2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 温泉旅館は、やっぱりいいッ!~麒麟山温泉 | トップページ | さて、どっちから下ろうか? »

2018/05/05

山古志のお昼は「ごっつお」だった!

Dsc_0960_2

長岡市山古志地区(旧山古志村)は、素晴らしく美しい棚田が広がります。水の入った田んぼが幾重にも重なるさまは厳しい冬を乗り越えた住民にしか分からない喜びなんだろう。

2004年の中越地震からの復興を支援してくれた人々に「元気になったよ!ありがとう!」そんな姿を伝えたくて地元の「母ちゃんたち」が立ち上げたお店だとか。

「山古志 ごっつぉ多菜田」 さんでカミさんとお昼です。

Dsc_0953_2

店内は、すべて座敷テーブルで20人くらいは入れるだろうか。

対応が、めちゃくちゃ明るくこちらが元気をもらう。

山菜天ざる蕎麦です。山菜天ぷらは、ウド・コゴミ・コシアブラ・山タケノコなど山盛りで揚げたてサクサク~フワフワ~ジューシ~

蕎麦は、それとは相反する。山古志の粘り腰を彷彿させるほどの強くて食べ応えある。

 これこそ最高の「ごっつお」だッ!

Dsc_0950_2

言い忘れました。「ごっつお」とは「ごちそう」という意味です。

ごっつおさまでした!^^

« 温泉旅館は、やっぱりいいッ!~麒麟山温泉 | トップページ | さて、どっちから下ろうか? »

うまい蕎麦の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山古志のお昼は「ごっつお」だった!:

« 温泉旅館は、やっぱりいいッ!~麒麟山温泉 | トップページ | さて、どっちから下ろうか? »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック