2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 「角田山 浦浜コース」春の花たちとともに…^^ | トップページ | らーめん 王風珍 »

2015/04/26

弥彦山 田ノ浦コース

弥彦山には、一般的な表参道コース、裏参道コース、八枚沢コースそして一番マイナーらしい田ノ浦コースがあり今日は初めての田ノ浦コースから登りました。

やっぱり天気のいい日は、体を動かさなきゃ!^^

越後七浦シーサイドライン沿いの田ノ浦海水浴場駐車場の和風レストラン喜左エ門(7月~8月のみ営業のようです)脇から登りますが、徒歩10分ほどでその奥にも10台ほどの駐車場があります。

下の地図は、田ノ浦海水浴場駐車場に掲げてあります。

Dsc01698

未舗装で10台ほど止められますが、この日は6台止まっていました。画像中央に弥彦山展望タワーが見えます。

そこを目指して約4kmの山歩きです。

Dsc01699

10分ほどは沢沿いに細く平坦な道のりで、沢を何度か渡り小さな滝とも出会えますが長靴が必要なほどの水量ではありません。

今までの弥彦山登山とは違ってなんとなく野趣の雰囲気に期待します。

Dsc01708

二輪草が盛りで可憐な白い花びらを風に揺らしています。中腹までホンとたくさん咲いていましたよ~^^

Dsc01709

Dsc01717

鮮やかな青に紫色の模様が印象的な花ですが名前がわかりません…

Dsc01713

先週、角田山の浦浜コースでも会えたフデリンドウです。

Dsc01720

タンポポの一種でしょうか?黄色が鮮やかです。

Dsc01736

登りはじめて40分ほど。登りが険しくなり鎖場が現れました。

岩場の足元は狭く、深い沢沿いにすこし緊張しながら張り付くように登ります。

Dsc01719

いくつかの弥彦山登山コースの中でも一番の難所でしょうか。鎖やロープ、木の幹を頼りに足元に神経を集中しての登りでした。

下山は、もっと気をつけなければなりません。

Dsc01731

かつて銅の採掘がなされた明神沢立坑跡がありますが、見たい興味を抑えて頂上を目指しました。

Dsc01727

20分ほどの急な登りが続くとようやく弥彦スカイラインと合流でした。左カーブを過ぎれば9合目駐車場です。

Dsc01723

9合目駐車場から今登って来た田ノ浦方面(中央)と日本海に浮かぶ佐渡島を望みます。

弥彦山の奥深さを一つ知った一日でした。

Dsc01725

尚、田ノ浦駐車場は広く2ヶ所の水洗トイレ有。

登り1時間20分。下り1時間でした。


































« 「角田山 浦浜コース」春の花たちとともに…^^ | トップページ | らーめん 王風珍 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/61497280

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦山 田ノ浦コース:

« 「角田山 浦浜コース」春の花たちとともに…^^ | トップページ | らーめん 王風珍 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック