2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018/06/24

静かな尾瀬沼~ワタスゲの頃

桧枝岐村の温泉民宿に泊まり、翌日は御池駐車場からからバスで沼山峠バス停へ。そこから大江湿原~尾瀬沼ビジターセンター~沼尻~尾瀬沼南岸を経ての尾瀬沼をぐるっと一周してきました。

標高1600mの風はハンパなく爽やか~。

約14kmの山歩きでしたが木道は、しっかりしたほぼ平坦な山歩きでしたが、尾瀬沼南岸は、木道が朽ちて少し歩きずらかったです。

大江湿原は、人気の春の水芭蕉と夏のニッコウキスゲの端境期で「ワタスゲ」と「レンゲツツジ」が見頃を向かえたのころで比較的人も少なくて静かな尾瀬沼でした。

Dsc_1340_3

Dsc06204_5

尾瀬沼と3本カラマツ。初めて見ますが「絵」になります。

Dsc_1301


Dsc_1306_2

沼尻の休憩所は、改装中でしたが、そこに上がり込んでお昼にします。

Dsc_1313

尾瀬沼南岸からは沼越しに燧ケ岳の雄姿を左手に見ながら一周できます。

休憩を含んで約6時間、歩数は約25000歩でした。いやぁ~やっぱり「山歩き」は気持ちがいいもんですね~

Dsc_1323

「おまけ」です。そういえば大江湿原でドローンを飛ばして辺りを撮影している人たちや撮影機材らしいのを運んでいる人たちに会いました。

Dsc_1304_2

気になったので他の通行人伺うと…NHKのBS「百名山」の取材らしいとのこと。さて、いつ放送なんでしょうかね~

これぞ「ザ・民宿」で「山人料理」

小雨降る桧枝岐村は標高1000m近くある小さな村。しかし多くの宿(民宿も含めて)に桧枝岐温泉が引いてある人情も暖かい村だ。

今宵の宿は、御宿 郷http://oze-sato.com/お国言葉でかざらず温かく迎えてくれ料理の美味い宿でなかなか予約が取れない人気の宿です。

Dsc_1264

この村には、日帰り温泉施設が3カ所あり各宿泊宿からフリーパス券が借りられ滞在期間なら何回でも利用ができる便利なありがたい仕組みがあります。

さっそく、宿から徒歩1分の燧の湯へ。これがまた硫黄泉のいい湯らて~露天からの新緑と渓谷の眺めがベリー

3回は入ったね~

お楽しみの「「山人料理」(やもーど)は、豪華ではないが完全な地元食材の山菜、岩魚、鹿肉、サンショウウオの天婦羅などが並ぶ。

昔、山で働く男たちがそば粉、酒、味噌、塩を持って山で採れる食材と合わせて食した「山人料理」。

山の懐の最奥に来て本当の地産を戴くのはこの上ないご馳走でしょう。

今ではヘルシーさが見直されている健康食品だという。

素朴だけれど、地の本当の美味さを感じられる滋味豊かな食材にカミさんも満足の様子です。

Dsc_1253_2

この岩魚、今までいただいたモノとは別次元に美味い。本来の岩魚の味がするし頭から尻尾までカリッカリ!

Dsc_1254

黒い目のように見えるのがサンショウウオらって。熱々で淡白で、地酒に合うんだなぁ~

Dsc_1257

Dsc_1259

Dsc_1261

さて、いよいよ明日は桧枝岐村からの尾瀬沼デビューです。天気も快晴予報のようです。ランチで「あした晴れ」にして大正解らったな~

2018/06/23

雨の桧枝岐村散策…

標高1000m近い高所にある桧枝岐村を散策しなが今宵の宿に向かいました。http://www.hinoemata.com/

稲作に適さず独特の食文化が根付いたようですが度々凶作があると「口減らし」「間引き」という名のもとに…。

なんとも哀れな哀しい過去があるものです。

 

その幼い霊を慰める雨に濡れる「六地蔵」です。

Dsc_1238_3

道路沿いには、石仏、墓所が当たり前のように佇みます。初めて見ると特異な風景に見えますが、これが先祖と一体になる村民の素直な姿なのでしょうか。

道路沿いの貯め水路には、山女魚や岩魚がうようよ泳いでいます。何ともおおらかだ。
Dsc_1239_2

また、この村には「桧枝岐歌舞伎」という伝統が引き継がれているという。

その舞台を見るための石段で出来た観戦席がある。その時はさぞ壮観だろう。

Dsc_1241

まだまだ、訪れきれない、語り切れない見どころがある「桧枝岐村」をもっと知りたくなった一日でした。

桧枝岐村でランチなら「あした天気」で正解ッ!

普通、私たちなら山里でランチと言えば「手打ち蕎麦」が定番ですが、ネットで調べると村で唯一の洋食屋さん?らしいので「あした天気」さんでランチにしました。

Dsc_1236_2

昼頃、小雨が降り始め、明日天気になってほしい~!そんな想いも込めましたね~

本格ログハウス風の店内に洋楽の軽音楽が流れ、周りの村風景とは少し異次元の雰囲気です。

私は、じっくり煮込んだビーフのカツカレー。カミさんはシンプルナポリタンをオーダー。

Dsc_1230

Dsc_1228

これがまた、メッチャ美味くて大正解ッ!

空気も美味いし、水も美味けりゃ何でも美味い基本だね~

何も知らなかった桧枝岐村にて…

一か月ぶりの更新ですが、ブログをさぼるほどの公私とも忙しい日々を送っています。

23.24日の休日に初めて福島県桧枝岐村の温泉民宿に泊まり、翌日は尾瀬沼方面を歩く初心者向きのコースを歩いてきました。

23日の土曜日は午後からあいにくの雨だったので桧枝岐村のチョットした歴史(これがまたまた奥が深い!)や人気の洋食屋さん、意外と豊富な温泉なんかも書きたいと思います。(あまり期待はしないでくださいね…)

Dsc_12491_2

画像は、中土合公園展望台からの桧枝岐村の全景です。雨の中、深い山間の懐に寄り添うように息づく民家の赤い屋根が印象的でした。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック