2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018/04/30

温泉旅館は、やっぱりいいッ!~麒麟山温泉

GW前半、カミさんと母を連れてのささやかなチョット親孝行でした。

国道49号線から阿賀町(旧津川町)の麒麟山の傍らに佇むspa麒麟山温泉 ゆきつばきの宿「古澤屋」bottle さんです。時代を感じる風情ある門をくぐると純和風の小さな老舗の温泉旅館です。

Dsc_0855_3

近代的な設備はありませんが、ヒノキの株を埋め込み黒い碁石を敷きつめた通路は足の裏に気持ちいい。

他にも古き良き時代の「いいもの」が随所に残っています。

Dsc_0897

すべての客室や露天風呂からは、雄大な阿賀野川と周囲の山々、遠くに残雪を懐いた飯豊連峰を眺められます。

Dsc_0834

おおぉ~素晴らしい絶景だ~~ッ!


缶ビールを飲み始めると…「へぇ~。こんな雄大な眺めの宿は初めてなんじゃない?」

「落ち着くながめらのぉ~」

そんなこと言われると、やっぱりうれしくなる。

先ずは貸し切り露天風呂に浸かる。ここもロケーション満点です。

対岸には、磐越西線。夕方5時過ぎにはSL磐越物語が走り裸のまま手を振ったり身を乗り出す。(恥ッsweat01

Dsc_0846_3

温泉と同じくらいに楽しみなのがやっぱり夕食だね。

意外と薄口だがどれもいい味付けで家族には好評でした。

Dsc_0858

新潟と言えば「のど黒」だ。熱々で脂がのりこれを目当てのリピーター県外客も多い。

Dsc_0805

ほろ酔い気分ですこし温めの湯船に。漆黒の闇に浮かぶライトアップされた「中の島」は、とても幻想的だ。

Dsc_0879

凛とした空気の中、湯に浸かれば朝もやが大河を渡り、野鳥たちが唄えば生命力あふれる一日のはじまり。

Dsc_0894

朝食後、宿の主人が愛着を込めて手入れした「訪春園」では雪椿と八重桜・枝垂れ桜がいま満開。

宿も料理もスタッフも素晴らしい…。とてもよかったです。

Dsc_0903_2

2018/04/29

会津ころり三観音巡礼。ご利益はあるかッ!?

福島県西会津地方には、弘安寺(中田観音)、恵隆寺(立木観音)、如法寺(鳥追観音)の三観音をあわせて、会津ころり三観音があります。

高齢の母と私たち夫婦で巡ってきました。

この三観音に巡拝し、罪障消滅を祈願することにより、その苦しみが除かれ、現世においては子孫繁栄、万願成就、寿命安楽などがかなえられ、やがて大往生を遂げられるというありがた~い観音様があるという。

特に観音堂内にある抱きつき柱にすがれば、死の床に際しても苦しまずに成仏でき、家族に余計な負担をかけずにすむということで「ころり」三観音と呼ばれるようになったと言うから(今のうち?)お願いしたいものです。

Dsc_0818_4

Dsc_0823_2

Dsc_0831_2

上から、如法寺(鳥追観音)、恵隆寺(立木観音)、弘安寺(中田観音)です。どこもGWということで、賑わっていました。

もうかれこれ今まで3回ほど3人で巡礼してますからね~

どうか少しでもご利益がありますように…。

ギャハハハハッ~~(^Д^)sweat01プギャー

2018/04/28

呑んだ後は、やっぱり「潤」だった!

Dsc_0799

いわゆる燕三条界隈の居酒屋へ。40年近くの深くもないが腐れ縁の長い付き合いの仲間の飲み会。

2時間飲み放題5500円だから話題も尽きず料理も良かったし、たっぷり飲めましたが…。

Dsc_0801

すっかり慣例?それとも習性?代行呼んで、「酒麺亭 潤」へ…。

Dsc_0810_2

明日の「天皇賞(春)」の飲んだくれ予想は、全員が玉砕ッ~だったが気の置けない仲間だから許してやるかなッ!?

でも何で飲んだ後のラーメンってこんなにうんめぇ~んだろうね!

Dsc_0813

Dsc_0814

でも、翌朝はさすがに胃がモタレタナぁ~

ちっとは、歳を考げれってんだいやぁ~┐(´д`)┌ヤレヤレ





2018/04/15

雨で花見が流れりゃ…。

らったら、どうする?
暇らしspa「だいろの湯」spaでもいぐか~

てなワケで、飲んだ勢いか?今年は道東方面への計画が持ち上がる。

マジかよ~!釧路市観光・阿寒湖・自然遺産の知床半島方面の計画ですと…。( ̄○ ̄;)sweat02

Dsc_0374

 

まあ、予定ですけどね。

2018/04/14

やっぱりここからの展望です。

Dsc_0735

ご存知、角田山頂上から少し下った観音堂から新潟市と蒲原平野を望みます。

私は、午前中は天気が何とか持ったので五ケ峠から歩きました。四季折々に低山とは思えない展望が楽しめるここまで来ますね~。

Dsc_0715

因みに、五ケ峠駐車場へは春の時期に交通規制(一方通行)が布かれているので注意が必要です。

2018/04/08

クリーミーな辛さがクセになります!

当地、燕市吉田地区東栄町の住宅街の一角にある「逑来(クォライ)」さんは、広東麺が人気のようですが「担々麺」もどうしてどうしてお気に入りの一杯です。

Dsc_0334_4

サッと煎った白胡麻とクリーミーな辛さのスープが意外と相性抜群だ。青梗菜の緑も映えますね。

コシのある細麺がそれを絡めて喉越しもいい。

Dsc_0335

Dsc_0333

カミさんの「中華そば」。鶏がらスープのあっさり醤油で何杯でも行けそうだ。

自店特製「担々麺」は、クセになる一杯。ご馳走様でした!!

新年度からはじめました。

正確には、3月頃から仕事帰りにとか、雨の休日に通っています。

Dsc_0665

一年中使用できる温水プールはもちろん暖房や、シャワー完備で100円なら使わない手はありません。

もちろん、タイムを競うことはなくマイペースで泳いでリラックスしています。

続けたい習慣ですね~

2018/04/07

野菜不足はこの一杯で解消しませんか?

当地、燕市大保町。県立吉田病院近くのこのお店は、白味噌の甘いやさしさい旨みと柔らかい野菜が美味しい。
Dsc_0326_2

しんなりと柔らかめに煮られたたっぷりの野菜が白味噌スープとこれが会うんだなぁ~

Dsc_0329

背脂だけじゃない…。時には、こんな一杯に出会うと「ホッと」するのは何故だろう。

Dsc_0332_2

2018/04/02

まさに、「花の山」です。

きのうは、カミさんと角田山の雪割草桜尾根コースから登り、灯台コースを下山です。

どちらのコースも雪割草・カタクリ・キクザキイチゲ・ショウジョウバカマ等の山野草が今が盛りと咲き誇るすばらしい山歩きでした。

Dsc_0585

Dsc_0588

Dsc_0587_2

Dsc_0594

頂上は、足の踏み場もない?ほどのにぎやかさ。私たちも、この日を待ちわびたように「花の山」を謳歌できた一日でした。

Dsc_0601

Dsc_0604_2

尾根脇は、カタクリで埋め尽くされた「カタクリロード」
あらためて角田山が「花の山」と言われる所以を実感しましたね。

Dsc_0612

Dsc_0619_2

頑張ったけ、「だいろの湯」で生飲むかぁ~beersweat01

2018/04/01

白いカタクリ、出会えましたッ!

角田山・桜尾根コース。

今までうわさに聞いた「白いカタクリ」…。それも二輪並んで拝見できるとは。

Dsc_0592

何らかの変異だとは思われますが、数万本に一の確率らしいので角田山はそれだけ大群落だということがうかがえますね。

新年度、スタートの今日。なんてラッキーなんだろうねッ!!

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック