2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

新築日記

  • 君子蘭。 尚、トップページのカテゴリー欄「住まい・インテリア」で新築に関する記事をのせました。
    解体、地鎮祭、そして建築現場を載せました。 すこしづつ出来上がる我が家のすがたを載せました。 (2006,3~2006,7)

夕焼け、黄昏、茜色。

  • Cimg3922
    夕日は明日へのエネルギー!

新緑の弥彦山登山

  • Cimg5584
    2006年6月に若葉のまぶしい頃。

私が食べた入魂の一杯!

  • 燕市「まつや」のカレー中華
    三条名物「カレーラーメン」が、燕市「まつや」でもその真髄との出会いでした!

新緑の美人林 (2007.5)

  • Cimg7596
    新潟県十日町市松代地区のブナの新緑です。

2008.5.6 福島県大内宿

  • Cimg3668
    ちょっくら日帰りで!

東北六魂祭(2011/7/17)

  • Dscf7117
    震災復興の第一歩として東北6県の祭が仙台市定禅寺通りに集結した!

紅葉の美人林 2009・11・7

  • Cimg9661
    新潟県 魚沼市 松代地区 樹齢80年ほどの美人林

« これぞ「ザ・民宿」で「山人料理」 | トップページ | 豪快ッ!爽快ッ!「黒部ダム」 »

2018/06/24

静かな尾瀬沼~ワタスゲの頃

桧枝岐村の温泉民宿に泊まり、翌日は御池駐車場からからバスで沼山峠バス停へ。そこから大江湿原~尾瀬沼ビジターセンター~沼尻~尾瀬沼南岸を経ての尾瀬沼をぐるっと一周してきました。

標高1600mの風はハンパなく爽やか~。

約14kmの山歩きでしたが木道は、しっかりしたほぼ平坦な山歩きでしたが、尾瀬沼南岸は、木道が朽ちて少し歩きずらかったです。

大江湿原は、人気の春の水芭蕉と夏のニッコウキスゲの端境期で「ワタスゲ」と「レンゲツツジ」が見頃を向かえたのころで比較的人も少なくて静かな尾瀬沼でした。

Dsc_1340_3

Dsc06204_5

尾瀬沼と3本カラマツ。初めて見ますが「絵」になります。

Dsc_1301


Dsc_1306_2

沼尻の休憩所は、改装中でしたが、そこに上がり込んでお昼にします。

Dsc_1313

尾瀬沼南岸からは沼越しに燧ケ岳の雄姿を左手に見ながら一周できます。

休憩を含んで約6時間、歩数は約25000歩でした。いやぁ~やっぱり「山歩き」は気持ちがいいもんですね~

Dsc_1323

「おまけ」です。そういえば大江湿原でドローンを飛ばして辺りを撮影している人たちや撮影機材らしいのを運んでいる人たちに会いました。

Dsc_1304_2

気になったので他の通行人伺うと…NHKのBS「百名山」の取材らしいとのこと。さて、いつ放送なんでしょうかね~

« これぞ「ザ・民宿」で「山人料理」 | トップページ | 豪快ッ!爽快ッ!「黒部ダム」 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静かな尾瀬沼~ワタスゲの頃:

« これぞ「ザ・民宿」で「山人料理」 | トップページ | 豪快ッ!爽快ッ!「黒部ダム」 »

無料ブログはココログ

お気に入り

最近のトラックバック