2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016/06/29

その対極たる一杯は?「支那そば笹舟」

Dsc05372

     やっぱり、ここです。

自称、背脂ラーメンこそこの世で一番うまいラーメンだと勝手に思う燕市民ですが、その対極たる一杯が時として無性に食べたくなるのはなぜだろう…?

Dsc05365

あっさりした醤油ベースと喉越しのいい細麺と旨み抜群のチャーシューは、その対極たる一杯にふさわしい。

手作り餃子との相性もいい。サイドにおススメだ。

Dsc05370

Dsc05367

うまい、本当にうまい素直な醤油ラーメンなら今は「笹船」しか思い当たらない。

       ご馳走様でした。

2016/06/26

地味~な花咲く山

Dsc05599

Dsc05609

Dsc05612

Dsc05618

上から、オカトラノオ。ヤマアジサイ。ホタルブクロ。4枚目が不明ですが、他にドクダミやヤマボウシが登山道の脇や足元に控えめに咲いていました。

梅雨時なのか?それにしても地味~な花々です。

Dsc05623

Dsc05625

山頂付近には、アヤメでしょうか?2枚目は紫鮮やかな花が結構たくさん咲いていました。

ここは、おなじみ角田山観音堂からの新潟市方面です。

田んぼの緑が鮮やかで感動しましたね。

Dsc05622




2016/06/25

これが背脂フラッグ・シップ!「杭州飯店」

ここ近年、日本全国津々浦々に発生する「背脂系ラーメン」の元祖、燕市で人気の「杭州飯店」でお昼です。

Dsc05597

まあ、この程度の行列は守備範囲で10分もすれば入店できますが、相席は当たり前です。

 

チャーシュー麺に煮卵トッピングすると、その圧倒的な存在感はご覧のとおりです。敷きつめられたチャーシューの下には煮干し出汁の醤油ベースに割り箸より太い麺。

Dsc05594

今日知ったのですが、煮卵が100円でトッピングできました。その初めての出会は、ごったうんめて最高のコラボ~!!

Dsc05596

いやぁ~。史上最高の一杯。最高のフラッグ・シップにふさわしい一杯でした!

ご馳走様でした!

2016/06/19

らーめん 「飛雄馬 見附店」

Dsc05580

午前中、所用を済ませてからカミさんと国道8号線を見附方面へ走りながら何処か美味そうなラーメンを求めてあてもなくナビ検索する。

プラント5の向かいにある小さな「らーめん飛雄馬 見附店」みっけッ!

お互い初めての来店だ。(たぶん…)

Dsc05579

「へぇ~。この界隈にも背脂醤油ラーメン」あるんだね~。だったらやっぱりこれだね!」

ってんで「背脂ラーメン・中盛り」(770円)にしました。

Dsc05576

Dsc05577

たっぷりの背脂はモヤシとスープに降り積もり本場燕っ子も唸らせるルックスです。

チャーシューは、ゴロン塊の端を切った旨みたっぷり。

麺も中太麺の好みの触感が喉の粘膜をスルリと胃袋に収まる。

Dsc05573

カミさんは、あっさり醤油ラーメン。長岡界隈らしく生姜の香る一杯です。

いきなりの突入店でも高得点の一杯でした。ご馳走様でした!


2016/06/18

バドミントンの夏忘れ&歓迎会

梅雨の晴れ間の土曜日。

県央バドミントンリーグ戦も前半が終了して、我がバドミントンチームの夏忘れ第一弾!&歓迎会が当地燕市の居酒屋で開催されました。

Dsc05581

そして20代前半のバリバリ女子の加入歓迎会も併せて盛り上がります。

10代女子から30代、40代そして60代が集う団体は県央地区ではそうありませんぜ。

もちろん年齢も職業もレベルも違うが、バドミントンという共通の絆が繋ぐかけがえのない仲間です。

Dsc05584

Dsc05587

恒例、オモシロ自己紹介からはじまり、もちろんバドミントン談義やこれからの和気藹藹行事計画で盛り上がります。

Dsc05591

さあ、次はどこの店で二次会…?ヽ(´▽`)/noodlekaraoke

初夏の奥日光~二日目

Dsc05510

6月12日(日)上質な硫黄泉かけ流しで疲れを癒し、朝陽と野鳥の声で目覚める…。

そんな絵で書いたような朝がこの宿にありました。

9時15分にチエックアウトして湯ノ湖西岸~湯滝~湯川沿い~光徳牧場までの片道2時間ほどの山歩きでした。

帰りは光徳温泉バス停から湯元温泉バス停まで路線バスで戻りました。(大人410円)

その後、日帰り温泉、温泉寺、奥日光湯元源泉小屋を見て帰路に着きました。

Dsc05512

湯ノ湖畔は、木道が整備され朝陽に照らされた宿が森の中に佇みます。

Dsc05514

Dsc05515

歩き始めて45分ほど、湯ノ湖から流れ出る湯滝のすぐ脇の階段を下ります。

その豪快さに圧倒されましたね。

Dsc05527

Dsc05530

Dsc05535

20分ほど森の中を歩くと「小滝」です。

Dsc05539

激しく落ちる湯滝からは想像できないほど緩やかな湯川です。

Dsc05540

Dsc05544

歩き始めて1時間20分ほどで光徳方面の分岐点です。徐々に明るい森へと変わります。

そして戦場ヶ原に出て男体山、大真名子山です。風が強い!

Dsc05549

国道120号線を渡り、逆川橋を渡って40分ほどで光徳牧場です。

Dsc05546

光徳牧場でしばらく休憩です。ここに来たらやっぱり濃厚アイスがぜひおススメです。300円と手ごろです。

Dsc05555

帰りは、光徳温泉バス停から路線バスで奥日光湯元温泉まで帰りました。

Dsc05560

奥日光湯元温泉には、日帰り温泉ができる宿がたくさんあります。

Dsc05569

旅のしめくくりに、もうひと風呂浴びることにしました。

ここ「おおるり山荘」は500円でタオル付き。施設は古いが湯は生まれたての源泉です。

すぐ近くの「温泉寺」にもクリンソウが咲き、湯元源泉小屋は湯上り後の散策にちょうどいいです。

Dsc05563

Dsc05567

これで、今回の「初夏の奥日光」の一泊二日のレポは終わりますが、いい思い出の旅になりました。

人生、楽しく、元気が一番ッ!^^

















2016/06/17

初夏の奥日光~高山、山歩き

クリンソウを眺めその美しさを堪能した後は、湖畔でお昼にしました。

湖面の風は爽やかで熱いコーヒーが格別ですね。

Dsc05461

1時頃になると人出も多くなりさて、帰路に向かいますがここで悩みます。

千手ヶ浜バス停は、こんな感じで行列で乗れるかどうか?

Dsc05465

桟橋では菖蒲ヶ浜行き遊覧船の待ち客の大行列です。これもやめました。

Dsc05473

徒歩で来た周回線歩道を戻るか?とも思いましたが、高山の山歩き経由で竜頭の滝駐車場に戻るルートを選択。しかしどんな山道かは調べていない…

まあ、何とかなるでしょ!

1時35分頃、周回線歩道を少し戻った高山登山道の分岐点に着きました。

下山した方に聞くと、途中から大きな岩場や鎖場で難儀だったようです。

まあ、何とかなるでしょ!

Dsc05479

Dsc05482

初めは想定内のなだらかな山歩きですが、徐々にきつくなり1時間後にほぼ中間点です。

Dsc05483

ここから先ほど聞いた大きな岩場と画像では分かりづらいですが、細く弱い路肩に鎖場がつづきカミさんは悲鳴一歩手前状態。それでもエスコートしながら乗り越えてくれました。

Dsc05484

Dsc05485

高山分岐点から2時間ほどで高山(1667.5m)です。

どんな山歩きでも「やった~ッ!」っての達成感は忘れがたい経験になりますね。

Dsc05488_2

そこから1時間30分ほど、夕方5時頃、竜頭の滝駐車場に到着。思わず「バンザ~イッ」です!

約7時間30分ほどの山歩きは、私たちなりに内容充実でした。

(尚、休憩、昼食時間を含み、標準時間より余裕を持ちました)

Dsc05504

今宵の宿、日光湯元で源泉掛け流しにざっぶ~んと浸かりビール飲みてぇ~~!



2016/06/16

初夏の奥日光~クリンソウのころ

Dsc05388

6月11日(土)、8時29分。気温16度ほど。cloud/sun wink

群馬県と栃木県県境の金精峠からは男体山と湯ノ湖が望めました。薄雲りながら青空も顔を出す。これからの感動の期待にワクワクします。

国道120号線沿いの三本松駐車場と赤沼駐車場は、「満車状態」で竜頭の滝駐車場に着くとようやく数台の空きがありました。

9時15分ほど、ここでトイレを済ませ支度を整えて中禅寺湖周回線歩道で千手ヶ浜の見頃を向かえたクリンソウ群落地へ向かいました。

Dsc05391

Dsc05395

中禅寺湖畔沿いを歩く3.8km2時間ほどの山歩きでした。

Dsc05397_2

緩やかなアップダウンの道は枯葉が積もるクッションのいい山道です。

左手、湖畔からの風と新緑が気持ちいい。

Dsc05399

山ツツジはもう終わりかけで花びらが落ち初め盛りは過ぎたようです。

Dsc05408

10時25分ほど、歩きはじめて1時間すこし。木道階段からは中禅寺湖畔対岸から半月山辺りの稜線が見えました。

Dsc05410

そこから10分ほどで大きなトチノ木の林が迎え、視界が広がる場所に出てその先の白い砂浜で休憩しました。

Dsc05413

Dsc05421

11時5分。高山への分岐点です。このころになると、高山からの下山者などで人が多くなります。

Dsc05426
そこから20分ほどで千手ヶ浜到着です。静かな湖面と遊覧船の桟橋、男体山がすばらしくとても印象的です。

Dsc05428

この橋(名前は忘れました)と乙次郎橋を渡ればいよいよクリンソウの群落が迎えてくれます。

Dsc05429

Dsc05467

Dsc05441

Dsc05472

もう、なんとも言えない美しさに、ただただうっとり…。

来てよかったッ!

(次回は、予定に反して高山の山歩きになりました。)
























2016/06/13

梅雨入りした「らしい」…

本日、新潟県を含む北陸甲信地方が梅雨入りした「らしい」との発表がありました。

今日あたり発表しないとそのタイミングが無いのか~?

Dsc05362

久しぶりの雨でさっぱりした感のヤマボウシ。

背丈ほどだったが8年。3メートルほどまで大きくなった我が家のシンボルツリーです。

初夏の奥日光・2016~プロローグ

6月11日・12日の土日、初夏の奥日光のクリンソウと高山登山。日光湯元に泊り翌日は、湯ノ湖から湯滝、湯川を経て初めての光徳方面の山歩きでした。

天候にも恵まれ、すがすがしい汗を初夏の緑と風が癒してくれた二日間でした。

龍頭の滝駐車場から中禅寺湖畔を2時間ほど歩き、千手ヶ浜近くの乙次郎橋を渡ると豊かな新緑の中にクリンソウの群落が咲いていました。

Dsc05431

Dsc05433

Dsc05439

そんな二日間のとりとめのない事を、後日にでも記しておきたいと思います。

2016/06/09

週末は梅雨の晴れ間のようです。

Dsc05387

今週初めの予報とは変わり梅雨の中休みの予報にニンマリしています。

土日に中禅寺湖畔西部の千手ヶ浜のクリンソウを見に行きたいと思います。

数年前に雑誌で見たその美しさにいつかは…。ようやくその想いがかなえられそうです。

自家用の乗り入れが禁止され低公害バスが一般的なようですが、竜頭の滝駐車場から中禅寺湖西岸を徒歩で千手ヶ浜→奥日光最奥の西ノ湖→弓張峠→小田代が原→石楠花橋→竜頭の滝駐車場への徒歩を予定しています。

比較的平坦な道をざっと18㎞、6時間ほどの山歩きですがさてどうなるかはその日の気分しだいだったりして~

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック