2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/26

バイキングで性格がわかる?

私は、やはり貧乏性なのかバイキングというと、好みの料理を手当たり次第にトレーに乗せてたぶん食べきれないだろうと思うくらいに取ってしまいます。

定額を払ったのだからそれ以上に飲み食いしないと「損」をした気分になるからです。

それでもすべて食べられればいいのですが、もったいないくらいに残すことはやはりマナーが問われますね~

このことは、仕事や人間関係上、金銭感覚にも表れるんだそうですってさぁ~

アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

ちなみに、私はぜーんぶ食べました!皿を舐めようとしたらカミさんが「アホ!やめれッ!」って言いました。

Dsc02693

7月19日、休暇村 乳頭温泉の夕食はバイキングプランでした。(二巡目の画像です)

奥からビーフシチュー、きりたんぽ椀と筍の煮物、枝豆、筍天ぷら、海老フライ、柔らかいアスパラ、合鴨ロースト、比内地鶏のつくね、サーモン造りです。

揚げ物は、その場で揚げるオープンキッチンスタイルです。

デザートなども満足できました。

想像していたより味付けもよく、特にビーフカレーときりたんぽ椀、筍の天ぷらは美味かったです。

この宿の温泉は、田沢湖温泉源泉と独自の源泉を引湯しています。

内湯は、同時に楽しめますが、やっぱりブナ林中にスポッと入り込んだような露天風呂でしょう。

Dsc02699

Dsc02697

夜は、漆黒の中にライトアップで浮かび上がる巨木のブナがまるでモンスターのように裸の自分を見下ろす。

それはまさに自然の中に自分が生かされている。それを感じる一時。

いい、実にいい湯を味わった後は、朝の鶴の湯を味わいます。


2015/07/25

湯めぐり帖 「乳頭温泉郷」

水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」からクルマで20分ほどで今宵の宿の「休暇村 乳頭温泉」です。

Dsc02689

ここをベースに黒湯温泉~孫六温泉~蟹場温泉~大釜温泉~妙の湯温泉~休暇村 乳頭温泉に戻る徒歩1時間30分、日帰り入浴を含むと約4時間の予定です。

一番距離のある鶴の湯へは明日の午前中に行く予定にしました。

Dsc02782_2ここで強い味方になるのが「湯めぐり帖 乳頭温泉郷」です。

各入浴施設で購入できます。

乳頭七湯を一回づづ入浴できて、バスでの湯めぐり号乗車券込みで1,500円。

普通日帰り入浴だけなら3,700円でこの湯めぐり帖が一年間有効なら是非おススメです。

レインウエアと傘をさして休暇村わきの遊歩道を先ずは黒湯温泉を目指します。以前なら雨模様だとカミさんは、「やめたら~。クルマで巡ったら~」でしたが、徒歩で行く気満々です。

Dsc02662

Dsc02685

舗装路と遊歩道を交互に歩くこと30分ほど。

乳頭温泉郷の最奥に位置する黒湯温泉です。茅葺や杉皮葺きの屋根の湯舎や湯小屋が昔ながらの風情を醸し出し豊富な乳白色の湯と山間の景観が染み入ります。

やっぱりお目当てはポスターなどで有名な露天風呂は、鶴の湯同様人気のようで賑わっていました。

Dsc02665

徒歩10分ほどで孫六温泉です。先達川支流にかかる橋を渡ります。

川の流れは激しく木造の橋はかなり滑りやいので注意がいります。

入浴客がいなかった?ようなのでここはパスしましたが風情ある趣を感じます。

Dsc02667

まったく人とすれ違いません。ただただ、川の激しい流れの音と、傘をたたく雨の音だけです。

カミさん曰く「こんな雨ん中の湯めぐりは私たちだけらよね~」

「いいねっか。これも、いいねっか。」

Dsc02669

宿前の未舗装の道を進むと、クルマ一台がやっとの道を20分ほど下るとT字路になりすぐ角には大釜温泉。右に300mほど進むと蟹場温泉です。

周辺の沢にサワガニがたくさんいたことから名づけられました。

Dsc02671

本館から50mほど森の中を歩いたブナの森の中に混浴露天風呂があります。この湯は、意外にも無色透明な単純硫黄泉。他の硫黄泉とは何故色が違うのでしょう?

大釜温泉です。県内の廃校移築復元した素朴でどこか懐かしい佇まいです。ここはパスして昼食の取れる「妙の湯」に浸かることにしました。

Dsc02675

大釜温泉から徒歩2分ほど。すぐ近くだったんですね~

「妙の湯」でお昼にします。

旅番組でも紹介されて、白壁の外壁、内装はしっとり落ち着いたインテリアや照明、食材やアメニティが女性客に人気の高い温泉宿だそうです。

Dsc02676

入浴の前に、稲庭うどん定食だったかをいただきました。ツルッとした喉越しと優しいコシが美味しかったですが1500円は高い印象です。これで山菜天ぷら付ならまあ、納得ですがね~

でも、内湯や露天風呂からの砂防ダムの迫力ある眺めは一見の価値有ります。

Dsc02677

さて、今宵の宿「休暇村」まで5分ほどなのでブナの小道を回り道して帰ります。雨の中、クルマでは感じえない歩いての湯めぐりでしたがきっといい思い出になることでしょう…

Dsc02686




























2015/07/24

駒ケ岳温泉の朝

5時半頃に目が覚めます。疲れもすっかり取れましたが、あいにく小雨が降りどうもテンションが上がりません…予報では昼前には☁予報なので期待しましょうか。

Dsc02616

温泉棟の廊下から2棟の木の湯、岩の湯の貸し切り露天風呂が見えます。

岩の湯です。小さいながらも、しっかり源泉かけ流しだ。目覚ましにはちょうどいい少し温めのいい湯です。

Dsc02656

Dsc02653

内湯に浸かりながら、今日の予定行程をイメージします。

湯上り処に天然木をくり抜いた椅子。マッサージチエアーよりある意味座り心地がいい。

Dsc02655

7時から朝食です。日本の朝ならやっぱしこれでしょ!ってなおかずですが、家ではもちろん並びません。

このおかずで「あきたこまち」を二杯。

Dsc02660

三杯目は、比内地鶏の生卵でバッチシでしたッ!^^

Dsc02661

よ~しッ!これから乳頭温泉七湯制覇だ~!!^^

2015/07/23

水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」にて

7月18日(土)、今宵の宿は水沢温泉郷「駒ケ岳温泉」です。

この界隈にはクルマで20分ほどの距離範囲には、水沢温泉郷、田沢湖温泉郷や乳頭温泉郷があります。

乳頭温泉へ向かう県道127号線から砂利道を500mほど進むと以外にも白いきれいな湯宿でした。左てに黒く見えるのが温泉棟です。

Dsc02614

和室7室、洋室2室の小さな宿のわりに広いロビーでゆったりしたソファーが印象的です。秋田駒ケ岳登山後の入浴や休憩に利用されるようですが今日は、静かです。

奥に夕食と朝食を摂る食事処の「そば五郎」です。

Dsc02611

予約した「ならの間」は10畳相当の洋室。2人にはもったいないくらいの広さです。(HPより引用)

缶ビールをぐぐっと飲み干してまずは内湯ですね。

内湯までのアプローチも木の香漂う風情ある造りに期待がふくらみます!

Dsc02618

すこし動きの悪い引き戸を開くとほのかに匂う硫黄臭と、白青くすこし濁る天然掛け流し。

石造りの床、木の壁、ヒノキの浴槽、巨木の柱、木枠の窓からは滴るほどの緑です。

もう長距離の疲れはこの湯に流れていくようです。

Dsc02648

ぼ~んやり雨だれを眺めていると小さな悩みや苦労など吹っ飛びました。

Dsc02652

内湯につながる露天です。雨が降っていたのでタオルを頭にのせて大の字で浸かります。どうせ見てるのは熊かタヌキくらいですからね~

Dsc02651

6時半から食事処「そば五郎」で夕食。豪華な食材や華美な演出ではないですが、秋田の山間の食材が滋味豊かに並びます。

前菜に茸の醤油漬け、比内地鶏とさくの炊き合わせ。

ちと少ないですが、岩魚の造りや鯛と海老の冷鉢も意外と薄味でいい味付けです。

はじめて食す「いぶりがっこ」に感動ッ!

Dsc02630

Dsc02628

「秘湯ビール」に合うぅぅ~~

Dsc02629

その他にも、八幡平ポークの陶板焼きや鱒の焼き物も付き品数は多いです。

秋田名物「山の芋鍋」は自家製味噌で煮込んだ素朴な味わいと芋の独特の食感に満足です。

Dsc02634

最後の〆は田沢湖産そば粉100%使用のつなぎなしの十割そばです。

これぞ、蕎麦って感じです。

「あきたこまち」は新潟県人も唸る最高の炊き上がりと旨みのあるご飯でした。

Dsc02636

Dsc02640

生姜エキスを練りこんだ生姜シャーベットは、「あッ!これ、あたらしいッ!絶対売れるね~!!」

そして…

この宿に宿泊すると…

なんとッ!夜の乳頭温泉郷・鶴の湯ナイトツアーに無料で送迎してくれるサービスがあります。もちろん参加しました。姉妹館ということでなせる業です。

デジカメ持ち込みは紛失が心配だったので画像はありません。悪しからず…

就寝前にもう一度内湯に浸かって…明日は、乳頭温泉巡りです!









2015/07/22

深緑の武家屋敷と究極の親子丼

Dsc02560

7月18日、秋田県仙北市角館の武家屋敷通りです。以前訪れた時は震災一年後の5月初め、枝垂れ桜満開の時には大勢の観光客が通りを埋め尽くしていました。

そして夏、黒塀に溢れる深緑がこれまた見事です。

Dsc02589

映画「たそがれ清兵衛」のロケ地で知られる岩橋家(無料)を見学します。

Dsc02554

観光客が少ないせいか、それだけどこかこころに響くものがあります。

Dsc02559

青柳家です。500円ですが、広大な敷地には母屋、武家道具館、武器庫などが点在して郷土料理が味わえる食事処やカフェも併設してあり見どころ多いです。

Dsc02588_2

お昼も過ぎ、腹が減っては戦ができねぇ~!!ってんでカミさんのリクエストで比内地鶏の究極の親子丼でお昼です。

画像は食べえた時の画像ですが、入店時は満席で席まで10分ほど待ちました。

究極の親子丼「桜の里」です。武家屋敷通りの中ほどにあり駐車場は店の奥にありますが狭いクランク状の通路でこすった跡多数ですので注意が必要でです。

Dsc02769

俺ら、こんがの親子丼見たことね~し、もち食ったことねぇ~

薄味の京風のお吸い物、甘いメロンとサラダ、秋田名物の「あぶりがっこ」

比内地鶏卵を惜しげもなく3個使用し、歯ごたえがあり旨み十分、噛めば噛むほどその味答えが本物、究極の名のもとであることを自ら納得する…

あきたこまちに染み込んだタレはもう言葉にならねぇ~

Dsc02764

もう、何も言うことはありません。

大変、ご馳走様でした。

Dsc02765

おまけです。

田沢湖湖畔に佇む辰子像。静かな湖畔を散策したのちクルマで15分ほどの「山のはちみつ屋」さんでスイーツをいただきます。

Dsc02601

やさしい味わいの蜂蜜ロールケーキとシュークリーム&蜂蜜ジュースです。運転疲れの体が癒されます。

Dsc02606

さあ、これから今宵の宿、水沢温泉郷の一軒宿へ直行だぁ~


















2015/07/20

雨の日にこそ温泉三昧ッ!^^

覚悟はしていたがやはり台風11号の影響は拭いきれなかったようです。

7月18日~20日まで秋田県仙北市界隈の山間ではcloudのちほとんどrainでした。

傘と仲良しの三日間でした。

中日、19日の秋田駒ケ岳登山はあきらめて雨の日にこそ乳頭温泉郷の湯めぐりに軸足を変更しました。

秋田の素朴な食と温泉、地元の人ととのふれ合いは忘れがたい旅になりました。まあ、そんな事を書きますね。

あ、それと愛車プリウスの燃費は、走行距離約760km。燃費は27.2km/Lで無給油でまだ100kmは走行可能表示です。(あくまで表示です)

親孝行ですね~

2015/07/17

三連休の天気が気になります

Dsc02550

当初、三連休中日に秋田駒ケ岳登山を計画していましたが台風11号の進路が心配で大気の状態も不安定なため見送ることになりそうです。

その代りに、乳頭温泉郷の湯めぐりコースや田沢湖観光、角館界隈をじっくり見て回ることができそうです。

まあ、そんなこと次回は書こうと思います。

2015/07/11

らーめん侍元~魂~

Dsc02534

燕市吉田春日町6-20 春日町交差点をに新潟市方面へ100mの右手です。赤い看板が目印!

弥彦山山歩きの帰りの遅めのお昼です。店内は往年の人気キャラクターフギュアで埋めつくされ独特の楽しい雰囲気です。

つけ麺も人気のようですが、ちゃっちゃ麺(720円)です。

「ちゃっちゃ」とは、出来上がったラーメンの上から仕上げに背油をザルでかける音が「ちゃっちゃ」という音からだといわれています。

Dsc02529

白い器に煮干しの効いた醤油スープにきめの細かい背脂が溶け込んでいてなめらかです。そして乱切りの玉ねぎ、青菜、香り豊かな一枚海苔。

その下には、煮卵と1センチほどの柔らかチャーシューです。

麺は自家製麺でコシがあり喉越しよく茹で具合はもう完璧でしょう。

Dsc02532

麺とスープ、それを演出する具材が高い次元で一体になる。それを具現化された一杯でした!




紫陽花はこれからが見頃でしょう

Dsc02512

弥彦山7合目付近の「里見の松」休憩所です。気温は19度ほど。やはり平地より4度ほど低いようです。

それだけに頂上付近の9合目では、紫陽花の開花は今が盛りに咲きほこっています。

Dsc02516

Dsc02517

紫陽花とひんやりとした霧に浮かぶ弥彦タワーです。

Dsc02519

Dsc02524

10合目、奥ノ院では学生らしき3人が鳥居に向かって一礼。

弥彦山全体がご神体と崇められるようですからこんな行為に感心しました。

2015/07/04

麺食堂 くりや

Dsc02476

南蒲原郡田上町田上丙1874-2  ℡ 0256-57-3341

国道403号線、湯田上交差点から300mほど進んだ護摩堂山交差点すこし手前の「麺食堂 くりや」さんです。

40年ほど前からの老舗ですが2年ほど前に新装した地元で人気の食堂です。

おススメは味噌ラーメンというのでそれを注文したのですが、数分後隣の席の女性数人が五目うま煮麺を美味しそうに食べていたので…

「あの~五目うま煮麺に変えてもらえますか?」

「ちょっと聞いてみます」…「はい、大丈夫です」

Dsc02468

五目うま煮麺 (750円)です。

Dsc02469

白い器からかすかに香る胡麻油、野菜たっぷりの中にうずらのタマゴが何とッ!2個もッ!

野菜の旨みが溶け込んだ甘しょっぱい醤油ベースのスープで、しっかりしたとろみの餡がコシのある細麺にこりゃまたしっかり絡みます。

Dsc02471

「これ、ぜって~うんめぇ~」

非の打ちどころのない一杯でした!


紫陽花とオトメユリ~護摩堂山

Dsc02479

田上町の護摩堂山の紫陽花が見ごろというので歩いてきました。標高274mのよく整備された1800m、40分ほどの山歩きです。

すぐに右手に竹林と広葉樹の森が広がります。その後、広葉樹のトンネルがつづきます。

途中、それなりの坂も数か所ありますが、階段ではなく平らな坂なので歩きやすいと思います。

Dsc02480

Dsc02494

山頂まで600m付近にはオトメユリが今が見ごろを迎えていました。

Dsc02485

最初、ヒメサユリか?とも思いましたが、それよりピンクの色も濃く開花時期が長くつぼみもたくさんあり、まだ楽しめそうです。

Dsc02492

群生とまではいきませんが、意外な出会いに楽しむことができました。

頂上付近の紫陽花も今がピークと思われ見事です。

Dsc02487

Dsc02489

やっぱり紫陽花は青系がお気に入りですね。

吸い込まれるほどきれいでした。

Dsc02496

Dsc02498

散策後は、湯っ多里館で汗を流せば明日への活力アップですね!

Dsc02477










« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック