2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/25

「肴(さかな)豆」

近所の農家のばあさんが売りに来た「さかな豆」。

当地新潟県では9月中旬から10月初旬のわずかな期間しか収穫されれないことから「まぼろしの枝豆」とか言われる。

水田転作用として栽培されビールや日本酒の肴として親しまれていることから「肴豆」とも書くらしい。

言うなれば、最後の旬とでもいうのだろう。

Dsc_0308_2

熱々の茹でたてを新聞紙に広げて塩をパッパとふりかける。

強い甘みと少し固めの湯出具合が発泡酒によく合うね。

2016/09/20

「ぼっち盛り蕎麦」ってなんだ!?

Dsc_0220

今月初めの暑い日、加茂市にある「ぼっち蕎麦」の人気店、越水さんで早めのお昼です。11時開店ですが、11時半頃にはほぼ満席です。

店主は、信州戸隠で修業された筋金入りの本物を提供されている。

店内は、木の香漂いそうなほど天然木を多用した落ち着きのある造り。店員さんの対応もいい。

Dsc_0211

桜エビのかき揚げも名物。熱々でサクッとした歯触り、海老の旨みと磯の香りが口の中に広がる。

ビールbeerがあればなおさらいい( ´艸`)プププ

天ぼっち蕎麦の独特の盛り付けは、5つに分かれてあり一説では戸隠神社ゆかりの五神に通ずるらしい。

Dsc_0214

Dsc_0215

「挽き立て、打ち立て、茹でたて」の戸隠蕎麦を味わうなら迷わず「越水」に決まりッ!



2016/09/19

雨の日には、まったり日帰り温泉らね。

敬老の日、一日雨予報だったので長岡市の温泉施設にカミさんと母を誘ってまったりします。

初めて訪れた花みずき温泉「喜芳」です。

Dsc_0297

日帰り温泉施設とは思えないほどの高級感と趣が随所に感じます。

まあ、敬老の日だから、まッいっか!

Dsc_0291

Dsc_0290

お湯は、よくある単純泉だが源泉自噴でバリエーション豊かな湯処が自慢。

檜風呂と越後平野一望の露天風呂が気に入った!

食事処もいくつかあり、胚葉も充実している。とりあえず、肉厚ホッケと生中でまづ一献。

Dsc_0294

食事は聞きなれない「ざるからしめん」。

からむしの葉は、たんぱく質、灰分、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンAを豊富に含む植物という。

魚沼地方のへぎ蕎麦かと思うほどのコシの強さと喉越しに…「これ、うんめぇ~なぁ~」

揚げたての舞茸とのど黒の天婦羅がうれしい。

Dsc_0295_2

お昼過ぎても、それほど混雑しなくてどこか心に余裕を感じる。

まあ、明日からのエネチャージには最適の湯処でしたね。



2016/09/03

ラジウム温泉で夏の疲れを取りました。

この夏、猛暑日も多いうえに仕事も忙しくまさに暑い夏でした。

今月初め、夏の疲れを少しでも取ろうと県内の温泉地の五頭温泉郷の村杉温泉・長生館にカミさん、母と癒されに行きました。

3時にチックイン後、浸かった湯は以外にも無色透明の無味無臭。

全国でも最高水準のラジウム含有量を含む名湯だというが、少々拍子抜けの感。

そもそもラジウム温泉とは…→http://murasugionsen.jp/miracle/(私、ほとんど理解できませんね~)

内湯は、少し温めで熱いのが苦手な私には長湯でき、たまった疲れがぬる湯に溶けていくようです。

Dsc_0270_2

露天風呂も風情がある。濃い桃色の百日紅の花が青い空に揺れる。

目の前を、涼しい風と秋トンボがスーッと走り、秋蝶がふわっと舞った。そんな夏も過ぎようとしてるのを感じる。

Dsc_0265

ロビーラウンジは広くはないが、重厚でゆったりと庭園が眺めれる。

湯上りの散策に日頃のすったもんだは、杉の老木に縛り付けてきた。

Dsc_0222_5

Dsc_0253

お楽しみの夕食は、量は少な目で品数は12品。

好みの味付けで、彩り豊かにその土地の物をいただきました。

Dsc_0228_5

鯉の甘煮は、食感も味付けも申し分なく絶品。

Dsc_0227_2

ラジウム温泉で蒸した和牛蒸籠。今でも思い出すと…生唾ごくり。

Dsc_0233

仕上げに、麒麟山冷酒を2合。大女将直筆の色紙にあらためて目をやれば、晩夏から初秋への季節の移ろいを感じづにはいられない。

Dsc_0238

翌日の朝食も、和食膳だったが、どちらかというとバイキング形式が好みらな~

Dsc_0254_4

2016/09/01

玄関先にオーシャンブルー

Dsc_0276

オーシャンブルーまたの名を琉球朝顔ともいうらしいです。

生育旺盛でグリーンカーテンに適しますが、底の深めの鉢に行燈仕立てにしてみました。

秋に向けてこれから晩秋まで鮮やかな青い花たちに元気をもらって「さて、今日もがんばるかな!^^」

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック