2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 今宵の宿は、片品温泉郷の「ふきあげ旅館」 | トップページ | 金目鯛の煮つけ »

2017/10/09

「秋の尾瀬ヶ原・デビュー」

初めての尾瀬ヶ原です。

翌朝8時。「ふきあげ旅館」前までの乗り合いタクシーに乗り込み25分ほどで尾瀬ヶ原の玄関口、標高1590mの鳩待峠です。

Dsc_2160_5

そこから1400mの山の鼻まで下り、牛首分岐→竜宮十字路までの片道7.7km、往復15.4kmの日帰り王道ルートです。

万歩計では26,000歩ッ!!

天気快晴。周囲の木々は紅葉真っ盛りの様相。尾瀬ヶ原デビューには最高のお膳立てだに期待も膨らむ。

支度を整え、軽いストレッチも忘れずに。

Dsc_2118_2

Dsc_2156_2

鳩待峠から下ること1時間で山の鼻休憩所。そこから尾瀬ヶ原の草紅葉と本州最大の広大な湿原が始まります。

Dsc_2123_2

目の前にパッと広がる湿原と燧岳。そこへと真っ直ぐにつづく木道。

その初めて出会う光景に私たちは、「おおぉ~、すげえ~」と、しばし釘付けだ。

Dsc_2125_4

振り返れば、紅葉の至仏山。抜群のロケーションにやっぱり「おおぉ~、すげえ~」しか出ない。

Dsc06139

立ち止まって景色を眺めたり、写真撮ったりしながら牛首分岐で少し早目のお昼です。

Dsc_2133

バーナーでコーヒー沸かし、宿のおにぎりパクつきながら缶詰突っついたり。最高のご馳走だ。

Dsc_2139_2

竜宮十字路へ向かうと人影もまばらになる。ここでトイレ休憩をして今来た道を戻りました。

ポスターなどで見慣れた景色ですが、私たちにとって特別な景色「尾瀬デビュー」な景色でした。

Dsc_2134_4


« 今宵の宿は、片品温泉郷の「ふきあげ旅館」 | トップページ | 金目鯛の煮つけ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

天気も紅葉時期も最高の日でしたね。
素晴らしい!!

片品村からの「尾瀬デビュー」は最高でした。
次回は(来年は)、桧枝岐村から尾瀬沼も一考…です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/65937910

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋の尾瀬ヶ原・デビュー」:

« 今宵の宿は、片品温泉郷の「ふきあげ旅館」 | トップページ | 金目鯛の煮つけ »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック