きでした。

尚、記事の中で花々の名前が正しいくない場合がありますがその時がご了承ください。

約9時30分、淡い萌え色に赤い浦浜大橋が見える駐車場から登りはじめます。
Dsc01640

歩き始めてすぐに砂防ダムのような沢です。雪解け水を流れるすぐ脇に白い花の群生を見つけました。

Dsc01697

登山道すぐ脇にも同じ花があったので近くで観察すると…

「えッ!?まさか二輪草?」そう思うとこれから出会う花々に期待が膨らみますね。

Dsc01696

大きなシダ類が茂るすこし薄暗く湿った道を進みます。すこしジャングルっぽいですね。

ここを過ぎると、段差の大きな階段状の登りを10分ほど登ります。短足の私たちには、ここがかなりきついです。

Dsc01693

青色っぽい紫色のムラサキケマンです。変わった形の花です。

Dsc01641

登りはじめて10数分で浦浜の集落と穏やかな日本海が望めます。潮騒と海風が汗ばんだ体に気持ちいいです。

Dsc01642

スミレの一種でしょうか。登山道周囲や斜面にたくさん群生していました。

Dsc01649

登りはじめて30分ほどでいよいよ40分ほどの長い登りになります。

さほど急ではないですが、木の根やゴロゴロとした岩などがあり足元に気を付けながらは登りがいがあるってもんでしょうかね。

それでも、新緑の時期を迎えた実感がうれしいです。

Dsc01652

清楚な大きめの白い花は?一輪草?でしょうか?

Dsc01689

小さくも紫色が美しいフデリンドウです。うっかりすると見過ごしそうな健気な花です。

漢字で書くと筆竜胆。花の閉じた状態が、筆の穂先(ほさき)を思わせることからこの名がついたと言われています。この花は、リンドウの仲間の中でも小さいもののひとつです。

Dsc01659

さらに、まだまだ登りが続いて何度となく給水と休憩をとりました。

Dsc01679

ヤマザクラです。花は多くはないですが、今が満開です。

ソメイヨシノのような里桜より白っぽい花が特徴のようです。

Dsc01656

元気の出そうな黄色い花ですが、名前がわかりません…

Dsc01662

ヒトリシズカです。初めて見た気がします。

Dsc01681

五ケ峠コースとの合流点です。約11時前ですから1時間30分ほど経ちます。

かなりゆっくりなペースです。

Dsc01666

桜の花びらのようですが、みんな下を向いて咲いていました。さて、この花の名前は…?

Dsc01682

トキワイカリソウ。どこか宇宙っぽい形に見えるのは私だけかな?

Dsc01677

灯台コース合流点を過ぎれば、ほぼ平坦な山歩きが15分ほどで頂上です。

Dsc01668

登りはじめて約2時間。お昼頃の頂上は、かなりのにぎやかさです。

Dsc01675

私たちは、ベンチに腰掛けてコンビニのおにぎりと、カレーヌードルでお昼にしました。最高のご馳走でしたね~^^

Dsc01672

さて、また明日からフル回転で頑張るかな!?

































2015/04/18

首を長~くして見ています!

Photo

公園の散策中に一枚パチリです。

春の陽気に誘われた中のいい親子カメのお花見シーンです。

Photo_2

なんとなく癒されましたね…

2015/04/14

元気をもらったお花見BBQ

Dsc01595

12日(日)は打って変わって朝から花見日和です。燕市某所の公園でバドミントン仲間20数名でお花見BBQで楽しみました。

20代から60代までの幅広い年齢構成がいいところで、今年度から新社会人の10代女子が加入して平均年齢がグッと下げることができました。

今の若い人は、いい道具を持っていて手際よくテント設営したり炭をスピーディーにおこしています。

10時から夕方4時ころまで爆笑が途切れることなくあっという間に過ぎたお花見BBQ大会でした!

Dsc01638

元気をたっぷりもらってさあ、一週間のスタートです!










2015/04/11

味の店 逑来「クォライ」

燕市吉田東栄町40-12 ℡0256-92-2896

市街地の込み合った住宅街にありますので説明困難です。

Dsc01591

駐車場は店の隣に5台、向かいの砂利の空地に5台ほど止められます。1時過ぎに来店しましたが8割ほどの入りです。

やはり看板メニューの広東麺(780円)に落ち着きますね~

Dsc01588

運ばれた瞬間、胡麻油のいい香りが立ち上がり、食欲をそそります。

美しい器には、真ん中にうずらのタマゴ、白菜、ニンジン、きくらげ、青菜、タケノコ、豚肉などの具だくさんにとろみのかかった餡が覆います。

細くよわいちぢれ麺は、肌理の細かいコシがあり、一度知ったら忘れられません。

広東麺と言ったらここ。逑来「クォライ」が絶対のおススメの一杯でした!


幻のブルーインパルス

カミさんと高田公園のサクラと、お目当てのブルーインパルスの航空ショーを兼ねて出かけてきました。

心配だった雨も止み11時からの航空ショーまで公園内を散策です。

人気の三重櫓から西堀に掛かる西堀橋からの山々がきれいです。

Dsc01571

通称さくらロードのトンネルをぬけると見事なしだれ桜にさらにウットリです。

Dsc01579

Dsc01577

航空ショー観覧指定場所の陸上競技場は1時間前あたりから混み合ってきました。運よく最前列ベンチに座ることができて空を見上げながら雑談で時間をつぶします。

Dsc01581

Dsc01584

特注の観覧席まで登場して最高潮に達します!

小松基地から飛び立ったブルーインパルスは、画像左にある国旗掲揚ポールの方角に飛んでくる。

はずだったのですが…

上空の雲が低すぎて高田公園上空に侵入できず直前になって中止のアナウンスが流れます。

ええええええええええッ~~~~~(´;ω;`)ウウ・・・

残念ですが、事故があっては絶対いけませんからね~

ここで、前日のリハーサルの動画をアップします。





2015/04/06

うるさい選挙カー

Dsc01535

ご存知、観音堂からの眺めですが地上の選挙カーがものすごくうるさいです。

かえって街中で聞かされるよりうるさく感じるのはなぜ?

2015/04/05

勝手に開花宣言!^^

Dsc01558

あたたかい雨の降る日曜日。ようやく当地の公園のサクラがほころび始めました。note

 昨年より5日ほど早いのかな?

来週の日曜日にバドミントンチームのお花見会がこの公園でbeerドンチャンbottleされる予定なので、咲き加減を視察に行ってきたときの画像です。

 

cherryblossom満開の青空の下で和気藹藹と楽しみたいものです。fuji

通夜振舞いで思わず(≧▽≦)!

昨夜は近所の通夜でした。

当地界隈のの通夜振舞いは、お寿司やオードブルなどが並ぶ豪華なもの。

こんがに、ごっつぉね~てもいいんですがこれがこの辺では慣例のようです。

会場によっては、生ビールや燕風ラーメン(これが意外といけます)が出ます。

お酒が入れば会話も弾み、高齢者同士が…

「おめさん、今までいろんな所に旅行に行ったろがね~。今度どこ行くね~」

「へ~次に行くとしたら、帰ってこらんね所らこて~。ギャハハハ~!」

「そうそう、あんまいいところで帰って来たもんいねもんの~。ギャハハハ~」

通夜振舞いで思わず(≧▽≦)!(´,_ゝ`)プッでした。

2015/04/04

けな気な花たち~角田 五ケ峠

春に咲く山野花には健気でそれでいて力強ささえ感じることに最近気づかされます。

午前中の所用を終えての山歩きでした。

数は少なくなってきましたが注意深く見ていると雪割草がまだ咲いてくれています。

Dsc01480

小さいながらも鮮やかな色彩が枯葉の中で生き生きとしています。

Dsc01481

Dsc01482

視界が開けた日本海に残雪を懐いた佐渡島が靄の中で浮かんでいるかのようでした。これには感動しましたね~

Dsc01494

終わりかけのカタクリの群生が海風に揺れたさまは健気です。

ここで一句…

「うつむいて何を想うかカタクリの花」 (゚ー゚;sweat02

Dsc01550

頂上付近では、ショウジョウバカマが目を楽しませてくれました。

わずか往復2時半ほどで季節を感じ取れるいい山歩きでした。

Dsc01541

Dsc01528


いよいよ新緑の季節までもうすぐですね。楽しみだぁ~!!




2015/04/01

急転直下

Dsc01470

昨日は、季節外れの初夏を思わせる22℃。

今日は、その半分の11℃まで下がり数値以上に寒く感じます。

週間天気でも三寒四温を繰り返しながら新緑の季節が待ち遠しい新年度初日です。

地方の景気も右肩上がりになれ~!!

(画像は、3月31日朝7時3分撮影)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック