2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/26

「中華そばと炒飯が相性抜群のラーメン店なら…」

休日の夕方5時から当地、燕市の「大むら」の夕方の営業がはじまります。

 

待ちかねた客はどっと押し寄せほぼ満席です。

 

小上りに上がり、ほどなくして、ラーメンスープと共に炒飯です。パラパラの少し焦げた香りが食欲そそるなぁ~

Dsc_1393_2

お待ちかねの「大むら」中華そば。炒飯との相性は、「食った者しかわからない」とでも言っておこうか。

Dsc_1395_2

Dsc_1402

  私の、最高のディナーです。

2017/05/25

宿泊先からの礼状

先日、能登半島、珠洲市での宿泊先からの礼状が届きました。

たぶん女将からの直筆文でしょう。

Dsc_1437_2

読んでいると、その時の何気ない心遣いや、食事の美味さ、奥能登の風景がやけに思い出されます。

規模が大きな旅館からのメールでの礼文は一般的ですが、温泉民宿の小さな宿からの温かみのある便り、こっちの方が「またいつか機会があれば…」と思わせる便りでした。

2017/05/22

試合の後の楽しみは?

第33回県央社会人バドミントンリーグ戦が開幕しましたね。

くそ暑いのに汗ダラダラでお疲れ様でした!その後の楽しみと言えば…

Dsc_0158

もう、こっれきゃないよね~

Dsc_1436

Dsc02028

Dsc02026

我がチームのホームグラウンドで5時半から十数名が馳せ参じ、お互いの健闘やら酒のつまみに事欠かない。

Dsc_1435

時のたつのも忘れて気が付けば、夜中のお昼過ぎてまっしたッ!^^

2017/05/07

GW最終日は灯台コース

5連休の休みも今日まで。昨夜の雨も上がり朝から青空です。

 

こんな日は、なまった身体を目覚めさせるには角田灯台コースがいいようです。

 

8時過ぎ、海抜0mの海岸から一気に登りがつづきます。

Dsc06096_3

15分ほど登れば、紺碧の日本海に浮かぶ白亜の角田灯台。藤の花とのコラボはこの時期ならではでしょう。

「いい。絶景だ。」

Dsc06097

岩場を過ぎ、長い登りの後には、ブナの回廊…。ここがまた別世界でいい…。

 

昨夜の雨で、朝陽に照らされた新緑がしっとりまぶしい。

Dsc06098_10

1時間20分ほどで頂上。そこから観音堂へ。黄砂の影響か?どんよりしてすっきりしない。

 

いい汗かいたし、さあ、今週も気合入れて頑張るかなッ!

2017/05/04

ここは、奥能登「灯の宿」…

当地、新潟県燕市からは、かなり遠かったのが率直な印象です。一泊で往復800km超えは強行軍と言えるでしょう。

 

やはり目指したのは、「禄剛崎灯台」。奥能登の最先端です。青い日本海が、地球が、丸く見えます。

 

今宵の宿は、珠洲市の料理民宿「灯の宿 まつだ荘」。 (公式HPは一見の
価値あり)

Dsc_1360

気さくな女将、ご主人がもてなす希少な能登牛の炙り網焼きと海鮮料理自慢のわずか9部屋の宿。天然温泉ではないがヒバの麦飯石の人口温泉は、それに負けず劣らずの癒しの湯で疲れを癒した後、期待の夕食だ。

Dsc_1356

郷土食豊かで季節感のある滋味豊かな料理が並ぶ。同席した同年代夫婦との会話が楽しい。

Dsc_1357_2

ほどなく新鮮な刺身が運ばれる。ブリ、アジ、ヒラメなどたっぷりあり、メインの能登牛の炙り網焼きの美味さにはノックアウト寸前だ!

Dsc_1355_2

翌日、宿からすぐ、1分ほどの浜辺。忘れかけた潮騒の匂いに元気をもらうなぁ~

Dsc_1363_2

二日間で「見附島」「禄剛崎灯台」「輪島朝市」「総持寺祖院」などを見学した奥能登の小さな旅でした。



« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

お気に入り

無料ブログはココログ

最近のトラックバック