2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/27

鋸山~花立コース~

今日は、長岡市最高峰鋸山(標高764.9m)をカミさんとの山歩きでした。

私は2年ぶりの2回目。カミさんは初です。長岡バイパス中沢インターから国道352号線を山側目指して15分ほどで30台ほどの駐車場です。(水場・仮設トイレ有)

5コースほどあるようですが一般的に多く利用されている栖吉登山口 - 花立峠 - 鋸山(標高764.9m)です。

沢沿いを歩き、大小さまざまな岩のある登り、杉林を過ぎるとよっぱら登る1時間弱ほどの長い登りで花立峠です。そこからはブナの原生林を20分ほど歩くと頂上、鋸山(標高764.9m)です。

そんな小さな山旅、秋の花たちを愛でることができました。

駐車場から沢沿いに5分ほど歩くと橋を渡りいよいよ登りが多くなります。

Dsc03289

豪雪地帯を物語る横に伸びる休憩ポイントの「大もみじ」です。長い登りがつづきカミさんは、リタイヤ寸前ですが「たらかしたらかし」登ります。

Dsc03294

標高650mを過ぎた頃か、深まりはじめた秋に出会いました。

Dsc03305

登りはじめて1時間過ぎ、花立峠の立派な碑を過ぎると今までとは全く雰囲気の違うブナの原生林の尾根です。

Dsc03318

ブナの森を歩きはじめるとカミさんは、「今までの疲れが吹っ飛んだぁ~」って叫びましたね~^^

Dsc03306

しかし、このころから雨が降り出します。大きなブナの下で10分ほど雨宿りです。

Dsc03307

鋸山の頂上からは長岡市街と信濃川、遠くに弥彦山等が望めます。反対側は山古志方面か?

お湯を沸かしコーヒーとカップラーメン。明太子おにぎりが超美味いッ!

Dsc03308

Dsc03309

登りはじめから中腹まで意外と秋の花々と出会うことができまいた。

ツリフネソウだろうか?鮮やかな紫の花弁が山道脇に鮮やかでたくさん咲いていました。

Dsc03291

黄色いツリフネソウか?この花もたくさん咲いています。

Dsc03323

濃いピンクの実から赤い種?とってもユニークな形にパチリ!

Dsc03299

Dsc03300

Dsc03326

山歩きの仕上げはやっぱり温泉ですね~

三条市の「しらさぎ荘」は、立派な建物。素直な湯でタオル無しでも400円!

さあ、また1週間がんばりましょう!!

Dsc03330



















2015/09/23

リベンジ!らーめん古潭

二週間ほど前だったかわずか1秒差で入店が叶わなかった「らーめん古潭」さんでのお昼です。今回は2時前に入店できて先回のリベンジです。( ̄ー ̄)ニヤリ

Dsc03288

新潟市西蒲区巻甲2908-6

市街地の細いながらメインストリーの外れトに佇む名店です。一見、尻込みしそうな店構えに…。ビビルお客もいそうですね。(私も最初はビビルやまちゃんでした)

巻神社の向かいにありますが、駐車場は無くピーク時には10台ほどの路駐の縦列駐車になります。

角田山山歩き(五ケ峠コース)、頂上で軽い昼食のため腹の虫が鳴っています。

野菜味噌らーめん(700円)+チャーシュー(50円)トッピングです。

Dsc03285

ふわ~っと優しい白味噌のいい匂いとともにカウンター席に奥さんが運んでくれます。

白味噌スープは、喉の粘膜を通るとやさしい味わいが後に残り疲れた体に染み入ります。事実、隣席の20代?美女たちも「うわッ!美味しくって優しいねぇ~」

画像では分かりにくいですが旨みあるチャーシューが4枚重なっているんですよ~。その下にはサッと茹でたキャベツとモヤシ。

喉越しいい縮れ細麺。幾重のやさしいハーモニーで癒される「らーめん古潭」の一杯でした!ご馳走様でした!

2015/09/21

「麺屋 はる」

燕市水道町三丁目、「麺屋はる」さんでお昼です。1時ころですが5人の待ち客です。

2013年初夏に三友軒さんから再オープンしたこの小さなお店は「必ず繁盛する…だろう」と思っていましたが「やっぱり繁盛して軌道に乗ったようです」

止めにくかった駐車場を2ヶ所にして、独自のいろんなサービスと新商品開発が功を奏していると感じます。

醤油系と塩系ラーメンの二本立てと各種豊富な一品ものでどれも味付けがいいと評判です。

       塩ラーメン(680円)です。

Dsc03238

背脂浮くスープには長期低温熟成のチャーシュー、極太メンマ、岩海苔、青菜と玉ねぎ、糸唐辛子がきれいに盛り付けられています。

Dsc03240

Dsc03242

一杯のラーメンさえも角度をかえて見ると様々な表情をうかがえることを知ります。

 

「一期一麺」。いつからかレジの上に掲げてありました。

 

1人に一杯。これからも初心を忘れず最高の一杯を期待したい一杯でした!

 

ご馳走さまでした…。

Dsc03243





2015/09/05

ラーメン こまどり

角田灯台コースから下山すると2時半を過ぎていた。消耗した体力と塩分を補給するため味噌ラーメンが食べたくて新潟市西蒲区巻地区のらーめん「古潭」へ…

玄関引き戸を開けると、「すみません、お鍋の火を落としちゃったんで…」

Dsc03212

あらぁ~無念、時計を見ると3時ジャスト!

だったらこの界隈で味噌といったら「八珍亭」か?「こまどり」か?

新潟市西蒲区竹野町の超人気店の「こまどり」さんにしました。

Dsc03215

「こまどり」の餃子3個(400円)。見た目は普通ですが、大きく挽肉やニンニクなど具がはち切れんばかりに包まれています。

味噌ラーメン(760円)。

Dsc03217

濃厚味噌スープにたっぷりのモヤシとキャベツ、キクラゲがシャキッとした食感を残していていて太麺との相性も納得できますね。

味噌と言ったらやっぱり「こまどり」。あらためて思い知らされた一杯でした!

本当に美味かったッ。ご馳走様でした。

角田山で小さい秋見~つけた^^

晴れマークは今日だけのようでお気に入りの角田山灯台コースです。

Dsc03211

灯台までの階段からは、若い恋人たちが砂浜で何やら足で文字を書いていました。自分もそんな時があった?なぁ~

駐車場に9時半頃。灯台下の角田浜登山口、海抜0mから登ること10分少しで初秋のススキが揺れていました。

Dsc03205

初秋の海風が心地いいですね。遠くでバイクの音と潮騒の音が混じりました。

Dsc03155

何の「実」?だろうか。登山道のあちこちで見られます。

Dsc03188

頂上では、気の早い広葉樹が色づきはじめてました。

Dsc03184

Dsc03179

観音堂からは、黄金色に染まる田んぼはもうすぐパッチワークのモザイク模様に変わりますね。

季節はすこしづつ、いつの間にか気づかぬうちに初秋です。








« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック