2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016/05/22

負けた原因は、オイル不足だったっ!?

天気もいいのに窓閉めて、暗幕引いて照明着けて、県央バドミントンリーグ戦が開幕しました。

開幕戦、絶対落としたくない2試合を、1-2、1-2で落としてのガックリガックリのお昼です。

もう何年も食べていない近くの「らーめんや天家」さんにメンバーで行きました。

Dsc05359

Dsc05354

店内は同じ雰囲気だがメニューが増えてどれも美味そうに見えます。

やっぱり人気No.1の王道「ねぎらーめん」&餃子2皿。

Dsc05357

Dsc05355

以前食べたより抜群に美味くなった背脂らーめんと薄皮パリパリの美味い餡の餃子。

歳を重ねるとメンタル面より技術面や体力が落ちて来るのは仕方のないこと。それを補うにはやっぱり関節や体内への潤滑油たる背脂補給が絶対必要だろう。

もっと、オイル交換と補給すべし!

負けた原因はオイル不足にありっ!(これ結論^^)





2016/05/15

いつもと違う?灯台コース

お馴染み角田山灯台コースです。

いつだったか、カミさんが「今度、灯台コースを登ってみたい」と言うので久しぶりの同伴山歩きです。

Dsc05313
海抜0メートルの角田灯台から登れば初夏の花々が迎え、そこから急坂の先には…

白亜の角田灯台が、青い日本海に浮かび、遠く新潟市中心部まで望めます。

素晴らしい眺めですが、そこから先はカミさんにとって苦難の道だったようです。

Dsc05314

Dsc05315

さて、アップダウンを繰り返しながら岩場の手前で思案の様子。

 すこし迷った挙句に登ることに。

Dsc05321

私も、カミさんに気を使いながら登りましたが、正直これがまた疲れるもんです。(一人の方が、気楽ですがね~)

 しかし、よく頑張って登りきり「ほう、初めてにしてはやるねぇ~」

Dsc05328_2

涼しい木陰で一休み。今までの光景との違いに感動したようです。

帰りは、桜尾根コース。山ツツジが新緑の映えます。

久しぶりに充実して達成感を味わった休日でした。

Dsc05341

以下は、出会った花々たちです。

Dsc05324

Dsc05326

Dsc05329

Dsc05334

「だいろの湯」で汗を流し、次回の山歩きの計画を練りました。











2016/05/14

居酒屋でランチなら…「ぜんてい燕三条店」

JR燕三条駅周辺はラーメン店、居酒屋、食事処などが乱立する競争激化地帯です。

そんな中、昼のランチが美味いと評判の旬彩創和「ぜんてい燕三条店」です。

Dsc05309

開店11時半前になるとどこからともなくグルメ女子や家族連れが列をつくる人気店ですね。

家族知人5人と個室でプチ奮発した「ぜんてい御膳」で大満足のランチ!

Dsc05310

Dsc05311

今度、夜の居酒屋タイムにお邪魔しようかな!?




2016/05/05

弥彦山にも咲くんだね!

今日は、日中西寄りの風が強い予報なので角田灯台コースはパスして今年初の弥彦山にしました。

やはり混んでいて濡れた岩場は渋滞しています。

四合目手前の長い階段では息を整える登山者をよく見かける。

私もその一人だが…(゚ー゚sweat02

Dsc05284

階段途中の左手にカメラを構える人がいます。よく見ると…

「えッ!?まさか…」

Dsc05297

Dsc05302

イワカガミがあちらこちらに咲いていました。今まで高山植物というイメージがあったのですがまさか弥彦山に咲いてるとは知りませんでしたね。

Dsc05292

紫が緑に映えるラショウモンカズラ。

Dsc05307

この時期、定番のシャガは満開。

強風のためかパノラマタワーは開店休業で止まっていました。

Dsc05293

かなり寒く感じ、手袋とブレーカーを着込んで熱い山菜蕎麦を平らげてさっさと下山です。









2016/05/03

燕市で背脂&塩ならココ!「麺屋 はる」

Dsc05275

三友軒さんの閉店から受け継いで6月に3年目になろうとしている「麺屋はる」さんです。開店当時から「この店は、ぜったい流行る(かも)」と確信しましたが、やっぱり当地燕市の人気店になりました。

Dsc05267

背脂たっぷりの醤油と塩ラーメンの二枚看板と各種一品メニューも人気です。

背脂塩ラーメン(680円)です。大きめの乱切り玉ねぎ、笹川流れの天然塩、手間暇かけた極太メンマ、長時間じっくり低温加熱された肩ロースの一枚チャーシューは脂身の少ない肉のうま味が感じられる。

青菜と岩海苔、糸唐辛子が彩を添えます。

トッピング具材も充実していてこの価格に脱帽です。

Dsc05273

「ラーメン屋である前にサービス業であれ…」

誰かが言ったことを思い起こさせる一杯に「ご馳走様でした!」

朝の涼しいうちに…浦浜コース

3日の予想最高気温は、30度。迷ったが午前中なら…ってことで角田浦浜コースです。

Dsc05236

8時半頃、気温22度。駐車場に一人の男性が汗だくで下山してきて記念撮影?を求められた。聞けばホタルの里コースから登ってランで灯台コースからまた登るという。

こんな鉄人、意外と多いようだ。

Dsc05240

もう、すっかり緑がまぶしい季節だ。心地いい風に爽快な気分。

Dsc05243

誰にでも愛される角田山って感じですね~(犬にも?)

観音堂の八重は満開でした。

Dsc05252

Dsc05266

11時過ぎ、気温29度。あっちえ~なったが駐車場はほぼ満車。




2016/05/02

赤か白かそれが問題だ! 王風珍

当地燕市、国道116号線沿いの下粟生津地区の「王風珍」です。その堂々たる店構えに風格さえ漂います。

Dsc05234

美しい盛り付けとそれに見合った背脂スープと具材の美味さ、そして縮れ極太麺のもっちもちのコシと切れ…。

どれをとっても県央地区では最高ランクです。だからいつも迷うのです。

Dsc05225

迷った挙句にやっぱり人気No.1の王風麺の「赤」か「白」。どちらも醤油煮干しベースのスープは見た目よりあっさりしています。

Dsc05228

         王風麺「」です。

辛みのある白髭ネギの下にたっぷりモヤシ。青菜、メンマ、脂身のある味噌味のチャーシュー。

もっちりしたコシと喉腰抜群のよわい縮れ極太麺は、誰もがトリコになるでしょう。

最高の一杯に、ご馳走様でした!



2016/05/01

福島県 芦ノ牧温泉にて

Dsc05144

広大な吹き抜け空間とせせらぎの中、三味線演奏を聴きながらのチェックインです。HPでは見ていたが、さすがに広くてでっけぇ~

大川の渓谷と新緑が雄大できれいです。「着いた~」って気分です。

Dsc05139

さっそく缶ビールを飲み干すと、この宿の名物風呂、四季舞台「たな田」へ直行!

 

まさに絶景風呂!日々のすったもんだは、大川の底に沈めてやりましたぜ!

                  (画像は、HPより引用です)

6時からの夕食は個室食事処で…。清水の舞台から飛び降りるくらいの奮発した甲斐のある献立にカミさんも母もご満悦のご様子。

Dsc05146

Dsc05148

Dsc05152

Dsc05156

Dsc05160

12品は、程よい量でよく創作されている。会津地酒の「栄川」の熱燗がすすむ君!

 

2時間ほど、こんなに長く話したなんてことないかもしれない。

 

8時から、お祭り広場でこりゃまた名物の「餅つき大会」。大人も子供も楽しんだあとの黄な粉餅は別腹~^^

Dsc05168

Dsc05170

翌朝、6時ころ霧雨の「空中露天風呂」。大川渓谷にせり出すように長い階段がつづく。運よく、入れ替わりで私一人。

Dsc05175

「こりゃいいねぇ~。空中の極楽風呂だわぁ~」

 

広い踊り場から木の格子越しにしっとり濡れた新緑がなんともきれいだね。

Dsc05179

なかなかのいい宿でした。自分へのご褒美。家族へのちょっぴりの感謝でした。

Dsc05195




« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック