2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/31

初夏への架け橋、角田山 灯台コース


Dsc02085

昨夜の雨も上がりました。5月最後の山歩きは、角田山灯台コースです。

 

気温18℃。角田浜灯台、海抜0mからの変化に富んだ山歩きはいくつかのベストビューがあります。(尚、私の完全な主観ですのであしからず…^^)

 

ベストビュー(その1)

 

登りはじめて15分ほど。振り返れば紺碧の海に白い波と白亜の灯台、新潟市方面まで望めます。

 

その対に空と海が一つになる。これいいね~

Dsc02090

Dsc02091

登りはじめて、30分少しで尾根つたいの岩場です金属製のポールに鎖が繋がれた一番の難所です。

画像奥のピークまでアップダウンを繰り返しながら歩きます。

Dsc02103

ベストビュー(その2)

 

海風強く、難所の岩場ですが、展望も一番でしょう。

 

越後七浦シーサイドラインと奇岩くぐり岩、初夏の花々が海風に揺れています。

Dsc02104

ベストビュー(その3)

登りはじめて、50分ちょっと。いままでの世界がひっくり返るほどの癒しの新緑の回廊のはじまりです。

海側(右手)からの風心地よく休憩にはいい場所です。

Dsc02122

Dsc02128

ベストビュー(その4)

 

頂上付近もほぼ平坦な道です。

 

よく整備された木道とブナなどの雑木林がいい雰囲気です。

Dsc02138

頂上まで1時間45分ほど。そこから5分ほどで観音堂の展望です。

 

やっぱりここがベストビュー(その5)ですかね。

 

若者中心のグループは賑やかに楽しんでいました。

Dsc02144

さて、明日から初夏の扉開く6月です。

 

がんばりましょう!乗り越えよう!楽しみましょう!







2015/05/29

「酒麺亭 潤 燕総本店」

燕市大字小牧 464-12 ℡0256-66-3685

上越新幹線高架橋脇の振興住宅街の一角にある「酒麺亭 潤」で居酒屋で飲んだ後の〆の一杯でした。

定番の中華そば(700円)です。

Dscf3384

大きめの白い器にチャーシュー2枚、多めの玉ねぎ乱切り、海苔、お約束の背脂がトッピングされます。

自家製麺のストレート麺は、程よいコシと喉こしが自慢です。

やっぱり飲んだ後は…。

これ、絶対にこれです!

Dscf3385

別腹にパワーチャージした後は、3店目へハシゴしたいと思ったのですが、もうそんな歳でもないようでタクシーに乗り込みましたね。

Dscf3386

ご馳走様でした!^^





2015/05/24

獅子丸

Dsc02083

三条市国道289号線、第二産業道路沿いの第二中学校とサニービルさんの交差点を左折して150mほどの左側の「獅子丸」さんでお昼です。

 

銀色のガルバリューム鋼板の外装が目立ちます。広い駐車場なので難なく止められます。

 

店内は、外見とはうって違う天然木をふんだんに使った山小屋風?の雰囲気です。中央の大きなアール型のカウンターが目をひきます。

 

メニューは、何度となく価格変更されたようで苦労がうかがえますね。

Dsc02081

定番の「ラーメン」(680円)を注文。

 スポーツ新聞を見ながら待つこと5分ほど、煮干し醤油のいい香りと一緒に運ばれてきます。

薄いが大きなチャーシュー2枚、チト固めなメンマ、玉ねぎ少々、万能ネギ、香りいい海苔が醤油ベースの背脂にトッピングされます。

 見た目は、私好みですね~

Dsc02080

太麺とはいうもののチト太い細麺のイメージ…だがしっかりとしたコシはストレート麺でのど越しよく好印象です。

 

脂身とのバランスがいいチャーシューもまあ◎ってとこかな?

 

ご馳走様でした!^^

 

2015/05/23

ひめさゆりの小径~高城城址

休日に晴れると身近な山歩きを楽しむ季節です。三条市下田地区の山間に群生するヒメサユリが満開と聞きカミさんとの山歩きでした。

数年前に新設された駐車場は、立派なトイレが完備され10時ころにはほぼ満車状態ですが、なんとか止めることができました。

ここで保護協力金として一人200円ですが、近くの日帰り温泉施設「いい湯らてい」で100円off券+ドリンク無料券が付いてきます。

Dsc02077

すぐの長禅寺本堂を通っての登りです。ヒメサユリの群生地まで平ですが杉並木の中、傾斜のある坂道を10分くらい登ります。すこし汗が出ます…

Dsc02035

階段状の登りの後は、ヒメサユリの群生する小径です。

「うわぁ~きれい~」「かわいいねぇ~」そんな声がきこえます。

Dsc02073_2

Dsc02064

Dsc02041

「はじめの眺め」からは守門岳と下田郷が望めます。ベンチもあり多くの散策者は。ここで引き返しますが、目的地の高城城址まではここから45分ほどの山歩きです。

Dsc02065

木陰は少なく、緩やかなアップダウンがほとんどですが、時にこんな登りもありますが長くはないです。

Dsc02048

ヤマツツジでしょうか、全体に終わりかけですがやっと一枚。

Dsc01987

中間点の「たら沢のへつり」は道幅は狭いですが、緩やかで木陰も多くて気持ちのいい風でした。

Dsc02060

ようやく見つけた「ヒメシャガ」です。上品な青紫にきれいな黄色の筋が印象的です。

Dsc02062

歩き始めて、50分ほど。最後の階段状の登りが続きます。初めての方には長く感じるでしょうか?

Dsc02058

1時間10分ほどで目的地の高遠城址です。お昼時で賑わっていました。

Dsc02054

私たちは、ノンアルビール、おにぎり、ソーセージ、カップラーメンのお昼でした。

さて、「いい湯らてい」で汗を流したあとは、生ビールのつまみにトンカツです。

疲労回復には、これ最高ッ!^^

Dsc02078






2015/05/18

猿毛岳 山歩き

5月15日(金)。ある日の代休で午後から加茂市の猿毛岳(326.7m)の山歩きでした。気温は28度と低山歩きには不向きですが根性?出して歩いてきました。

加茂市街を流れる加茂川沿いの県道9号線を上流に向かいます。

右手にセーブオンさんが見えたら2kmほどで超狭い日吉橋を渡ってすぐ右折して200mほどで5台ほど止めれる駐車場です。

Dsc01976

簡易トイレがありますが水洗ではないので気になる方は近くのセーブオンさんで済ませましょう。

50mほど戻ると登山口です。「クマ注意」なので携帯ラジオとクマよけ鈴を準備しました。

Dsc01978_3

2分で日吉神社。意外と立派なお社です。右手から杉林の中の山歩きです。

Dsc01980

Dsc02010

日吉神社近くに登山コース概略図がありました。初めてなので一番ベーシックな尾根コースを進みました。

低山らしい杉林ですが、これもまた美しいです。

Dsc02005

登りはじめて15分ほどで竹林です。これもまた美しい。

Dsc01984

登りはじめて20分ほど。9-5の標識あたりから本格的な登りです。

風も止み大汗かきかきです。すこし給水休憩です。

Dsc02012

登りはじめて35分ほど。尾根に出ると今までの暑さが嘘のようにさわやかな新緑と風につつまれました。

Dsc01988

Dsc01992

登りはじめて45分ほど。326.7m猿毛岳頂上です。東に粟ヶ岳をまじかに見て、その右手に霞む守門岳。

西側には、水田の彼方に角田、弥彦山が素晴らしい…

Dsc01994

2011年6月に完成した山小屋に入ってみました。

Dsc01996

意外と整然として、ここでどんな会話が賑やかに繰り広げられているんだろう?山仲間もいいもんでしょうね~
















2015/05/17

試合の後にはやっぱり「反省会」だッ!

 今日は、第31回県央バドミントンリーグ戦開幕でした。(公式HPにリンクします)

当所属チームの初戦は各上チーム。善戦の末、あえなく玉砕で散ってしまいましたが、まだ始まったばかりなので悲観するすることもないので時節6月14日下田大会に巻き返したいです。

と、いうことで近くの居酒屋ですっかり恒例になった当地人気の居酒屋「三平」で「反省会」です.。

Dsc02019

(画像の女子たちは、当サイトとは関係ございません)

6時から10時近くまでの料理お任せの飲み放題コースです。店内は満席でしたが2階席予約で正解です。

この瞬間がたまりません。負けた悔しさも疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。

Dsc02021

旬の鰯のお刺身があれば…なにもいりません。

Dsc02023

茹でた熱々のスナップエンドウはシンプルに自家製マヨネーズ和えはビールに◎!。

Dsc02028

脂ののったホッケは、肉厚でこりゃまたビールに合いますね。そのほかにも二品ほど付きます。

Dsc02024

最後の〆は、当店特製の「牛筋うどん」です。

薄口のあっさり醤油仕立てにとろける牛筋がうれしい別腹です。

Dsc02030

当チームは、18歳女子から30代を中心にベテランの60代まで幅広い年齢層と、まとまりがが自慢です。

Dsc02033

また、明日からがんばろう~ね!^^




2015/05/10

旅館 玉子湯「食事編」

旅の楽しみといえば温泉と食事、とりわけ夕食でしょうか。

6時半から5階の食事処 蓬莱で囲炉裏を囲んでの夕食コースにしました。

他の宿泊者は5組ほど。炭には火が入り岩魚が焼かれ、先受けのズワイガニ、酢の物、山菜が用意されています。

Dsc01854

係りの方から丁寧に食材の説明とコースの説明のあとに、先ずはビールで乾杯ですね。

帆立と北寄貝、有頭海老、たけのこ、その他に豆餅やよもぎ餅、トウモロコシを熱々でマイペースでいただきました。

岩魚もよろっと食べごろです。

「ビールに合うねぇ~」

Dsc01858

Dsc01878

宴も半ば、メインの鍋に期待をしましたが、何故かキノコがメインの食材に、「季節がずれてるね。春の山菜がいいのに…」

Dsc01873

まあ、そんなこと言いながらも美味しくいただきました。

Dsc01877

宴も2時間も過ぎれば、いつの間にか周りの宿泊客がいなくなり私たち5人だけ…それだけ盛り上がったんでしょうね?

客室のベランダからライトアップされた湯小屋は酔いが回った一日の〆になりました。

Dsc01888

翌朝、温泉小屋などの露天風呂に浸かった後に脇の橋を渡って庭園20分ほど散策しました。

8時からゆったりした朝食です。

Dsc01914

蒸籠で蒸した温野菜が目に新鮮です。飲んだ翌日にうれしいシジミの味噌汁、温泉玉子、山菜お浸しなどです。ご飯は会津地方のコシヒカリ使用。

まあ、旅館では一般的な朝食でしたが朝風呂と散策のおかげでご飯2杯半と味噌汁2杯を御代わりするほどの食欲です。

ご馳走様でした。






2015/05/09

今宵の宿は、旅館 玉子湯 「温泉編」

今回の旅行で一番こだわったのは、歴史ある源泉かけ流しの本物の温泉でした。硫黄泉で白濁してればなおいいッ!

ってな訳で以前、雑誌で見た福島県高湯温泉の記事を見てぜひ浸かってみたかった温泉地です。spa玉子湯 spaっていう名前もいいですね~

4時ころチエックイン。地理的な関係で4階がロビーで広く華美しすぎなく落ち着いた雰囲気。

Dsc01824

2階の客室は5人にはちょうどいい12畳の和室です。ベランダからは、宿のシンボル的存在の湯小屋「玉子湯」と若葉がまぶしい庭園が望まれるナイスビュー。

ベランダで缶ビールを飲みながら川のせせらぎを聞けば…何はさておき風呂だぁぁ~~

慶長年間に自然湧出しているのを発見されて以来400年、温度、泉質ともに変わることのない東北の名湯だという。

この茅葺の温泉小屋は明治初期から変わらぬ佇まいです。
Dsc01823

では、加水、加温なしの生まれたての温泉に浸かるとしましょうか。

浴室は、質素で湯治の雰囲気そのままに今に伝えます。

Dsc01893

すこし熱めの湯は、青みがかかった白濁の硫黄泉。長い年月を経たヒノキのぬるっとした感触が実に快感だ。

Dsc01892

「いい、実にいい…。まさに極楽だぁ~」

お次は開放的な、野天岩風呂「天翔の湯」です。

川のせせらぎと、萌えはじめた庭園を肌で感じながらの源泉かけ流しはこの上ない贅沢です。

「いい、さらに実にいい…。まさに極楽だあぁ~」

Dsc01845

となりの「足湯」ですがここも贅沢にも源泉かけ流しで妥協は一切なし!

Dsc01851

温泉はしごを楽しんだ後は、敷地内に2ヶ所ある源泉へ。丁寧に祀られていました。

Dsc01827

他にも内湯2ヶ所、女性専用露天風呂「瀬音」もあるという源泉天国でしたね。

 

夜にはライトアップされた温泉小屋がおとぎの国のようです。

 

東の空から昇る月が、いい夢を誘っていました。

Dsc01880

2015/05/08

磐梯吾妻スカイラインは通行可能でした!

心配された火山性ガス濃度の基準値が高くなりましたが、4日から基準値が下がり、5月5日は福島県の土湯峠から高湯温泉を結ぶ全長29kmの観光道路は全線通行可能でした。詳しくはこちらをご覧ください→http://www.f-kankou.jp/hanamomi/joudodairadayori/

 

浄土平の様子です。気温12度、超快晴!

 

レストハウスでカツカレーを平らげて吾妻小富士の頂上を目指します。

 

空気が薄いせいか、年のせいか、息切れがします。

Dsc01812

月面のクレーターを思わせる火口に圧倒されますね~

Dsc01802

火口周辺を一周する観光客もいましたが、私は次回の宿題にしておきます。

Dsc01808

一切経山(いっさいきょうざん)1,949mは今も火山活動を続ける活火山で岩肌から噴煙らしきものを見ることができます。

Dsc01804

浄土平湿原を散策します。まだ場所によっては残雪があり、早春を見つけることができます。

Dsc01820

Dsc01818

木道から見る吾妻小富士は、印象深い風景になりました。

 

3時半、今宵の宿を目指して福島市方面に出発です。ああ、早く高湯温泉に浸かってビールが飲みた~~いッ!!







2015/05/06

福島市は、いい旅だったッ!

Dsc01947

福が満開、福のしま ふくしまデスティネーションキャンペーン 開催中!

ってな訳で、家族と5月5日~6日、通行可能になった磐梯吾妻スカイラインを走って高湯温泉で温泉三昧でした。

そんなこと、明日からつづりたいと思います。

画像は、福島駅にて…^^

2015/05/03

らーめん たかみち

Dsc01791

弥彦村大字矢作7288-5 県道29号線、弥彦村の手前の大鳥居の交差点、セブンイレブンさんの向かいの「たかみち」さんで弥彦登山後のお昼です。

店内は、右手に5人ほどのカウンター席と厨房。道路に面して大きな窓があり小上り席4卓とテーブル席です。なぜか正面に壁一面の大きな鏡があり店内が2倍の広さに見えます。

Dsc01784

全体的に高めの価格のようです。

気温は25℃ほどになり大汗をかいた後は、塩分補給を兼ねての潮らーめん(750円)にしました。

Dsc01785

赤い器に万能ネギ、その下にモヤシ、鳴門、太めのメンマ、ワカメの茎?チャーシュー1枚、香り豊かな海苔がトッピングされています。

あっさりした塩味に旨みが溶け込みストレート麺との相性もわたし好みです。

Dsc01787

しかし、それにもましてジャンボ餃子は絶対おススメです。(3個300円)

薄い皮の中に、豚肉とニラなどの具がたっぷり入りボリュームバッチリ!肉汁もバッチリ!

Dsc01790

弥彦登山道は、家族連れが多く子供たちの元気のいい声が響いていました。

やっぱりGWは弥彦山が一番ッ!かい?^^

Dsc01759

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック