2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« すばらしい錦秋の奥日光 | トップページ | 奥日光・二日目も晴れッ!^^ »

2016/10/22

湖畔の湯宿「湖上苑」にて

Dsc_0420

             (翌日の朝に撮った画像です)

中禅寺湖畔にせり出すように佇むこの湯宿は、以前旧外国人大使別荘地跡に建てられたわずか10室の宿。

すこし古さは感じますが、それがまた当時の趣を感じさせます。

2階の客室に案内されると窓から息飲む景色でした。

Dsc_0388

色づく木々越に中禅寺湖。陽が傾き始めた対岸の紅葉も見ごろだ。いままでこれ以上のロケーションがあっただろうか?

 

缶ビールを飲み干すと「ふ~ッ。よし、風呂行くか…」 

ご覧のように狭いですが、エメラルドグリーンの湯花舞う源泉掛け流し硫黄泉はもちろん加温、加水なし。

それゆえ湯船の石や湯口にびっしり硫黄成分が付着しています。

もし、ラーメンに例えれば、燕三条系超濃厚こってり背脂ら~めんだろうか?( ´艸`)プププ

Dsc_0397

Dsc_0394

夕方6時から一階「グリル 鱒」にてささやかな宴。益子焼にそそがれた生ビールがたまんねぇ~

栃木名物の生ゆば、造り、焼物、煮ものが並び全体に量は少なめだが味付けよく私たち好みだ。

Dsc_0406

自家製オレンジソース仕立ての「鱒の唐揚げ」は二度揚げされて頭からしっぽまでカリッカリで食せます。これを目当てのリピーターも多いとか。

Dsc_0409

栃木の地酒二合を常温でいただく。これ、なかなか意外と合うね~

Dsc_0411

栃木牛フィレ肉は、脂身の少ないヘルシー仕立て。

Dsc_0415

キャラメルソースのバニラは、カミさん好み。私には、三杯目の生ビールが〆だった。

Dsc_0419

明日は、一日☁予報。晴れれば近くにどうしても行きたいスポットがあるが、天気次第で決めましょうか…

そして、翌朝…

湖畔周辺を散策。少しずつ紅葉の山々に陽が差しはじめる。

Dsc05990_3

朝の露天風呂からも朝食食事処からもすばらしい光景を望みながら楽しめました。

「小さいながらも、いい雰囲気の宿らな」

朝食は、各一人ずつ和食と洋食が選ばれるのがうれしい。

カミさんは、和食。私は洋食をチョイス。どちらもご飯、パン、コーヒーなどおかわり自由。

Dsc_0428

Dsc_0429

Dsc_0430

「いい宿、見つけたな。」

また一つ私たちにとって伝説になりうる温泉宿でした。

« すばらしい錦秋の奥日光 | トップページ | 奥日光・二日目も晴れッ!^^ »

旅の宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/64407530

この記事へのトラックバック一覧です: 湖畔の湯宿「湖上苑」にて:

« すばらしい錦秋の奥日光 | トップページ | 奥日光・二日目も晴れッ!^^ »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック