2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 今年、最初の一杯はここ…^^ | トップページ | 蕾がいっぱい、角田山 »

2018/03/10

今宵は若狭・活蟹の民宿

Dsc_0417

福井県、若狭湾に突き出た常神半島の神子(みこ)漁港の黄昏です。久しぶりの潮の香りが新鮮です。

生きのいい活蟹フルコースをリーズナブル価格で食せるというのでカミさんとはるばると約6時間、片道450キロの道のりです。

夕方6時から活蟹2杯を茹でカニと蟹刺し、焼カニ、カニ天婦羅、カニ鍋などに調理してのフルコースです。

最後の〆は、蟹鍋の出汁の雑炊でフィナーレです。

Dsc_0428_3

先ずは、蟹刺しを炙った蟹味噌で頂きます。特有の甘みと濃厚な蟹味噌で…。

上を向き、手が震え、言葉にならず、涙が出そうです。

Dsc_0432_2

香ばしい焼蟹。ふっくらした身は活蟹ならではだろう。

Dsc_0436_3

Dsc_0433

越前ガニという高級ブランドカニではないですが、鳥取 松葉カニと兵庫県柴山港のタグが付いていました。

Dsc_0435_2

宿泊したのは、↓の「活魚旅館 竹中」さん。飾らないごく普通の民宿と気取らない女将さんが好印象。

Dsc_0421_2

もう少し、近ければな…。と、思いながら東尋坊と永平寺を観光してきました。

« 今年、最初の一杯はここ…^^ | トップページ | 蕾がいっぱい、角田山 »

コメント

おおっ! 記事を心待ちにしていました。

めちゃくちゃ美味しそうなカニ料理。。 人生楽しんでおられますね。

さぼってしまい、ご無沙汰です。
この間、少しばかしバタついてブログさぼっていました.。
人生初の蟹フルでしたッ!^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70291/66490114

この記事へのトラックバック一覧です: 今宵は若狭・活蟹の民宿:

« 今年、最初の一杯はここ…^^ | トップページ | 蕾がいっぱい、角田山 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック