2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 朝の涼しいうちに…浦浜コース | トップページ | 弥彦山にも咲くんだね! »

2016/05/03

燕市で背脂&塩ならココ!「麺屋 はる」

Dsc05275

三友軒さんの閉店から受け継いで6月に3年目になろうとしている「麺屋はる」さんです。開店当時から「この店は、ぜったい流行る(かも)」と確信しましたが、やっぱり当地燕市の人気店になりました。

Dsc05267

背脂たっぷりの醤油と塩ラーメンの二枚看板と各種一品メニューも人気です。

背脂塩ラーメン(680円)です。大きめの乱切り玉ねぎ、笹川流れの天然塩、手間暇かけた極太メンマ、長時間じっくり低温加熱された肩ロースの一枚チャーシューは脂身の少ない肉のうま味が感じられる。

青菜と岩海苔、糸唐辛子が彩を添えます。

トッピング具材も充実していてこの価格に脱帽です。

Dsc05273

「ラーメン屋である前にサービス業であれ…」

誰かが言ったことを思い起こさせる一杯に「ご馳走様でした!」

« 朝の涼しいうちに…浦浜コース | トップページ | 弥彦山にも咲くんだね! »

うまいラーメン店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/63574373

この記事へのトラックバック一覧です: 燕市で背脂&塩ならココ!「麺屋 はる」:

« 朝の涼しいうちに…浦浜コース | トップページ | 弥彦山にも咲くんだね! »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック