2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018/05/26

「姫」は適齢期を過ぎました!?

この時期、数年ぶりに「姫」に会いに行きました。

しかしながら、今年は春から平年以上の高温気味で例年より一週間以上も見頃の盛り(適齢期?)を過ぎていました。

 

もうお分かりですね。三条市高城山城址の「ヒメサユリの小径」をカミさんとの山歩きでした。

Dsc_1084_2

この画像、唯一の新鮮「姫」られぇ~

全体的に「適齢期」を過ぎて色褪せて…。あらら~残念ッ!!

気を取り直して1時間ほどで高城山城址からは、残雪の守門岳と涼しい風をおかずに軽いお昼です。

Dsc_1089

爽やかな汗を流しに「いい湯らてい」で生ビールッ!らなッ!!^^

Dsc_1091_2

2018/05/20

爽やかな日曜日でした。

少し早起きして午前中は角田山へ。すっかり目映い新緑に染まっています。

中間点あたりからは日本海とクッキリと佐渡島。

Dsc_10601

昨日の雨で空気が澄み、観音堂からは蒲原平野の田植えが終わりまるで鏡ようだ。この時期ならではの美しさです。

Dsc_10571_3

山頂付近では、「タニウツギ」が満開です。新緑の緑に淡い桃色が印象的でした。

Dsc_10561_2

2018/05/13

「絆」という名のラーメン!

Dsc_0663

当地、燕市の寿町(市内でもかなり狭い路地が入り組んでます)にシャレた外観の「食事処 絆」さんでお昼です。

「絆」の由来は↓へクリック

https://tsubamesanjo.365web.jp/gourmet/3102/

店内は、ごく普通のラーメン店ですが、どこからともなく流れて来る昭和のフォークソング、とりわけ「かぐや姫」なんかに懐かしく耳を傾けます。

名物?ハイボール風な「お冷」です。

Dsc_0656_2

チャーハンや唐揚げなどが美味くて大盛りなのが人気のようですが「絆 ラーメン」700円也~

当地、燕市では王道の煮干し醤油の「背脂ラーメン」そのものですが、太めの平打ち麺のキメ細かい肌がとてつもなく喉越しがいい。

Dsc_0660

Dsc_0662

初めての来店ですが、これで燕のラーメンのレベルがまた上がりましたね!

2018/05/12

燕市にはすべて?のラーメンが揃ってます。厳選5杯ッ!

燕らったらやっぱし「背脂ラーメン」だろが~。それも器を覆いつくすほどの背脂だけど後味引かない煮干し出汁のちょっとしょっぱい一杯ありますか?

はいはい、燕市小高の「大むら」さんはどんがらろうね?他にも「杭州飯店」や「まつや」さんもうんめいね~

Dsc_0378_4

背脂ラーメンもいいろも、具だくさんのトロ~っとした餡の広東麺ならどこがいいかね~

はいはい、燕市東栄町の「逑来(クォライ)」さんはどんがらろうね?他には「麻婆麵」や「担々麺」もうんめいね

Dsc_0152

「広東麺」もいいろも、うんめぇ~「塩ラーメン」は燕には無えろ~

いやいや、あるれね~。燕市大曲の「麺屋 はる」さんの「塩特背脂ラーメン」はどんがらろうね?

まろやかな塩スープや低温熟成チャーシュー、メンマ、岩海苔まで載った豪華版られね~

Dsc_0494

「塩ラーメン」もいいろも、チョッと辛みがあってそれでいてコッテリしていてネギの触感が楽しめるプチガッツリ系ってあるろかね~

はいはい、燕市下粟生津の「王風珍」の「王風麺 赤」はなじらろね~

辛み白髭ネギたっぷりで食べ応えたっぷりらいね。

「王風麺 白」もおススメら!他には、燕市小牧の「酒麺亭 潤」もいいれぇ~

Dsc_2035

最後に、「路地裏の名店」なら「大むら支店」の右に出る店は無い。

Dscf6610

さて、次回はどこの一杯を…楽しみますかね?

2018/05/09

春の山の幸さえあれば…

Dsc_0937

Dsc_0939

Dsc_0943

Dsc_0944

上から、コゴミの天ぷらと甘醤油味のフキ。コゴミは今が旬のようです。

山タケノコの天婦羅。柔らかさと衣のサクッとした食感がたまらない。

同じく茹でた山タケノコ。すごく柔らかい。シンプルにマヨネーズで。

茹でた柔らかい筍の刺身。もちろんわさび醤油でいただく。

知人から頂いたものや、先日の休日に道の駅で買い求めたもので「春の山の幸」を満喫できました。

ありがたいですね。

2018/05/06

さて、どっちから下ろうか?

Dsc_0979_2

「さて、どっちから下ろうか?」

角田山、浦浜コースと五ケ峠コースの分岐点ですが、私がどこから登って来たか分からなくなり迷っているわけではありません。

ましてや「認知〇」になったわけでもありません( ̄Д ̄

Dsc_0964

9時過ぎに浦浜コースから登ったのですが、いつもなら同じコースを往復しますが今回は違う五ケ峠コースから下りることにしました。

新緑がとってもまぶしい爽やかな季節になりましたね。

Dsc_0972

赤い浦浜橋を潜ればもうすぐです。比較的平坦な山歩きですが、往復8kmは歩きがいがありました。

Dsc_0985_2

新しい楽しみ方を知ってすこし得したようなGW最終日でした。

2018/05/05

山古志のお昼は「ごっつお」だった!

Dsc_0960_2

長岡市山古志地区(旧山古志村)は、素晴らしく美しい棚田が広がります。水の入った田んぼが幾重にも重なるさまは厳しい冬を乗り越えた住民にしか分からない喜びなんだろう。

2004年の中越地震からの復興を支援してくれた人々に「元気になったよ!ありがとう!」そんな姿を伝えたくて地元の「母ちゃんたち」が立ち上げたお店だとか。

「山古志 ごっつぉ多菜田」 さんでカミさんとお昼です。

Dsc_0953_2

店内は、すべて座敷テーブルで20人くらいは入れるだろうか。

対応が、めちゃくちゃ明るくこちらが元気をもらう。

山菜天ざる蕎麦です。山菜天ぷらは、ウド・コゴミ・コシアブラ・山タケノコなど山盛りで揚げたてサクサク~フワフワ~ジューシ~

蕎麦は、それとは相反する。山古志の粘り腰を彷彿させるほどの強くて食べ応えある。

 これこそ最高の「ごっつお」だッ!

Dsc_0950_2

言い忘れました。「ごっつお」とは「ごちそう」という意味です。

ごっつおさまでした!^^

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック